カルティエ賞年度代表馬一覧

カルティエ賞年度代表馬を辿る(其の拾玖)-Goldikova(2005.3.15)-

Goldikova 牝 鹿毛 2005.3.15生 愛国・Wertheimer et Frere生産 馬主・Wertheimer et Frere 仏国・Freddy Head厩舎

Goldikova(2005.3.15)の4代血統表
Anabaa
鹿毛 1992.3.13
種付け時活性値:1.00
Danzig
鹿毛 1977.2.12
Northern Dancer
鹿毛 1961.5.27
Nearctic 1954.2.11
Natalma 1957.3.26
Pas de Nom
黒鹿毛 1968.1.27
★Admiral’s Voyage 1959.3.23
Petitioner 1952
Balbonella
黒鹿毛 1984
★ゲイメセン
黒鹿毛 1975.5.16
Vaguely Noble 1965
Gay Missile 1967.3.27
Bamieres
黒鹿毛 1978.3.19
Riverman 1969
Bergamasque 1969.5.7
Born Gold
栗毛 1991.2.17
仔受胎時活性値:1.25

Blushing Groom
栗毛 1974.4.8
種付け時活性値:0.00
Red God
栗毛 1954.2.15
Nasrullah 1940.3.2
Spring Run 1948
Runaway Bride
鹿毛 1962
Wild Risk 1940
Aimee 1957
Riviere d’Or
鹿毛 1985.1.31
仔受胎時活性値:1.25
Lyphard
鹿毛 1969.5.10
種付け時活性値:1.75
Northern Dancer 1961.5.27
Goofed 1960.3.29
Gold River
栗毛 1977.1.11
仔受胎時活性値:1.75
Riverman
鹿毛 1969
種付け時活性値:1.75
Glaneuse
鹿毛 1966.4.9
仔受胎時活性値:0.50

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer3×4、Riverman4×4、Nearco5×5>

Goldikova(2005.3.15)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Anabaa
(Danzig系)
Blushing Groom
(Red God系)
Lyphard
(Northern Dancer系)
◆Riverman
(Never Bend系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Lyphard 4.75 曾祖母が凱旋門賞馬
(No. 22-D)
9番仔?
(3連産目?)

*

2008年の第79回ロートシルト賞(仏GI。ドーヴィル芝1600m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 5 Goldikova 牝3 54.5 Olivier Peslier 1:37.50 F Head 3
2 7 Darjina 牝4 57 Christophe Soumillon 1/2 A De Royer-Dupre 2
3 8 Natagora 牝3 54 C.ルメール 2 P Bary 1
4 3 Nahoodh 牝3 54 Frankie Dettori 3 Mark Johnston 4
5 6 Sabana Perdida 牝5 57 Thierry Jarnet 1 1/2 A De Royer-Dupre 5

*

2008年の第52回ムーラン・ド・ロンシャン賞(仏GI。ロンシャン芝1600m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 2 Goldikova 牝3 54.5 Olivier Peslier 1:36.70 F Head 3
2 5 Darjina 牝4 56 Gerald Mosse 1/2 A De Royer-Dupre 5
3 8 Sageburg 牡4 58 Stephane Pasquier 1+1/2 A De Royer-Dupre 9
4 11 Henrythenavigator 牡3 56 Johnny Murtagh 短クビ A P O’Brien 1
5 9 Natagora 牝3 54.5 C.ルメール 2 1/2 P Bary 7

*

2008年の第25回ブリーダーズカップ・マイル(米GI。サンタアニタパーク芝8F)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 4 Goldikova 牝3 54.9 Olivier Peslier 1:33.40 F Head 1
2 2 Kip Deville 牡5 57.2 Cornelio H Velasquez 1 1/4 Richard Dutrow Jr 2
3 11 Whatsthescript 牡4 57.2 G K Gomez 2 1/2 John W Sadler 3
4 3 Precious Kitten 牝5 55.8 Rafael Bejarano アタマ Robert Frankel 6
5 7 US Ranger 牡4 57.2 Johnny Murtagh クビ A P O’Brien 7

*

2009年の第95回ファルマスS(英GI。ニューマーケット芝8F)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 6 Goldikova 牝4 59.4 Olivier Peslier 1:36.21 F Head 1
2 2 Heaven Sent 牝6 59.4 Ryan Moore 1/2 Sir Michael Stoute 4
3 3 Spacious 牝4 59.4 Johnny Murtagh 1/2 James Fanshawe 3
4 5 Rainbow View 牝3 55.3 Jimmy Fortune クビ John Gosden 2
5 4 Penny’s Gift 牝3 55.3 Jamie Spencer 6 Richard Hannon Snr 5

*

2009年の第80回ロートシルト賞(仏GI。ドーヴィル芝1600m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 7 Goldikova 牝4 57 Olivier Peslier 1:35.70 F Head 1
2 5 Elusive Wave 牝3 54 C.ルメール 1 1/2 J-C Rouget 3
3 8 Proviso 牝4 57 Stephane Pasquier 3 A Fabre 8
4 1 サプレザ 牝4 57 Christophe Soumillon 1/2 Rod Collet 6
5 6 Eva’s Request 牝4 57 Thierry Thulliez 3/4 Mick Channon 10

*

2009年の第88回ジャック・ル・マロワ賞(仏GI。ドーヴィル芝1600m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 8 Goldikova 牝4 57 Olivier Peslier 1:33.50 F Head 1
2 9 Aqlaam 牡4 58.5 Richard Hills 6 William Haggas 4
3 7 Virtual 牡4 58.5 Jimmy Fortune 5 John Gosden 6
4 2 Irian 牡3 56 Stephane Pasquier 1 J Hirschberger 7
5 1 Runaway 牡7 58.5 Thierry Jarnet クビ R Pritchard-Gordon 8

*

2009年の第26回ブリーダーズカップ・マイル(米GI。サンタアニタパーク芝8F)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 11 Goldikova 牝4 55.8 Olivier Peslier 1:32.26 F Head 1
2 6 Courageous Cat 牡3 55.8 G K Gomez 1/2 William Mott 10
3 10 Justenuffhumor 牡4 57.2 Alan Garcia 1 Kiaran McLaughlin 7
4 1 Court Vision 牡4 57.2 Robby Albarado アタマ Richard Dutrow Jr 8
5 4 Delegator 牡3 55.8 Frankie Dettori 1 3/4 Saeed bin Suroor 3

*

2010年の第133回イスパーン賞(仏GI。ロンシャン芝1850m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 1 Goldikova 牝5 56.5 Olivier Peslier 1:49.40 F Head 1
2 7 Byword 牡4 58 Maxime Guyon 1/2 A Fabre 2
3 6 Wiener Walzer 牡4 58 Adrie de Vries 10 J Hirschberger 5
4 4 Stacelita 牝4 56.5 Christophe Soumillon 6 J-C Rouget 3
5 3 Runaway 牡8 58 Thierry Jarnet 10 R Pritchard-Gordon 6

