2019年のクラシック候補生を確認する(其の拾参)

Pedigree

オーヴァルエース 牡 栗毛 2016.4.7生 浦河・梅田牧場生産 馬主・西森鶴氏 美浦・高木登厩舎

オーヴァルエース(2016.4.7)の4代血統表
ヘニーヒューズ
栗毛 2003.4.5
種付け時活性値:1.00
ヘネシー
栗毛 1993.3.25
▲Storm Cat
黒鹿毛 1983.2.27
Storm Bird 1978.4.19
Terlingua 1976.2.7
Island Kitty
栗毛 1976.2.23
Hawaii 1964
T. C. Kitten 1969.3.30
Meadow Flyer
鹿毛 1989.1.22
Meadowlake
栗毛 1983.3.12
Hold Your Peace 1969.1.24
Suspicious Native 1972.4.1
Shortley
黒鹿毛 1980.3.11
Hagley 1967.4.13
Short Winded 1965.4.20
アブラシオ
鹿毛 2005.4.12
仔受胎時活性値:0.50
グラスワンダー
栗毛 1995.2.18
種付け時活性値:0.25
Silver Hawk
鹿毛 1979.4.20
▲Roberto 1969.3.16
Gris Vitesse 1966.3.2
Ameriflora
鹿毛 1989.1.29
Danzig 1977.2.12
Graceful Touch 1978.4.13
ジュウジホウセキ
鹿毛 1992.4.1
仔受胎時活性値:1.00
マルゼンスキー
鹿毛 1974.5.19
種付け時活性値:0.25
Nijinsky 1967.2.21
シル 1970.4.22
ジユウジターキン
鹿毛 1980.4.8
仔受胎時活性値:0.75
ハンターコム
黒鹿毛 1967
種付け時活性値:1.00
シヤダイターキン
鹿毛 1966.3.16
仔受胎時活性値:1.25

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer5×5×5>

オーヴァルエース(2016.4.7)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ヘニーヒューズ
(Storm Cat系)
グラスワンダー
(Roberto系)
マルゼンスキー
(Nijinsky系)
ハンターコム
(Dante系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
ヘニーヒューズ 3.50 高祖母が優駿牝馬勝ち馬
(No. 13-c フオルカー系)
5番仔
(不受胎後)

2019年のヒヤシンスS(L)。東京ダート1600mの新馬戦9馬身差勝ち、中京ダート1400mの寒椿賞1着、そして東京ダート1600mのヒヤシンスSとデビュー以来3戦3勝としたのは、戦前2番人気だったオーヴァルエース。先に抜け出した3番人気のヴァイトブリック(2016.4.13)との競り合いを4分の3馬身差制しました。1番人気のデルマルーヴル(2016.3.19)は、やや立ち遅れ加減となって追走に脚を使い3着まで。オーヴァルエースの馬名意味は「競技場のエース」ということ。なお、オーヴァルエースの母アブラシオについて、一瞬「油塩??」と思ってしまいますが、アブラシオの馬名意味は「抱擁(伊)より」とのことです。

では、以下にオーヴァルエースのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。なお、近親牝系図内のレース名、格付けはいずれも施行当時のものです。

ジユウジターキン  1980.4.8 2勝
|アイネスターキン 1990.5.30 不出走
||ディアジーナ 2006.6.2 4勝 フローラS(JpnII) クイーンC(GIII)ほか
|ジュウジホウセキ 1992.4.1 1勝
||トラストジュゲム 2002.5.5 6勝 門松S(OP)
||アブラシオ 2005.4.12 1勝
|||オーヴァルエース 2016.4.7 (本馬) ヒヤシンスS(L)

オーヴァルエースの牝系は13号族c分枝系であるフォルカー(1948.4.2)系。社台さん伝来の牝系、オーヴァルエースの高祖母シャダイターキン-その父ガーサント(1949.4.5)が満16歳時交配のミニモの遺伝馬-は第30回優駿牝馬(現GI)の勝ち馬として知られていますが、フォルカー系は府中で良さを見せる牝系なのかも知れません。オーヴァルエースの牝系近親であるディアジーナは府中重賞2勝、シャダイターキンの孫であるレッツゴーターキン(1987.4.26)-その父ターゴワイス(1970.4.10)が満16歳時交配のミニモの遺伝馬-は、1992年の第106回天皇賞・秋(GI)で11番人気を覆してアッと言わせました。

