2020年のクラシック候補生を確認する(No.12)-ラウダシオン(2017.2.2)+デアリングタクト(2017.4.15)-

ラウダシオン 牡 鹿毛 2017.2.2生 白老・(有)社台コーポレーション白老ファーム生産 馬主・(有)シルクレーシング 栗東・斉藤崇史厩舎

ラウダシオン(2017.2.2)の4代血統表

リアルインパクト
鹿毛 2008.5.14
種付け時活性値:0.00
ディープインパクト
鹿毛 2002.3.25
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo 1969.2.7
Wishing Well 1975.4.12
ウインドインハーヘア
鹿毛 1991.2.20
Alzao 1980.2.28
Burghclere 1977.4.26
トキオリアリティー
栗毛 1994.5.25
Meadowlake
栗毛 1983.3.12
Hold Your Peace 1969.1.24
Suspicious Native 1972.4.1
What a Reality
栗毛 1978.3.27
In Reality 1964.3.1
What Will Be 1970.4.17
アンティフォナ
栗毛 2008.2.26
仔受胎時活性値:2.00
Songandaprayer
鹿毛 1998.3.23
種付け時活性値:0.25
Unbridled’s Song
芦毛 1993.2.18
Unbridled 1987.3.5
Trolley Song 1983.4.13
Alizea
鹿毛 1988.4.10
Premiership 1980.2.29
Fancy Medallion 1984.4.16
スナッチド
栗毛 2004.3.26
仔受胎時活性値:0.75
Cat Thief
栗毛 1996.1.30
種付け時活性値:1.75
Storm Cat 1983.2.27
Train Robbery 1987.2.12
Christmas Star
黒鹿毛 1994.5.7
仔受胎時活性値:0.25
Star de Naskra
黒鹿毛 1975.2.15
種付け時活性値:0.50
Carols Christmas
黒鹿毛 1977.4.10
仔受胎時活性値:2.00(0.00)

<5代血統表内のクロス:なし>

ラウダシオン(2017.2.2)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
リアルインパクト
(サンデーサイレンス系)
Songandaprayer
(Mr. Prospector系)
Cat Thief
(Storm Cat系)
Star de Naskra
(Nasrullah系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Cat Thief
(Swaps)
5.00 or 3.00 遡ればパイロと同牝系
(No. 8-d)
4番仔
(4連産目)

*

2020年のクロッカスS(L。東京芝1400m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 9ラウダシオン 牡3 56 武 豊 1:21.2  1-1 33.5 490
[0]
斉藤 崇史 3
2 7ハーモニーマゼラン 牡3 56 大野 拓弥 1:21.5 2 4-4 33.4 510
[-4]
牧 光二 6
3 1ゼンノジャスタ 牡3 56 田中 健 1:21.7 1 1/4 5-5 33.4 468
[-8]
浅見 秀一 4
4 10アブソルティスモ 牡3 56 C.ルメール 1:21.8 1/2 7-7 33.3 502
[+2]
藤沢 和雄 1
5 4シャドウブロッサム 牝3 54 M.デムーロ 1:21.8 アタマ 10-9 33.0 446
[0]
藤岡 健一 7

2020年の第1回東京開催の初日に行われたクロッカスSを制したのは3番人気のラウダシオン。10頭立ての9番枠からスタートしたラウダシオン、武豊騎手に促されて先頭に立つと、最後まで脚勢が鈍ることなく東京芝1400mを逃げ切りました。ラウダシオン、その馬名意味は「グレゴリオ聖歌の続唱の一つ。母名より連想」ということで、母アンティフォナの馬名意味は「聖歌の交唱(ラテン語)」とのことです。アンティフォナの父がSongandaprayerですから「歌と祈り」の連想なのでしょうね。

