Pedigree一覧

2018年のクラシック候補生を確認する(其の弐拾弐)

メイショウテッコン 牡 青鹿毛 2015.4.17生 新ひだか・下屋敷牧場生産 馬主・松本好雄氏 栗東・高橋義忠厩舎

メイショウテッコン(2015.4.17)の4代血統表

マンハッタンカフェ
青鹿毛 1998.3.5
種付け時活性値:0.00
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
サトルチェンジ
黒鹿毛 1988.4.2
Law Society
黒鹿毛 1982.2.16
Alleged 1974.5.4
Bold Bikini 1969.4.11
Santa Luciana
黒鹿毛 1973
★Luciano 1964
Suleika 1954
エーシンベロシティ
黒鹿毛 2005.1.30
仔受胎時活性値:0.25

Lemon Drop Kid
鹿毛 1996.5.26
種付け時活性値:0.00
Kingmambo
鹿毛 1990.2.19
Mr. Prospector 1970.1.28
Miesque 1984.3.14
Charming Lassie
黒鹿毛 1987.3.6
Seattle Slew 1974.2.15
Lassie Dear 1974.5.2
バーモントガール
鹿毛 1997.5.9
仔受胎時活性値:1.75
ミシエロ
鹿毛 1990.4.7
種付け時活性値:1.50
Conquistador Cielo 1979.3.20
My Inheritance 1982.5.26

Raging Apalachee
黒鹿毛 1988.4.19
仔受胎時活性値:2.00(0.00)

★Apalachee
鹿毛 1971.2.8
種付け時活性値:0.00
Fagers Charisma
黒鹿毛 1976.2.25
仔受胎時活性値:0.75

<5代血統表内のクロス:Mr. Prospector4×5>

メイショウテッコン(2015.4.17)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
マンハッタンカフェ
(Halo系)
★Lemon Drop Kid
(Mr. Prospector系)
ミシエロ
(Mr. Prospector系)
Apalachee
(Round Table系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
ミシエロ
(Nodouble)
4.75 or 2.75 大伯父Artax
(No. 14-a)
2番仔
(不受胎後)

2018年の第67回ラジオNIKKEI賞(GIII)。福島競馬場開場100周年にして、通算200回目の重賞施行になったという記念の一戦。JRAの3歳限定重賞で唯一のハンデ戦を制したのは、出走13頭中トップハンデタイとなる56kgを背負った2番人気馬、メイショウテッコン。道中は掛かりどおしに見えましたが、3番手から抜け出すと、直線で猛追して来た1番人気のフィエールマン(2015.1.20)を半馬身抑えたところが決勝点でした。メイショウテッコン、その馬名意味は「冠名+鉄魂」。今年1月の梅花賞で1着になった際に騎乗された武豊騎手が「気性が若いけど、能力はある」と述べられた素質馬、鉄の魂を持って、秋には第79回菊花賞(GI)の主役を目指すのではないでしょうか。

メイショウテッコンは、上記のとおり「★マンハッタンカフェ×★Lemon Drop Kid×ミシエロ×★Apalachee」という、4代血統構成のうち3系の父がミニモの遺伝を与えているという、0の理論的良馬です。ただ、生まれ日からは母父Lemon Drop Kidが母エーシンベロシティに対しては、2.00を与えているやも知れません。ともあれメイショウテッコン、SS0化、母エーシンベロシティが不受胎後の仔という背景もあり、気になる存在です。

では、以下にメイショウテッコンの簡単な近親牝系図を示しておきます。なお、近親牝系図内のレース名、格付けはいずれも施行当時のものです。

Raging Apalachee 1988.4.19 不出走
|Artax 1995.3.29 7勝 ブリーダーズカップ・スプリント(米GI) ヴォスバーグS(米GI) カーターH(米GI) サンフェリペS(米GII) フォレストヒルズH(米GII) サンタカタリナS(米GIII)ほか
|バーモントガール 1997.5.9 1勝
||エイシンヴァイデン 2002.2.20 4勝 野路菊S(OP) フェニックス賞(OP)
||エーシンベロシティ 2005.1.30 13勝
|||メイショウテッコン 2005.4.17 (本馬) ラジオNIKKEI賞(GIII) 白百合S(OP)

米国から日本で継承されている14号族a分枝系。メイショウテッコンの大伯父Artaxは上図のとおり、米国のGレース6勝、その内GI3勝という名短距離馬で、1999年のエクリプス賞最優秀短距離馬に選出されました。

*

グリム 牡 芦毛 2015.4.28生 新ひだか・服部牧場生産 馬主・(株)カナヤマホールディングス 栗東・野中賢二厩舎

グリム(2015.4.28)の4代血統表
ゼンノロブロイ
黒鹿毛 2000.3.27
種付け時活性値:1.50
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
ローミンレイチェル
鹿毛 1990.4.18
マイニング
栗毛 1984.4.4
Mr. Prospector 1970.1.28
I Pass 1978.4.8
One Smart Lady
鹿毛 1984.5.3
Clever Trick 1976.3.10
Pia’s Lady 1971.4.11
ブランシュネージュ
芦毛 2002.5.5
仔受胎時活性値:1.00
サクラバクシンオー
鹿毛 1989.4.14
種付け時活性値:1.00
サクラユタカオー
栗毛 1982.4.29
テスコボーイ 1963
アンジエリカ 1970.3.29
サクラハゴロモ
鹿毛 1984.4.13
ノーザンテースト 1971.3.15
クリアアンバー 1967.5.8
フックライン
芦毛 1993.3.20
仔受胎時活性値:2.00(0.00)
シャーディー
鹿毛 1986.5.20
種付け時活性値:1.50
★Danzig 1977.2.12
Unfurled 1974.4.3
Hooked Bid
芦毛 1983.3.13
仔受胎時活性値:0.25
Spectacular Bid
芦毛 1976.2.17
種付け時活性値:1.50
バーブスボールド
黒鹿毛 1978.4.27
仔受胎時活性値:1.00

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer5×5>

グリム(2015.4.28)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ゼンノロブロイ
(Halo系)
サクラバクシンオー
(Princely Gift系)
シャーディー
(Danzig系)
Spectacular Bid
(Bold Ruler系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
ゼンノロブロイ 4.25 or 2.25 曾祖母の仔に豪GI2勝馬
(No. 17-b)
6番仔
(5連産目)

2018年の第10回レパードS(GIII)。気合を付けた逃げで主導権を握った5番人気のグリムと内田博幸騎手。後続を引き連れての逃げで上手く平均ペースを作れたのか、直線で外から10番人気のヒラボクラターシュ(2015.3.16)と福永祐一騎手が脚色良く抜き去るのかと見えたところでグリム、二の脚三の脚を繰り出して最後は「クビ」だけ先んじていました。サスガに青竜S(OP)の勝ち馬、見事な粘り勝ちでした。

