2020年のクラシック候補生を確認する(No.1)-ビアンフェ(2017.4.29)+ウーマンズハート(2017.2.8)-

ビアンフェ 牡 鹿毛 2017.4.29生 新冠・(株)ノースヒルズ生産 馬主・前田幸貴氏 栗東・中竹和也厩舎

ビアンフェ(2017.4.29)の4代血統表
キズナ
青鹿毛 2010.3.5
種付け時活性値:1.50
ディープインパクト
鹿毛 2002.3.25
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo 1969.2.7
Wishing Well 1975.4.12
ウインドインハーヘア
鹿毛 1991.2.20
Alzao 1980.2.28
Burghclere 1977.4.26
キャットクイル
鹿毛 1990.5.22
Storm Cat
黒鹿毛 1983.2.27
Storm Bird 1978.4.19
Terlingua 1976.2.7
Pacific Princess
鹿毛 1973.5.10
★Damascus 1964.4.14
Fiji 1960
ルシュクル
芦毛 2006.2.25
仔受胎時活性値:0.50

サクラバクシンオー
鹿毛 1989.4.14
種付け時活性値:0.00
サクラユタカオー
栗毛 1982.4.29
テスコボーイ 1963
アンジエリカ 1970.3.29
サクラハゴロモ
鹿毛 1984.4.13
ノーザンテースト 1971.3.15
クリアアンバー 1967.5.8
アジアンミーティア
芦毛 2000.5.2
仔受胎時活性値:1.25
Unbridled
鹿毛 1987.3.5
種付け時活性値:1.00
Fappiano 1977.5.19
Gana Facil 1981.2.9
Trolley Song
芦毛 1983.4.13
仔受胎時活性値:2.00(0.00)
Caro
芦毛 1967.4.11
種付け時活性値:1.75
Lucky Spell
鹿毛 1971.1.28
仔受胎時活性値:0.75

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer5×5>

ビアンフェ(2017.4.29)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
キズナ
(サンデーサイレンス系)
★サクラバクシンオー
(Princely Gift系)
Unbridled
(Mr. Prospector系)
Caro
(フオルテイノ系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Caro
(ルシュクル)
4.50 or 2.50 半姉ブランボヌール
(No. 4-m)
5番仔
(5連産目)

*

2019年の第51回函館2歳S(GIII。函館芝1200m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 1ビアンフェ 牡2 54 藤岡 佑介 1:09.2   1-1 35.6 510
[+4]
中竹 和也 4
2 5タイセイビジョン 牡2 54 C.ルメール 1:09.5 1 3/4 13-12 34.7 456
[+2]
西村 真幸 2
3 8プリンスリターン 牡2 54 原田 和真 1:09.7 1 1/4 3-4 35.8 436
[+4]
加用 正 11
4 6パフェムリ 牝2 54 菱田 裕二 1:09.8 1/2 7-6 35.5 424
[+4]
岡田 稲男 3
5 3レッドヴェイパー 牝2 54 北村 友一 1:09.9 3/4 10-10 35.3 410
[-2]
安田 隆行 1

2017年生まれ世代においてJRA重賞で最初の勝利を収めたのは、出脚ひと息も1枠1番を利して道中スルスルと先頭に立ったビアンフェ。半姉ブランボヌール(2013.4.9)に続く「函館2歳S姉弟制覇」と共に、新種牡馬キズナにJRA重賞初勝利をプレゼントしました。ビアンフェ、その馬名意味は「上出来、かっこいい(仏)」ということです。

*

ウーマンズハート 牝 鹿毛 2017.2.8生 日高・ダーレー・ジャパン・ファーム(有)生産 馬主・ゴドルフィン 栗東・西浦勝一厩舎

ウーマンズハート(2017.2.8)の4代血統表
ハーツクライ
鹿毛 2001.4.15
種付け時活性値:1.75
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
アイリッシュダンス
鹿毛 1990.3.26
トニービン
鹿毛 1983.4.7
カンパラ 1976.2.19
Severn Bridge 1965
ビユーパーダンス
黒鹿毛 1983.2.26
Lyphard 1969.5.10
My Bupers 1967.6.1
レディオブパーシャ
栗毛 2008.4.5
仔受胎時活性値:2.00
Shamardal
鹿毛 2002.3.27
種付け時活性値:1.25
Giant’s Causeway
栗毛 1997.2.14
Storm Cat 1983.2.27
Mariah’s Storm 1991.4.1
Helsinki
黒鹿毛 1993.5.25
Machiavellian 1987.1.31
Helen Street 1982.4.4
ビールジャント
鹿毛 1999.4.14
仔受胎時活性値:2.00
Green Desert
鹿毛 1983.4.16
種付け時活性値:1.75
Danzig 1977.2.12
Foreign Courier 1979.4.11
Belle Genius
栗毛 1992.4.5
仔受胎時活性値:1.50
Beau Genius
栗毛 1985.5.20
種付け時活性値:1.50
Time and Tide
鹿毛 1984.5.10
仔受胎時活性値:1.75

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer5×5>

ウーマンズハート(2017.2.8)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ハーツクライ
(サンデーサイレンス系)
Shamardal
(Storm Cat系)
Green Desert
(Danzig系)
Beau Genius
(Bold Ruler系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
ハーツクライ 7.25 伯父Lucky Nine
(No. 6-a)
2番仔
(流産後)

*

2019年の第39回新潟2歳S(GIII。新潟芝1600m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 6ウーマンズハート 牝2 54 藤岡 康太 1:35.0   7-7 32.8 456
[0]
西浦 勝一 1
2 13ペールエール 牡2 54 M.デムーロ 1:35.1 1/2 5-4 33.1 498
[-2]
安田 隆行 3
3 7ビッククインバイオ 牝2 54 大野 拓弥 1:35.4 1 3/4 2-2 33.9 480
[+2]
牧 光二 8
4 2クリアサウンド 牝2 54 松山 弘平 1:35.6 1 1/4 4-4 33.6 468
[0]
杉山 晴紀 7
5 1エレナアヴァンティ 牝2 54 内田 博幸 1:36.2 3 1/2 1-1 34.8 448
[-2]
宗像 義忠 5

世代最初のマイル重賞となった新潟2歳S。新潟芝外回りの658.7mという長い直線の攻防を制したのは、ウーマンズハート。デビューの新潟芝1600mに続いて2戦連続で上がり3ハロン32秒台を計時したゴドルフィンの快速娘、2戦共に直線でヨレたのは若さの現れでしょうか。ウーマンズハート、その馬名意味は「女心」。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。