2016年の米英仏のオークス馬。

第142回ケンタッキーオークス(米GI)の勝ち馬。

Cathryn Sophia 牝 鹿毛 2013.4.2生 米国・Robert T. Manfuso生産 馬主・Cash is King LLC 米国・John C. Servis厩舎

Cathryn Sophia(2013.4.2)の4代血統表

Street Boss
栗毛 2004.3.31
種付け時活性値:0.00
Street Cry
黒鹿毛 1998.3.11
Machiavellian
黒鹿毛 1987.1.31
Mr.Prospector 1970.1.28
Coup de Folie 1982.4.2
Helen Street
鹿毛 1982.4.4
Troy 1976.3.25
Waterway 1976.4.21
Blushing Ogygian
栗毛 1994.4.6
オジジアン
鹿毛 1983.3.17
Damascus 1964.4.14
Gonfalon 1975.5.9
Fruhlingshochzeit
黒鹿毛 1984.3.23
Blushing Groom 1974.4.8
Fruhlingstag 1975.5.29
Sheave
黒鹿毛 2009.4.18
仔受胎時活性値:0.75
Mineshaft
黒鹿毛 1999.5.17
種付け時活性値:0.25
▲A.P.Indy
黒鹿毛 1989.3.31
Seattle Slew 1974.2.15
Weekend Surprise 1980.4.8
Prospector’s Delite
栗毛 1989.3.19
Mr.Prospector 1970.1.28
Up the Flagpole 1978.5.12
Belterra
鹿毛 1999.4.2
仔受胎時活性値:0.25
Unbridled
鹿毛 1987.3.5
種付け時活性値:0.75
Fappiano 1977.5.19
Gana Facil 1981.2.9
Cruising Haven
黒鹿毛 1988.3.14
仔受胎時活性値:0.50
Shelter Half
鹿毛 1975.4.24
種付け時活性値:1.00
Sailing Leader
黒鹿毛 1972.4.28
仔受胎時活性値:1.75

<5代血統表内のクロス:Mr.Prospector4×4×5>

Cathryn Sophia(2013.4.2)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
★Street Boss
(Mr.Prospector系)
Mineshaft
(Seattle Slew系)
Unbridled
(Mr.Prospector系)
Shelter Half
(Intent系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Shelter Half 3.25 祖母が米GII勝ち馬
(No.5-i)
初仔

*

第142回ケンタッキーオークスを制したのは、Cathryn Sophia。先行4番手から、4コーナーでは外に持ち出し、早めに抜け出しました。

*

第238回英オークス(GI)の勝ち馬。

Minding 牝 鹿毛 2013.2.10生 愛国・Orpendale, Chelston & Wynatt生産 馬主・Mr D. Smith, Mrs J. Magnier, Mr M. Tabor 愛国・Aidan O’Brien厩舎

Minding(2013.2.10)の4代血統表
Galileo
鹿毛 1998.3.30
種付け時活性値:1.50

Sadler’s Wells
鹿毛 1981.4.11
Northern Dancer
鹿毛 1961.5.27
Nearctic 1954.2.11
Natalma 1957.3.26
Fairy Bridge
鹿毛 1975.5.4
Bold Reason 1968.4.8
Special 1969.3.28
Urban Sea
栗毛 1989.2.18
Miswaki
栗毛 1978.2.22
Mr.Prospector 1970.1.28
Hopespringseternal 1971.5.27
Allegretta
栗毛 1978.3.10
Lombard 1967
Anatevka 1969
Lillie Langtry
黒鹿毛 2007.2.27
仔受胎時活性値:1.25
Danehill Dancer
鹿毛 1993.1.30
種付け時活性値:1.25
デインヒル
鹿毛 1986.3.26
★Danzig 1977.2.12
Razyana 1981.4.18
Mira Adonde
黒鹿毛 1986.4.19
★Sharpen Up 1969.3.17
Lettre d’Amour 1979.4.23
Hoity Toity
黒鹿毛 2000.4.30
仔受胎時活性値:1.50
Darshaan
黒鹿毛 1981.4.18
種付け時活性値:0.50
Shirley Heights 1975
Delsy 1972.3.20
Hiwaayati
黒鹿毛 1989.3.24
仔受胎時活性値:0.50
Shadeed
鹿毛 1982.3.21
種付け時活性値:1.50
Alathea
黒鹿毛 1975.4.28
仔受胎時活性値:1.25