グリムの馬主である(株)カナヤマホールディングスは、2015年生まれ世代ではカシアス(2015.3.27)グレイル(2015.3.7)カツジ(2015.4.27)に続いてグリムが4頭目のJRA重賞勝ち馬となりました。他にもシャルルマーニュ(2015.3.1)、シヴァージ(2015.3.27)などがおり、豊作と言える世代です。「黒、緑星散、袖緑縦縞」の勝負服、駿馬たちがターフやダートを駆けています。

では、以下にグリムの簡単な近親牝系図を示しておきます。なお、近親牝系図内のレース名、格付けはいずれも施行当時のものです。

Hooked Bid 1983.3.13 1勝
|カーフィリィ 1992.2.2 2勝
||ホワイトハピネス 1997.4.19 5勝 京都大賞典(GII)3着
|フックライン 1993.3.20 1勝
||ブランシュネージュ 2002.5.5 4勝
|||グリム 2015.4.28 (本馬) レパードS(GIII) 青竜S(OP)
|Miss Marbles 1996.10.28 2勝
||Smile of Desire 2004.10.25 1勝 VRCサラブレッドブリーダーズS(豪GIII)3着
|||Vo Heart 2010.8.29 6勝 BRCシャンペンクラシック(豪GII)
|Magical Miss 1998.9.2 4勝 VRCオークス(豪GI) コーフィールド1000ギニー(豪GI) メムシーS(豪GII)ほか

米国から日本、豪州で継承されている17号族b分枝系。グリムの曾祖母Hooked Bidの仔であるMagical Missは、上図のとおりVRCオークス、コーフィールド1000ギニーと豪州GI2勝の名牝です。なお、グリムの高祖母がバーブスボールドということで、シーキングザパール(1994.4.16)&シーキングザダイヤ(2001.3.1)母仔とも同牝系ですね。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。


カルティエ賞年度代表馬を辿る(其の拾玖)-Goldikova(2005.3.15)-

Goldikova 牝 鹿毛 2005.3.15生 愛国・Wertheimer et Frere生産 馬主・Wertheimer et Frere 仏国・Freddy Head厩舎

Goldikova(2005.3.15)の4代血統表
Anabaa
鹿毛 1992.3.13
種付け時活性値:1.00
Danzig
鹿毛 1977.2.12
Northern Dancer
鹿毛 1961.5.27
Nearctic 1954.2.11
Natalma 1957.3.26
Pas de Nom
黒鹿毛 1968.1.27
★Admiral’s Voyage 1959.3.23
Petitioner 1952
Balbonella
黒鹿毛 1984
★ゲイメセン
黒鹿毛 1975.5.16
Vaguely Noble 1965
Gay Missile 1967.3.27
Bamieres
黒鹿毛 1978.3.19
Riverman 1969
Bergamasque 1969.5.7
Born Gold
栗毛 1991.2.17
仔受胎時活性値:1.25

Blushing Groom
栗毛 1974.4.8
種付け時活性値:0.00
Red God
栗毛 1954.2.15
Nasrullah 1940.3.2
Spring Run 1948
Runaway Bride
鹿毛 1962
Wild Risk 1940
Aimee 1957
Riviere d’Or
鹿毛 1985.1.31
仔受胎時活性値:1.25
Lyphard
鹿毛 1969.5.10
種付け時活性値:1.75
Northern Dancer 1961.5.27
Goofed 1960.3.29
Gold River
栗毛 1977.1.11
仔受胎時活性値:1.75
Riverman
鹿毛 1969
種付け時活性値:1.75
Glaneuse
鹿毛 1966.4.9
仔受胎時活性値:0.50

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer3×4、Riverman4×4、Nearco5×5>

Goldikova(2005.3.15)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Anabaa
(Danzig系)
Blushing Groom
(Red God系)
Lyphard
(Northern Dancer系)
◆Riverman
(Never Bend系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Lyphard 4.75 曾祖母が凱旋門賞馬
(No. 22-D)
9番仔?
(3連産目?)

*

2008年の第79回ロートシルト賞(仏GI。ドーヴィル芝1600m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 5 Goldikova 牝3 54.5 Olivier Peslier 1:37.50 F Head 3
2 7 Darjina 牝4 57 Christophe Soumillon 1/2 A De Royer-Dupre 2
3 8 Natagora 牝3 54 C.ルメール 2 P Bary 1
4 3 Nahoodh 牝3 54 Frankie Dettori 3 Mark Johnston 4
5 6 Sabana Perdida 牝5 57 Thierry Jarnet 1 1/2 A De Royer-Dupre 5

*

2008年の第52回ムーラン・ド・ロンシャン賞(仏GI。ロンシャン芝1600m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 2 Goldikova 牝3 54.5 Olivier Peslier 1:36.70 F Head 3
2 5 Darjina 牝4 56 Gerald Mosse 1/2 A De Royer-Dupre 5
3 8 Sageburg 牡4 58 Stephane Pasquier 1+1/2 A De Royer-Dupre 9
4 11 Henrythenavigator 牡3 56 Johnny Murtagh 短クビ A P O’Brien 1
5 9 Natagora 牝3 54.5 C.ルメール 2 1/2 P Bary 7

*

2008年の第25回ブリーダーズカップ・マイル(米GI。サンタアニタパーク芝8F)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 4 Goldikova 牝3 54.9 Olivier Peslier 1:33.40 F Head 1
2 2 Kip Deville 牡5 57.2 Cornelio H Velasquez 1 1/4 Richard Dutrow Jr 2
3 11 Whatsthescript 牡4 57.2 G K Gomez 2 1/2 John W Sadler 3
4 3 Precious Kitten 牝5 55.8 Rafael Bejarano アタマ Robert Frankel 6
5 7 US Ranger 牡4 57.2 Johnny Murtagh クビ A P O’Brien 7

*

2009年の第95回ファルマスS(英GI。ニューマーケット芝8F)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 6 Goldikova 牝4 59.4 Olivier Peslier 1:36.21 F Head 1
2 2 Heaven Sent 牝6 59.4 Ryan Moore 1/2 Sir Michael Stoute 4
3 3 Spacious 牝4 59.4 Johnny Murtagh 1/2 James Fanshawe 3
4 5 Rainbow View 牝3 55.3 Jimmy Fortune クビ John Gosden 2
5 4 Penny’s Gift 牝3 55.3 Jamie Spencer 6 Richard Hannon Snr 5

*

2009年の第80回ロートシルト賞(仏GI。ドーヴィル芝1600m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 7 Goldikova 牝4 57 Olivier Peslier 1:35.70 F Head 1
2 5 Elusive Wave 牝3 54 C.ルメール 1 1/2 J-C Rouget 3
3 8 Proviso 牝4 57 Stephane Pasquier 3 A Fabre 8
4 1 サプレザ 牝4 57 Christophe Soumillon 1/2 Rod Collet 6
5 6 Eva’s Request 牝4 57 Thierry Thulliez 3/4 Mick Channon 10

