JRA賞になって以降の年度代表馬を辿る(其の伍)-トウカイテイオー(1988.4.20)-。

Pedigree

トウカイテイオー 牡 鹿毛 1988.4.20生~2013.8.30没 新冠・長浜牧場生産 馬主・内村正則氏 栗東・松元省一厩舎

トウカイテイオー(1992.4.20)の4代血統表
シンボリルドルフ
鹿毛 1981.3.13
種付け時活性値:1.50
パーソロン
鹿毛 1960
Milesian
鹿毛 1953
My Babu 1945
Oatflake 1942
Paleo
鹿毛 1953
★Pharis 1936
Calonice 1940
スイートルナ
栗毛 1972.5.4
★スピードシンボリ
黒鹿毛 1963.5.3
ロイヤルチヤレンヂヤー 1951
スイートイン 1958
ダンスタイム
鹿毛 1957
Palestine 1947
Samaritaine 1949
トウカイナチユラル
鹿毛 1982.5.20
仔受胎時活性値:1.25
ナイスダンサー
鹿毛 1969.3.6
種付け時活性値:1.00
Northern Dancer
鹿毛 1961.5.27
Nearctic 1954.2.11
Natalma 1957.3.26
Nice Princess
栗毛 1964.3.23
Le Beau Prince 1952
Happy Night 1957
トウカイミドリ
鹿毛 1977.3.20
仔受胎時活性値:1.00
フアバージ
鹿毛 1961.4.19
種付け時活性値:1.75
Princely Gift 1951
Spring Offensive 1943
トウカイクイン
鹿毛 1966.4.17
仔受胎時活性値:0.50
アトランテイス
鹿毛 1959
種付け時活性値:1.50
トツプリユウ
黒鹿毛 1959.4.1
仔受胎時活性値:1.50

<5代血統表内のクロス:Milesian3×5>

トウカイテイオー(1988.4.20)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
シンボリルドルフ
(My Babu系)
ナイスダンサー
(Northern Dancer系)
フアバージ
(Princely Gift系)
アトランテイス
(Djebel系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
フアバージ
(トウカイナチユラル)
4.25 伯母トウカイローマン
(No.19-b 星友系)
2番仔
(2連産目)

*

第51回皐月賞(GI。中山芝2000m)の結果(上位5頭。馬齢は現年齢表記に合わせる)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 18 トウカイテイオー 牡3 57 安田隆行 2:01.8    36.7 456
[-4]
松元省一 1
2 2 シャコーグレイド 牡3 57 蛯名正義 2:02.0 1 36.4 456
[-2]
矢野照正 16
3 13 イイデセゾン 牡3 57 田島良保 2:02.2 1.1/4 36.4 452
[-6]
大久保正陽 5
4 11 イブキマイカグラ 牡3 57 南井克巳 2:02.3 3/4 36.7 446
[0]
中尾正 2
5 10 ダンスダンスダンス 牝3 55 的場均 2:02.3 クビ 37.0 434
[+2]
柄崎孝 15

今は懐かしき単枠指定、ピンクの帽子唯1頭だったトウカイテイオー。見れば勝ち時計2分1秒8は、中山で行われた皐月賞史上2位の好時計。稍重の馬場で叩き出したのですから、サスガにトウカイテイオー。なお、当時の皐月賞レコードは父シンボリルドルフが持っていた2分1秒1でした。

また、2着に連れてやって来たのがミスターシービー(1980.4.7)の仔、シャコーグレイド(1988.3.27)。日本の3冠馬の仔どうしでのワンツーフィニッシュでした。

#シャコーグレイド満6歳秋の東京スポーツ杯(OP)も忘れ難きレースです。2歳時の葉牡丹賞以来、3年10ヶ月ぶりの勝利は、1994年10月23日の日曜日、トウカイテイオーの引退式当日でした。

*

第58回東京優駿(GI。東京芝2400m)の結果(上位5頭。馬齢は現年齢表記に合わせる)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 20 トウカイテイオー 牡3 57 安田隆行 2:25.9    36.0 460
[+4]
松元省一 1
2 11 レオダーバン 牡3 57 岡部幸雄 2:26.4 3 36.2 492
[+4]
奥平真治 2
3 13 イイデセゾン 牡3 57 柴田政人 2:26.6 1.1/4 36.2 462
[+6]
大久保正陽 4
4 12 コガネパワー 牡3 57 田原成貴 2:26.8 1.1/4 36.2 480
[+4]
鶴留明雄 7
5 14 ソーエームテキ 牡3 57 的場均 2:26.8 ハナ 35.9 480
[-2]
土門一美 5

皐月賞に続いて、ピンクの帽子唯1頭のトウカイテイオー。東京優駿史上に残る大楽勝は父仔2代による無敗の2冠達成の瞬間でした。勝ち時計2分25秒9は、前年のアイネスフウジン(1987.4.10)の2分25秒3に次ぐ、史上2頭目の2分25秒台の好時計でした。

*

第12回ジャパンカップ(GI)の結果(上位5頭。馬齢は現年齢表記に合わせる)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 14 トウカイテイオー 牡4 57 岡部幸雄 2:24.6    36.3 470
[-2]
松元省一 5
2 7 ナチュラリズム 牡4 57 L.ディットマン 2:24.7 クビ 36.6 440
[不明]
D.L.フリードマン 2
3 9 ディアドクター 牡5 57 C.アスムッセン 2:24.8 1/2 36.1 478
[不明]
J.ハモンド 4
4 6 レガシーワールド せん3 55 小谷内秀夫 2:25.4 3.1/2 37.6 482
[+2]
戸山為夫 10
5 13 ヒシマサル 牡3 55 武豊 2:25.5 3/4 37.0 490
[-6]
佐山優 8