*

2010年の第160回クイーンアンS(英GI。アスコット芝8F)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 10 Goldikova 牝5 55.8 Olivier Peslier 1:37.74 F Head 1
2 5 Paco Boy 牡5 57.2 Richard Hughes クビ Richard Hannon Snr 2
3 1 Dream Eater 牡5 57.2 Jimmy Fortune 3 1/4 Andrew Balding 9
4 8 Zacinto 牡4 57.2 Ryan Moore 3/4 Sir Michael Stoute 6
5 3 Dalghar 牡4 57.2 C.ルメール 2 A De Royer-Dupre 4

*

2010年の第81回ロートシルト賞(仏GI。ドーヴィル芝1600m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 8 Goldikova 牝5 57 Olivier Peslier 1:37.50 F Head 1
2 5 Music Show 牝3 54 Richard Hughes 3 Mick Channon 2
3 1 Elusive Wave 牝4 57 Ioritz Mendizabal 1 J-C Rouget 4
4 6 Fabiana 牝4 57 Maxime Guyon アタマ Andreas Lowe 6
5 7 Rainfall 牝3 54 Kieren Fallon 3/4 Mark Johnston 3

*

2010年の第145回フォレ賞(仏GI。ロンシャン芝1400m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 1 Goldikova 牝5 56.5 Olivier Peslier 1:22.10 F Head 1
2 10 Paco Boy 牡5 58 Richard Hughes 1/2 Richard Hannon Snr 2
3 9 Dick Turpin 牡3 57 Ryan Moore 1/2 Richard Hannon Snr 3
4 3 Regal Parade せん6 58 Adrian Nicholls 3/4 David Nicholls 5
5 5 Joanna 牝3 55.5 Christophe Soumillon 1 J-C Rouget 6

*

2010年の第27回ブリーダーズカップ・マイル(米GI。チャーチルダウンズ芝8F)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 10 Goldikova 牝5 55.8 Olivier Peslier 1:35.16 F Head 1
2 3 Gio Ponti 牡5 57.2 R A Dominguez 1 3/4 Christophe Clement 2
3 7 The Usual Q. T. せん4 57.2 Victor Espinoza クビ James Cassidy 7
4 6 Paco Boy 牡5 57.2 Ryan Moore ハナ Richard Hannon Snr 4
5 4 Court Vision 牡5 57.2 Robby Albarado 3/4 Richard Dutrow Jr 6

*

2011年の第134回イスパーン賞(仏GI。ロンシャン芝1850m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 6 Goldikova 牝6 56.5 Olivier Peslier 1:51.00 F Head 1
2 2 Cirrus Des Aigles せん5 58 Christophe Soumillon クビ Mme C Barande-Barbe 5
3 7 Rajsaman 牡4 58 Thierry Jarnet 3/4 F Head 4
4 5 Flash Dance 牝5 56.5 Mickael Barzalona 5 F Head 9
5 8 Byword 牡5 58 Maxime Guyon 1 A Fabre 2

*

2011年の第82回ロートシルト賞(仏GI。ドーヴィル芝1600m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 8 Goldikova 牝6 58 Olivier Peslier 1:34.30 F Head 1
2 6 サプレザ 牝6 58 C.ルメール 短クビ Rod Collet 2
3 1 Timepiece 牝4 58 Tom Queally 2 Sir Henry Cecil 3
4 3 First City 牝5 58 Christophe Soumillon 4 David Simcock 6
5 2 One Clever Cat 牝5 58 Flavien Prat クビ T Clout 7

*

2010年のカルティエ賞年度代表馬、Goldikova。↑で示したように、GI勝ちは欧州調教馬として最多勝となる「14」を数える稀代の名牝。3歳時の2008年はGI3勝、4歳時の2009年はGI4勝、5歳時の2010年はGI5勝、6歳時の2011年はGI2勝。そんな稀代の名牝が最も輝いたのが、GI5勝を挙げ、前馬未到の「ブリーダーズカップ・マイル3連覇」を果たし、カルティエ賞年度代表馬に選出された2010年でした。

それにしてもGoldikovaはエグい成績です。通算27戦17勝、2着6回、3着1回で、着外に敗れたのは満4歳時初戦の第132回イスパーン賞7着だけ。GI初制覇となった3歳夏の第79回ロートシルト賞以降の21戦はGIレースしか出走せずにこの成績ですから、世界には恐ろしい牝馬がいるものです。しっかし、Goldikovaは古馬になってから本領を発揮した馬とはいえ、この稀代の名牝を以てしても一度も勝てなかった2005年生まれ世代のもう1頭のスーパーメアであるZarkava(2005.3.31)は、一体全体どうなっているのでしょうか^_^;

Goldikovaは2番仔Terrakova(2014.2.4)がクレオパトル賞(仏GIII)を制し、第169回ディアヌ賞(仏GI)でも3着に入るなど繁殖牝馬としても活躍を始めています。上述のZarkavaが4番仔Zarak(2013.3.1)の第109回サンクルー大賞(仏GI)勝ちにより「GI馬の母」にもなったように、Goldikovaも負けてはいられません。女という性の素敵なところは咲き誇る花にもなれて、次代を産み出す樹にもなれるところ。Goldikova、その産駒の走りも楽しみにしたい稀代の名牝です。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

<参考WEB>

「ニコニコ動画」は音楽・お笑い・アニメ・ゲームなどの動画再生中にコメントを付けて楽しむ動画コミュニティサイトです

カルティエ賞年度代表馬を辿る(其の拾捌)-Sea The Stars(2006.4.6)-

Sea The Stars 牡 鹿毛 2006.4.6生 愛国・Sunderland Holdings Ltd生産 馬主・Christopher Tsui 愛国・John Oxx厩舎

