Winx(2011.9.14)+α

Winx 牝 鹿毛 2011.9.14生 豪州・Fairway Thoroughbreds生産 馬主・Magic Bloodstock Racing, R G Treweeke & Mrs D N Kepitis 豪州・Chris Waller厩舎

Winx(2011.9.14)の4代血統表
Street Cry(IRE)
黒鹿毛 1998.3.11
種付け時活性値:1.125
Machiavellian
黒鹿毛 1987.1.31
★Mr. Prospector
鹿毛 1970.1.28
★Raise a Native 1961.4.18
Gold Digger 1962.5.28
Coup de Folie
鹿毛 1982.4.2
Halo 1969.2.7
Raise the Standard 1978.3.31
Helen Street
鹿毛 1982.4.4
Troy
鹿毛 1976.3.25
Petingo 1965
La Milo 1963
Waterway
栗毛 1976.4.21
Riverman 1969
Boulevard 1968
Vegas Showgirl(AUS)
鹿毛 2002.10.6
仔受胎時活性値:2.00
Al Akbar(AUS)
鹿毛 1990.11.7
種付け時活性値:0.75
Success Express
鹿毛 1985.2.25
Hold Your Peace 1969.1.24
Au Printemps 1979.4.21
Gala Night
鹿毛 1984.2.28
Blakeney 1966.3.28
Debutante 1974
Vegas Magic(AUS)
鹿毛 1985.11.11
仔受胎時活性値:2.00
Voodoo Rhythm(USA)
鹿毛 1977.3.31
種付け時活性値:1.875
Northern Dancer 1961.5.27
Obeah 1965.4.15
Vegas Street(NZ)
芦毛 1976
仔受胎時活性値:2.00(0.00)
Sovereign Edition(IRE)
芦毛 1962
種付け時活性値:1.375
Vegas(NZ)
鹿毛 1969
仔受胎時活性値:1.50

<5代血統表内のクロス:Natalma(♀)5×5>

Winx(2011.9.14)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Street Cry
(Mr. Prospector系)
Al Akbar
(Prince John系)
Voodoo Rhythm
(Northern Dancer系)
Sovereign Edition
(Grey Sovereign系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Voodoo Rhythm 7.50 or 5.50 半弟が豪GIII勝ち馬
(No. 5-b)
2番仔
(2連産目)

*

ウィンクスついに20連勝の大台、驚異の末脚で13度目のG1制覇 | JRA-VAN Ver.World

なんやよう分かりませんけれど、Street Cryの超絶牝駒はめっちゃ連勝するみたいですね^_^;。ギネスビール好きで知られたZenyatta(2004.4.1)はデビューから19連勝、そうしてWinxは11戦目から20連勝。共に素晴らしいスーパーメアです。

*

Zenyatta 牝 黒鹿毛 2004.4.1生 米国・Maverick Production, Limited生産 馬主・Moss, Mr. and Mrs. Jerome S. 米国・John A. Shirreffs厩舎

Zenyatta(2004.4.1)の4代血統表
Street Cry(IRE)
黒鹿毛 1998.3.11
種付け時活性値:1.25
Machiavellian
黒鹿毛 1987.1.31
★Mr. Prospector
鹿毛 1970.1.28
★Raise a Native 1961.4.18
Gold Digger 1962.5.28
Coup de Folie
鹿毛 1982.4.2
Halo 1969.2.7
Raise the Standard 1978.3.31
Helen Street
鹿毛 1982.4.4
Troy
鹿毛 1976.3.25
Petingo 1965
La Milo 1963
Waterway
栗毛 1976.4.21
Riverman 1969
Boulevard 1968
Vertigineux(USA)
黒鹿毛 1995.3.8
仔受胎時活性値:2.00(0.00)
Kris S.(USA)
黒鹿毛 1977.4.25
種付け時活性値:0.25
Roberto
鹿毛 1969.3.16
Hail to Reason 1958.4.18
Bramalea 1959.4.12
Sharp Queen
鹿毛 1965.4.9
★Princequillo 1940
Bridgework 1955.5.6
For the Flag(USA)
鹿毛 1978.3.27
仔受胎時活性値:2.00
Forli(ARG)
栗毛 1963.8.10
種付け時活性値:1.375
Aristophanes 1948
Trevisa 1951
In the Offing(USA)
鹿毛 1973
仔受胎時活性値:1.00
Hoist the Flag(USA)
鹿毛 1968.3.31
種付け時活性値:1.00
Mrs. Peterkin(USA)
鹿毛 1965.5.21
仔受胎時活性値:1.75

<5代血統表内のクロス:Hail to Reason5×4、Hoist the Flag5×4、Nashua5×5>

Zenyatta(2004.4.1)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Street Cry
(Mr. Prospector系)
Kris S.
(Roberto系)
Forli
(Hyperion系)
Hoist the Flag
(Ribot系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Street Cry 6.75 or 4.75 半姉も米GI3勝の名牝
(No. 4-r)
3番仔
(3連産目)

*

*

WinxとZenyatta。2頭並べて紹介してみますと、0の理論的には「ボトムラインの料的遺伝値の受け渡しに2.00(0.00)が2回以上現れる」という共通点が見られます。連戦に耐えうるタフさの源泉を垣間見る思いです。

