2019年のクラシック候補生を確認する(其の拾伍)

ノーワン 牝 鹿毛 2016.4.2生 新ひだか・飛野牧場生産 馬主・藤田好紀氏 栗東・笹田和秀厩舎

ノーワン(2016.4.2)の4代血統表
ハーツクライ
鹿毛 2001.4.15
種付け時活性値:1.50
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
アイリッシュダンス
鹿毛 1990.3.26
トニービン
鹿毛 1983.4.7
カンパラ 1976.2.19
Severn Bridge 1965
ビユーパーダンス
黒鹿毛 1983.2.26
Lyphard 1969.5.10
My Bupers 1967.6.1
プレイガール
鹿毛 1998.2.25
仔受胎時活性値:0.25
Caerleon
鹿毛 1980.3.27
種付け時活性値:0.25
Nijinsky
鹿毛 1967.2.21
Northern Dancer 1961.5.27
Flaming Page 1959.4.24
Foreseer
黒鹿毛 1969.4.12
Round Table 1954.4.6
Regal Gleam 1964.3.17
Stage Struck
鹿毛 1992.5.12
仔受胎時活性値:1.25
Sadler’s Wells
鹿毛 1981.4.11
種付け時活性値:0.50
Northern Dancer 1961.5.27
Fairy Bridge 1975.5.4
Sun Princess
鹿毛 1980.5.8
仔受胎時活性値:0.75
★イングリツシユプリンス
鹿毛 1971.5.18
種付け時活性値:0.00
Sunny Valley
鹿毛 1972.3.16
仔受胎時活性値:1.75

<5代血統表内のクロス:Hail to Reason4×5、Northern Dancer4×4×5>

ノーワン(2016.4.2)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ハーツクライ
(Halo系)
Caerleon
(Nijinsky系)
Sadler’s Wells
(Northern Dancer系)
★イングリツシユプリンス
(Fair Trial系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
ハーツクライ
(Mountain Flower)
4.00 叔父に英GII勝ち馬
(No. 1-l)
12番仔?
(10連産目?)

2019年の第53回フィリーズレビュー。フィリーズレビュー史上初の1着同着は、2010年の第71回優駿牝馬(GI)におけるアパパネ(2007.4.20)&サンテミリオン(2007.1.30)以来9年振りとなる、JRA重賞による1着同着でした。まずは1枠1番から発進した18頭立て12番人気のノーワン、坂井瑠星騎手が道中じっと内ラチ沿いで我慢させると、そのまま最内で直線一気の末脚を見せました。鞍下と共にアップセットを演出した坂井騎手は、デビュー4年目の嬉しい重賞初制覇。坂井騎手は積極的に海外長期遠征を敢行するなど、気概のある若手気鋭。父坂井英光(大井・現役)、叔父坂井薫人(笠松・引退)と、騎手を身近に見て育った「良血」、重賞初制覇を更なる雄飛のステップにして欲しいものです。ただし、今回はノーワンの騎乗時にインターフェアがあり、2日間の騎乗停止も付いてしまいました……。そんな坂井騎手の話題が先行しましたが、メンバー中最速の上がり3ハロン34秒5を見せたノーワン、その馬名意味は「曲名より。チャンピオンになって欲しい願いを込めて」ということです。

では、以下にノーワンのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。なお、近親牝系図内のレース名、格付けはいずれも施行当時のものです。

Stage Struck 1992.5.12 1勝
|Drama Class 1997.2.24 1勝
||Scottish Stage 2003.2.25 2勝 愛オークス(GI)2着ほか
||Voice Coach 2005.4.3 4勝 キングストンタウンS(豪GIII)2着
||エレアノラデュース 2007.3.19 3勝 ブランドフォードS(愛GII)ほか
|プレイガール 1998.2.25 0勝
||ノーワン 2016.4.2 (本馬) フィリーズレビュー(GII)
|Stage Gift 2003.4.25 6勝 ヨークS(英GII) ダーレーS(英GIII) ラクープ(仏GIII)ほか
|Moonlight Danceuse 2005.2.26 1勝
||Madurai 2011.2.22 バーデンヴュルテンベルクT(独GIII)2着ほか

ノーワンの牝系は1号族l分枝系。祖母からの分枝でも欧州のグループレース好戦馬が見られるように活力充分ですが、曾祖母の名前を見れば、Sun Princess。0の理論的には、その父イングリッシュプリンスが満8歳時のミニモの遺伝を受けた同牝馬は現役時代に3勝を挙げ