Sea The Stars(2006.4.6)の4代血統表
Cape Cross
鹿毛 1994.3.13
種付け時活性値:0.75
Green Desert
鹿毛 1983.4.16
Danzig
鹿毛 1977.2.12
Northern Dancer 1961.5.27
Pas de Nom 1968.1.27
Foreign Courier
鹿毛 1979.4.11
Sir Ivor 1965.5.5
Courtly Dee 1968.3.8
Park Appeal
黒鹿毛 1982.4.9
Ahonoora
栗毛 1975.4.12
Lorenzaccio 1965
Helen Nichols 1966
Balidaress
芦毛 1973.4.22
Balidar 1966
Innocence 1968
Urban Sea
栗毛 1989.2.18
仔受胎時活性値:2.00(0.00)
Miswaki
栗毛 1978.2.22
種付け時活性値:0.50
Mr. Prospector
鹿毛 1970.1.28
★Raise a Native 1961.4.18
Gold Digger 1962.5.28
Hopespringseternal
栗毛 1971.5.27
Buckpasser 1963.4.28
Rose Bower 1958.3.24
Allegretta
栗毛 1978.3.10
仔受胎時活性値:0.50
Lombard
栗毛 1967
種付け時活性値:0.50
Agio 1955
Promised Lady 1961
Anatevka
栗毛 1969
仔受胎時活性値:2.00(0.00)
Espresso
栗毛 1958
種付け時活性値:0.50
Almyra
鹿毛 1962
仔受胎時活性値:1.50

<5代血統表内のクロス:なし>

Sea The Stars(2006.4.6)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Cape Cross
(Danzig系)
Miswaki
(Mr. Prospector系)
Lombard
(Teddy系)
Espresso
(Blenheim系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Cape Cross 6.00 or 4.00 or 2.00 母が凱旋門賞馬&兄姉にGI馬3頭
(No. 9-h)
10番仔?
(3連産目?)

*

※↓の動画はサムネイルのみです。動画はYoutubeのWEBサイトでご覧ください。

2009年の第201回英2000ギニー(GI。ニューマーケット芝8F)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 17 Sea The Stars 牡3 57.2 Mick Kinane 1:35.88 John M Oxx 6
2 3 Delegator 牡3 57.2 Jamie Spencer 1 1/2 Brian Meehan 1
3 4 Gan Amhras 牡3 57.2 Kevin Manning 3/4 J S Bolger 5
4 13 Rip Van Winkle 牡3 57.2 Johnny Murtagh クビ A P O’Brien 2
5 6 Mastercraftsman 牡3 57.2 Pat Smullen 1 3/4 A P O’Brien 4

*

※↓の動画はサムネイルのみです。動画はYoutubeのWEBサイトでご覧ください。

2009年の第230回英ダービー(GI。エプソムダウンズ芝12F10y)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 4 Sea The Stars 牡3 57.2 Mick Kinane 2:36.74 John M Oxx 2
2 10 Fame And Glory 牡3 57.2 Seamie Heffernan 1 3/4 A P O’Brien 1
3 2 Masterofthehorse 牡3 57.2 Richard Hughes クビ A P O’Brien 6
4 9 Rip Van Winkle 牡3 57.2 Johnny Murtagh ハナ A P O’Brien 3
5 7 Golden Sword 牡3 57.2 Colm O’Donoghue 短アタマ A P O’Brien 8

*

※↓の動画はサムネイルのみです。動画はYoutubeのWEBサイトでご覧ください。

2009年の第112回エクリプスS(英GI。サンダウン芝10F7y)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 6 Sea The Stars 牡3 55.3 Mick Kinane 2:03.40 John M Oxx 1
2 5 Rip Van Winkle 牡3 55.3 Jimmy Fortune 1 A P O’Brien 3
3 2 コンデュイット 牡3 60.3 Ryan Moore 4 1/2 Sir Michael Stoute 2
4 9 Cima De Triomphe 牡3 60.3 C.ルメール 5 Luca Cumani 4
5 10 Steele Tango 牡3 60.3 Darryll Holland 3 3/4 Roger Teal 7

*

※↓の動画はサムネイルのみです。動画はYoutubeのWEBサイトでご覧ください。

2009年の第38回英インターナショナルS(GI。ヨーク芝10F88y)の結果


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 3 Sea The Stars 牡3 55.8 Mick Kinane 2:05.29 John M Oxx 1
2 2 Mastercraftsman 牡3 55.8 Johnny Murtagh 1 A P O’Brien 2
3 5 Cornish 牡3 55.8 Seamie Heffernan 32 A P O’Brien 4
4 1 Georgebernardshaw 牡4 59.4 Colm O’Donoghue 3 1/2 A P O’Brien 3

*

2009年の第34回愛チャンピオンS(GI。レパーズタウン芝10F)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 2 Sea The Stars 牡3 57.2 Mick Kinane 2:03.90 John M Oxx 1
2 5 Fame And Glory 牡3 57.2 Johnny Murtagh 2 1/2 A P O’Brien 2
3 7 Mastercraftsman 牡3 57.2 Seamie Heffernan 2 1/2 A P O’Brien 3
4 1 Grand Ducal 牡3 57.2 Colm O’Donoghue 9 A P O’Brien 5
5 9 Lord Admiral 牡8 60.3 Declan McDonogh 4 1/2 Charles O’Brien 6

*

2009年の第88回凱旋門賞(仏GI。ロンシャン芝2400m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 6 Sea The Stars 牡3 56 Mick Kinane 2:26.30 John M Oxx 1
2 1 Youmzain 牡6 59.5 Kieren Fallon 2 Mick Channon 7
3 19 Cavalryman 牡3 56 Frankie Dettori アタマ A Fabre 4
4 12 コンデュイット 牡4 59.5 Ryan Moore アタマ Sir Michael Stoute 3
5 2 Dar Re Mi 牝4 58 Jimmy Fortune 1 John Gosden 9

*

2009年のカルティエ賞年度代表馬、Sea The Stars。ニューマーケット芝8Fからロンシャン芝2400mまで2009年の年間GI6連勝、欧州競馬史上に残るスピードとスタミナを兼ね備えたスーパースター、Sea The Stars。母Urban Seaとは凱旋門賞母仔制覇を遂げ、半兄Galileo(1998.3.30)とは兄弟英ダービー制覇遂げるという、ゲームや漫画に出てくるような存在ですけれど、それが実在してしまうのが、欧州競馬の懐の深さですね^_^;

では、以下にSea The Starsの、本当にごくごく簡単でも、目も眩むような近親牝系図を示しておきます。なお、近親牝系図内のレース名、格付けはいずれも施行当時のものです。