また、両馬ともに4代血統構成のうち、祖母父の活性値が最高値となっています。両馬の血統的特徴にもつながりますが、南北両半球の血がミックスされているため、活性値計算に0.125の加減が見られます。Winxはそのまま祖母父Voodoo Rhythmを最優性先祖と判断しましたけれど、Zenyattaの最優性先祖は父Street Cryと判断しました。

Winxの最優性先祖である祖母父Voodoo Rhythmは、現役時代に4勝を挙げたもののアローワンス競走勝ちに留まり、獲得賞金は64,900ドルというマイナー成績に終わりました。Voodoo Rhythmの母系は優秀で、半妹Go for Wand(1987.4.6)は第6回ブリーダーズカップ・ジュヴェナイルフィリーズ(米GI)、アラバマS(米GI)、アッシュランドS(米GI)、テストS(米GI)、ベルデイムS(米GI)、マザーグースS(当時米GI)、マスケットS(当時米GI)と米GI7勝の超名牝でしたが、満3歳秋の第7回ブリーダーズカップ・ディスタフ(米GI)で惜しくも落命しました。なお、マスケットSはゴーフォーワンドHに改称され現在は米GIIIです。また、全兄Dance Spell(1973.3.29)はジェロームH(当時米GII)、サラナクS(当時米GII)とGレース2勝で日本ではエンドスウィープ(1991.5.31)の母父として知られており、全妹Discorama(1978.4.10)はガゼルH(米GII)の勝ち馬です。なお、Voodoo Rhythmは種牡馬としてヴィクトリアダービー(豪GI)馬Raveneaux(1983.10.23)を輩出しました。ダービー馬の父になったのは、サスガの血筋の良さというところでしょうか。

Zenyattaの最優性先祖にして父であるStreet Cryは、現役時代に5勝を挙げ、その主な勝ち鞍に第7回ドバイワールドカップ(UAE・GI)、スティーブンフォスターH(米GI)、マクトゥームチャレンジラウンド3(当時UAE・GII)とGレース3勝。母に第91回愛オークス(GI)勝ち馬Helen Streetを持つStreet Cryは、種牡馬としても遺憾無く能力を発揮し、

  1. ストリートセンス(2004.2.23)
    →ケンタッキーダービー(米GI)、ブリーダーズカップ・ジュヴェナイル(米GI)、トラヴァーズS(米GI)ほか
  2. Zenyatta(2004.4.1)
    →本稿の紹介馬の1頭。 ブリーダーズカップ・クラシック(米GI)、ブリーダーズカップ・レディーズクラシック(米GI)、アップルブロッサムH(米GI)2回、サンタマルガリータH(米GI)、ヴァニティH(米GI)3回、クレメント・L・ハーシュS(米GI)2回、レディーズシークレットS(米GI)3回ほか
  3. Street Boss(2004.3.31)
    →ビングクロスビーH(米GI)、トリプルベンド招待H(米GI)ほか
  4. Majestic Roi(2004.4.13)
    →サンチャリオットS(英GI)ほか
  5. Shocking(2005.9.23)
    →メルボルンカップ(豪GI)、オーストラリアンカップ(豪GI)ほか
  6. Whobegotyou(2005.8.19)
    →コーフィールドギニー(豪GI)、コーフィールドS(豪GI)ほか。母Temple of Peace(1998.3.8)は浦河産馬
  7. Seventh Street(2005.3.23)
    →アップルブロッサムH、ゴーフォーワンドH(当時米GI)ほか
  8. Cry and Catch Me(2005.2.24)
    →オークリーフS(米GI)
  9. Victor’s Cry(2005.3.23)
    →シューメーカーマイルS(米GI)ほか
  10. Here Comes Ben(2006.4.18)
    →フォアゴーS(米GI)
  11. Street Hero(2006.2.21)
    →ノーフォークS(米GI)ほか
  12. Lyric of Light(2009.3.1)
    →フィリーズマイル(英GI)ほか
  13. Long John(2010.10.15)
    →コーフィールドギニーほか
  14. Winx(2011.9.14)
    →本稿の紹介馬の1頭。クイーンエリザベスS(豪GI)、コックスプレート(豪GI)2回、ドンカスターH(豪GI)、エプソムH(豪GI)、コーフィールドS、ジョージメインS(豪GI)2回、チッピングノートンS(豪GI)2回、クイーンズランドオークス(豪GI)、ジョージライダーS(豪GI)2回ほか
  15. New Year’s Day(2011.4.22)
    →ブリーダーズカップ・ジュヴェナイル
  16. Heavens Above(2011.8.12)
    →クールモアクラシック(豪GI)ほか
  17. Pride of Dubai(2012.9.7)
    →ブルーダイヤモンドS(豪GI)、サイアーズプロデュースS(豪GI)ほか
  18. Stay With Me(2012.9.24)
    →コーフィールド1000ギニー(豪GI)ほか

等を始めとして、多数の活躍馬を送り込みました。むぅ、WinxとZenyatta、共にGI13勝の物凄さよ。

*

Winxにはさらなる連勝の期待が掛かります。豪州の名牝の未来に幸多からんことを。

  

それでは、これから走る馬、人すべてが無事でありますように。