2019年のクラシック候補生を確認する(其の拾弐)

ダノンチェイサー 牡 鹿毛 2016.2.6生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・(株)ダノックス 栗東・池江泰寿厩舎

ダノンチェイサー(2016.2.6)の4代血統表
ディープインパクト
鹿毛 2002.3.25
種付け時活性値:1.25
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
ウインドインハーヘア
鹿毛 1991.2.20
Alzao
鹿毛 1980.2.28
Lyphard 1969.5.10
Lady Rebecca 1971.2.28
Burghclere
鹿毛 1977.4.26
Busted 1963
Highclere 1971.4.9
サミター
鹿毛 2009.2.1
仔受胎時活性値:1.50
ロックオブジブラルタル
鹿毛 1999.3.8
種付け時活性値:0.25
デインヒル
鹿毛 1986.3.26
Danzig 1977.2.12
Razyana 1981.4.18
Offshore Boom
栗毛 1985.3.23
▲Be My Guest 1974.4.12
Push a Button 1980.5.30
Aileen’s Gift
鹿毛 1998.1.31
仔受胎時活性値:0.50
★Rainbow Quest
鹿毛 1981.5.15
種付け時活性値:0.00
Blushing Groom 1974.4.8
I Will Follow 1975.4.29
Joyful
鹿毛 1992.2.12
仔受胎時活性値:1.25
★Green Desert
鹿毛 1983.4.16
種付け時活性値:0.00
Optimistic Lass
鹿毛 1981.4.26
仔受胎時活性値:0.50

<5代血統表内のクロス:Danzig4×5(母方)、Northern Dancer5×5×5>

ダノンチェイサー(2016.2.6)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ディープインパクト
(Halo系)
ロックオブジブラルタル
(Danzig系)
Rainbow Quest
(Blushing Groom系)
★Green Desert
(Danzig系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
ディープインパクト
(Mountain Flower)
3.75 母が愛1000ギニー馬
(No. 2-f)
2番仔
(2連産目)

2019年の第59回きさらぎ賞(GIII)。この伝統重賞を飛躍の足掛かりとした名馬もたくさんいます。1984年のJRAグレード制導入後だけでも、ハクタイセイ(1987.4.17)スペシャルウィーク(1995.5.2)ナリタトップロード(1996.4.4)ネオユニヴァース(2000.5.21)アサクサキングス(2004.3.23)トーセンラー(2008.4.21)トーセンスターダム(2011.3.14)サトノダイヤモンド(2013.1.30)が、後のGI馬となっています。トーセンスターダムは豪州移籍後のGI勝ちですね^^;

さて、8頭立てという少頭数で行われた2019年の第59回の勝ち馬は、戦前3番人気だったダノンチェイサー。逃げた7番人気のランスオブプラーナ(2016.3.31)-その父ケープブランコ(2007.4.20)が満8歳時交配のミニモの遺伝馬-が作り出した1000m通過61秒2というスローペースを、やや離れた番手で追撃。ダノンチェイサー、直線を向くと、そのクビを元気に使い四肢を伸ばしたフォームで、川田将雅騎手の鼓舞に応えました。決勝点前、道中は最後方を進んでいた6番人気のタガノディアマンテ(2016.4.20)が追い込んで来ましたが、2馬身差のセーフティリード。京都芝1800mの勝ち時計は1分49秒0でした。ダノンチェイサー、馬名意味は「冠名+追撃者。追撃者として活躍することを願って」ということです。

ダノンチェイサーは、母父がロックオブジブラルタル。21世紀初頭のスーパーマイラー・ロックオブジブラルタルは、父としても全世界で125頭以上のステークスウィナーを送り込んでいますけれど、日本では母父としての活躍が顕著に見られます。ロックオブジブラルタルを母父に持つ、JRA重賞勝ち馬を確認しますと

  1. ミッキーアイル(2011.3.12)
    →マイルチャンピオンシップ(GI)、NHKマイルC(GI)、スワンS(GII)、阪急杯(GIII)、アーリントンC(GIII)、シンザン記念(GIII)ほか
  2. ジェネラーレウーノ(2015.1.27)
    →朝日杯セントライト記念(GII)、京成杯(GIII)ほか
  3. ジェベルムーサ(2010.2.15)
    →エルムS(GIII)ほか
  4. ロジチャリス(2012.2.11)
    →ダービー卿チャレンジT(GIII)
  5. グッドスカイ(2013.2.9)
    →新潟ジャンプS(J・GIII)
  6. グレイル(2015.3.7)
    →京都2歳S(GIII)ほか
  7. ダノンチェイサー(2016.2.6)
    →きさらぎ賞(GIII)。本馬