Urban Sea 1989.2.18 8勝 凱旋門賞(仏GI) アルクール賞(仏GII) エクスビュリ賞(仏GIII) ゴントービロン賞(仏GIII)ほか
|Urban Ocean 1996.2.15 4勝 ガリニュールS(愛GIII)
|Melikah 1997.3.17 1勝 愛オークス(GI)2着 英オークス(GI)3着
||Villarrica 2002.2.24 2勝
|||Khawlah 2008.1.10 3勝 UAEダービー(GII) UAEオークス(GIII)ほか
||||Masar 2015.4.16 英ダービー(GI) クレイヴンS(英GIII) ソラリオS(英GIII)ほか
|||Vancouverite 2010.3.2 6勝 ギヨームドルナーノ賞(仏GII)ほか
||Masterstroke 2009.4.24 4勝 ドーヴィル大賞(仏GII) 凱旋門賞(仏GI)3着ほか
||Hidden Gold 2011.4.25 6勝 リリーラングトリーS(英GIII)2着ほか
||Moonlight Magic 2013.3.24 メルドS(愛GIII) 愛ダービートライアル(GIII)ほか
|Galileo 1998.3.30 6勝 英ダービー(GI) "キング・ジョージ"(英GI) 愛ダービー(GI) 愛ダービートライアルS(GIII)ほか
|Black Sam Bellamy 1999.4.21 4勝 タターソールズ金杯(愛GI) ジョッキークラブ大賞(伊GI)ほか
|All Too Beautiful 2001.4.30 3勝 ミドルトンS(英GIII) 英オークス(GI)2着ほか
||All for Glory 2007.1.3 不出走
|||Alluringly 2014.2.22 英オークス(GI)3着
||Wonder of Wonders 2008.2.1 2勝 英オークス(GI)2着ほか
|My Typhoon 2002.5.7 9勝 ダイアナS(米GI) ジェニーワイリーS(米GII) ジャストアゲイムS(米GII) ボールストンスパH(米GII) ミセズリヴィアS(米GII) ミントジュレップH(米GIII)ほか
|Cherry Hinton 2004.1.25 0勝 ブルーウインドS(愛GIII)2着
||Wading 2009.1.17 2勝 ロックフェルS(英GII)
||Bracelet 2011.1.24 4勝 愛オークス(GI) リブルスデイルS(英GII) レパーズタウン1000ギニートライアル(愛GIII)
|Sea The Stars 2006.4.6 (本馬) 8勝 英ダービー(GI) 凱旋門賞(仏GI) 英2000ギニー(GI) 愛チャンピオンS(GI) 英インターナショナルS(GI) エクリプスS(英GI) ベレスフォードS(愛GII)
|Born to Sea 2009.3.2 1勝 愛ダービー(GI)2着ほか

なんじゃこりゃ^_^;。良妻賢母、賢兄賢弟とはUrban Seaのファミリーのためにあるのでしょう。Urban Seaよりも前の先祖のボトムラインを見れば、馬名の頭文字が「A」で始まっている馬ばかりであることから分かるように、元々は独国で継承されてきた9号族h分枝。独国で培われた血が、米血と出会い、一気に開花したというところでしょうか。

「名馬にして名種牡馬」というのは、なかなかになれなかったりするものですが、Urban Seaの仔にはそれも無縁の様子。半兄Galileoの活躍は言うに及ばずですが、Sea The Starsも、、、

  1. Harzand(2013.3.6)
    →英ダービー(GI)、愛ダービー(GI)、バリサックスS(愛GIII)
  2. Taghrooda(2011.1.27)
    →英オークス(GI)、”キング・ジョージ”(英GI)ほか
  3. Sea The Moon(2011.4.29)
    →独ダービー(GI)、ウニオンレネン(独GII)、メツレル春季賞(独GIII)ほか
  4. Vazira(2011.3.19)
    →サンタラリ賞(仏GI)、ヴァントー賞(仏GIII)
  5. Cloth of Stars(2013.4.6)
    →ガネー賞(仏GI)、アルクール賞(仏GII)、グレフュール賞(仏GII)、エクスビュリ賞(仏GIII)、ラフォルス賞(仏GIII)、シェーヌ賞(仏GIII)ほか
  6. Mekhtaal(2013.2.21)
    →イスパーン賞(仏GI)、オカール賞(仏GII)ほか
  7. Zelzal(2013.4.23)
    →ジャンプラ賞(仏GI)、ボールドムサック賞(仏GIII)ほか
  8. Stradivarius(2014.2.28)
    →アスコット金杯(英GI)、グッドウッドC(英GI)、クイーンズヴァーズ(英GII)ほか

と、クラシックホースを始めとして産駒が活躍しています。アガ・カーンスタッドで供用されているSea The Stars、Hiss Highnessの生産馬で英愛ダービー馬を輩出したのは、サスガの孝行ですね。

2000年代のスーパースター、Sea The Stars。男盛りの12歳、これからまだまだ、良い仔を送り続けて欲しいものです。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

<参考WEB>



カルティエ賞年度代表馬を辿る(其の拾漆)-Zarkava(2005.3.31)-

Zarkava 牝 鹿毛 2005.3.31生 愛国・HH Aga Khan IV生産 馬主・HH Aga Khan IV 仏国・Alain de Royer-Dupre厩舎

Zarkava(2005.3.31)の4代血統表
Zamindar
鹿毛 1994.4.7
種付け時活性値:0.50

Gone West
鹿毛 1984.3.10
Mr. Prospector
鹿毛 1970.1.28
★Raise a Native 1961.4.18
Gold Digger 1962.5.28
Secrettame
栗毛 1978.3.15
Secretariat 1970.3.30
Tamerett 1962.2.17
Zaizafon
栗毛 1982.1.18
The Minstrel
栗毛 1974.3.31
Northern Dancer 1961.5.27
Fleur 1964.4.1
Mofida
栗毛 1974.3.21
Right Tack 1966
Wold Lass 1960
Zarkasha
鹿毛 1999.4.8
仔受胎時活性値:1.25
Kahyasi
鹿毛 1985.4.2
種付け時活性値:1.25
イルドブルボン
黒鹿毛 1975.5.23
Nijinsky 1967.2.21
Roseliere 1965
Kadissya
鹿毛 1979.3.15
Blushing Groom 1974.4.8
Kalkeen 1974.2.18
Zarkana
鹿毛 1992.2.23
仔受胎時活性値:1.50
Doyoun
鹿毛 1985.3.8
種付け時活性値:1.50
★Mill Reef 1968.2.23
Dumka 1971
Zarna
鹿毛 1987.5.18
仔受胎時活性値:1.00
Shernazar
鹿毛 1981.5.1
種付け時活性値:1.25
Zahra
芦毛 1974.4.7
仔受胎時活性値:1.00

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer4×5、Flaming Page(♀)5×5>

Zarkava(2005.3.31)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Zamindar
(Mr. Prospector系)
Kahyasi
(Nijinsky系)
Doyoun
(Mill Reef系)
Shernazar
(Blenheim系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Doyoun
(Dumka)
4.75 仔Zarakが仏GI勝ち馬
(No. 9-c)
2番仔?
(2連産目?)