*

2009年の第88回ジャック・ル・マロワ賞(仏GI。ドーヴィル芝1600m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 8 Goldikova 牝4 57 Olivier Peslier 1:33.50 F Head 1
2 9 Aqlaam 牡4 58.5 Richard Hills 6 William Haggas 4
3 7 Virtual 牡4 58.5 Jimmy Fortune 5 John Gosden 6
4 2 Irian 牡3 56 Stephane Pasquier 1 J Hirschberger 7
5 1 Runaway 牡7 58.5 Thierry Jarnet クビ R Pritchard-Gordon 8

*

2009年の第26回ブリーダーズカップ・マイル(米GI。サンタアニタパーク芝8F)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 11 Goldikova 牝4 55.8 Olivier Peslier 1:32.26 F Head 1
2 6 Courageous Cat 牡3 55.8 G K Gomez 1/2 William Mott 10
3 10 Justenuffhumor 牡4 57.2 Alan Garcia 1 Kiaran McLaughlin 7
4 1 Court Vision 牡4 57.2 Robby Albarado アタマ Richard Dutrow Jr 8
5 4 Delegator 牡3 55.8 Frankie Dettori 1 3/4 Saeed bin Suroor 3

*

2010年の第133回イスパーン賞(仏GI。ロンシャン芝1850m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 1 Goldikova 牝5 56.5 Olivier Peslier 1:49.40 F Head 1
2 7 Byword 牡4 58 Maxime Guyon 1/2 A Fabre 2
3 6 Wiener Walzer 牡4 58 Adrie de Vries 10 J Hirschberger 5
4 4 Stacelita 牝4 56.5 Christophe Soumillon 6 J-C Rouget 3
5 3 Runaway 牡8 58 Thierry Jarnet 10 R Pritchard-Gordon 6

*

2010年の第160回クイーンアンS(英GI。アスコット芝8F)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 10 Goldikova 牝5 55.8 Olivier Peslier 1:37.74 F Head 1
2 5 Paco Boy 牡5 57.2 Richard Hughes クビ Richard Hannon Snr 2
3 1 Dream Eater 牡5 57.2 Jimmy Fortune 3 1/4 Andrew Balding 9
4 8 Zacinto 牡4 57.2 Ryan Moore 3/4 Sir Michael Stoute 6
5 3 Dalghar 牡4 57.2 C.ルメール 2 A De Royer-Dupre 4

*

2010年の第81回ロートシルト賞(仏GI。ドーヴィル芝1600m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 8 Goldikova 牝5 57 Olivier Peslier 1:37.50 F Head 1
2 5 Music Show 牝3 54 Richard Hughes 3 Mick Channon 2
3 1 Elusive Wave 牝4 57 Ioritz Mendizabal 1 J-C Rouget 4
4 6 Fabiana 牝4 57 Maxime Guyon アタマ Andreas Lowe 6
5 7 Rainfall 牝3 54 Kieren Fallon 3/4 Mark Johnston 3

*

2010年の第145回フォレ賞(仏GI。ロンシャン芝1400m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 1 Goldikova 牝5 56.5 Olivier Peslier 1:22.10 F Head 1
2 10 Paco Boy 牡5 58 Richard Hughes 1/2 Richard Hannon Snr 2
3 9 Dick Turpin 牡3 57 Ryan Moore 1/2 Richard Hannon Snr 3
4 3 Regal Parade せん6 58 Adrian Nicholls 3/4 David Nicholls 5
5 5 Joanna 牝3 55.5 Christophe Soumillon 1 J-C Rouget 6

*

2010年の第27回ブリーダーズカップ・マイル(米GI。チャーチルダウンズ芝8F)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 10 Goldikova 牝5 55.8 Olivier Peslier 1:35.16 F Head 1
2 3 Gio Ponti 牡5 57.2 R A Dominguez 1 3/4 Christophe Clement 2
3 7 The Usual Q. T. せん4 57.2 Victor Espinoza クビ James Cassidy 7
4 6 Paco Boy 牡5 57.2 Ryan Moore ハナ Richard Hannon Snr 4
5 4 Court Vision 牡5 57.2 Robby Albarado 3/4 Richard Dutrow Jr 6

*

2011年の第134回イスパーン賞(仏GI。ロンシャン芝1850m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 6 Goldikova 牝6 56.5 Olivier Peslier 1:51.00 F Head 1
2 2 Cirrus Des Aigles せん5 58 Christophe Soumillon クビ Mme C Barande-Barbe 5
3 7 Rajsaman 牡4 58 Thierry Jarnet 3/4 F Head 4
4 5 Flash Dance 牝5 56.5 Mickael Barzalona 5 F Head 9
5 8 Byword 牡5 58 Maxime Guyon 1 A Fabre 2

*

2011年の第82回ロートシルト賞(仏GI。ドーヴィル芝1600m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 8 Goldikova 牝6 58 Olivier Peslier 1:34.30 F Head 1
2 6 サプレザ 牝6 58 C.ルメール 短クビ Rod Collet 2
3 1 Timepiece 牝4 58 Tom Queally 2 Sir Henry Cecil 3
4 3 First City 牝5 58 Christophe Soumillon 4 David Simcock 6
5 2 One Clever Cat 牝5 58 Flavien Prat クビ T Clout 7

*

2010年のカルティエ賞年度代表馬、Goldikova。↑で示したように、GI勝ちは欧州調教馬として最多勝となる「14」を数える稀代の名牝。3歳時の2008年はGI3勝、4歳時の2009年はGI4勝、5歳時の2010年はGI5勝、6歳時の2011年はGI2勝。そんな稀代の名牝が最も輝いたのが、GI5勝を挙げ、前馬未到の「ブリーダーズカップ・マイル3連覇」を果たし、カルティエ賞年度代表馬に選出された2010年でした。

それにしてもGoldikovaはエグい成績です。通算27戦17勝、2着6回、3着1回で、着外に敗れたのは満4歳時初戦の第132回イスパーン賞7着だけ。GI初制覇となった3歳夏の第79回ロートシルト賞以降の21戦はGIレースしか出走せずにこの成績ですから、世界には恐ろしい牝馬がいるものです。しっかし、Goldikovaは古馬になってから本領を発揮した馬とはいえ、この稀代の名牝を以てしても一度も勝てなかった2005年生まれ世代のもう1頭のスーパーメアであるZarkava(2005.3.31)は、一体全体どうなっているのでしょうか^_^;

