2019年のクラシック候補生を確認する(其の拾捌)

ワイドファラオ 牡 栗毛 2016.4.3生 新ひだか・フジワラフアーム生産 馬主・幅田昌伸氏 栗東・角居勝彦厩舎

ワイドファラオ(2016.4.3)の4代血統表
ヘニーヒューズ
栗毛 2003.4.5
種付け時活性値:1.00
ヘネシー
栗毛 1993.3.25
▲Storm Cat
黒鹿毛 1983.2.27
Storm Bird 1978.4.19
Terlingua 1976.2.7
Island Kitty
栗毛 1976.2.23
Hawaii 1964
T. C. Kitten 1969.3.30
Meadow Flyer
鹿毛 1989.1.22
Meadowlake
栗毛 1983.3.12
Hold Your Peace 1969.1.24
Suspicious Native 1972.4.1
Shortley
黒鹿毛 1980.3.11
Hagley 1967.4.13
Short Winded 1965.4.20
ワイドサファイア
鹿毛 2006.4.9
仔受胎時活性値:0.25
アグネスタキオン
栗毛 1998.4.13
種付け時活性値:1.75
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo 1969.2.7
Wishing Well 1975.4.12
アグネスフローラ
鹿毛 1987.6.18
ロイヤルスキー 1974.5.24
アグネスレデイー 1976.3.25
クイーンソネット
鹿毛 1992.4.29
仔受胎時活性値:1.25
ノーザンテースト
栗毛 1971.3.15
種付け時活性値:1.00
Northern Dancer 1961.5.27
Lady Victoria 1962.2.20
エイプリルソネット
黒鹿毛 1981.4.10
仔受胎時活性値:0.50
Dike
栗毛 1966.4.29
種付け時活性値:1.50
Pass Me
鹿毛 1977.6.18
仔受胎時活性値:0.75

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer4×5>

ワイドファラオ(2016.4.3)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ヘニーヒューズ
(Storm Cat系)
アグネスタキオン
(Halo系)
ノーザンテースト
(Northern Dancer系)
Dike
(Herbager系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
アグネスタキオン
(アグネスフローラ)
2.75 母がJpnII2着馬
(No. 12)
5番仔
(5連産目)

2019年の第37回ニュージーランドT(GII)。GI7勝のうちマイルGIを4勝したウオッカ(2004.4.4)。角居勝彦厩舎の後輩ワイドファラオが、先輩ウオッカへの手向けのようにマイルGIIを制して、東京芝1600mのGIレースへの挑戦権を獲得しました。ワイドファラオ、昨年2018年12月の中京芝1600mの2歳未勝利戦勝ち以来、中118日の年明け初戦がこのニュージーランドTでした。第79回桜花賞(GI)のグランアレグリア(2016.1.24)も中111日の間隔でしたが、桜花賞ウィークの3歳重賞はぶっつけ馬が揃って勝利を収めたという結末でした。ワイドファラオ、その馬名意味は「冠名+王様」ということです。

では、以下にワイドファラオのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。なお、近親牝系図内のレース名、格付けはいずれも施行当時のものです。

クイーンソネット 1992.4.29 5勝 新潟記念(GIII)2着
|ワイドサファイア 2006.4.9 2勝 フローラS(JpnII)2着
||ワイドファラオ 2016.4.3 (本馬) ニュージーランドT(GII)

ワイドファラオの牝系は12号族。祖母クイーンソネット、母ワイドサファイアが重賞2着と頑張って、ワイドファラオがついに重賞勝ち馬となりました。なお、ワイドサファイアは、

2009年の第70回優駿牝馬(GI)の返し馬で放馬してしまい、馬場を元気に2周走り競走除外になったことでも話題となりました。

*

ラヴズオンリーユー 牝 鹿毛 2016.3.26生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・DMMドリームクラブ(株) 栗東・矢作芳人厩舎

ラヴズオンリーユー(2016.3.26)の4代血統表
ディープインパクト
鹿毛 2002.3.25
種付け時活性値:1.25
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
ウインドインハーヘア
鹿毛 1991.2.20
Alzao
鹿毛 1980.2.28
Lyphard 1969.5.10
Lady Rebecca 1971.2.28
Burghclere
鹿毛 1977.4.26
Busted 1963
Highclere 1971.4.9

ラヴズオンリーミー
鹿毛 2006.2.19
仔受胎時活性値:0.25

Storm Cat
黒鹿毛 1983.2.27
種付け時活性値:1.50
Storm Bird
鹿毛 1978.4.19
Northern Dancer 1961.5.27
South Ocean 1967.4.8
Terlingua
栗毛 1976.2.7
Secretariat 1970.3.30
Crimson Saint 1969.3.15
Monevassia
鹿毛 1994.5.24
仔受胎時活性値:0.75
Mr. Prospector
鹿毛 1970.1.28
種付け時活性値:1.75
★Raise a Native 1961.4.18
Gold Digger 1962.5.28
Miesque
鹿毛 1984.3.14
仔受胎時活性値:0.25
Nureyev
鹿毛 1977.5.2
種付け時活性値:1.50
Pasadoble
鹿毛 1979.4.1
仔受胎時活性値:1.00