*

2007年の第39回マルセルブサック賞(仏GI。ロンシャン芝1600m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 3 Zarkava 牝2 56 Christophe Soumillon 1:37.00 A De Royer-Dupre 4
2 8 Conference Call 牝2 56 Stephane Pasquier 2 1/2 P Bary 2
3 4 Mad About You 牝2 56 Pat Smullen 1 1/2 D K Weld 3
4 2 Savethisdanceforme 牝2 56 Kieren Fallon 2 1/2 A P O’Brien 9
5 5 Don’t Forget Faith 牝2 56 Philip Robinson 1 Clive Cox 8

*

2008年の仏1000ギニー(GI。ロンシャン芝1600m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 5 Zarkava 牝3 57 Christophe Soumillon 1:35.20 A De Royer-Dupre 1
2 1 Goldikova 牝3 57 Olivier Peslier 2 F Head 4
3 6 Halfway To Heaven 牝3 57 David McCabe 1 1/2 A P O’Brien 7
4 7 Modern Look 牝3 57 Stephane Pasquier 3/4 D Smaga 2
5 10 Azabara 牝3 57 Frankie Dettori 1/2 A Fabre 6

*

2008年の第160回ディアヌ賞(仏GI。シャンティイ芝2100m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 8 Zarkava 牝3 57 Christophe Soumillon 2:07.10 A De Royer-Dupre 1
2 5 Gagnoa 牝3 57 Johnny Murtagh 3 A Fabre 5
3 6 Goldikova 牝3 57 Olivier Peslier 1 1/2 F Head 2
4 9 Proviso 牝3 57 Stephane Pasquier 短クビ A Fabre 3
5 2 Satan’s Circus 牝3 57 C.ルメール 2 1/2 J-C Rouget 9

*

2008年の第103回ヴェルメイユ賞(仏GI。ロンシャン芝2400m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 10 Zarkava 牝3 54.5 Christophe Soumillon 2:26.00 A De Royer-Dupre 1
2 2 Dar Re Mi 牝3 54.5 C.ルメール 2 John Gosden 2
3 4 Michita 牝3 54.5 Jimmy Fortune 1/2 + 1 1/2 John Gosden 7
4 11 Adored 牝3 54.5 David McCabe 1 1/2 A P O’Brien 9
5 3 Tangaspeed 牝3 54.5 Thierry Jarnet 1 1/2 R Laplanche 11

*

2008年の第87回凱旋門賞(仏GI。ロンシャン芝2400)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 1 Zarkava 牝3 54.5 Christophe Soumillon 2:28.80 A De Royer-Dupre 1
2 3 Youmzain 牡5 59.5 Richard Hills 2 Mick Channon 6
3 9 Soldier Of Fortune 牡4 59.5 Seamie Heffernan 1/2 A P O’Brien 3
3 2 It’s Gino 牡5 59.5 Thierry Thulliez 同着 P Vovcenko 13
5 8 Vision D’Etat 牡3 56 Ioritz Mendizabal 1 E Libaud 4

*

2008年のカルティエ賞年度代表馬Zarkava。7戦7勝、無敗のまま引退したZarkava。同期にGoldikova(2005.3.15)Natagora(2005.2.18)、サプレザ(2005.2.11)等名牝が居並ぶ2005年生まれ世代、後に紹介するGoldikovaも欧州最多勝となるGI14勝の稀代の名牝でしたが、その稀代の名牝を以てしても敵わなかったZarkava。一体全体、どんな強さなのか。↑の動画群に見られるように、末の確かさ、破壊力が半端ないですね^_^;

そんなスーパーメアであるZarkavaの血統表を見て気になる点は、

  • 生産されている馬たちが代々アガ・カーンの生産馬で固められている

ということでしょうか。

ずらり並んだ直牝系の累代、

  • Zarkava(2005.3.31)-Zarkasha(1999.4.8)-Zarkana(1992.2.23)-Zarna(1987.5.18)-Zahra(1974.4.7)-Petite Etoile(1956)-Star of Iran(1949)-Mah Iran(1939)-Mah Mahal(1928)

と、いずれもアガ・カーン-あるいはアリ・カーン-の生産馬ですね。Mah Mahalの母である「Flying Filly」Mumtaz Mahal(1921)は生産ではありませんが、アガ・カーン3世が購入した馬ですね。この9号族の快速牝馬の子孫から、数多の活躍馬が送り込まれているのは言わずもがな。なお、この牝系が属する「9号族c分枝」については、実は12号族と同じミトコンドリアDNAの情報を持つそうです。そう、この牝系は本来は12号族らしい、ということですね(→9号族12号族。共にWikipediaの記事)。

また、Zarkavaの高祖母はZahra。彼女はアガ・カーン4世のご息女ザーラ姫と同じ名前ですね。英語版WikipediaにおけるZahra Aga Khanの記事によると、ザーラ姫の生年月日は1970年9月18日ですので、Zahraが後に生まれています。「何かいわくつきの名前かな?」と思ったら、なるほど、Petite Etoileは1頭しか牝馬を産まなかったようです。第181回英オークス(現GI)、第146回英1000ギニー(現GI)、第82回英チャンピオンS(現GI)、第73回サセックスS(現英GI)、第98回ヨークシャーオークス(現英GI)、コロネーションC(現英GI)2回(第60回&第61回)と現在の英GIレース7勝、19戦14勝2着5回という世紀の名牝Petite Etoile。殿下は、その世紀の名牝が産んだ唯一の娘に、実子の名前を分け与えられた訳ですね。そして、独国の馬名命名法に倣っていらっしゃるのはよくお見受けするところですけれど、Zahraからスタートした頭文字「Z」の馬名の5代目が、Zarkava。

ついで、Zarkavaの4代血統構成の各父を確認すると、母父Kahyasi(1985.4.2)、祖母父Doyoun(1985.3.8)、曾祖母父Shernazar(1981.5.1)-Shergar(1978.3.3)の半弟-と、アガ・カーン殿下の生産馬です。最後に配された父Zamindar-Zafonic(1990.4.1)の全弟-は、当時の生産馬によく用いられたようで、Zarkavaの前年2007年の仏1000ギニー馬Darjina(2004.2.13)の父もZamindarでした。自家生産の種牡馬でスタミナを補填して、短距離系の種牡馬を配する順パターン。

徹底した自家生産を重ねて、そして最後に外様の血、良血とは言えGIIIクラスのマイナー競走馬だった種牡馬Zamindarを付けて大爆発した結果が、スーパーメアZarkava。ザーラ妃のお言葉を借りれば、

しかし、プティテトワール(Petite Etoile)が最後にG1勝利(1961年コロネーションS優勝)を挙げて以来、そのファミリーから1998年サンタラリー賞(G1)を制したザインタ(Zainta)が出るまで、長い年月を要したことを王女は指摘した。

「ムムタズマハルの系統の復活に37年を要しました。しかし復活すると、今度は父が生産した中でおそらく最高傑作の牝馬ザルカヴァ(Zarkava 2008年凱旋門賞優勝)が誕生しました」。