Goldikovaは2番仔Terrakova(2014.2.4)がクレオパトル賞(仏GIII)を制し、第169回ディアヌ賞(仏GI)でも3着に入るなど繁殖牝馬としても活躍を始めています。上述のZarkavaが4番仔Zarak(2013.3.1)の第109回サンクルー大賞(仏GI)勝ちにより「GI馬の母」にもなったように、Goldikovaも負けてはいられません。女という性の素敵なところは咲き誇る花にもなれて、次代を産み出す樹にもなれるところ。Goldikova、その産駒の走りも楽しみにしたい稀代の名牝です。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

<参考WEB>

「ニコニコ動画」は音楽・お笑い・アニメ・ゲームなどの動画再生中にコメントを付けて楽しむ動画コミュニティサイトです

カルティエ賞年度代表馬を辿る(其の拾捌)-Sea The Stars(2006.4.6)-

Sea The Stars 牡 鹿毛 2006.4.6生 愛国・Sunderland Holdings Ltd生産 馬主・Christopher Tsui 愛国・John Oxx厩舎

Sea The Stars(2006.4.6)の4代血統表
Cape Cross
鹿毛 1994.3.13
種付け時活性値:0.75
Green Desert
鹿毛 1983.4.16
Danzig
鹿毛 1977.2.12
Northern Dancer 1961.5.27
Pas de Nom 1968.1.27
Foreign Courier
鹿毛 1979.4.11
Sir Ivor 1965.5.5
Courtly Dee 1968.3.8
Park Appeal
黒鹿毛 1982.4.9
Ahonoora
栗毛 1975.4.12
Lorenzaccio 1965
Helen Nichols 1966
Balidaress
芦毛 1973.4.22
Balidar 1966
Innocence 1968
Urban Sea
栗毛 1989.2.18
仔受胎時活性値:2.00(0.00)
Miswaki
栗毛 1978.2.22
種付け時活性値:0.50
Mr. Prospector
鹿毛 1970.1.28
★Raise a Native 1961.4.18
Gold Digger 1962.5.28
Hopespringseternal
栗毛 1971.5.27
Buckpasser 1963.4.28
Rose Bower 1958.3.24
Allegretta
栗毛 1978.3.10
仔受胎時活性値:0.50
Lombard
栗毛 1967
種付け時活性値:0.50
Agio 1955
Promised Lady 1961
Anatevka
栗毛 1969
仔受胎時活性値:2.00(0.00)
Espresso
栗毛 1958
種付け時活性値:0.50
Almyra
鹿毛 1962
仔受胎時活性値:1.50

<5代血統表内のクロス:なし>

Sea The Stars(2006.4.6)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Cape Cross
(Danzig系)
Miswaki
(Mr. Prospector系)
Lombard
(Teddy系)
Espresso
(Blenheim系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Cape Cross 6.00 or 4.00 or 2.00 母が凱旋門賞馬&兄姉にGI馬3頭
(No. 9-h)
10番仔?
(3連産目?)

*

※↓の動画はサムネイルのみです。動画はYoutubeのWEBサイトでご覧ください。

2009年の第201回英2000ギニー(GI。ニューマーケット芝8F)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 17 Sea The Stars 牡3 57.2 Mick Kinane 1:35.88 John M Oxx 6
2 3 Delegator 牡3 57.2 Jamie Spencer 1 1/2 Brian Meehan 1
3 4 Gan Amhras 牡3 57.2 Kevin Manning 3/4 J S Bolger 5
4 13 Rip Van Winkle 牡3 57.2 Johnny Murtagh クビ A P O’Brien 2
5 6 Mastercraftsman 牡3 57.2 Pat Smullen 1 3/4 A P O’Brien 4

*

※↓の動画はサムネイルのみです。動画はYoutubeのWEBサイトでご覧ください。

2009年の第230回英ダービー(GI。エプソムダウンズ芝12F10y)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 4 Sea The Stars 牡3 57.2 Mick Kinane 2:36.74 John M Oxx 2
2 10 Fame And Glory 牡3 57.2 Seamie Heffernan 1 3/4 A P O’Brien 1
3 2 Masterofthehorse 牡3 57.2 Richard Hughes クビ A P O’Brien 6
4 9 Rip Van Winkle 牡3 57.2 Johnny Murtagh ハナ A P O’Brien 3
5 7 Golden Sword 牡3 57.2 Colm O’Donoghue 短アタマ A P O’Brien 8

*

※↓の動画はサムネイルのみです。動画はYoutubeのWEBサイトでご覧ください。

2009年の第112回エクリプスS(英GI。サンダウン芝10F7y)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 6 Sea The Stars 牡3 55.3 Mick Kinane 2:03.40 John M Oxx 1
2 5 Rip Van Winkle 牡3 55.3 Jimmy Fortune 1 A P O’Brien 3
3 2 コンデュイット 牡3 60.3 Ryan Moore 4 1/2 Sir Michael Stoute 2
4 9 Cima De Triomphe 牡3 60.3 C.ルメール 5 Luca Cumani 4
5 10 Steele Tango 牡3 60.3 Darryll Holland 3 3/4 Roger Teal 7

*

※↓の動画はサムネイルのみです。動画はYoutubeのWEBサイトでご覧ください。

2009年の第38回英インターナショナルS(GI。ヨーク芝10F88y)の結果


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 3 Sea The Stars 牡3 55.8 Mick Kinane 2:05.29 John M Oxx 1
2 2 Mastercraftsman 牡3 55.8 Johnny Murtagh 1 A P O’Brien 2
3 5 Cornish 牡3 55.8 Seamie Heffernan 32 A P O’Brien 4
4 1 Georgebernardshaw 牡4 59.4 Colm O’Donoghue 3 1/2 A P O’Brien 3

*

2009年の第34回愛チャンピオンS(GI。レパーズタウン芝10F)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 2 Sea The Stars 牡3 57.2 Mick Kinane 2:03.90 John M Oxx 1
2 5 Fame And Glory 牡3 57.2 Johnny Murtagh 2 1/2 A P O’Brien 2
3 7 Mastercraftsman 牡3 57.2 Seamie Heffernan 2 1/2 A P O’Brien 3
4 1 Grand Ducal 牡3 57.2 Colm O’Donoghue 9 A P O’Brien 5
5 9 Lord Admiral 牡8 60.3 Declan McDonogh 4 1/2 Charles O’Brien 6

*

2009年の第88回凱旋門賞(仏GI。ロンシャン芝2400m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 6 Sea The Stars 牡3 56 Mick Kinane 2:26.30 John M Oxx 1
2 1 Youmzain 牡6 59.5 Kieren Fallon 2 Mick Channon 7
3 19 Cavalryman 牡3 56 Frankie Dettori アタマ A Fabre 4
4 12 コンデュイット 牡4 59.5 Ryan Moore アタマ Sir Michael Stoute 3
5 2 Dar Re Mi 牝4 58 Jimmy Fortune 1 John Gosden 9