名前を挙げた7頭のうち、ロジチャリス&グッドスカイ&グレイルの3頭は、母プラチナチャリス(2006.1.24)の半きょうだいです。また、その3きょうだいとダノンチェイサーは、母父のロックオブジブラルタルと共に、祖母父にRainbow Questを持つという共通点もあります。

では、以下にダノンチェイサーのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。なお、近親牝系図内のレース名、格付けはいずれも施行当時のものです。

Aileen's Gift 1998.1.31 不出走
|Nijoom Dubai 2005.3.8 1勝 アルバニーS(英GIII)
|サミター 2009.2.1 6勝 愛1000ギニー(GI) ガーデンシティS(米GI) アルバニーS(英GIII)ほか
||ダノンチェイサー 2016.2.6 (本馬) きさらぎ賞(GIII)

ダノンチェイサーの牝系は2号族f分枝系。母サミターは上図のとおり愛米GI2勝の活躍馬。そんな血統背景とデキの良さもあったのでしょう。ダノンチェイサー、2017年のセレクトセールでは2億7千万円で取引された超高額馬です。

*

ダノンキングリー 牡 黒鹿毛 2016.3.25生 浦河・三嶋牧場生産 馬主・(株)ダノックス 美浦・萩原清厩舎

ダノンキングリー(2016.3.25)の4代血統表
ディープインパクト
鹿毛 2002.3.25
種付け時活性値:1.25
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
ウインドインハーヘア
鹿毛 1991.2.20
Alzao
鹿毛 1980.2.28
Lyphard 1969.5.10
Lady Rebecca 1971.2.28
Burghclere
鹿毛 1977.4.26
Busted 1963
Highclere 1971.4.9
マイグッドネス
黒鹿毛 2005.4.20
仔受胎時活性値:0.50
Storm Cat
黒鹿毛 1983.2.27
種付け時活性値:1.25
Storm Bird
鹿毛 1978.4.19
Northern Dancer 1961.5.27
South Ocean 1967.4.8
Terlingua
栗毛 1976
Secretariat 1970.3.30
Crimson Saint 1969.3.15
Caressing
黒鹿毛 1998.4.18
仔受胎時活性値:1.50
Honour and Glory
鹿毛 1993.3.24
種付け時活性値:1.00
★Relaunch 1976.3.16
Fair to All 1986.3.24
Lovin Touch
栗毛 1980.4.4
仔受胎時活性値:0.25
Majestic Prince
栗毛 1966.3.19
種付け時活性値:1.25
Forest Princess
芦毛 1973.2.28
仔受胎時活性値:1.50

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer4×5>

ダノンキングリー(2016.3.25)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ディープインパクト
(Halo系)
Storm Cat
(Storm Bird系)
Honour and Glory
(Intent系)
Majestic Prince
(Raise a Native系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
ディープインパクト 3.75 半兄ダノンレジェンド
(No. 9-f)
6番仔
(2連産目)

2019年の第53回共同通信杯(GIII)。この伝統重賞を飛躍の足掛かりとした名馬もたくさんいます。1984年のJRAグレード制導入後だけでも、サクラユタカオー(1982.4.29)、ダイナガリバー(1983.3.23)、アイネスフウジン(1987.4.10)ナリタブライアン(1991.5.3)、メジロブライト(1994.4.19)、エルコンドルパサー(1995.3.17)、イーグルカフェ(1997.2.10)、ジャングルポケット(1998.5.7)アドマイヤムーン(2003.2.23)ゴールドシップ(2009.3.6)イスラボニータ(2011.5.21)リアルスティール(2012.3.1)ディーマジェスティ(2013.3.24)スワーヴリチャード(2014.3.10)が、後にGIレースを制しています。まま、アイネスフウジン、ナリタブライアンは既にGI勝ち馬でしたが^^;