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer3×5>

Minding(2013.2.10)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Galileo
(Sadler’s Wells系)
Danehill Dancer
(Danzig系)
Darshaan
(Mill Reef系)
Shadeed
(Nijinsky系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Galileo 4.50 母が英愛GI2勝馬
(No.1-d)
2番仔+
(2連産目+)

*

第203回英1000ギニー(GI)と第238回英オークスの牝馬2冠を達成したのは、Minding。英牝馬2冠は、2002年のKazzia(1999.4.12)以来14年ぶりのことでした。そんなMinding、実は英1000ギニーの後に第95回愛1000ギニー(GI)にも挑んでいて、こちらはJet Setting(2013.2.16)にアタマ差の2着でした。

Mindingはデビュー4戦目のモイグレアスタッドS(愛GI)1着の後、フィリーズマイル(英GI)1着、英1000ギニー1着、愛1000ギニー2着、英オークス1着、そして英オークスの後に古馬初対戦となったプリティポリーS(愛GI)1着と、GI6連戦で5勝、2着1回。強く速い牝馬です。

*

第168回仏オークス(GI)の勝ち馬。

La Cressonniere 牝 鹿毛 2013.4.5生 仏国・Franklin Finance生産 馬主・Ecurie Antonio Caro & Gerard Augustin-Normand 仏国・Jean-Claude Rouget厩舎

La Cressonniere(2013.4.5)の4代血統表
Le Havre
鹿毛 2006.2.4
種付け時活性値:1.50
Noverre
鹿毛 1998.5.2
Rahy
栗毛 1985.2.18
Blushing Groom 1974
Glorious Song 1976.4.22
ダンスールファビュルー
鹿毛 1982.3.2
Northern Dancer 1961.5.27
Fabuleux Jane 1974.4.11
Marie Rheinberg
青鹿毛 2002.3.11
★Surako
黒鹿毛 1993.4.15
★Konigsstuhl 1976
Surata 1986.5.9
Marie d’Argonne
栗毛 1981.3.21
Jefferson 1967
Mohair 1974.3.8
Absolute Lady
鹿毛 2006.4.6
仔受胎時活性値:1.50
Galileo
鹿毛 1998.3.30
種付け時活性値:1.75
★Sadler’s Wells
鹿毛 1981.4.11
Northern Dancer 1961.5.27
Fairy Bridge 1975.5.4
アーバンシー
栗毛 1989.2.18
Miswaki 1978.2.22
Allegretta 1978.3.10
Lil’s Jessy
鹿毛 1998.2.3
仔受胎時活性値:1.75
Kris
栗毛 1976.3.23
種付け時活性値:1.25
Sharpen Up 1969.3.17
Doubly Sure 1971.5.3
Lobmille
鹿毛 1984.5.9
仔受胎時活性値:1.25
Mill Reef
鹿毛 1968.2.23
種付け時活性値:1.75
Light o’Battle
栗毛 1976.3.17
仔受胎時活性値:1.75

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer4×4>

La Cressonniere(2013.4.5)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Le Havre
(Blushing Groom系)
Galileo
(Sadler’s Wells系)
Kris
(エタン系)
Mill Reef
(Never Bend系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Galileo
(Absolute Lady)
6.25 祖母が英GIII勝ち馬
(No.2-f)
3番仔?
(3連産目?)