*

2009年のカルティエ賞年度代表馬、Sea The Stars。ニューマーケット芝8Fからロンシャン芝2400mまで2009年の年間GI6連勝、欧州競馬史上に残るスピードとスタミナを兼ね備えたスーパースター、Sea The Stars。母Urban Seaとは凱旋門賞母仔制覇を遂げ、半兄Galileo(1998.3.30)とは兄弟英ダービー制覇遂げるという、ゲームや漫画に出てくるような存在ですけれど、それが実在してしまうのが、欧州競馬の懐の深さですね^_^;

では、以下にSea The Starsの、本当にごくごく簡単でも、目も眩むような近親牝系図を示しておきます。なお、近親牝系図内のレース名、格付けはいずれも施行当時のものです。

Urban Sea 1989.2.18 8勝 凱旋門賞(仏GI) アルクール賞(仏GII) エクスビュリ賞(仏GIII) ゴントービロン賞(仏GIII)ほか
|Urban Ocean 1996.2.15 4勝 ガリニュールS(愛GIII)
|Melikah 1997.3.17 1勝 愛オークス(GI)2着 英オークス(GI)3着
||Villarrica 2002.2.24 2勝
|||Khawlah 2008.1.10 3勝 UAEダービー(GII) UAEオークス(GIII)ほか
||||Masar 2015.4.16 英ダービー(GI) クレイヴンS(英GIII) ソラリオS(英GIII)ほか
|||Vancouverite 2010.3.2 6勝 ギヨームドルナーノ賞(仏GII)ほか
||Masterstroke 2009.4.24 4勝 ドーヴィル大賞(仏GII) 凱旋門賞(仏GI)3着ほか
||Hidden Gold 2011.4.25 6勝 リリーラングトリーS(英GIII)2着ほか
||Moonlight Magic 2013.3.24 メルドS(愛GIII) 愛ダービートライアル(GIII)ほか
|Galileo 1998.3.30 6勝 英ダービー(GI) "キング・ジョージ"(英GI) 愛ダービー(GI) 愛ダービートライアルS(GIII)ほか
|Black Sam Bellamy 1999.4.21 4勝 タターソールズ金杯(愛GI) ジョッキークラブ大賞(伊GI)ほか
|All Too Beautiful 2001.4.30 3勝 ミドルトンS(英GIII) 英オークス(GI)2着ほか
||All for Glory 2007.1.3 不出走
|||Alluringly 2014.2.22 英オークス(GI)3着
||Wonder of Wonders 2008.2.1 2勝 英オークス(GI)2着ほか
|My Typhoon 2002.5.7 9勝 ダイアナS(米GI) ジェニーワイリーS(米GII) ジャストアゲイムS(米GII) ボールストンスパH(米GII) ミセズリヴィアS(米GII) ミントジュレップH(米GIII)ほか
|Cherry Hinton 2004.1.25 0勝 ブルーウインドS(愛GIII)2着
||Wading 2009.1.17 2勝 ロックフェルS(英GII)
||Bracelet 2011.1.24 4勝 愛オークス(GI) リブルスデイルS(英GII) レパーズタウン1000ギニートライアル(愛GIII)
|Sea The Stars 2006.4.6 (本馬) 8勝 英ダービー(GI) 凱旋門賞(仏GI) 英2000ギニー(GI) 愛チャンピオンS(GI) 英インターナショナルS(GI) エクリプスS(英GI) ベレスフォードS(愛GII)
|Born to Sea 2009.3.2 1勝 愛ダービー(GI)2着ほか

なんじゃこりゃ^_^;。良妻賢母、賢兄賢弟とはUrban Seaのファミリーのためにあるのでしょう。Urban Seaよりも前の先祖のボトムラインを見れば、馬名の頭文字が「A」で始まっている馬ばかりであることから分かるように、元々は独国で継承されてきた9号族h分枝。独国で培われた血が、米血と出会い、一気に開花したというところでしょうか。

「名馬にして名種牡馬」というのは、なかなかになれなかったりするものですが、Urban Seaの仔にはそれも無縁の様子。半兄Galileoの活躍は言うに及ばずですが、Sea The Starsも、、、

  1. Harzand(2013.3.6)
    →英ダービー(GI)、愛ダービー(GI)、バリサックスS(愛GIII)
  2. Taghrooda(2011.1.27)
    →英オークス(GI)、”キング・ジョージ”(英GI)ほか
  3. Sea The Moon(2011.4.29)
    →独ダービー(GI)、ウニオンレネン(独GII)、メツレル春季賞(独GIII)ほか
  4. Vazira(2011.3.19)
    →サンタラリ賞(仏GI)、ヴァントー賞(仏GIII)
  5. Cloth of Stars(2013.4.6)
    →ガネー賞(仏GI)、アルクール賞(仏GII)、グレフュール賞(仏GII)、エクスビュリ賞(仏GIII)、ラフォルス賞(仏GIII)、シェーヌ賞(仏GIII)ほか
  6. Mekhtaal(2013.2.21)
    →イスパーン賞(仏GI)、オカール賞(仏GII)ほか
  7. Zelzal(2013.4.23)
    →ジャンプラ賞(仏GI)、ボールドムサック賞(仏GIII)ほか
  8. Stradivarius(2014.2.28)
    →アスコット金杯(英GI)、グッドウッドC(英GI)、クイーンズヴァーズ(英GII)ほか

と、クラシックホースを始めとして産駒が活躍しています。アガ・カーンスタッドで供用されているSea The Stars、Hiss Highnessの生産馬で英愛ダービー馬を輩出したのは、サスガの孝行ですね。

2000年代のスーパースター、Sea The Stars。男盛りの12歳、これからまだまだ、良い仔を送り続けて欲しいものです。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

<参考WEB>



2018年のクラシック候補生を確認する(其の弐拾壱)

ゴールドクイーン 牝 栗毛 2015.3.22生 浦河・浦河土肥牧場生産 馬主・加藤充彦氏 栗東・坂口正則厩舎

ゴールドクイーン(2015.3.22)の4代血統表
シニスターミニスター
鹿毛 2003.3.29
種付け時活性値:0.75
Old Trieste
栗毛 1995.3.2
A.P. Indy
黒鹿毛 1989.3.31
Seattle Slew 1974.2.15
Weekend Surprise 1980.4.8
Lovlier Linda
栗毛 1980.5.17
Vigors 1973
Linda Summers 1967.2.28
Sweet Minister
鹿毛 1997.4.3
The Prime Minister
鹿毛 1987.4.15
Deputy Minister 1979.5.17
Stick to Beauty 1973.4.17
Sweet Blue
黒鹿毛 1985.4.15
Hurry Up Blue 1977.5.16
Sugar Gold 1980.4.22
サザンギフト
栗毛 2002.3.21
仔受胎時活性値:1.00
タイキシャトル
栗毛 1994.3.23
種付け時活性値:1.75
Devil’s Bag
鹿毛 1981.2.19
Halo 1969.2.7
Ballade 1972.3.10
ウェルシュマフィン
鹿毛 1987.3.15
Caerleon 1980.3.27
Muffitys 1982.3.7
モーニングミラー
栗毛 1996.4.8
仔受胎時活性値:1.25
ヘクタープロテクター
栗毛 1988.3.4
種付け時活性値:1.75
Woodman 1983.2.17
Korveya 1982.5.26
クインモーニング
鹿毛 1985.4.24
仔受胎時活性値:0.50
トウシヨウボーイ
鹿毛 1973.4.15
種付け時活性値:0.75
ゴーオンワード
鹿毛 1973.5.7
仔受胎時活性値:0.75

