2019年のコーフィールドS(豪GI)の勝ち馬-Cape of Good Hope(2016.5.6)-

Result

Cape of Good Hope(ケープオブグッドホープ) 牡 鹿毛 2016.5.6生 愛国・Hveger Syndicate生産 馬主・Coolmore, D Hayes Et Al 豪州・David A & B Hayes & Tom Dabernig厩舎

Cape of Good Hope(2016.5.6)の4代血統表
Galileo(IRE)
鹿毛 1998.3.30
種付け時活性値:0.25

Sadler’s Wells
鹿毛 1981.4.11
Northern Dancer
鹿毛 1961.5.27
Nearctic 1954.2.11
Natalma 1957.3.26 ♀
Fairy Bridge
鹿毛 1975.5.4
Bold Reason 1968.4.8
Special 1969.3.28
Urban Sea
栗毛 1989.2.18
▲Miswaki
栗毛 1978.2.22
Mr. Prospector 1970.1.28
Hopespringseternal 1971.5.27
Allegretta
栗毛 1978.3.10
▲Lombard 1967
Anatevka 1969
Hveger(AUS)
鹿毛 2001.11.18
仔受胎時活性値:1.50
デインヒル(USA)
鹿毛 1986.3.26
種付け時活性値:1.625
★Danzig
鹿毛 1977.2.12
Northern Dancer 1961.5.27
Pas de Nom 1968.1.27
Razyana
鹿毛 1981.4.18
His Majesty 1968.4.15
Spring Adieu 1974.5.10
Circles of Gold(AUS)
栗毛 1991.11.21
仔受胎時活性値:0.25
Marscay(AUS)
栗毛 1979.10.20
種付け時活性値:0.75
Biscay 1965
Heart of Market 1967.3.12
Olympic Aim(NZ)
栗毛 1983.10.15
仔受胎時活性値:1.75
Zamazaan(FR)
栗毛 1965.4.7
種付け時活性値:0.375
Gold Vink(NZ)
栗毛 1966
仔受胎時活性値:2.00(0.00)

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer3×4、Natalma(♀)4×5×5、Buckpasser5×5>

Cape of Good Hope(2016.5.6)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Galileo
(Sadler’s Wells系)
デインヒル
(Danzig系)
Marscay
(Star Kingdom系)
Zamazaan
(Blandford系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
デインヒル
(Natalma)
5.50 or 3.50 全兄Highland Reel
(No. 22-b)
8番仔?
(6連産目?)

*

2019年のコーフィールドS(豪GI。コーフィールド芝2000m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 11 Cape of Good Hope 牡3 56.5 Mark Zahra 2:02.51 David A & B Hayes & Tom Dabernig 7
2 1 Black Heart Bart せん9 59 Brad Rawiller 短アタマ Lindsey Smith 7
3 6 Harlem せん7 59 Dwayne Dunn 1 1/2 David A & B Hayes & Tom Dabernig 9
4 5 Avilius せん5 59 Kerrin McEvoy 短アタマ James Cummings 1
5 3 Humidor せん7 59 John Allen 短アタマ Ciaron Maher & David Eustace 5

2019年のコーフィールドS。本邦からスズカデヴィアス(2011.5.8)が出走したこの一戦、制したのは出走10頭中唯1頭の3歳馬、Cape of Good Hope。ゴール前、GI6勝の老雄Black Heart Bart(2010.9.11)が前走アンダーウッドS(豪GI)に続くGI連勝を決めるべく抜け出したところ、外から追い掛けたのが豪州転厩初戦のCape of Good Hope。決勝点、わずかに先んじたのは、若さと斤量の軽さも活かしてCape of Good Hope。全兄であるGI7勝の名馬Highland Reel(2012.2.21)に続いての兄弟GI制覇を遂げました。スズカデヴィアスは道中最後方から進み、最後はCape of Good Hopeから3.85馬身差の8着。大きく離された訳ではありませんし、次走はマッキノンS(豪GI)になるようですが、2017年にはトーセンスターダム(2011.3.14)が勝利を収めているレースですので、スズカデヴィアスの挑戦を応援し続けたいですね。

では、以下にCape of Good Hopeのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。なお、近親牝系図内のレース名、格付けはいずれも施行当時のものです。

Circles of Gold 1991.11.21 6勝 AJCオーストラリアンオークス(豪GI) アドリアンノックスS(豪GIII) クーンギーH(豪GIII)ほか
|Lady Circles 1999.10.15 0勝
||King Raedwald 2006.11.1 4勝 ARCチャンピオンシップS(豪GII)3着
||Decircles 2008.11.8 5勝 スタンディッシュH(豪GIII)ほか
|Elvstroem 2000.11.14 10勝 ドバイデューティフリー(UAEGI) ヴィクトリアダービー(豪GI) コーフィールドC(豪GI) アンダーウッドS(豪GI) C.F.オーアS(豪GI)ほか
|Hveger 2001.11.18 1勝 サウスオーストラリアンオークス(豪GII)2着 オーストララシアンオークス(豪GI)3着
||Valdemoro 2006.9.27 2勝 クラウンオークス(豪GI)2着 バイナリースタッドS(豪GI)2着 ナチュラリズムS(豪GIII)3着
||Highland Reel 2012.2.21 10勝 ブリーダーズカップ・ターフ(米GI) "キング・ジョージ"(英GI) コロネーションC(英GI) プリンスオブウェールズS(英GI) 香港ヴァーズ(GI)2回 セクレタリアトS(米GI)ほか
||Idaho 2013.3.14 ハードウィックS(英GII) グレートヴォルティジュールS(英GII) オーモンドS(英GIII)ほか
||Cape of Good Hope 2016.5.6 (本馬) コーフィールドS(豪GI)ほか
|Haradasun 2003.11.28 7勝 クイーンアンS(英GI) ジョージライダーS(豪GI) AJCドンカスターH(豪GI)ほか

Cape of Good Hopeの牝系は22号族b分枝系。全兄のHighland Reel、Idahoに続いてCape of Good Hopeは兄弟3頭目のGレース勝ち馬となりました。Cape of Good Hopeは伯父にElvstroem、叔父にHaradasunと豪州で活躍した馬がいるように、元々が南半球で継承されて来た牝系。Cape of Good Hopeの豪州への移籍は、牝系の背景を考慮された部分もあったのでしょう。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。