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer4×5×5>

ラヴズオンリーユー(2016.3.26)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ディープインパクト
(Halo系)
Storm Cat
(Storm Bird系)
Mr. Prospector
(Raise a Native系)
Nureyev
(Northern Dancer系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Mr. Prospector
(Monevassia)
2.25 全兄リアルスティール
(No. 20)
7番仔
(7連産目)

2019年の忘れな草賞(L)。例年、桜花賞同日に行われる阪神芝2000mの女馬たちの戦い。「私を忘れないで」とばかりに、デビュー以来3連勝を3馬身差の快勝で収めたのは、ラヴズオンリーユー。2018年11月の京都芝1800mの新馬戦、同月の京都芝1600mの白菊賞、そして2019年4月の忘れな草賞。中132日、年明け初戦の勝利。桜花賞ウィークの3歳パターンレースは、結局、ぶっつけ馬が揃って勝利を収めたという結末でした。ラヴズオンリーユー、その馬名意味は「みんなへの愛を込めて。母名より連想」ということです。

忘れな草賞の勝ち馬で、優駿牝馬に臨んで勝利を収めた馬は今までに4頭います。順に名前を挙げると、

  1. チョウカイキャロル(1991.3.26)
  2. エリモエクセル(1995.5.18)
  3. エリンコート(2008.3.10)
  4. ミッキークイーン(2012.2.8)

忘れな草賞勝ちの勢いそのままに、「forget me not」とばかりに、桜花賞組に一太刀を浴びせました。気が付けば、ラヴズオンリーユーはチョウカイキャロルと同じ3月26日生まれですね。

では、以下にラヴズオンリーユーのごく簡単でも豪華な近親牝系図を示しておきます。なお、近親牝系図内のレース名、格付けはいずれも施行当時のものです。

Monevassia 1994.5.24 0勝
|ウーマンシークレット 2002.2.6 不出走
||ワイルドウインド 2008.2.17 2勝 ソロナウェーS(愛GIII)2着 仏1000ギニー(GI)3着ほか
|Rumplestiltskin 2003.2.17 5勝 マルセルブサック賞(仏GI) モイグレアスタッドS(愛GI) デビュータントS(愛GII)ほか
||Tapestry 2011.1.18 3勝 ヨークシャーオークス(英GI) デビュータントS(愛GII)ほか
||John F Kennedy 2012.2.7 ゴールデンフリースジュヴェナイルターフS(愛GIII)ほか
|ラヴズオンリーミー 2006.2.19 不出走
||ラングレー 2011.3.19 洛陽S(OP)
||リアルスティール 2012.3.1 4勝 ドバイターフ(UAE・GI) 毎日王冠(GII) 共同通信杯(GIII)ほか
||プロディガルサン 2013.2.22 東京新聞杯(GIII)2着 東京スポーツ杯2歳S(GIII)2着ほか
||ラヴズオンリーユー 2016.3.26 (本馬) 忘れな草賞(L)
|Tower Rock 2009.3.17 1勝 愛ダービートライアルS(GII)2着ほか
|I am Beautiful 2012.3.4 1勝 バランシーンS(愛GIII)

ラヴズオンリーユーの牝系は20号族。全兄3頭がオープン馬、その内リアルスティールはドバイターフの勝ち馬で、勝ったGレース3勝はいずれも芝1800mでした。併せて、言わずもがなですが、↑の4代血統表の通り、ラヴズオンリーユーは曾祖母がGI10勝の世紀の名牝・Miesqueです。

また、ラヴズオンリーユーは「父ディープインパクト×母Storm Cat牝馬」のニックです。この組み合わせを持つGI勝ち馬を確認しますと、

  1. キズナ(2010.3.5)
    →東京優駿(GI)、産経大阪杯(GII)、京都新聞杯(GII)、ニエル賞(仏GII)、毎日杯(GIII)ほか
  2. ラキシス(2010.1.31)
    →エリザベス女王杯(GI)、産経大阪杯(GII)ほか。後述のサトノアラジンの全姉
  3. アユサン(2010.2.21)
    →桜花賞(GI)ほか
  4. エイシンヒカリ(2011.5.3)
    →イスパーン賞(仏GI)、香港カップ(GI)、毎日王冠(GII)、エプソムC(GIII)
  5. サトノアラジン(2011.2.16)
    →安田記念(GI)、スワンS(GII)、京王杯スプリングC(GII)ほか。上述のラキシスの全弟
  6. リアルスティール(2012.3.1)
    →ドバイターフ(UAE・GI)、毎日王冠(GII)、共同通信杯(GIII)ほか。上述の通りラヴズオンリーユーの全兄。Miesqueのひ孫
  7. Study of Man(2015.4.9)
    →ジョッケクルブ賞(仏GI)、グレフュール賞(仏GII)ほか。Miesqueの孫

そしてまた、今年2019年のクラシックを戦う2016年生まれ世代には、ダノンキングリー(2016.3.25)、ラヴズオンリーユーと楽しみな逸材もいる、というところですね^^

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。