<5代血統表内のクロス:Mr. Prospector5×5>

ゴールドクイーン(2015.3.22)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
シニスターミニスター
(Seattle Slew系)
タイキシャトル
(Halo系)
ヘクタープロテクター
(Mr. Prospector系)
トウシヨウボーイ
(Princely Gift系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
タイキシャトル
(Caerleon)
3.50
(No. 20-c ヌービス系)
6番仔
(3連産目)

2018年の第1回葵S。新設の京都芝1200mの重賞を逃げ切ったのは9番人気のゴールドクイーンと古川吉洋騎手。ゴールドクイーンはデビューの阪神ダート1200mの2歳新馬、2戦目の小倉芝1200mのフェニックス賞、そして葵Sと、1200m戦に限れば3戦3勝となりました。栗毛の流星、そのスプリント能力の確かさを改めて見せ付けました。なお、レースの2着には6番人気のラブカンプー(2015.4.11)と和田竜二騎手、2番人気のトゥラヴェスーラ(2015.4.4)と福永祐一騎手が同着で入りました。古川騎手、和田騎手、福永騎手の「競馬学校花の12期生」による重賞上位独占。昨年2017年のシリウスS(GIII)でも見られましたが、不惑を迎えてもなお活躍を続ける彼ら、素晴らしい。

さて、ゴールドクイーンの最優性先祖である母父タイキシャトルは、現役時代に13戦11勝2着1回3着1回。その主な勝ち鞍にジャック・ル・マロワ賞(仏GI)、安田記念(GI)、マイルチャンピオンシップ(GI)2回、スプリンターズS(GI)、京王杯SC(GII)、スワンS(GII)、ユニコーンS(GIII)とGレース8勝。そのGレース8勝は、8連勝で成されました。

そんな最強マイラー・タイキシャトル、種牡馬としても、

  1. ウインクリューガー(2000.2.13)
    →NHKマイルカップ(GI)、アーリントンC(GIII)ほか
  2. メイショウボーラー(2001.4.16)
    →フェブラリーS(GI)、デイリー杯2歳S(GII)、根岸S(GIII)、ガーネットS(GIII)、小倉2歳S(GIII)ほか
  3. サマーウインド(2005.5.25)
    →JBCスプリント(JpnI)、東京盃(JpnII)、クラスターC(JpnIII)ほか
  4. サトノプログレス(2005.3.2)
    →ニュージーランドトロフィー(GII)
  5. レッドスパーダ(2006.5.21)
    →京王杯SC(GII)、関屋記念(GIII)、東京新聞杯(GIII)ほか
  6. フレンチカクタス(2008.3.31)
    →フィリーズレビュー(GII)
  7. ゴールデンキャスト(2000.3.1)
    →セントウルS(GIII)2回ほか
  8. ウイングレット(2001.2.25)
    →中山牝馬S(GIII)ほか
  9. ディアチャンス(2001.2.2)
    →マーメイドS(GIII)ほか
  10. テイエムチュラサン(2002.4.15)
    →アイビスサマーダッシュ(GIII)ほか
  11. ディープサマー(2002.3.18)
    →クリスタルC(GIII)ほか
  12. ランヘランバ(2003.4.8)
    →京都ジャンプS(J・GIII)、小倉サマージャンプ(J・GIII)

と、12頭のJRA重賞勝ち馬を輩出しています。

また、タイキシャトルは母父としても

  1. ワンアンドオンリー(2011.2.23)
    →東京優駿(GI)、神戸新聞杯(GII)、ラジオNIKKEI杯(GIII)ほか
  2. ストレイトガール(2009.3.12)
    →スプリンターズS(GI)、ヴィクトリアマイル(GI)2回、シルクロードS(GIII)ほか
  3. レーヌミノル(2014.4.24)
    →桜花賞(GI)、小倉2歳S(GIII)ほか
  4. クラーベセクレタ(2008.3.6)
    →クイーン賞(JpnIII)、東京ダービー、羽田盃、ロジータ記念、東京2歳優駿牝馬ほか
  5. ダンツキッスイ(2005.3.28)
    →アーリントンC(GIII)ほか
  6. ファインチョイス(2009.1.24)
    →函館2歳S(GIII)ほか。↓キャンディバローズの半姉
  7. キャンディバローズ(2013.3.22)
    →ファンタジーS(GIII)ほか。↑ファインチョイスの半妹
  8. ゴールドクイーン(2015.3.22)
    →本稿の主役。葵Sほか

と、重賞勝ち馬を輩出しています。ダービー馬やGI3勝馬、桜花賞馬のブルードメアサイアーなのですから、こちらもサスガというところです。

*

ハービンマオ 牝 栗毛 2015.4.2生 登別・登別上水牧場生産 馬主・森口隆一郎氏 美浦・中舘英二厩舎

ハービンマオ(2015.4.2)の4代血統表

ハービンジャー(GB)
鹿毛 2006.3.12
種付け時活性値:0.00
Dansili
黒鹿毛 1996.1.27
デインヒル
鹿毛 1986.3.26
★Danzig 1977.2.12
Razyana 1981.4.18
Hasili
鹿毛 1991.3.12
Kahyasi 1985.4.2
Kerali 1984.3.4
Penang Pearl
鹿毛 1996.3.11
Bering
栗毛 1983.3.20
Arctic Tern 1973
Beaune 1974.4.10
Guapa
鹿毛 1988.5.4
Shareef Dancer 1980.3.3
Sauceboat 1972
ダンシングマオ
鹿毛 2007.4.19
仔受胎時活性値:1.75
ゴールドアリュール
栗毛 1999.3.3
種付け時活性値:1.75
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo 1969.2.7
Wishing Well 1975.4.12
ニキーヤ
鹿毛 1993.4.4
Nureyev 1977.5.2
Reluctant Guest 1986.2.21
エスカビオーサ(ARG)
鹿毛 1992.10.6
仔受胎時活性値:1.375
Payant(ARG)
黒鹿毛 1984.8.3
種付け時活性値:1.75
Cipayo 1974
Piccalline 1972
Elegia(ARG)
鹿毛 1981
仔受胎時活性値:0.50
Utopico(ARG)
鹿毛 1966
種付け時活性値:1.50
Emisaria(ARG)
鹿毛 1972
仔受胎時活性値:2.00

