2019年のクラシック候補生を確認する(其の弐)

ニシノデイジー 牡 鹿毛 2016.4.18生 浦河・谷川牧場生産 馬主・西山茂行氏 美浦・高木登厩舎

ニシノデイジー(2016.4.18)の4代血統表
ハービンジャー
鹿毛 2006.3.12
種付け時活性値:0.25

Dansili
黒鹿毛 1996.1.27
デインヒル
鹿毛 1986.3.26
Danzig 1977.2.12
Razyana 1981.4.18
Hasili
鹿毛 1991.3.12
Kahyasi 1985.4.2
Kerali 1984.3.4
Penang Pearl
鹿毛 1996.3.11
Bering
栗毛 1983.3.20
▲Arctic Tern 1973
Beaune 1974.4.10
Guapa
鹿毛 1988.5.4
Shareef Dancer 1980.3.3
Sauceboat 1972
ニシノヒナギク
鹿毛 2008.2.1
仔受胎時活性値:1.75
アグネスタキオン
栗毛 1998.4.13
種付け時活性値:0.25
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo 1969.2.7
Wishing Well 1975.4.12
アグネスフローラ
鹿毛 1987.6.18
ロイヤルスキー 1974.5.24
アグネスレデイー 1976.3.25
ニシノミライ
鹿毛 2003.4.17
仔受胎時活性値:1.00
セイウンスカイ
芦毛 1995.4.26
種付け時活性値:1.75
シェリフズスター 1985.4.27
シスターミル 1990.4.8
ニシノフラワー
黒鹿毛 1989.4.19
仔受胎時活性値:1.25
Majestic Light
鹿毛 1973.3.29
種付け時活性値:1.75
デユプリシト
鹿毛 1985.5.7
仔受胎時活性値:0.75

<5代血統表内のクロス:Danzig4×5、Northern Dancer5×5>

ニシノデイジー(2016.4.18)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ハービンジャー
(Danzig系)
アグネスタキオン
(Halo系)
セイウンスカイ
(Forli系)
Majestic Light
(Raise a Native系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
セイウンスカイ
(アンジユレスイート)
4.75 曾祖母がGI3勝の名牝
(No. 2-s)
3番仔
(流産後)

2018年の第53回札幌2歳S(GIII)。4角先頭から先に抜け出したのはホッカイドウ競馬所属の4番人気だったナイママ(2016.3.24)。そのナイママを一完歩ずつ追い詰めたのは6番人気だったニシノデイジーと1番人気だったクラージュゲリエ(2016.2.24)。最後は「クビ」「クビ」の勝負となり、僅かに抜け出したのは、ニシノデイジー。ニシノデイジーの母系は↑の4代血統構成のとおり西山正行&茂之オーナーの所有馬の累代。そしてまた、2着だったナイママの母系も母ニシノマドカ(2007.3.18)、祖母ニシノプロミネンス(1998.3.21)、曾祖母ブランドノーブル(1990.3.25)、高祖母ニシノマッサリア(1984.6.5)と、やはり西山オーナーの所有馬の累代。2018年の第53回札幌2歳Sは、西山オーナー所縁の血統馬のワンツーフィニッシュという結末でした。

では、以下にニシノデイジーの簡単な近親牝系図を示しておきます。なお、近親牝系図内のレース名、格付けはいずれも施行当時のものです。

ニシノフラワー 1989.4.19 7勝 桜花賞(GI) スプリンターズS(GI) 阪神3歳牝馬S(GI) マイラーズC(GII) デイリー杯3歳S(GII) 札幌3歳S(GIII)ほか
|ニシノセイリュウ 1996.3.12 3勝 若駒S(OP)
|ニシノミライ 2003.4.17 0勝
||ニシノヒナギク 2008.2.1 0勝
|||ニシノデイジー 2016.4.18 (本馬) 札幌2歳S(GIII)
||ニシノミチシルベ 2011.4.9 2勝 アルテミスS(GIII)3着
|ニシノマナムスメ 2004.5.30 4勝 マイラーズC(GII)2着 愛知杯(GIII)2着

ニシノデイジーの牝系は高祖母デュプリシトを日本の祖とする2号族s分枝系。デュプリシトの初仔がニシノデイジーの曾祖母であるニシノフラワー。同馬は、その父Majestic Lightの持込馬として西山牧場で生産され、第52回桜花賞、第26回スプリンターズS、第43回阪神3歳牝馬S(現阪神ジュベナイルフィリーズ)とGI3勝を挙げた名牝。

そんなニシノフラワーの重賞初制覇が1991年の第26回札幌3歳S(現札幌2歳S)であり、27年の星霜を経て、曾孫が札幌2歳Sを制しました。また、ニシノデイジーの祖母ニシノミライは「父セイウンスカイ×母ニシノフラワー」という、西山牧場威信の配合馬。今はもう稼働していないPed Net Queryに、ニシノミライを登録したのも13年前。遠い昔のお話です^^;

