2019年のクラシック候補生を確認する(其の漆)

クラージュゲリエ 牡 鹿毛 2016.2.24生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・(有)キャロットファーム 栗東・池江泰寿厩舎

クラージュゲリエ(2016.2.24)の4代血統表
キングカメハメハ
鹿毛 2001.3.20
種付け時活性値:1.50
Kingmambo
鹿毛 1990.2.19
Mr. Prospector
鹿毛 1970.1.28
★Raise a Native 1961.4.18
Gold Digger 1962.5.28
Miesque
鹿毛 1984.3.14
Nureyev 1977.5.2
Pasadoble 1979.4.1
マンファス
黒鹿毛 1991.2.23
ラストタイクーン
黒鹿毛 1983.5.9
トライマイベスト 1975.4.28
Mill Princess 1977.5.21
Pilot Bird
鹿毛 1983.2.9
★Blakeney 1966.3.28
The Dancer 1977.3.31
ジュモー
栗毛 2006.2.9
仔受胎時活性値:0.25
タニノギムレット
鹿毛 1999.5.4
種付け時活性値:1.50
ブライアンズタイム
黒鹿毛 1985.5.28
Roberto 1969.3.16
Kelley’s Day 1977.5.11
タニノクリスタル
栗毛 1988.4.4
クリスタルパレス 1974.3.25
タニノシーバード 1972.4.27
ビスクドール
栗毛 1998.3.19
仔受胎時活性値:1.75
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
種付け時活性値:0.75
★Halo 1969.2.7
Wishing Well 1975.4.12
フェアリードール
栗毛 1991.2.13
仔受胎時活性値:1.50
Nureyev
鹿毛 1977.5.2
種付け時活性値:1.25
Dream Deal
栗毛 1986.3.7
仔受胎時活性値:1.00

<5代血統表内のクロス:Nureyev4×4、Northern Dancer5×5×5、Hail to Reason5×5>

クラージュゲリエ(2016.2.24)の0の理論的総括
母父祖母父曾祖母父
キングカメハメハ
(Mr. Prospector系)
タニノギムレット
(Roberto系)
サンデーサイレンス
(Halo系)
◆Nureyev
(Northern Dancer系)
形相の遺伝料の遺伝牝系母の何番仔?
キングカメハメハ4.50半兄プロフェット
(No. 9-f)
4番仔
(4連産目)

2018年の第5回ラジオNIKKEI杯京都2歳S(GIII)。9頭立て1番人気に推された1枠1番のクラージュゲリエ、「マジックマン」ジョアン・モレイラ騎手のエスコートにより道中は後方3番手。直線では馬場中央を伸びて、外の4番人気のブレイキングドーン(2016.4.23)との勝負。際どい接戦になるかと思いきや、末脚で勝ったクラージュゲリエ、馬名意味のとおり「勇敢な戦士(仏)」たる走りを見せて、最後は2分の1馬身差振り切っていました。

では、以下にクラージュゲリエのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。なお、近親牝系図内のレース名、格付けはいずれも施行当時のものです。

ビスクドール 1998.3.19 0勝
|アイスドール 2003.2.15 6勝 クイーン賞(JpnIII)3着
|ジュモー 2006.2.9 3勝
||プロフェット 2013.2.27 京成杯(GIII)ほか
||クラージュゲリエ 2016.2.24 (本馬) 京都2歳S(GIII)ほか
|バトードール 2007.2.17 5勝 ユニコーンS(GIII)2着ほか
|オウケンビリーヴ 2013.1.25 クラスターカップ(JpnIII)ほか

クラージュゲリエの曾祖母フェアリードールを日本の牝系祖とする9号族f分枝系。クラージュゲリエの半兄プロフェットは京成杯の勝ち馬であり、おじ、おばにも重賞好戦馬が見えます。まま、この9号族f分枝系はクラージュゲリエの祖母ビスクドールのきょうだいにトゥザヴィクトリー(1996.2.22)、ビーポジティブ(1999.3.10)、サイレントディール(2000.3.19)、トゥザヴィクトリーの仔にトゥザグローリー(2007.2.16)、トゥザワールド(2011.4.12)、トーセンビクトリー(2012.4.23)、その他にもデニムアンドルビー(2010.1.31)等がいますので、ね。活力充分。

