2020年のクラシック候補生を確認する(No.8)-マイラプソディ(2017.2.9)+テイエムサウスダン(2017.1.21)-

マイラプソディ 牡 青鹿毛 2017.2.9生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・(株)キーファーズ 栗東・友道康夫厩舎

マイラプソディ(2017.2.9)の4代血統表
ハーツクライ
鹿毛 2001.4.15
種付け時活性値:1.75
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
アイリッシュダンス
鹿毛 1990.3.26
トニービン
鹿毛 1983.4.7
カンパラ 1976.2.19
Severn Bridge 1965
ビユーパーダンス
黒鹿毛 1983.2.26
Lyphard 1969.5.10
My Bupers 1967.6.1

テディーズプロミス
青鹿毛 2008.5.6
仔受胎時活性値:2.00

Salt Lake
鹿毛 1989.3.12
種付け時活性値:0.50
▲Deputy Minister
黒鹿毛 1979.5.17
Vice Regent 1967.4.29
Mint Copy 1970.2.24
Take Lady Anne
鹿毛 1979.4.16
Queen City Lad 1971.3.25
Lovita H. 1955.3.18
Braids and Beads
鹿毛 1998.3.1
仔受胎時活性値:0.25
Capote
黒鹿毛 1984.3.25
種付け時活性値:1.25
Seattle Slew 1974.2.15
Too Bald 1964.4.29
Alydar’s Promise
栗毛 1983.4.5
仔受胎時活性値:1.50
Alydar
栗毛 1975.3.23
種付け時活性値:1.75
Summertime Promise
鹿毛 1972.4.26
仔受胎時活性値:0.50

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer5×5>

マイラプソディ(2017.2.9)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ハーツクライ
(サンデーサイレンス系)
Salt Lake
(Deputy Minister系)
Capote
(Seattle Slew系)
Alydar
(Raise a Native系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
ハーツクライ 4.25 母が米GI勝ち馬
(No. 4-r)
2番仔
(空胎後)

*

2019年の第6回ラジオNIKKEI杯京都2歳S(GIII。京都芝2000m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 8マイラプソディ 牡2 55 武 豊 2:01.5 7-7-5-3 35.9 510
[+10]
友道 康夫 1
2 6ミヤマザクラ 牝2 54 O.マーフィー 2:01.8 2 3-4-3-2 36.5 460
[+8]
藤原 英昭 2
3 4ロールオブサンダー 牡2 55 松山 弘平 2:02.3 3 1-1-1-1 37.2 506
[+20]
橋口 慎介 3
4 1トウカイデュエル 牡2 55 秋山 真一郎 2:02.7 2 1/2 7-7-7-6 36.9 460
[+4]
田所 秀孝 6
5 3ジャストナウ 牡2 55 菱田 裕二 2:03.4 4 9-9-7-6 37.6 416
[-6]
岡田 稲男 8

2015年以来4年ぶりに「JRA年間100勝」を遂げられた武豊騎手、達成日の2019年11月23日の101勝目がマイラプソディによるラジオNIKKEI杯京都2歳Sでした。中京芝2000mの新馬戦、阪神芝1800mの野路菊S、そして京都芝2000mのラジオNIKKEI杯京都2歳Sと3戦3勝。2017年生まれ世代において無敗の進撃を見せる駿馬たち、レッドベルジュール(2017.4.6)サリオス(2017.1.23)コントレイル(2017.4.1)ワーケア(2017.2.12)ヴェルトライゼンデ(2017.2.8)等と共に楽しみな馬です。マイラプソディ、その馬名意味は「私+狂詩曲」ということです。