*

ファンタジスト 牡 黒鹿毛 2016.4.22生 日高・ShallFarm生産 馬主・廣崎利洋氏 栗東・梅田智之厩舎

ファンタジスト(2016.4.22)の4代血統表
ロードカナロア
鹿毛 2008.3.11
種付け時活性値:1.75
キングカメハメハ
鹿毛 2001.3.20
Kingmambo
鹿毛 1990.2.19
Mr. Prospector 1970.1.28
Miesque 1984.3.14
マンファス
黒鹿毛 1991.2.23
ラストタイクーン 1983.5.9
Pilot Bird 1983.2.9
レディブラッサム
鹿毛 1996.3.4
Storm Cat
黒鹿毛 1983.2.27
Storm Bird 1978.4.19
Terlingua 1976.2.7
サラトガデュー
鹿毛 1989.4.3
Cormorant 1974.4.21
Super Luna 1982.4.4
ディープインアスク
鹿毛 2008.2.10
仔受胎時活性値:1.75
ディープインパクト
鹿毛 2002.3.25
種付け時活性値:1.25
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo 1969.2.7
Wishing Well 1975.4.12
ウインドインハーヘア
鹿毛 1991.2.20
Alzao 1980.2.28
Burghclere 1977.4.26
マーズプリンセス
鹿毛 1997.3.8
仔受胎時活性値:0.50
デインヒル
鹿毛 1986.3.26
種付け時活性値:0.50
★Danzig 1977.2.12
Razyana 1981.4.18
ディアーミミ
黒鹿毛 1987.4.16
仔受胎時活性値:0.25
Roberto
鹿毛 1969.3.16
種付け時活性値:0.25
Carnival Princess
栗毛 1974
仔受胎時活性値:1.00

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer5×5、His Majesty5×5、Hail to Reason5×5>

ファンタジスト(2016.4.22)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ロードカナロア
(Mr. Prospector系)
ディープインパクト
(Halo系)
デインヒル
(Danzig系)
Roberto
(Hail to Reason系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
ロードカナロア
(キングカメハメハ)
3.50 Frostedと同牝系
(No. 16-g)
3番仔
(3連産目)

2018年の第38回小倉2歳S(GIII)。「夢想家」を意味する馬名を戴いたファンタジスト、道中は楽な感じで先行3番手。4コーナーから直線、馬場中央を抜け出すと、後続の2着争いを尻目に悠々と1着ゴール。夏は小倉を主戦場とされる武豊騎手、千両役者が若駒の重賞初制覇をエスコートして自身JRA通算3995勝目を遂げられると共に、昨年2017年の第37回を制したアサクサゲンキ(2015.4.17)に続いての、小倉2歳S連覇となりました。

2018年のJRA2歳重賞はここまで4戦。函館2歳S(GIII)のアスターペガサス(2016.2.26)、新潟2歳S(GIII)のケイデンスコール(2016.2.11)、札幌2歳S(GIII)のニシノデイジー(2016.4.18)、そして小倉2歳Sのファンタジスト(2016.4.22)。そんな2016年生まれ世代の4頭の母を見れば、R Heat Lightning(2008.4.23)、インダクティ(2008.3.3)、ニシノヒナギク(2008.2.1)、そしてディープインアスク(2008.2.10)と、母はいずれも2008年生まれ世代。0の理論的には、母が満7歳時交配の活性値1.75という高い数値の世代交代で送り出された仔どもたちが、重賞勝ち馬となっていますね。

では、以下にファンタジストの簡単な近親牝系図を示しておきます。なお、近親牝系図内のレース名、格付けはいずれも施行当時のものです。

ディアーミミ 1987.4.16 0勝
|Fleet Lady 1994.5.19 10勝 ラカナダS(米GII) エルエンシノS(米GII)ほか
||Fast Cookie 2000.3.13 9勝 コティリオンH(米GII)ほか
|||Frosted 2012.4.18 6勝 メトロポリタンH(米GI) ホイットニーH(米GI) ウッドメモリアルS(米GI) マクトゥームチャレンジラウンド2(UAE・GII) ペンシルヴェニアダービー(米GII)ほか
|||Indulgent 2013.4.21 4勝 ゴーフォーワンドH(米GIII)ほか
||Surf Song 2001.3.17 不出走
|||Solomini 2015.4.29 ブリーダーズカップ・ジュヴェナイル(米GI)2着 フロントランナーS(米GI)2着 レベルS(米GII)2着ほか
||Fleeting Touch 2004.3.7 不出走
|||Running Tall 2008.9.6 4勝 サイアーズプロデュースS(豪GII)ほか
|||Sensibility 2010.10.26 1勝 フライトS(豪GI)2着
||Midshipman 2006.3.26 5勝 ブリーダーズカップ・ジュヴェナイル(米GI) デルマーフューチュリティ(米GI)ほか
|マーズプリンセス 1997.3.8 0勝
||ディープインアスク 2008.2.10 0勝
|||ファンタジスト 2016.4.22 (本馬) 小倉2歳S(GIII)

米国及び日本で継承されている16号族g分枝系。ファンタジストの曾祖母ディアーミミが米国に残したFleet Ladyからの分枝に活躍馬が見え、2008年のエクリプス賞最優秀2歳牡馬であるMidshipman、米GI3勝を挙げたFrostedが見えます。Frostedは2015年の第147回ベルモントS(米GI)ではかのAmerican Pharoah(2012.2.2)の2着に入り、古馬になってから制した2016年の第123回メトロポリタンHでは、ベルモント・ダート8Fを1分32秒73のステークスレコードかつレース史上最大着差となる14馬身と4分の1差という大圧勝を収めました。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。