Yoshida(2014.2.24)

Yoshida 牡 鹿毛 2014.2.24生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・WinStar Farm, China Horse Club International Ltd., SF Racing LLC, Head of Plains 米国・William I. Mott厩舎

Yoshida(2014.2.24)の4代血統表
ハーツクライ
鹿毛 2001.4.15
種付け時活性値:1.00
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
アイリッシュダンス
鹿毛 1990.3.26
トニービン
鹿毛 1983.4.7
カンパラ 1976.2.19
Severn Bridge 1965
ビユーパーダンス
黒鹿毛 1983.2.26
Lyphard 1969.5.10
My Bupers 1967.6.1
ヒルダズパッション
鹿毛 2007.3.13
仔受胎時活性値:1.50
Canadian Frontier
鹿毛 1999.2.25
種付け時活性値:1.75
Gone West
鹿毛 1984.3.10
Mr. Prospector 1970.1.28
Secrettame 1978.3.15
Borodislew
鹿毛 1990.1.19
Seattle Slew 1974.2.15
Breath Taking 1982.4.7
Executricker
鹿毛 1998.3.16
仔受胎時活性値:2.00
★El Prado
芦毛 1989.2.3
種付け時活性値:0.00
Sadler’s Wells 1981.4.11
Lady Capulet 1974.4.3
Trick Trick
鹿毛 1992.3.10
仔受胎時活性値:1.25
Clever Trick
黒鹿毛 1976.3.10
種付け時活性値:1.75
Full Virtue
芦毛 1981.2.17
仔受胎時活性値:0.50

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer5×5>

Yoshida(2014.2.24)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ハーツクライ
(Halo系)
Canadian Frontier
(Mr. Prospector系)
El Prado
(Sadler’s Wells系)
Clever Trick
(Nearctic系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Canadian Frontier
(Borodislew)
5.25 母が米GI勝ち馬
(No. 8-h)
2番仔
(2連産目)

*

2017年のヒルプリンスS(米GIII。ベルモントパーク芝9F)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 2 Yoshida 牡3 52.6 Manuel Franco 1:47.07 William Mott 3
2 5 Lucullan 牡3 53.1 Kendrick Carmouche クビ Kiaran McLaughlin 5
3 6 Bricks And Mortar 牡3 54.4 Joel Rosario 1/2 Chad C Brown 1
4 4 Frostmourne 牡3 54.4 Irad Ortiz Jr アタマ Christophe Clement 2
5 1 Secretary At War 牡3 52.6 Junior Alvarado 1 1/2 James Jerkens 9

2017年のヒルプリンスS。上位5頭が2馬身程にひしめく僅差の一戦、制したのは日本は安平・ノーザンファームの生産馬、ハーツクライ産駒のその名もYoshidaでした。Yoshidaの米国での活躍は以前から聞かれていました。ベルモントダービー招待S(米GI)1番人気5着、アメリカ競馬名誉の殿堂博物館S(GII)2着、サラナクS(米GIII)2着と来て、3歳秋、満を持してのグレードレース初制覇でした。

安平・ノーザンファーム、Yoshidaと来たら、やはり吉田勝己さんを想起しますよね。おなじみnetkeiba.comの「米で走るハーツクライ産駒・ヨシダが接戦制し重賞初制覇」という記事によりますと、

馬名のヨシダ(Yoshida)は、ノーザンファーム代表の吉田勝巳氏に敬意を表して命名されたと伝えられている。

とのことです。……あ、野暮とは思いますが、吉田「勝己」氏ですね。巳ではなく己m(_ _)m

Yoshida、米国ではまだまだ数が少ないであろうサンデーサイレンスの直孫として、祖父の母国での更なるビッグレース制覇の報せを楽しみに待っています。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

#余談。ヒルプリンスSは賞金総額500,000ドルという、2017年に施行される北米の平地GIIIでは4番目に高額なレースです。なお、2017年の北米の平地GIIIは合計229レースで、賞金総額500,000ドル以上のレースは、ヒルプリンスSを含めて、9レースしかありません。