*

テイエムサウスダン 牡 鹿毛 2017.1.21生 新ひだか・グランド牧場生産 馬主・竹園正繼氏 栗東・飯田雄三厩舎

テイエムサウスダン(2017.1.21)の4代血統表
サウスヴィグラス
栗毛 1996.4.19
種付け時活性値:1.00
エンドスウィープ
鹿毛 1991.5.31
フォーティナイナー
栗毛 1985.5.11
Mr. Prospector 1970.1.28
File 1976.4.30
Broom Dance
鹿毛 1979.4.10
Dance Spell 1973.3.29
Witching Hour 1960.3.31
ダーケストスター
黒鹿毛 1989.1.31
Star de Naskra
黒鹿毛 1975.2.15
Naskra 1967.3.15
Candle Star 1967.4.4
Minnie Riperton
黒鹿毛 1974.4.25
Cornish Prince 1962.3.29
English Harbor 1957.3.15
ムービングアウト
鹿毛 2004.2.17
仔受胎時活性値:1.00
Langfuhr
鹿毛 1992.2.4
種付け時活性値:0.75
Danzig
鹿毛 1977.2.12
Northern Dancer 1961.5.27
Pas de Nom 1968.1.27
Sweet Briar Too
鹿毛 1986.3.13
Briartic 1968.4.18
Prima Babu Gum 1980.1.7
ルネッサンスファウンド
鹿毛 2000.2.23
仔受胎時活性値:0.75
Silver Deputy
鹿毛 1985.2.25
種付け時活性値:1.50
Deputy Minister 1979.5.17
Silver Valley 1979.3.30
Go First Class
鹿毛 1994.3.21
仔受胎時活性値:1.25
Easy Goer
栗毛 1986.3.21
種付け時活性値:1.75
Classic Slew
黒鹿毛 1988.5.29
仔受胎時活性値:1.25

<5代血統表内のクロス:Mr. Prospector4×5、Northern Dancer4×5、Nearctic5×5(母方)>

テイエムサウスダン(2017.1.21)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
サウスヴィグラス
(Mr. Prospector系)
Langfuhr
(Danzig系)
Silver Deputy
(Deputy Minister系)
Easy Goer
(Alydar系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Easy Goer
(Go First Class)
4.25 5代母の仔にSky Classic
(No. 23-b)
7番仔
(不受胎後)

*

第21回兵庫ジュニアグランプリ(JpnII。園田ダート1400m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 7テイエムサウスダン 牡2 55 M.デムーロ 1:28.0 2-2-2-1 38.0 514
[0]
飯田雄三 3
2 6メイショウテンスイ 牡2 55 武豊 1:28.2 1.1/2 5-5-5-5 38.0 507
[+1]
南井克巳 2
3 9ファシネートゼット 牝2 54 松若風馬 1:28.4 1.1/4 3-3-3-3 38.3 468
[+2]
平田修 1
4 1スティールペガサス 牡2 55 桑村真明 1:28.6 3/4 1-1-1-2 38.8 478
[+4]
角川秀樹 8
5 12ゲンパチマイティー 牡2 55 蛯名正義 1:28.7 3/4 4-4-4-4 38.5 508
[0]
牧浦充徳 5

ダートグレード競走では唯一の2歳JpnIIレースである兵庫ジュニアグランプリ。2019年の第21回はホッカイドウ競馬所属のサウスヴィグラス産駒スティールペガサス(2017.3.13)が逃げて作り出したペースを、番手追走したJRA所属のサウスヴィグラス産駒テイエムサウスダンが綺麗に抜け出して快勝という結果でした。出走12頭中2頭だったサウスヴィグラス産駒、2頭共に静内の老舗グランド牧場の生産馬です。テイエムサウスダンは阪神ダート1200mの未勝利戦、京都ダート1400mのなでしこ賞、そして園田ダート1400mの兵庫ジュニアグランプリと3連勝。テイエムサウスダン、その馬名意味は「冠名+父名の一部+父父母名より」ということです。

#余談。テイエムサウスダンという馬名は実は二代目で、2008年産馬にもテイエムサウスダン(2008.4.14)というサウスヴィグラスの仔がいました。初代の馬名意味も「冠名+父名の一部+父父母名より」でした。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。