ザラ・アガ・カーン王女、生産者に忍耐を呼び掛ける(国際)【生産】 – 海外競馬情報(2016/02/20)【生産】 | 公益財団法人 ジャパン・スタッドブック・インターナショナル

我慢と忍耐の末、華々しく復活した血の継承者でもあるZarkava。4番仔のZarak(2013.3.1)が2017年の第109回サンクルー大賞(仏GI)を制して、産駒初のGI勝ち馬となりました。そしてまた、Frankel(2008.2.11)との仔である6番仔Zarkamiya(2015.3.14)が2018年4月19日にデビュー戦勝ちを収めました-フランケル×ザルカヴァ 両親合わせて21戦無敗の超良血ザルカミヤが初陣飾る | 競馬ニュース – netkeiba.com-。

2000年代を代表するスーパーメア、Zarkava。これからも良い仔をバンバン送り込んで欲しいものです。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

<参考WEB>

【競馬】 ザルカヴァ GI全レースダイジェスト 2008年の凱旋門賞勝ち馬ザルカヴァ(Zarkava)のGIレースダイジェスト。この馬の強さも画質の悪さも...

カルティエ賞年度代表馬を辿る(其の拾陸)-Dylan Thomas(2003.4.23)-

Dylan Thomas 牡 鹿毛 2003.4.23生 愛国・Tower Bloodstock生産 馬主・Sue Magnier and Michael Tabor 愛国・Aidan O’Brien厩舎

Dylan Thomas(2003.4.23)の4代血統表

デインヒル
鹿毛 1986.3.26
種付け時活性値:0.00

Danzig
鹿毛 1977.2.12
Northern Dancer
鹿毛 1961.5.27
Nearctic 1954.2.11
Natalma 1957.3.26 ♀
Pas de Nom
黒鹿毛 1968.1.27
★Admiral’s Voyage 1959.3.23
Petitioner 1952
Razyana
鹿毛 1981.4.18
His Majesty
鹿毛 1968.4.15
Ribot 1952.2.27
Flower Bowl 1952
Spring Adieu
鹿毛 1974.5.10
Buckpasser 1963.4.28
Natalma 1957.3.26 ♀
Lagrion
栗毛 1989.3.15
仔受胎時活性値:1.25

Diesis
栗毛 1980.4.23
種付け時活性値:0.00
Sharpen Up
栗毛 1969.3.17
エタン 1961.3.14
Rocchetta 1961
Doubly Sure
鹿毛 1971.5.3
★Reliance 1962.4.11
Soft Angels 1963
Wrap It Up
栗毛 1979.5.3
仔受胎時活性値:0.25
Mount Hagen
栗毛 1971.3.4
種付け時活性値:1.75
★Bold Bidder 1962.3.22
Moonmadness 1963.5.3
Doc Nan
栗毛 1963.4.20
仔受胎時活性値:1.75
Francis S.
栗毛 1957.4.13
種付け時活性値:1.25
Betty W.
栗毛 1957
仔受胎時活性値:1.25

<5代血統表内のクロス:Natalma(♀)4×4(父方)、Native Dancer5×5×5、Tom Fool5×5>

Dylan Thomas(2003.4.23)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
★デインヒル
(Danzig系)
★Diesis
(エタン系)
Mount Hagen
(Bold Ruler系)
Francis S.
(Royal Charger系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Mount Hagen
(Bois Roussel)
4.50 半姉と半妹が英GI勝ち馬
(No. 9-c)
8番仔?
(前年産駒なし後?)

*

2006年の第141回愛ダービー(GI。カラ芝12F)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 5 Dylan Thomas 牡3 57.2 Kieren Fallon 2:29.70 A P O’Brien 1
2 6 Gentlewave 牡3 57.2 Johnny Murtagh 3 1/2 A Fabre 3
3 7 Best Alibi 牡3 57.2 Mick Kinane 1 1/2 Sir Michael Stoute 6
4 2 Dragon Dancer 牡3 57.2 Darryll Holland 1 1/2 G Wragg 5
5 12 Darsi 牡3 57.2 Christophe Soumillon 1/2 A De Royer-Dupre 2

*

2006年の第31回愛チャンピオンS(GI。レパーズタウン芝10F)の結果


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 2 Dylan Thomas 牡3 57.2 Kieren Fallon 2:02.90 A P O’Brien 1
2 5 Ouija Board 牝5 59 Jamie Spencer クビ Ed Dunlop 2
3 3 Alexander Goldrun 牝5 59 Kevin Manning 2 1/2 J S Bolger 3
4 6 Mustameet 牡5 60.3 Declan McDonogh 1 1/2 Kevin Prendergast 4
5 4 Ace 牡5 60.3 Mick Kinane 2 1/2 A P O’Brien 5

*

2007年の第115回ガネー賞(仏GI。ロンシャン芝2100m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 3 Dylan Thomas 牡4 58 Christophe Soumillon 2:07.90 A P O’Brien 1
2 6 Irish Wells 牡4 58 Dominique Boeuf 2 F Rohaut 2
3 5 Doctor Dino 牡5 58 Olivier Peslier 3/4 Richard Gibson 6
4 2 Boris De Deauville 牡4 58 Y Barberot アタマ S Wattel 4
5 8 Egerton 牡6 58 Christophe-Patrice Lemaire 6 P Rau 3

*

2007年の第57回”キング・ジョージ”(英GI。アスコット芝12F)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 3 Dylan Thomas 牡4 60.3 Johnny Murtagh 2:31.11 A P O’Brien 1
2 7 Youmzain 牡4 60.3 Richard Hughes 4 Mick Channon 6
3 5 Maraahel 牡6 60.3 Richard Hills 3 1/2 Sir Michael Stoute 3
4 1 Laverock 牡5 60.3 Frankie Dettori 1/2 Saeed bin Suroor 5
5 6 Scorpion 牡5 60.3 Mick Kinane 3 A P O’Brien 2

*

2007年の第32回愛チャンピオンS(GI。レパーズタウン芝10F)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 5 Dylan Thomas 牡4 60.3 Kieren Fallon 2:02.27 A P O’Brien 1
2 3 Duke Of Marmalade 牡3 57.2 Seamie Heffernan 1 1/2 A P O’Brien 3
3 1 Red Rock Canyon 牡3 57.2 Colm O’Donoghue 2 A P O’Brien 6
4 4 Red Rocks 牡4 60.3 Richard Hughes 2 1/2 Brian Meehan 4
5 2 Maraahel 牡6 60.3 Richard Hills 3 1/2 Sir Michael Stoute 5