別路線からの挑戦者の見事な勝利。大崎昭一騎手の「天皇賞に行こう」は、馬の性質を知り尽くした名手の進言だったのでしょう。

*

ディアンドル 牝 黒鹿毛 2016.2.14生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・(有)シルクレーシング 栗東・奥村豊厩舎

ディアンドル(2016.2.14)の4代血統表

ルーラーシップ
鹿毛 2007.5.15
種付け時活性値:0.00
キングカメハメハ
鹿毛 2001.3.20
Kingmambo
鹿毛 1990.2.19
Mr. Prospector 1970.1.28
Miesque 1984.3.14
マンファス
黒鹿毛 1991.2.23
ラストタイクーン 1983.5.9
Pilot Bird 1983.2.9
エアグルーヴ
鹿毛 1993.4.6
トニービン
鹿毛 1983.4.7
カンパラ 1976.2.19
Severn Bridge 1965
ダイナカール
鹿毛 1980.5.10
★ノーザンテースト 1971.3.15
シヤダイフエザー 1973.2.20
グリューネワルト
青鹿毛 2007.6.1
仔受胎時活性値:2.00
スペシャルウィーク
黒鹿毛 1995.5.2
種付け時活性値:0.75
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo 1969.2.7
Wishing Well 1975.4.12
キャンペンガール
鹿毛 1987.4.19
マルゼンスキー 1974.5.19
レデイーシラオキ 1978.4.3
シェーンクライト
鹿毛 1999.3.8
仔受胎時活性値:1.75
エリシオ
鹿毛 1993.1.24
種付け時活性値:1.25
Fairy King 1982.3.4
Helice 1988.4.4
カロギャル
鹿毛 1988.2.15
仔受胎時活性値:0.50
Caro
芦毛 1967.4.11
種付け時活性値:1.00
Delso
鹿毛 1969.4.18
仔受胎時活性値:0.50

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer5×5>

ディアンドル(2016.2.14)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
★ルーラーシップ
(Mr. Prospector系)
スペシャルウィーク
(Halo系)
エリシオ
(Fairy King系)
Caro
(フオルテイノ系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
エリシオ
(Slewpy)
4.75 叔父シェーンヴァルト
(No. 4-n)
3番仔
(3連産目)

2019年のマーガレットS(L)。中京芝1200mの新馬戦ではファンタジスト(2016.4.22)の2着だったものの、折り返しの小倉芝1200mの未勝利戦を勝ち上がり、中山芝1200mのカンナS(OP)、クリスマスローズS(OP)とオープン特別を連勝。そして、年が明けて初戦となった阪神芝1200mのマーガレットSでは単勝1.2倍に応えました。デビュー以来徹底して芝1200mを使われて来たディアンドル、これで5戦4勝、2着1回。ディアンドル、その馬名意味は「ドイツの女性用民族衣装。母母名より連想」ということです。

可愛すぎるドイツの民族衣装「ディアンドル」画像で見る過去と現在の違い
「可愛すぎる!世界の民族衣装8選」でドイツの民族衣装 ディアンドルを簡単に紹介しました。こちらではディアンドルの歴史と現代の可愛いディアンドルの衣装を紹介していこうと思います、ぜひご覧ください。ディアンドル(Dirndl)とは?アルプス山脈

では、以下にディアンドルのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。なお、近親牝系図内のレース名、格付けはいずれも施行当時のものです。

シェーンクライト 1999.3.8 2勝 フェニックス賞(OP)
|シェーンヴァルト 2006.3.9 2勝 デイリー杯2歳S(JpnII)
|グリューネワルト 2007.6.1 2勝
||ディアンドル 2016.2.14 (本馬) クリスマスローズS(OP) カンナS(OP)

ディアンドルの牝系は4号族n分枝系。祖母シェーンクライトがオープン特別勝ち馬、伯父シェーンヴァルトがJpnII勝ち馬と近親に活躍馬が見えます。この牝系は若干早稲の印象もありますが、近親の活躍馬が超えられなかった2勝の壁を突き破ったディアンドル、これからの更なる活躍を期待したいものです。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。