2019年のクラシック候補生を確認する(海外編・其の壱)-Too Darn Hot(2016.3.27)-

Too Darn Hot(トゥーダーンホット) 牡 鹿毛 2016.3.27生 英国・Watership Down Stud生産 馬主・Lord Lloyd-Webber 英国・John Gosden厩舎

Too Darn Hot(2016.3.27)の4代血統表
Dubawi
鹿毛 2002.2.7
種付け時活性値:1.25
Dubai Millennium
鹿毛 1996.3.20
Seeking the Gold
鹿毛 1985.4.7
Mr. Prospector 1970.1.28
Con Game 1974.3.20
Colorado Dancer
黒鹿毛 1986.2.13
Shareef Dancer 1980.3.3
Fall Aspen 1976.3.9
Zomaradah
鹿毛 1995.2.21
Deploy
鹿毛 1987.5.15
Shirley Heights 1975.3.1
Slightly Dangerous 1979.4.8
Jawaher
鹿毛 1998.5.13
ダンシングブレーヴ 1983.5.11
High Tern 1982.5.1
Dar Re Mi
鹿毛 2005.5.15
仔受胎時活性値:0.50
Singspiel
鹿毛 1992.2.25
種付け時活性値:1.00
In the Wings
鹿毛 1986.1.17
Sadler’s Wells 1981.4.11
High Hawk 1980.3.17
Glorious Song
鹿毛 1976.4.22
Halo 1969.2.7
Ballade 1972.3.10
Darara
黒鹿毛 1983.5.11
仔受胎時活性値:1.25
Top Ville
鹿毛 1976.4.5
種付け時活性値:1.50
High Top 1969
Sega Ville 1968.5.1
Delsy
黒鹿毛 1972.3.20
仔受胎時活性値:0.50
Abdos
黒鹿毛 1959.5.18
種付け時活性値:1.00
Kelty
鹿毛 1965.2.28
仔受胎時活性値:1.50

<5代血統表内のクロス:Shirley Heights4×5、Northern Dancer5×5、Sunbittern(♀)5×5>

Too Darn Hot(2016.3.27)の0の理論的総括
母父祖母父曾祖母父
Dubawi
(Mr. Prospector系)
Singspiel
(Sadler’s Wells系)
Top Ville
(Dante系)
Abdos
(Djebel系)
形相の遺伝料の遺伝牝系母の何番仔?
Top Ville
(Dar Re Mi)
3.75母がGI3勝馬
(No. 13-c)
5番仔
(5連産目)

*

2018年の第141回デューハーストS(英GI。ニューマーケット芝7F)の結果(上位5頭)


馬名性齢
騎手走破時計
・着差
調教師
15Too Darn Hot牡257.6Frankie Dettori1:24.35John Gosden1
21Advertise牡257.6Oisin Murphy2 3/4Martyn Meade3
32Anthony Van Dyck牡257.6Donnacha O’Brien1 1/4A P O’Brien2
47Sangarius牡257.6William Buick4 1/2Sir Michael Stoute4
56Kuwait Currency牡257.6Tom Marquand短アタマRichard Hannon7

2018年のカルティエ賞最優秀2歳牡馬に選出されたのはToo Darn Hot。8月のメイドン、9月のソラリオS(英GIII)、シャンペンS(英GII)、そして10月のデューハーストSと4戦4勝。負け無しで2歳戦を終え、2019年の英国クラシック路線に不動の本命として挑みます。

*

では、以下にToo Darn Hotのごくごく簡単な近親牝系図を示しておきます。なお、近親牝系図内のレース名、格付けはいずれも施行当時のものです。

Dar Re Mi 2005.5.15 6勝 ドバイシーマクラシック(UAE・GI) ヨークシャーオークス(英GI) プリティーポリーS(愛GI) ミネルヴ賞(仏GIII)ほか
|De Treville 2012.3.8 2勝 ギシュ賞(仏GIII)2着 シェーヌ賞(仏GIII)2着ほか
|So Mi Dar 2013.3.14 4勝 ムシドラS(英GIII) オペラ賞(仏GI)3着
|Lah Ti Dar 2015.3.22 英セントレジャーS(GI)2着 ブリティッシュ・チャンピオンズ・フィリーズ&メアズS(GI)3着
|Too Darn Hot 2016.3.27 (本馬) デューハーストS(英GI) シャンペンS(英GII) ソラリオS(愛GIII)

Too Darn Hotの牝系は、欧州で継承されている13号族c分枝系。母Dar Re Miが↑の通りGI3勝。Dar Re Miが制した2010年の第13回ドバイシーマクラシックは本邦期待のブエナビスタ(2006.3.14)を2着に抑えての勝利でした。上図に現れる5頭はいずれもジョン・ゴスデン調教師の管理馬です。そしてToo Darn Hotの祖母Dararaが第84回ヴェルメイユ賞(仏GI)の勝ち馬、大伯父Darshaan(1981.4.18)が第144回ジョッケクルブ賞(仏GI)の勝ち馬と来れば、これはピッカピカの名血。

第144回ジョッケクルブ賞は1着Darshaan、2着Sadler’s Wells(1981.4.11)、3着Rainbow Quest(1981.5.15)。後に振り返れば、20世紀末の名種牡馬3頭がしのぎを削った一戦でした。レース後の流しで、3頭がくつわを並べて歩を進めていますが「むぅ、豪華メンバー」と唸ってしまいました^^;

また、Too Darn Hotの叔父Rewilding(2007.2.23)。2011年の第14回ドバイシーマクラシックでDar Re Miとの姉弟制覇を果たし、更には第118回プリンスオブウェールズS(英GI)を制した活躍馬でしたが、同年の第61回”キング・ジョージ”(英GI)で予後不良……。Rewildingはゴドルフィンの持ち馬でしたが、その最期は半姉Dar Re Miの調教師でもあったゴスデン師が看取られたそうな。そしてまたRewildingの主戦は、Too Darn Hot同様ランフランコ・デットーリ騎手でした。

*

Too Darn Hot。直訳すると「あまりにもクソ暑い」という意味。Too Darn Hot、その熱い走りで、2019年の英国クラシック戦線において、競馬ファンを魅了し続けて欲しいものです。

 

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

*

ワイルドブラスター
ワイルドブラスター

このサイトの管理人、第242回英セントレジャーSの予定稿でLah Ti Darの4代血統表を作成していたそうです。

マイシンザン
マイシンザン

Lah Ti Darは英セントレジャーSで惜しくも2着やったけれど、全弟の活躍により活かされることになったな。