*

2007年の第86回凱旋門賞(仏GI。ロンシャン芝2400)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 6 Dylan Thomas 牡4 59.5 Kieren Fallon 2:28.50 A P O’Brien 3
2 4 Youmzain 牡4 59.5 Richard Hughes アタマ Mick Channon 9
3 11 Sagara 牡3 56 Thierry Gillet 1 1/2 J E Pease 7
4 10 Getaway 牡4 59.5 Olivier Peslier 短アタマ A Fabre 8
5 5 Soldier Of Fortune 牡3 56 Johnny Murtagh 1/2 A P O’Brien 2

*

2007年のカルティエ賞年度代表馬、Dylan Thomas。同一年における”キング・ジョージ”と凱旋門賞の勝利は1995年のラムタラ(1992.2.2)以来12年振り、古馬としては1958年のBallymoss(1954)以来49年振りの快挙でした。が、凱旋門賞では、最後の直線で外から切れ込んだ時にインターフェアがあったのではないかと審議になりました。けれど、到達順のとおりにDylan Thomasが優勝。”キング・ジョージ”の4馬身差をアタマ差まで詰めた2着Youmzain(2003.2.20)、彼の「3年連続凱旋門賞2着」という不滅の銀字塔(?)は、このレースから始まりました。

Dylan Thomasは21世紀の欧州強豪馬、そしてエイダン・パトリック・オブライエン調教師の管理馬としては珍しく、2007年の第27回ジャパンカップ(GI)の招待を受託してくれたものの、検疫にパスできず、結局出走できず仕舞い。欧州GI6勝馬の走りを日本のファンの前でも見せて欲しかったものです。

そんなDylan Thomasの代表産駒を示しておきます。以下、代表産駒と共に示すGレースのレース名および格付けは、いずれも施行当時のものです。

  1. Blazing Speed(2009.3.29)
    →クイーンエリザベス2世C(香GI)、香港チャンピオンズ&チャターC(GI)ほか
  2. Nymphea(2009.2.19)
    →ベルリン大賞(独GI)ほか
  3. Tannery(2009.2.22)
    →E.P.テイラーS(加GI)ほか
  4. Pether’s Moon(2010.4.15)
    →コロネーションC(英GI)ほか
  5. Dylan Mouth(2011.3.13)
    →ジョッキークラブ賞(伊GI)、ミラノ大賞(伊GI)、ローマ賞(伊GI)、伊ダービー(GII)ほか
  6. ファイナルスコア(2011.4.5)
    →リディアテシオ賞(伊GI)、伊オークス(GII)
  7. Nightflower(2012.2.17)
    →オイロパ賞(独GI)2回ほか
  8. Ladies First(2012.10.1)
    →オークランドC(新GI)

2頭目に挙げたNympheaは第146代独ダービー(GI)馬Nutan(2012.2.27)の半姉で、ベルリン大賞を制した折の鞍上は、ペーター・シールゲン調教師の実子である当時18歳のデニス・シールゲン氏でしたが、デニス氏は学生を本業とするアマチュア騎手だったのです。欧州GIの歴史の中でも、アマチュア騎手がGIを勝つのは、恐らく、初めてのことだったそうな。また6頭目に挙げたファイナルスコアは、半姉チェリーコレクト(2009.3.4)、チャリティーライン(2010.4.12)に続いて、3姉妹で伊オークス制覇を遂げています。この3姉妹は年子であり、つまり母Holy Moon(2000.4.25)は「3年連続で伊オークス馬の母になる」という離れ業を演じました。なお、チェリーコレクト、チャリティーライン、ファイナルスコアと3姉妹いずれもカタカナ馬名であることからもお分かりのように、3頭共に社台グループによって輸入されています。併せて、7頭目に挙げたNightflower(ナイトフラワー)は、父の無念を晴らすべく、第35回ジャパンカップ第36回ジャパンカップと2年連続で来日してくれました。ちなみに、前述のNymphea&Nutan姉弟とNightflowerは、いとこの間柄です。

2018年現在は、クールモアのナショナルハント用種牡馬として供用されているDylan Thomas。その血筋の良さを、新たな舞台で見せてくれることを期待しましょう。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

<参考WEB>

This interactive publication is created with FlippingBook, a service for streaming PDFs online. No download, no waiting. Open and start reading right away!

カルティエ賞年度代表馬を辿る(其の拾伍)-Hurricane Run(2002.4.13)-

Hurricane Run 牡 鹿毛 2002.4.13生~2016.12.14没 愛国・Gestut Ammerland生産 馬主・Gestut Ammerland→Michael Tabor 仏国・Andre Fabre厩舎

Hurricane Run(2002.4.13)の4代血統表
Montjeu
鹿毛 1996.4.4
種付け時活性値:1.25
Sadler’s Wells
鹿毛 1981.4.11
Northern Dancer
鹿毛 1961.5.27
Nearctic 1954.2.11
Natalma 1957.3.26
Fairy Bridge
鹿毛 1975.5.4
Bold Reason 1968.4.8
Special 1969.3.28
Floripedes
鹿毛 1985.5.11
★Top Ville
鹿毛 1976.4.5
High Top 1969
Sega Ville 1968.5.1
Toute Cy
鹿毛 1979.5.4
★Tennyson 1970.3.22
Adele Toumignon 1971.4.16
Hold On
栗毛 1991
仔受胎時活性値:0.50

Surumu
栗毛 1974.2.26
種付け時活性値:0.00
★Literat
鹿毛 1965
Birkhahn 1945.3.14
Lis 1960
Surama
青毛 1970.3.6
Reliance 1962.4.11
Suncourt 1952
Hone
栗毛 1974
仔受胎時活性値:2.00(0.00)
Sharpen Up
栗毛 1969.3.17
種付け時活性値:1.00
エタン 1961.3.14
Rocchetta 1961
Lucy
黒鹿毛 1966
仔受胎時活性値:1.75
Sheshoon
栗毛 1956
種付け時活性値:0.25
Laverock
鹿毛 1961
仔受胎時活性値:1.00

<5代血統表内のクロス:Native Dancer5×5>

Hurricane Run(2002.4.13)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Montjeu
(Sadler’s Wells系)
Surumu
(Birkhahn系)
Sharpen Up
(エタン系)
Sheshoon
(Hurry On系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Montjeu 5.25 or 3.25 半兄が独GIII勝ち馬
(No. 1-l)
6番仔?
(3連産目?)