*

デルマルーヴル 牡 青鹿毛 2016.3.19生 平取・坂東牧場生産 馬主・浅沼廣幸氏 美浦・戸田博文厩舎

デルマルーヴル(2016.3.19)の4代血統表
パイロ
黒鹿毛 2005.2.19
種付け時活性値:0.50
Pulpit
鹿毛 1994.2.15
A.P. Indy
黒鹿毛 1989.3.31
Seattle Slew 1974.2.15
Weekend Surprise 1980.4.8
Preach
鹿毛 1989.3.26
Mr. Prospector 1970.1.28
Narrate 1980.4.6
Wild Vision
鹿毛 1998.5.16
▲Wild Again
黒鹿毛 1980.5.22
Icecapade 1969.4.4
Bushel-n-Peck 1958.3.21
Carol’s Wonder
芦毛 1984.3.15
Pass the Tab 1978.3.29
Carols Christmas 1977.4.10
カリビアンロマンス
鹿毛 2011.1.31
仔受胎時活性値:1.00
コマンズ
黒鹿毛 1996.9.28
種付け時活性値:1.50
デインヒル
鹿毛 1986.3.26
Danzig 1977.2.12
Razyana 1981.4.18
Cotehele House
鹿毛 1980.5.9
★My Swanee 1963
Eight Carat 1975.3.7
サバナパディーダ
鹿毛 2003.2.24
仔受胎時活性値:1.75
★Cape Cross
黒鹿毛 1994.3.13
種付け時活性値:0.00
Green Desert 1983.4.16
Park Appeal 1982.4.9
Capriola
栗毛 1981.2.22
仔受胎時活性値:1.25
Mr. Prospector
鹿毛 1970.1.28
種付け時活性値:0.50
High Point Lady
鹿毛 1976.4.10
仔受胎時活性値:1.00

<5代血統表内のクロス:Mr. Prospector4×4、Danzig4×5>

デルマルーヴル(2016.3.19)の0の理論的総括
母父祖母父曾祖母父
パイロ
(Seattle Slew系)
コマンズ
(Danzig系)
★Cape Cross
(Danzig系)
◆Mr. Prospector
(Raise a Native系)
形相の遺伝料の遺伝牝系母の何番仔?
コマンズ
(Eight Carat)
5.00祖母が英仏でGレース3勝
(No. 13-e)
初仔

2018年の第20回兵庫ジュニアグランプリ(JpnII)。スタートで外に振られましたがそれを物ともせず、鞍上曰く「ムチは使わなかった」。未勝利戦、オキザリス賞、そして兵庫ジュニアグランプリと3連勝を遂げたのは、デルマルーヴル。戦前1番人気に応えたその鞍上には、やはり、クリストフ・ルメール騎手。今年2018年は、泣く子とルメール騎手には敵わない年になりました^^;。なお、デルマルーヴルの浅沼廣幸オーナーは、馬主歴30年ほどになられると思いますが、確認できる限りではグレードレースは初勝利でした。おめでとうございました。

では、以下にデルマルーヴルのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。なお、近親牝系図内のレース名、格付けはいずれも施行当時のものです。

サバナパディーダ 2003.2.24 10勝 ウィンザーフォレストS(英GII) チャートウェルS(英GIII) パン賞(仏GIII)ほか
|カリビアンロマンス 2011.1.31 0勝
||デルマルーヴル 2016.3.19 (本馬) 兵庫ジュニアグランプリ(JpnII)

デルマルーヴルの牝系は欧米で継承されている13号族e分枝系。デルマルーヴルの祖母サバナパディーダは、芝1400mから芝1マイルまでの欧州グループレース3勝の活躍馬でした。

 

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

*

ワイルドブラスター
ワイルドブラスター

このサイトの管理人、デルマルーヴルの重賞勝利が、ことのほか、嬉しかったそうで。

マイシンザン
マイシンザン

へぇ。なんでやのん?

ワイルドブラスター
ワイルドブラスター

冠名「デルマ」は「Dermatology」を省略した医療用語ですが、浅沼オーナーは皮膚科のお医者さんだそうで。

マイシンザン
マイシンザン

ほうほう。

ワイルドブラスター
ワイルドブラスター

そんな浅沼オーナーと知り合いの皮膚科医さんと、かつて飲み仲間だったそうで。

マイシンザン
マイシンザン

なんか、ずいぶん遠い感じがするけれど、ともかく、嬉しかったんやろな。