  1. 英オークス(GI)、英セントレジャー(GI)、ヨークシャーオークス(英GI)
  2. 凱旋門賞(仏GI)、コロネーションC(英GI)
  3. “キング・ジョージ”(英GI)

と、英GI3勝を始め欧州の超一線級GIで活躍を見せた名牝。日本でもフサイチコンコルド(1993.2.11)&アンライバルド(2006.4.13)兄弟、ヴィクトリー(2004.4.3)と、春のクラシックで勝利を収めた孫、ひ孫が見えます。

*

プールヴィル 牝 鹿毛 2016.3.14生 千歳・社台ファーム生産 馬主・吉田照哉氏 栗東・庄野靖志厩舎

プールヴィル(2016.3.14)の4代血統表
Le Havre
鹿毛 2006.2.4
種付け時活性値:0.25
Noverre
鹿毛 1998.5.2
Rahy
栗毛 1985.2.18
Blushing Groom 1974.4.8
Glorious Song 1976.4.22
ダンスールファビュルー
鹿毛 1982.3.2
Northern Dancer 1961.5.27
Fabuleux Jane 1974.4.11
Marie Rheinberg
黒鹿毛 2002.3.11
★Surako
黒鹿毛 1993.4.15
★Konigsstuhl 1976.5.17
Surata 1986.5.9
Marie d’Argonne
栗毛 1981.3.21
Jefferson 1967
Mohair 1974.3.8
ケンホープ
鹿毛 2010.3.31
仔受胎時活性値:1.25
Kendargent
芦毛 2003.3.5
種付け時活性値:1.50
★Kendor
芦毛 1986.3.30
Kenmare 1975.5.5
Belle Mecene 1982.4.16
Pax Bella
芦毛 1997.2.25
Linamix 1987.2.5
Palavera 1987.4.16
Bedford Hope
鹿毛 2005.4.25
仔受胎時活性値:1.00

Chato
鹿毛 1992.4.11
種付け時活性値:1.00

Local Talent 1986.5.9
Quick Blush 1983.5.8
Bedford Flame
鹿毛 1990.3.15
仔受胎時活性値:1.50
デュラブ
栗毛 1982.2.14
種付け時活性値:1.75
Brilleaux
黒鹿毛 1982.4.25
仔受胎時活性値:1.75

<5代血統表内のクロス:Blushing Groom4×5、Northern Dancer4×5>

プールヴィル(2016.3.14)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Le Havre
(Blushing Groom系)
Kendargent
(ゼダーン系)
Chato
(Northern Dancer系)
デュラブ
(Northern Dancer系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
デュラブ
(Drumtop)
5.50 母が仏GIII勝ち馬
(No. 2-f)
初仔

2019年の第53回フィリーズレビュー。フィリーズレビュー史上初の1着同着は、2010年の第71回優駿牝馬(GI)におけるアパパネ(2007.4.20)&サンテミリオン(2007.1.30)以来9年振りとなる、JRA重賞による1着同着でした。という訳で、もう1頭の勝ち馬となった戦前3番人気のプールヴィル。1番人気のアウィルアウェイ(2016.2.4)は掛かり気味に行ったためか失速、2番人気のキュールエサクラ(2016.2.12)は出遅れでリズムを崩したのか伸びず。そんな中上位人気の一角を担ったプールヴィル、道中は中団位置、直線は馬群中央から外側を縫うようにして伸びました。決勝点、脚色は内のノーワンが勝っているように見えましたけれど、クビをしっかり下げてゴールさせたのが、サスガに熟練の技。伊達に史上5人目のJRA全10場重賞制覇を遂げられていません、秋山真一郎騎手。プールヴィル、その馬名意味は「絵画名より。フランスにある海辺の避暑地」とのことです。

では、以下にプールヴィルのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。なお、近親牝系図内のレース名、格付けはいずれも施行当時のものです。

Bedford Hope 2005 0勝
|ケンホープ 2010.1.25 2010.3.31 5勝 グロット賞(仏GIII)ほか
||プールヴィル 2016.3.14 (本馬) フィリーズレビュー(GII)

プールヴィルの牝系は2号族f分枝系。母ケンホープは仏GIII1勝ではありますが、その主な競走成績を確認しますと

  1. グロット賞(仏GIII)
  2. コロネーションS(英GI)、トーマスブライアン賞(仏GIII)
  3. ロートシルト賞(仏GI)、サンドリンガム賞(仏GII)