*

第130回仏1000ギニー(GI)と第168回仏オークスの牝馬2冠を7戦無敗で達成したのは、La Cressonniere。ジャン=クロード・ルジェ調教師は、Almanzor(2013.3.13)による第176回仏ダービー(GI)に続くシャンティイ芝2100mの仏クラシックW制覇でもありました。ルジェ調教師はLa Cressonniereの父Le Havreも管理されており、喜びも一入というところでしょう。そしてまた、ルジェ調教師は、父Le Havreでやはり仏牝馬2冠を無敗で制したAvenir Certain(2011.4.30)の管理もなされていました。

近年の仏オークスからは傑出馬が輩出される印象もあります。2008年のZarkava(2005.3.31)、2013年のTreve(2010.4.7)と、後に凱旋門賞(仏GI)まで制した先輩に続くことが出来ますでしょうか。La Cressonniere、楽しみにしたいと思います。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。



第176回仏ダービー(GI)の勝ち馬。

Almanzor 牡 鹿毛 2013.3.11生 仏国・Haras D’Etreham生産 馬主・Ecurie Antonio Caro & Gerard Augustin-Normand 仏国・Jean-Claude Rouget厩舎

Almanzor(2013.3.11)の4代血統表
Wootton Bassett
鹿毛 2008.2.4
種付け時活性値:1.00
Iffraaj
鹿毛 2001.1.22
Zafonic
鹿毛 1990.4.1
Gone West 1984.3.10
Zaizafon 1982.1.18
Pastorale
栗毛 1988.3.22
Nureyev 1977.5.2
Park Appeal 1982.4.9
Balladonia
鹿毛 1996.4.11
Primo Dominie
鹿毛 1982.4.15
Dominion 1972
Swan Ann 1971
Susquehanna Days
黒鹿毛 1990.4.17
Chief’s Crown 1982.4.7
Gliding By 1975.5.12
Darkova
栗毛 2008.2.29
仔受胎時活性値:1.00
Maria’s Mon
芦毛 1993.4.24
種付け時活性値:1.50
Wavering Monarch
鹿毛 1979.2.22
Majestic Light 1973.3.29
Uncommitted 1974.3.23
Carlotta Maria
芦毛 1984.3.8
★Caro 1967.4.11
Water Malone 1974.2.22
Darkara
鹿毛 2001.5.15
仔受胎時活性値:1.50
Halling
栗毛 1991.3.14
種付け時活性値:0.25
▲Diesis 1980.4.23
Dance Machine 1982.1.27
Daralbayda
鹿毛 1993.5.8
仔受胎時活性値:1.75
Doyoun
鹿毛 1985.3.8
種付け時活性値:1.75
Daralinsha
鹿毛 1984.4.17
仔受胎時活性値:2.00(0.00)

<5代血統表内のクロス:なし>

Almanzor(2013.3.11)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Wootton Bassett
(Mr.Prospector系)
Maria’s Mon
(Raise a Native系)
Halling
(エタン系)
Doyoun
(Mill Reef系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Doyoun
(Daralbayda)
6.25 or 4.25
(No.1-e)
?

*

第176回を迎えたジョッケクルブ賞を制したのは、ギシュ賞(仏GIII)を制してここに臨んだ、戦前9番人気のAlmanzorでした。Almanzor、重馬場ニモマケズ、追い込んで来た「Zarkava(2005.3.31)の息子」Zarak(2013.3.1)を1馬身半差抑えて、176代目の仏ダービー馬の栄冠を蹄中に収めました。Almanzor、シャンティイ競馬場ではフォンテンブロー賞(仏GIII)3着、ギシュ賞1着、ジョッケクルブ賞1着と、日本で言うところの複勝圏を外さない相性の良さを見せています。

1着のAlmanzorは直父系の曽祖父がZafonic、2着のZarakは母父がZamindar(1994.4.7)。つまりは「父Gone West×母Zaizafon」という全兄弟の血を持つ馬が1着2着だった訳です。また、Almanzorの母系を見れば、7代母ダラマ(1957.3.3)から母Darkovaまで続く、頭文字(イニシャル)Dのボトムライン。7代母ダラマの名前を見て「あれ?」と思われたファンの方がいらっしゃったならば、相当な血統通。ダラマは、孫に第46回優駿牝馬(GI)を制したノアノハコブネ(1982.5.10)がいます。そして、マルセル・ブサック由来の1号族を仏国で継承したのは、Almanzorのボトムラインに連綿と連なる頭文字(イニシャル)Dでも分かるように、アガ・カーン殿下だったのでした。そして、2着Zarakも、言うまでもなくアガ・カーン殿下の頭文字Zのボトムライン。