*

2005年の第140回愛ダービー(GI。カラ芝12F)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 4 Hurricane Run 牡3 57.2 Kieren Fallon 2:29.40 A Fabre 1
2 7 Scorpion 牡3 57.2 Colm O’Donoghue 1/2 A P O’Brien 7
3 1 Shalapour 牡3 57.2 Fran Berry 4 John M Oxx 5
4 3 Brahminy Kite 牡3 57.2 Kevin Darley 4 Mark Johnston 8
5 2 Bahar Shumaal 牡3 57.2 Ted Durcan 2 Clive Brittain 6

*

2005年の第84回凱旋門賞(仏GI。ロンシャン芝2400m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 6 Hurricane Run 牡3 56 Kieren Fallon 2:27.40 A Fabre 2
2 4 Westerner 牡6 59.5 Olivier Peslier 2 E Lellouche 6
3 13 バゴ 牡4 59.5 Thierry Gillet 1 1/2 J E Pease 4
4 15 Shirocco 牡4 59.5 Stephane Pasquier 3/4 A Fabre 8
5 8 Motivator 牡3 56 Johnny Murtagh 短アタマ Michael Bell 1

*

2006年の第45回タタソールズ金杯(愛GI。カラ芝10F110y)の結果


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 1 Hurricane Run 牡4 57.2 Kieren Fallon 2:26.40 A Fabre 1
2 3 Alexander Goldrun 牝5 55.8 Kevin Manning 7 J S Bolger 2
3 2 Lord Admiral 牡5 57.2 Fran Berry 12 Charles O’Brien 3

*

2006年の第56回”キング・ジョージ”(英GI。アスコット芝12F)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 3 Hurricane Run 牡4 60.3 Christophe Soumillon 2:30.29 A Fabre 1
2 6 Electrocutionist 牡5 60.3 Frankie Dettori 1/2 Saeed bin Suroor 3
3 4 ハーツクライ 牡5 60.3 C.ルメール 1/2 橋口弘次郎 2
4 5 Enforcer 牡4 60.3 Martin Dwyer 1 3/4 William Muir 5
5 1 Maraahel 牡5 60.3 Richard Hills 1 1/2 Sir Michael Stoute 4

*

2005年のカルティエ賞年度代表馬、Hurricane Run。その父Montjeuの初年度産駒にして最優良産駒と言っても差し支えない活躍馬です。

そんなHurricane Run、日本版Wikipediaのハリケーンランの記事でも述べられていますが、3歳時のジョッケクルブ賞(仏GI)以降は、ジャパンカップ(GI)を除いて、父Montjeuの蹄跡を辿るかのようにして、レースに臨みました。父Montjeuと仔Hurricane Runのジョッケクルブ賞以降の出走歴を確認すると、、、

MontjeuとHurricane Runのジョッケクルブ賞以降の出走歴
No. レース名(格) 年齢 父Montjeuの成績 仔Hurricane Runの成績
1 ジョッケクルブ賞(仏GI) 3 1着 2着
2 愛ダービー(GI) 3 1着 1着
3 ニエル賞(仏GII) 3 1着 1着
4 凱旋門賞(仏GI) 3 1着 1着
5 ジャパンカップ(GI) 3 4着 不出走
6 タタソールズ金杯(愛GI) 4 1着 1着
7 サンクルー大賞(仏GI) 4 1着 2着
8 “キング・ジョージ”(英GI) 4 1着 1着
9 フォワ賞(仏GII) 4 1着 2着
10 凱旋門賞(仏GI) 4 4着 3着
(4位入線繰り上がり)
11 英チャンピオンS(GI) 4 2着 3着
12 ブリーダーズカップ・ターフ(米GI) 4 7着 6着
通算 12戦8勝、2着1回 11戦5勝、2着3回、3着2回

仔Hurricane Run、「生き物は親を超えていくもの」を果たすべく懸命に頑張りましたが、 父Montjeuの壁は厚く高かった。

しっかし、父Montjeuは、1999年のカルティエ賞年度代表馬に選ばれなかったのが不思議なくらいの3歳時の戦績ですね。それだけ、Daylami(1994.4.20)のコロネーションC(英GI)、第49回”キング・ジョージ”、愛チャンピオンS(GI)、第16回ブリーダーズカップ・ターフという3カ国におけるGI4勝が強烈だったことの証左です。

ともあれ、Hurricane Run。愛ダービー、凱旋門賞、タタソールズ金杯、そして”キング・ジョージ”と、10F以上の超一線級のGIレースを4勝しているのですから、やはり2000年代半ばを飾るに相応しい名馬でした。ディープインパクト(2002.3.25)と同じ2002年生まれ世代ということで、2006年の第85回凱旋門賞時は、強力なライバルの1頭と目されていました。Hurricane Run、着順の上では先着しましたが、4歳秋には、4歳夏までの勢いがありませんでした。願わくは、全盛期と目される時期に、東洋の同期生と相対して欲しかったものです。

*

では、Hurricane Runの代表産駒を示しておきます。以下、代表産駒と共に示すGレースのレース名および格付けは、いずれも施行当時のものです。

  1. Ectot(2011.2.8)
    →ジョーハーシュ・ターフクラシックS(米GI)、クリテリウム・アンテルナシオナル(仏GI)、ニエル賞、シェーヌ賞(仏GIII)、フォンテーヌブロー賞(仏GIII)
  2. Magic Hurricane(2010.3.12)
    →メトロポリタンH(豪GI)ほか
  3. First Cornerstone(2010.4.13)
    →愛フューチュリティS(GII)
  4. Hurricane Red(2010.3.10)
    →ストックホルム・ストラ賞(瑞GIII)2回、オスロC(諾GIII)ほか
  5. Wekeela(2012.2.19)
    →クロエ賞(仏GIII)、マッチメイカーS(米GIII)ほか
  6. Ballybacka Lady(2008.3.20)
    →愛1000ギニー・トライアルS(GIII)ほか
  7. Don’t Hurry Me(2008.3.8)
    →ペネロープ賞(仏GIII)
  8. Freedom(2008.2.12)
    →ダイヤモンドS(愛GIII)
  9. Future Generation(2008.2.7)
    →デズモンドS(愛GIII)
  10. Kreem(2008.3.24)
    →リス賞(仏GIII)
  11. Memphis Tennessee(2008.3.10)
    →オーモンドS(英GIII)ほか
  12. Vent de Force(2011.2.25)
    →ヘンリー2世S(英GIII))ほか

GI勝ちを収めた仔が2頭だけというのは若干寂しくもあります。代表産駒筆頭のEctotは、0の理論的にはHurricane Run満8歳時の0交配を受けており、世代継承の期待が掛かります。Ectotはカタールのアルシャカブレーシングにより購入され、現在は仏国のブクト牧場で繋養されています。

*

Hurricane Runは、残念ながら14歳時の2016年に死んでしまいました。Montjeuも16歳時の2012年に死んでしまいましたが、父の後を追うように、そんなに早く逝かなくてもいいのに……。

Hurricane Run、Montjeuと共に、空の上から子孫の走りを見守り続けてください。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。