欧州のマイル戦のグループ1レースでも好成績がある活躍馬です。また、ケンホープ&プールヴィル母娘と共に、その血統構成内にサンデーサイレンスもMr. Prospector(1970.1.28)も持たないため、母はもちろんですけれど、娘が繁殖牝馬になった時も、日本のハーレムではお婿さんに困らない血となっています。併せて、プールヴィルは母方の先祖に助けられて、Blushing Groom4×5、Northern Dancer4×5の両クロスが、0の理論的にはオレンジ0化されています。このあたり、サスガに社台さん。

*

ルガールカルム 牝 鹿毛 2016.2.4生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・(有)サンデーレーシング 美浦・田村康仁厩舎

ルガールカルム(2016.2.4)の4代血統表
ロードカナロア
鹿毛 2008.3.11
種付け時活性値:1.75
キングカメハメハ
鹿毛 2001.3.20
Kingmambo
鹿毛 1990.2.19
Mr. Prospector 1970.1.28
Miesque 1984.3.14
マンファス
黒鹿毛 1991.2.23
ラストタイクーン 1983.5.9
Pilot Bird 1983.2.9
レディブラッサム
鹿毛 1996.3.4
Storm Cat
黒鹿毛 1983.2.27
Storm Bird 1978.4.19
Terlingua 1976.2.7
サラトガデュー
鹿毛 1989.4.3
Cormorant 1974.4.21
Super Luna 1982.4.5
サンデースマイルII
鹿毛 2003.2.9
仔受胎時活性値:1.00

サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
種付け時活性値:0.00
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
センセーション
鹿毛 1993.4.3
仔受胎時活性値:0.25
★ソヴィエトスター
鹿毛 1984.4.20
種付け時活性値:0.00
Nureyev 1977.5.2
Veruschka 1967
Outstandingly
鹿毛 1982.3.25
仔受胎時活性値:0.50
★Exclusive Native
栗毛 1965.4.17
種付け時活性値:0.00
La Mesa
黒鹿毛 1970.5.19
仔受胎時活性値:0.75

<5代血統表内のクロス:Nureyev4×5、Raise a Native5×5、Northern Dancer5×5>

ルガールカルム(2016.2.4)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ロードカナロア
(Mr. Prospector系)
サンデーサイレンス
(Halo系)
★ソヴィエトスター
(Nureyev系)
★Exclusive Native
(Raise a Native系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
ロードカナロア
(Buckpasser)
2.50 半兄フルーキー
(No. 1-s)
6番仔?
(不受胎後)

2019年のアネモネS(L)。鞍上の流れの良さが鞍下にも伝わったのでしょうか。前日の中山牝馬S(GIII)においてフロンテアクイーン(2013.4.23)でJRA通算700勝を遂げた三浦皇成騎手にエスコートされて、2番人気のルガールカルム。先行4番手から綺麗に抜け出して、桜切符を蹄中に収めました。ルガールカルム、その馬名意味は「穏やかな眼差し(仏)」。

では、以下にルガールカルムのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。なお、近親牝系図内のレース名、格付けはいずれも施行当時のものです。

センセーション 1993.4.9 4勝 ファルマスS(英GII) サンドリンガム賞(仏GIII)
|Systematic 1999.1.31 8勝 オーモンドS(英GIII) カンバーランドロッジS(英GIII)ほか
|サンデースマイルII 2003.2.9 1勝
||フルーキー 2010.3.31 7勝 チャレンジC(GIII)ほか
||ルガールカルム 2016.2.4 (本馬) アネモネS(L)

ルガールカルムの牝系は1号族s分枝系。半兄フルーキー、祖母センセーション、伯父Systematicと、ごくごく近いところにGレース勝ち馬が見えます。また、曾祖母Outstandinglyは10勝を挙げ、その主な競走成績に

  1. ブリーダーズカップ・ジュヴェナイルフィリーズ(米GI)、ハリウッドスターレットS(米GI)、ウィルシャーH(米GII)、ラスパルマスH(米GII)、アグリームH(米GIII)
  2. アディロンダックS(米GII)、ボニーミスS(米GIII)
  3. ブリーダーズカップ・ディスタフ(米GI)、ヴァニティH(米GI)

と、米GI2勝を含む米Gレース5勝の名牝。Outstandinglyは、ブリーダーズカップ・ジュヴェナイルフィリーズの栄えある初代優勝馬です。

併せて、ルガールカルムは0の理論的には母方が仕掛けられており、3代続けてミニモの遺伝が重ねられています。料的遺伝値が2.50と弱小な数値ではありますが、母が不受胎後の仔というバックボーンを以てして、クラシックでどこまで戦えるか。楽しみにしたいと思います。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。