Harzand(2013.3.6)による第237回英ダービー(GI)&第151回愛ダービー(GI)制覇と合わせて、 2016年の英愛仏ダービー戦線は、アガ・カーン殿下の欧州競馬に対する影響力の大きさを、改めて知らしめた結果となったのでした。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。


第237回英ダービー(GI)の勝ち馬。

Harzand 牡 鹿毛 2013.3.6生 愛国・His Highness The Aga Khan’s Studs S.C.生産 馬主・His Highness Aga Khan 愛国・Dermot K. Weld厩舎

Harzand(2013.3.6)の4代血統表
Sea The Stars
鹿毛 2006.4.6
種付け時活性値:1.50
Cape Cross
黒鹿毛 1994.3.13
Green Desert
鹿毛 1983.4.16
Danzig 1977.2.12
Foreign Courier 1979.4.11
Park Appeal
黒鹿毛 1982.4.9
Ahonoora 1975.4.12
Balidaress 1973.4.22
アーバンシー
栗毛 1989.2.18
Miswaki
栗毛 1978.2.22
Mr.Prospector 1970.1.28
Hopespringseternal 1971.5.27
Allegretta
栗毛 1978.3.10
Lombard 1967
Anatevka 1969
Hazariya
鹿毛 2002.4.2
仔受胎時活性値:0.50
ザール
黒鹿毛 1995.3.14
種付け時活性値:1.50
Zafonic
鹿毛 1990.4.1
Gone West 1984.3.10
Zaizafon 1982.1.18
Monroe
鹿毛 1977.5.21
Sir Ivor 1965.5.5
Best in Show 1965.4.29
Hazaradjat
鹿毛 1989.5.10
仔受胎時活性値:1.00
Darshaan
黒鹿毛 1981.4.18
種付け時活性値:1.75
Shirley Heights 1975.3.1
Delsy 1972.3.20
Hazy Idea
鹿毛 1967
仔受胎時活性値:1.25
Hethersett
鹿毛 1959
種付け時活性値:1.75
Won’t Linger
栗毛 1961
仔受胎時活性値:1.25

<5代血統表内のクロス:Mr.Prospector4×5、Sir Ivor5×4>

Harzand(2013.3.6)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Sea The Stars
(Danzig系)
ザール
(Mr.Prospector系)
Darshaan
(Mill Reef系)
Hethersett
(Djebel系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Darshaan
(Hazariya)
4.00 母が愛GIII勝ち馬
(No.21-a)
5番仔?

*

終わってみれば、Sea The Stars産駒が父仔制覇を遂げ、僅差の2、3着にはGalileo(1998.3.30)産駒が入るという結果でした。つまりは、上位3頭の父の母にはアーバンシー。と言いますか、出走16頭のうち、12頭の父系母系のどこかに、アーバンシーの血が含まれていました。恐るべしはアーバンシー^^;

種牡馬Sea The Starsは、初年度産駒のTaghrooda(2011.1.27)Sea the Moon(2011.4.29)、Vazira(2011.3.19)に続いて4頭目のGI勝ち馬Harzandが英ダービー馬となりました。Harzandは、↑の4代血統表のとおり母父ザールで、Zafonicの血をブルードメアに持つということでは、Vaziraと同様であり、Vaziraもアガ・カーン殿下の生産馬でした。アガ・カーン殿下はGone Westの血の使い方が巧みですよね。直父系に持つ馬では、Zafonicの全弟Zamindar(1994.4.7)の輩出したZarkava(2005.3.31)が、2000年代の欧州最強牝馬として印象に残ります。Harzand以外に母父系に持つ馬では、今年2016年の第176回仏ダービー(GI)の2着馬が、Zarkavaの4番仔Zarak(2013.3.1)でした。