1992年の第12回、この年から国際GIとして認められたジャパンカップ。11月末、極東の冬枯れのターフに世界から強豪が集まりました。それにしても豪華メンバーですね。この年の外国招待馬7頭を人気順に記してみると

  1. ユーザーフレンドリー(1989.2.4)
    →1992年の欧州年度代表馬にして、英セントレジャーS(GI)、英オークス(GI)、愛オークス(GI)、ヨークシャーオークス(英GI)勝ち馬
  2. ナチュラリズム(1988.10.19)
    →1992年のAJCダービー(豪GI)、ローズヒルギニー(豪GI)の勝ち馬
  3. レッツイロープ(1987.11.20)
    →1991年~1992年シーズンの豪州年度代表馬。その期間にメルボルンC(豪GI)、コーフィールドC(豪GI)、マッキノンS(豪GI)、オーストラリアンS(豪GI)勝ち
  4. ディアドクター(1987.5.12)
    →1992年のアーリントンミリオン(米GI)の勝ち馬
  5. クエストフォーフェイム(1987.2.15)
    →1990年の英ダービー(GI)馬。1992年のハリウッドターフH(米GI、現チャールズウィッティンガムメモリアルH)勝ち馬
  6. ドクターデヴィアス(1989.3.10)
    →1992年の英ダービー、愛チャンピオンS(GI)勝ち馬。他にデューハーストS(英GI)勝ち
  7. ヴェールタマンド(1988.1.26)
    →ジャパンカップ出走時点では仏GII1勝、仏GIII1勝も、1993年にガネー賞(仏GI)勝ち

むぅ、こんなメンバーはもう集まってくれないような気がします……。ちなみに、レッツイロープ(Let’s Elope)は「駆け落ちしよう」という意味ですが、当時フジテレビ系列の深夜のスポーツ番組に出演されていた東ちづるさんが、「良い名前ですね」とおっしゃっていたことを思い出します。

閑話休題。さながら「世界最速の選手権距離王者を決めるレース」。そんな様相を呈した、国際GIとして初回の第12回ジャパンカップ。

勝ったのは、我が国のトウカイテイオーでした。

こんな豪華メンバーでも、戦前5番人気でも、なんにも関係なし。勝つ時はいつでもサラっと、鮮やかすぎるくらい、鮮やかに。

第5回を制したお父さんと同じく大外から発進して、ジャパンカップ史上初の父仔制覇。併せて、岡部騎手には史上初のジャパンカップ2勝目をプレゼント。

鹿毛の流星、目もと涼やか、脚並みも軽やかに、トウカイテイオー。その鞍上には桃色の帽子に「白、青山形一本輪、桃袖」の勝負服の岡部騎手。

馬と人、その綺麗さが渾然一体となって、今もまぶたの裏に、蘇ります。

*

第38回有馬記念(GI。中山芝2500m)の結果(上位5頭。馬齢は現年齢表記に合わせる)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 4 トウカイテイオー 牡5 56 田原成貴 2:30.9    35.0 474
[+14]
松元省一 4
2 13 ビワハヤヒデ 牡3 55 岡部幸雄 2:31.0 1/2 35.3 482
[+2]
浜田光正 1
3 12 ナイスネイチャ 牡5 56 松永昌博 2:31.6 3.1/2 35.5 496
[-4]
松永善晴 10
4 8 マチカネタンホイザ 牡4 57 柴田善臣 2:31.6 アタマ 34.9 486
[-4]
伊藤雄二 13
5 9 レガシーワールド せん4 57 河内洋 2:31.7 クビ 35.9 496
[0]
森秀行 2

競馬を見て大泣きした初めてのレースでした、1993年の第38回有馬記念。鹿毛の流星、両前脚が高く上がり、中山のオーバーシードを蹴る度に、芦毛の新王者との差を詰めて、最後は2分の1馬身先着していました。前年の有馬記念を1番人気11着と凡走して以来、中363日の長期休養明けをものともしない、見事な勝利でした。

トウカイテイオーは、自身の持ち得る最大限の能力に人気が及んでいない時、「さもありなん」と勝利を収め、良い意味で人々を裏切ったのです。

前年のジャパンカップ然り、この有馬記念然り。

熱血系の美男子は、齢重ねて骨折を繰り返す度、その代わりに、反骨心を得ていたのかも知れませんね。

*

トウカイテイオー。

口ずさめば、その甘美な響きと共に、鹿毛の流星を思い起こします。

彼ほどに人心をつかむことの出来る馬は、そうそう現れません。

美しさと強さと、儚さと脆さと。

トウカイテイオーという馬は、その意味で、唯一無二です。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

*

[トウカイテイオーの主な競走成績]

  1. 東京優駿(GI)、ジャパンカップ(GI)、有馬記念(GI)、皐月賞(GI)、産經大阪杯(GII)

通算12戦9勝。

20世紀の名馬 第05位 トウカイテイオー
20世紀の名馬 第05位 トウカイテイオー 何度聴いても最後の有馬記念はガチで泣く。   画質最優先のため、音質はモノラルになってますが...