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer5×5×5>

ハービンマオ(2015.4.2)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
★ハービンジャー
(Danzig系)
ゴールドアリュール
(Halo系)
Payant
(Donatello系)
Utopico
(Tourbillon系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
ゴールドアリュール
(Lady Angela)
5.625 or 3.625 祖母が亜GI勝ち馬
(No. 19-c)
初仔

2018年の第54回関東オークス(JpnII)。川崎記念(JpnI)と同じ川崎ダート2100mの舞台、3歳春のダート乙女の頂上決戦を制したのは、戦前6番人気のハービンマオ。縦長で流れた道中は6番手を進み、勝負どころの三分三厘でスルスルと進出。最後の直線、先に抜け出した地元川崎の戦前5番人気のゴールドパテック(2015.4.6)をゴール直前で捉え、4分の3馬身差を着けたところが決勝点でした。終わってみれば、母父にゴールドアリュールを持つ馬が1着、父にゴールドアリュールを持つ馬が2着という結果。そしてまた、0の理論的には共に最優性先祖にゴールドアリュールを持つ馬のワンツーフィニッシュでした。なお、ハービンマオの生産牧場である登別上水牧場は、2003年のエンプレス杯(当時統一GII)を制したジーナフォンテン(1998.4.19)以来、15年ぶりとなるダートグレード競走制覇。ジーナフォンテンが制したエンプレス杯も川崎ダート2100mでしたから、この舞台に縁があるのでしょう。ジーナフォンテンといえば、父ベストタイアップ(1992.3.29)が「シブい」と思った牝馬でした。懐かしい。

では、以下にハービンマオの簡単な近親牝系図を示しておきます。なお、近親牝系図内のレース名、格付けはいずれも施行当時のものです。

Elegia 1981 1勝
|エスカビオーサ 1992.10.6 5勝 亜1000ギニー(GI) ラウルアリステギ賞(亜GII) フランシスコベアスレイ賞(亜GII) ベネズエラ共和国賞(亜GIII)ほか
||ダンシングマオ 2007.4.19 4勝
|||ハービンマオ 2015.4.2 (本馬) 関東オークス(JpnII)
|Escabieuse 1995.7.12 1勝
||Silver Drink 2003.8.9 3勝 ブエノスアイレス大賞(亜GI)ほか

亜国から日本で継承されている19号族c分枝系。ハービンマオの祖母エスカビオーサが近親の最高の活躍馬であり、亜国の牝馬クラシックである第101回ポージャ・デ・ポトランカス、すなわち第101回亜1000ギニーを含む亜国のグループ競走4勝を挙げています。エスカビオーサは、その4代血統構成が「Payant×Utopico×エルセンタウロ×Fresh Air」であり「Donatello系×Tourbillon系×Fairway系×Hyperion系」という、激渋の組み合わせ。そんな亜国産の血統馬を持って来られるのは、言わずもがなで、社台さん。サスガ。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。


カルティエ賞年度代表馬を辿る(其の拾漆)-Zarkava(2005.3.31)-

Zarkava 牝 鹿毛 2005.3.31生 愛国・HH Aga Khan IV生産 馬主・HH Aga Khan IV 仏国・Alain de Royer-Dupre厩舎

Zarkava(2005.3.31)の4代血統表
Zamindar
鹿毛 1994.4.7
種付け時活性値:0.50

Gone West
鹿毛 1984.3.10
Mr. Prospector
鹿毛 1970.1.28
★Raise a Native 1961.4.18
Gold Digger 1962.5.28
Secrettame
栗毛 1978.3.15
Secretariat 1970.3.30
Tamerett 1962.2.17
Zaizafon
栗毛 1982.1.18
The Minstrel
栗毛 1974.3.31
Northern Dancer 1961.5.27
Fleur 1964.4.1
Mofida
栗毛 1974.3.21
Right Tack 1966
Wold Lass 1960
Zarkasha
鹿毛 1999.4.8
仔受胎時活性値:1.25
Kahyasi
鹿毛 1985.4.2
種付け時活性値:1.25
イルドブルボン
黒鹿毛 1975.5.23
Nijinsky 1967.2.21
Roseliere 1965
Kadissya
鹿毛 1979.3.15
Blushing Groom 1974.4.8
Kalkeen 1974.2.18
Zarkana
鹿毛 1992.2.23
仔受胎時活性値:1.50
Doyoun
鹿毛 1985.3.8
種付け時活性値:1.50
★Mill Reef 1968.2.23
Dumka 1971
Zarna
鹿毛 1987.5.18
仔受胎時活性値:1.00
Shernazar
鹿毛 1981.5.1
種付け時活性値:1.25
Zahra
芦毛 1974.4.7
仔受胎時活性値:1.00

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer4×5、Flaming Page(♀)5×5>

Zarkava(2005.3.31)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Zamindar
(Mr. Prospector系)
Kahyasi
(Nijinsky系)
Doyoun
(Mill Reef系)
Shernazar
(Blenheim系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Doyoun
(Dumka)
4.75 仔Zarakが仏GI勝ち馬
(No. 9-c)
2番仔?
(2連産目?)

*

2007年の第39回マルセルブサック賞(仏GI。ロンシャン芝1600m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 3 Zarkava 牝2 56 Christophe Soumillon 1:37.00 A De Royer-Dupre 4
2 8 Conference Call 牝2 56 Stephane Pasquier 2 1/2 P Bary 2
3 4 Mad About You 牝2 56 Pat Smullen 1 1/2 D K Weld 3
4 2 Savethisdanceforme 牝2 56 Kieren Fallon 2 1/2 A P O’Brien 9
5 5 Don’t Forget Faith 牝2 56 Philip Robinson 1 Clive Cox 8

*

2008年の仏1000ギニー(GI。ロンシャン芝1600m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 5 Zarkava 牝3 57 Christophe Soumillon 1:35.20 A De Royer-Dupre 1
2 1 Goldikova 牝3 57 Olivier Peslier 2 F Head 4
3 6 Halfway To Heaven 牝3 57 David McCabe 1 1/2 A P O’Brien 7
4 7 Modern Look 牝3 57 Stephane Pasquier 3/4 D Smaga 2
5 10 Azabara 牝3 57 Frankie Dettori 1/2 A Fabre 6