*

デアリングタクト 牝 青鹿毛 2017.4.15生 日高・長谷川牧場生産 馬主・(株)ノルマンディーサラブレッドレーシング 栗東・杉山晴紀厩舎

デアリングタクト(2017.4.15)の4代血統表
エピファネイア
鹿毛 2010.2.11
種付け時活性値:1.50
シンボリクリスエス
黒鹿毛 1999.1.21
Kris S.
黒鹿毛 1977.4.25
Roberto 1969.3.16
Sharp Queen 1965.4.19
Tee Kay
黒鹿毛 1991.2.9
★Gold Meridian 1982.4.14
Tri Argo 1982.5.18
シーザリオ
青毛 2002.3.31
スペシャルウィーク
黒鹿毛 1995.5.2
サンデーサイレンス 1986.3.25
キャンペンガール 1987.4.19
キロフプリミエール
鹿毛 1990.4.15
★Sadler’s Wells 1981.4.11
Querida 1975.3.14
デアリングバード
黒鹿毛 2011.5.9
仔受胎時活性値:1.25
キングカメハメハ
鹿毛 2001.3.20
種付け時活性値:0.25
▲Kingmambo
鹿毛 1990.2.19
Mr. Prospector 1970.1.28
Miesque 1984.3.14
マンファス
黒鹿毛 1991.2.23
ラストタイクーン 1983.5.9
Pilot Bird 1983.2.9
デアリングハート
栃栗毛 2002.3.9
仔受胎時活性値:2.00(0.00)
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
種付け時活性値:1.75
★Halo 1969.2.7
Wishing Well 1975.4.12
デアリングダンジグ
鹿毛 1990.4.26
仔受胎時活性値:0.75
Danzig
鹿毛 1977.2.12
種付け時活性値:1.00
Impetuous Gal
栗毛 1975.3.30
仔受胎時活性値:1.50

<5代血統表内のクロス:サンデーサイレンス3×4、Hail to Reason5×5、Northern Dancer5×5>

デアリングタクト(2017.4.15)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
エピファネイア
(Roberto系)
キングカメハメハ
(Mr. Prospector系)
サンデーサイレンス
(Halo系)
Danzig
(Northern Dancer系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
サンデーサイレンス
(デアリングバード)
5.50 or 3.50 祖母がGIII3勝
(No. 1-l)
2番仔
(2連産目)

*

2020年のエルフィンS(L。京都芝1600m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 8デアリングタクト 牝3 54 松山 弘平 1:33.6  9-10 34.0 466
[+2]
杉山 晴紀 3
2 2ライティア 牝3 54 武 豊 1:34.3 4 8-8 34.9 404
[-4]
石坂 正 2
3 7スマートリアン 牝3 54 幸 英明 1:34.7 2 1/2 4-6 35.6 458
[+2]
石橋 守 4
4 11エーポス 牝3 54 池添 謙一 1:34.8 3/4 2-2 36.1 452
[-6]
北出 成人 8
5 6メタモルフォーゼ 牝3 54 藤岡 康太 1:34.8 アタマ 11-11 34.9 442
[-6]
渡辺 薫彦 10

小妖精の(ような)、いたずらな、ちゃめな」という意味の「elfin」を名前に戴くエルフィンS。かつての勝ち馬にはダイアナソロン(1981.3.18)、シャダイカグラ(1986.3.23)アグネスフローラ(1987.6.18)イソノルーブル(1988.3.13)キョウエイマーチ(1994.4.19)ファレノプシス(1995.4.4)エアメサイア(2002.2.4)ウオッカ(2004.4.4)レッドディザイア(2006.4.19)マルセリーナ(2008.2.17)というGI勝ち馬も見えます。そんな関西牝馬の出世レース、2020年の勝ち馬は3番人気のデアリングタクト。松山弘平騎手と共に道中は12頭立ての9~10番手あたりで脚を溜めると、最後の直線、大外を1頭だけまったく違う脚を見せて4馬身突き抜けました。京都芝1600mの勝ち時計1分33秒6は、ウオッカの1分33秒7を上回るエルフィンSレコード。エピファネイア産駒、これは楽しみな牝馬が現れました。デアリングタクト、その馬名意味は「大胆な+Tactics(戦法)より。大胆な戦法。父、母名より連想」ということ。母方の馬名の「デアリング」は4代継続中ですね。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。