さて、7頭立てという少頭数で行われた2019年の第53回の勝ち馬は、戦前3番人気だったダノンキングリー。逃げたのは2018年のJRA賞最優秀2歳牡馬にして1番人気だったアドマイヤマーズ(2016.3.16)。彼が作り出した流れは1000m通過61秒5というスローなマイペース。直線、525.9mを乗り切るためにミルコ・デムーロ騎手がやおら追い出すと、その勝利は確かなものかと思われました。ところが、先行4番手から虎視眈々、アドマイヤマーズとデムーロ騎手の内を突いた馬がいました。ダノンキングリーと戸崎圭太騎手。東京芝1600mの新馬戦、中山芝1600mのひいらぎ賞を連勝して来た挑戦者は、2歳王者に全く臆することなく伸びると、なんと最後はアドマイヤマーズに1と4分の1馬身差を着けての完勝。ダノンキングリー、3戦3勝を遂げた東京芝1800mの勝ち時計1分46秒8は、共同通信杯史上2位となる好時計でした。ダノンキングリー、その馬名意味は「冠名+王にふさわしい。王位に君臨することを願って」ということです。

ダノンキングリーは、「ディープインパクト×Storm Cat牝馬」という活躍馬を輩出している組み合わせを持っています。この組み合わせを持つJRA重賞勝ち馬を確認しますと

  1. キズナ(2010.3.5)
    →東京優駿(GI)、産経大阪杯(GII)、京都新聞杯(GII)、ニエル賞(仏GII)、毎日杯(GIII)ほか
  2. ラキシス(2010.1.31)
    →エリザベス女王杯(GI)、産経大阪杯(GII)ほか
  3. アユサン(2010.2.21)
    →桜花賞(GI)ほか
  4. エイシンヒカリ(2011.5.3)
    →イスパーン賞(仏GI)、香港カップ(GI)、毎日王冠(GII)、エプソムC(GIII)
  5. サトノアラジン(2011.2.16)
    →安田記念(GI)、スワンS(GII)、京王杯スプリングC(GII)ほか
  6. リアルスティール(2012.3.1)
    →ドバイターフ(UAE・GI)、毎日王冠(GII)、共同通信杯(GIII)
  7. ヒラボクディープ(2010.4.26)
    →青葉賞(GII)
  8. ダノンキングリー(2016.3.25)
    →共同通信杯(GIII)。本馬

ダノンキングリーを含めて重賞勝ち馬8頭、うちGI勝ち馬6頭。ダノンキングリー、これからが真に楽しみです。

では、以下にダノンキングリーのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。なお、近親牝系図内のレース名、格付けはいずれも施行当時のものです。

Caressing 1998.4.18 5勝 ブリーダーズカップ・ジュヴェナイルフィリーズ(米GI) ラトロワンヌS(米GIII) シンガポールプレート(米GIII)ほか
|マイグッドネス 2005.4.20 1勝
||ダノンレジェンド 2010.2.24 14勝 JBCスプリント(JpnI) 東京盃(JpnII) カペラS(GIII) クラスターC(JpnIII)2回 黒船賞(JpnIII)2回 北海道スプリントC(JpnIII) 東京スプリント(JpnIII)ほか
||ダノングッド 2012.4.23 京葉S(OP)
||ダノンキングリー 2016.3.25 (本馬) 共同通信杯(GIII)
|Gold Hawk 2011.4.4 ルコントS(米GIII)3着
|Juan and Bina 2012.4.26 キャリーバックS(米GIII)3着
|West Coast 2014.5.14 6勝 トラヴァーズS(米GI) ペンシルヴェニアダービー(米GI) ロスアラミトスダービー(米GII)ほか

ダノンキングリーの牝系は9号族f分枝系。半兄ダノンレジェンドはJBCスプリントを始めとして重賞9勝の活躍馬。直父系Himyar(1875)系という極少父系の継承者、種牡馬としても活躍してほしいもの。そしてまた、祖母Caressingはブリーダーズカップ・ジュヴェナイルフィリーズを制して、2000年のエクリプス賞最優秀2歳牝馬に選出されました。

#余談。ダノンキングリーは、祖父サンデーサイレンス、父ディープインパクトに続いて、3代目の3月25日生まれでもありますね(^^) 

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。