*

2008年の第160回ディアヌ賞(仏GI。シャンティイ芝2100m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 8 Zarkava 牝3 57 Christophe Soumillon 2:07.10 A De Royer-Dupre 1
2 5 Gagnoa 牝3 57 Johnny Murtagh 3 A Fabre 5
3 6 Goldikova 牝3 57 Olivier Peslier 1 1/2 F Head 2
4 9 Proviso 牝3 57 Stephane Pasquier 短クビ A Fabre 3
5 2 Satan’s Circus 牝3 57 C.ルメール 2 1/2 J-C Rouget 9

*

2008年の第103回ヴェルメイユ賞(仏GI。ロンシャン芝2400m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 10 Zarkava 牝3 54.5 Christophe Soumillon 2:26.00 A De Royer-Dupre 1
2 2 Dar Re Mi 牝3 54.5 C.ルメール 2 John Gosden 2
3 4 Michita 牝3 54.5 Jimmy Fortune 1/2 + 1 1/2 John Gosden 7
4 11 Adored 牝3 54.5 David McCabe 1 1/2 A P O’Brien 9
5 3 Tangaspeed 牝3 54.5 Thierry Jarnet 1 1/2 R Laplanche 11

*

2008年の第87回凱旋門賞(仏GI。ロンシャン芝2400)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 1 Zarkava 牝3 54.5 Christophe Soumillon 2:28.80 A De Royer-Dupre 1
2 3 Youmzain 牡5 59.5 Richard Hills 2 Mick Channon 6
3 9 Soldier Of Fortune 牡4 59.5 Seamie Heffernan 1/2 A P O’Brien 3
3 2 It’s Gino 牡5 59.5 Thierry Thulliez 同着 P Vovcenko 13
5 8 Vision D’Etat 牡3 56 Ioritz Mendizabal 1 E Libaud 4

*

2008年のカルティエ賞年度代表馬Zarkava。7戦7勝、無敗のまま引退したZarkava。同期にGoldikova(2005.3.15)Natagora(2005.2.18)、サプレザ(2005.2.11)等名牝が居並ぶ2005年生まれ世代、後に紹介するGoldikovaも欧州最多勝となるGI14勝の稀代の名牝でしたが、その稀代の名牝を以てしても敵わなかったZarkava。一体全体、どんな強さなのか。↑の動画群に見られるように、末の確かさ、破壊力が半端ないですね^_^;

そんなスーパーメアであるZarkavaの血統表を見て気になる点は、

  • 生産されている馬たちが代々アガ・カーンの生産馬で固められている

ということでしょうか。

ずらり並んだ直牝系の累代、

  • Zarkava(2005.3.31)-Zarkasha(1999.4.8)-Zarkana(1992.2.23)-Zarna(1987.5.18)-Zahra(1974.4.7)-Petite Etoile(1956)-Star of Iran(1949)-Mah Iran(1939)-Mah Mahal(1928)

と、いずれもアガ・カーン-あるいはアリ・カーン-の生産馬ですね。Mah Mahalの母である「Flying Filly」Mumtaz Mahal(1921)は生産ではありませんが、アガ・カーン3世が購入した馬ですね。この9号族の快速牝馬の子孫から、数多の活躍馬が送り込まれているのは言わずもがな。なお、この牝系が属する「9号族c分枝」については、実は12号族と同じミトコンドリアDNAの情報を持つそうです。そう、この牝系は本来は12号族らしい、ということですね(→9号族12号族。共にWikipediaの記事)。

また、Zarkavaの高祖母はZahra。彼女はアガ・カーン4世のご息女ザーラ姫と同じ名前ですね。英語版WikipediaにおけるZahra Aga Khanの記事によると、ザーラ姫の生年月日は1970年9月18日ですので、Zahraが後に生まれています。「何かいわくつきの名前かな?」と思ったら、なるほど、Petite Etoileは1頭しか牝馬を産まなかったようです。第181回英オークス(現GI)、第146回英1000ギニー(現GI)、第82回英チャンピオンS(現GI)、第73回サセックスS(現英GI)、第98回ヨークシャーオークス(現英GI)、コロネーションC(現英GI)2回(第60回&第61回)と現在の英GIレース7勝、19戦14勝2着5回という世紀の名牝Petite Etoile。殿下は、その世紀の名牝が産んだ唯一の娘に、実子の名前を分け与えられた訳ですね。そして、独国の馬名命名法に倣っていらっしゃるのはよくお見受けするところですけれど、Zahraからスタートした頭文字「Z」の馬名の5代目が、Zarkava。

ついで、Zarkavaの4代血統構成の各父を確認すると、母父Kahyasi(1985.4.2)、祖母父Doyoun(1985.3.8)、曾祖母父Shernazar(1981.5.1)-Shergar(1978.3.3)の半弟-と、アガ・カーン殿下の生産馬です。最後に配された父Zamindar-Zafonic(1990.4.1)の全弟-は、当時の生産馬によく用いられたようで、Zarkavaの前年2007年の仏1000ギニー馬Darjina(2004.2.13)の父もZamindarでした。自家生産の種牡馬でスタミナを補填して、短距離系の種牡馬を配する順パターン。

徹底した自家生産を重ねて、そして最後に外様の血、良血とは言えGIIIクラスのマイナー競走馬だった種牡馬Zamindarを付けて大爆発した結果が、スーパーメアZarkava。ザーラ妃のお言葉を借りれば、

しかし、プティテトワール(Petite Etoile)が最後にG1勝利(1961年コロネーションS優勝)を挙げて以来、そのファミリーから1998年サンタラリー賞(G1)を制したザインタ(Zainta)が出るまで、長い年月を要したことを王女は指摘した。

「ムムタズマハルの系統の復活に37年を要しました。しかし復活すると、今度は父が生産した中でおそらく最高傑作の牝馬ザルカヴァ(Zarkava 2008年凱旋門賞優勝)が誕生しました」。

ザラ・アガ・カーン王女、生産者に忍耐を呼び掛ける(国際)【生産】 – 海外競馬情報(2016/02/20)【生産】 | 公益財団法人 ジャパン・スタッドブック・インターナショナル

我慢と忍耐の末、華々しく復活した血の継承者でもあるZarkava。4番仔のZarak(2013.3.1)が2017年の第109回サンクルー大賞(仏GI)を制して、産駒初のGI勝ち馬となりました。そしてまた、Frankel(2008.2.11)との仔である6番仔Zarkamiya(2015.3.14)が2018年4月19日にデビュー戦勝ちを収めました-フランケル×ザルカヴァ 両親合わせて21戦無敗の超良血ザルカミヤが初陣飾る | 競馬ニュース – netkeiba.com-。

2000年代を代表するスーパーメア、Zarkava。これからも良い仔をバンバン送り込んで欲しいものです。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

<参考WEB>

【競馬】 ザルカヴァ GI全レースダイジェスト 2008年の凱旋門賞勝ち馬ザルカヴァ(Zarkava)のGIレースダイジェスト。この馬の強さも画質の悪さも...