Harzandの母系に着目するならば、母HazariyaはアザシS(愛GIII)の勝ち馬、曾祖母Hazy Ideaの仔にミドルパークS(英GI)とフライングチルダーズS(当時英GI)を制した輸入種牡馬ヒッタイトグローリー(1973.4.18)がいます。ヒッタイトグローリーは、「小倉の鬼」メイショウカイドウ(1999.5.14)の母父と言ったほうが、通りが良いかもしれませんね。合わせて、Harzandは、この英ダービーで一緒に走り5着だったHumphrey Bogart(2013.4.4)とは従兄弟どうしです。名優の名前を戴いたHumphrey Bogart、Harzandと同じく馬名の頭文字Hは母系から取られていますが、Humphrey Bogartはアガ・カーン殿下の持ち馬ではありません。

*

Harzandは、英ダービーの後に第151回愛ダービー(GI)も制して、英愛ダービーW制覇となりました。

アガ・カーン殿下の勝負服をまとったパトリック・スマレン騎手を乗せた白いシャドーロールの黒鹿毛のHarzand、マイケル・テイバー氏の勝負服をまとったライアン・ムーア騎手を乗せた鹿毛のIdaho(2013.3.14)とのデッドヒートを制しました。US Army Ranger(2013.2.28)に迫られてから伸びた英ダービーもそうですが、これは勝負強い。

  

デビュー戦を敗れた後は連勝を重ねて行く姿に、父Sea The Starsを想起させるところもある、Harzand。果たして、その行く末や、如何に。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。


Abashiri(2012.9.3)。

Abashiri せん 鹿毛 2012.9.3生 南アフリカ・Lammerskraal Stud生産 馬主・Mr.A & Mrs.F.J. Van Vuuren 南アフリカ・Mike G. Azzie厩舎

Abashiri(2012.9.3)の4代血統表
Go Deputy(USA)
栗毛 2000.1.25
種付け時活性値:0.875
Deputy Minister
黒鹿毛 1979.5.17
Vice Regent
栗毛 1967.4.29
Northern Dancer 1961.5.27
Victoria Regina 1958.5.18
Mint Copy
黒鹿毛 1970.2.24
★Bunty’s Flight 1953.4.26
Shakney 1964
Partygoer
鹿毛 1984.4.28
Secretariat
栗毛 1970.3.30
Bold Ruler 1954.4.6
Somethingroyal 1952.3.12
Quiet Charm
黒鹿毛 1971.2.25
Nearctic 1954.2.11
Cequillo 1956.4.2
Donya(SAF)
黒鹿毛 1994.10.4
仔受胎時活性値:0.25

Elliodor(FR)
鹿毛 1977.4.12
種付け時活性値:0.125
Lyphard
鹿毛 1969.5.10
Northern Dancer 1961.5.27
Goofed 1960.3.29
Ellida
鹿毛 1964.5.20
Crepello 1954
Sans le Sou 1957
Fashing(SAF)
鹿毛 1987.9.28
仔受胎時活性値:1.50
Dancing Champ(USA)
鹿毛 1972.3.29
種付け時活性値:1.625
Nijinsky 1967.2.21
Mrs.Peterkin 1965.5.21
Fast Pace(SAF)
鹿毛 1972
仔受胎時活性値:1.50
Beau Charles(GB)
栗毛 1964
種付け時活性値:1.875
Quick Retort(SAF)
黒鹿毛 1967
仔受胎時活性値:1.00

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer4×4×5、Nearctic5×4×5、Princequillo5×5>

Abashiri(2012.9.3)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Go Deputy
(Deputy Minister系)
▲Elliodor
(Lyphard系)
Dancing Champ
(Nijinsky系)
Beau Charles
(Prince Chevalier系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Beau Charles 4.25 母が南アフリカGIII勝ち馬
(No.23)
9番仔?

*

Horse Chesnut(1995.8.19)以来の南アフリカ3冠を遂げたのは、Abashiri。上で示したのはサウスアフリカンダービー(GI)の映像。「シンザンの有馬記念か!!」と思わず叫んでしまいますが、直線、大外ラチ沿いを駆け抜けて、ハウテンギニー(南アGII)、サウスアフリカンクラシック(GI)、そしてサウスアフリカンダービーと3冠を達成しました。

気になるのは、やっぱり、Abashiriの馬名ですよね。網走。はるか地球の裏側で、名馬の馬名として、名を轟かせました。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。