2019年のクラシック候補生を確認する(其の弐拾伍)

Pedigree

グルーヴィット 牡 鹿毛 2016.4.5生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・(有)キャロットファーム 栗東・松永幹夫厩舎

グルーヴィット(2016.4.5)の4代血統表
ロードカナロア
鹿毛 2008.3.11
種付け時活性値:1.75
キングカメハメハ
鹿毛 2001.3.20
Kingmambo
鹿毛 1990.2.19
Mr. Prospector 1970.1.28
Miesque 1984.3.14
マンファス
黒鹿毛 1991.2.23
ラストタイクーン 1983.5.9
Pilot Bird 1983.2.9
レディブラッサム
鹿毛 1996.3.4
Storm Cat
黒鹿毛 1983.2.27
Storm Bird 1978.4.19
Terlingua 1976.2.7
サラトガデュー
鹿毛 1989.4.3
Cormorant 1974.4.21
Super Luna 1982.4.5
スペシャルグルーヴ
栗毛 2007.1.23
仔受胎時活性値:2.00(0.00)
スペシャルウィーク
黒鹿毛 1995.5.2
種付け時活性値:0.75
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo 1969.2.7
Wishing Well 1975.4.12
キャンペンガール
鹿毛 1987.4.19
マルゼンスキー 1974.5.19
レデイーシラオキ 1978.4.3
ソニックグルーヴ
鹿毛 2003.3.30
仔受胎時活性値:0.75
フレンチデピュティ
栗毛 1992.1.30
種付け時活性値:0.50
Deputy Minister 1979.5.17
Mitterand 1981.2.19
エアグルーヴ
鹿毛 1993.4.6
仔受胎時活性値:0.25
トニービン
鹿毛 1983.4.7
種付け時活性値:0.25
ダイナカール
鹿毛 1980.5.10
仔受胎時活性値:1.00

<5代血統表内のクロス:なし>

グルーヴィット(2016.4.5)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ロードカナロア
(Mr. Prospector系)
スペシャルウィーク
(Halo系)
フレンチデピュティ
(Deputy Minister系)
トニービン
(ゼダーン系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
ロードカナロア
(ラストタイクーン)
4.00 or 2.00 曾祖母がGI2勝馬
(No. 8-f パロクサイド系)
4番仔
(2連産目)

2019年の第67回中京記念(GIII)。サマーマイルシリーズの初戦である中京芝1600mの中京記念を制したのは、戦前3番人気の3歳牡馬グルーヴィット。同じ2016年生まれ世代クリノガウディー(2016.3.17)との3歳牡馬によるワンツーフィニッシュ。中京記念を3歳馬が制したのは1970年の第18回を制したゼットアロー(1967.4.22)以来49年ぶり史上3例目のことでした。グルーヴィット、その馬名意味は「楽しむ。母名より連想」ということです。

#余談。中京記念における3歳馬の初めての勝利は、1954年の第2回を制したメイヂホマレ(1951.5.3)による、ということです。

では、以下にグルーヴィットの簡単な近親牝系図を示しておきます。なお、近親牝系図内のレース名、格付けはいずれも施行当時のものです。

エアグルーヴ 1993.4.6 9勝 天皇賞・秋(GI) 優駿牝馬(GI) 大阪杯(GII) 札幌記念(GII)2回 マーメイドS(GIII) チューリップ賞(GIII)ほか
|アドマイヤグルーヴ 2000.4.30 8勝 エリザベス女王杯(GI)2回 阪神牝馬S(GII) ローズS(GII) マーメイドS(GIII)ほか
||アドマイヤセプター 2008.3.14 5勝 京阪杯(GIII)2着 スワンS(GII)3着ほか
||アドマイヤトライ 2009.3.24 2勝 阪神スプリングジャンプ(J・GII)3着
||ドゥラメンテ 2012.3.22 5勝 東京優駿(GI) 皐月賞(GI) 中山記念(GII)ほか
|ソニックグルーヴ 2003.3.30 不出走
||スペシャルグルーヴ 2007.1.23 0勝
|||グルーヴィット 2016.4.5 (本馬) 中京記念(GIII) ファルコンS(GIII)2着
|ポルトフィーノ 2005.3.14 3勝 エルフィンS(OP)
||ポルトドートウィユ 2012.3.19 2勝 京都新聞杯(GII)2着 きさらぎ賞(GIII)2着
|フォゲッタブル 2006.4.3 4勝 ステイヤーズS(GII) ダイヤモンドS(GIII)ほか
|ルーラーシップ 2007.5.15 8勝 クイーンエリザベス2世カップ(香GI) AJCC(GII) 金鯱賞(GII) 日経新春杯(GII) 鳴尾記念(GIII)ほか
|グルヴェイグ 2008.5.11 5勝 マーメイドS(GIII)
||ヴァナヘイム 2014.1.25 1勝 ラジオNIKKEI杯京都2歳S(GIII)2着
|ラストグルーヴ 2010.1.23 1勝
||ランフォザローゼス 2016.2.14 青葉賞(GII)2着 京成杯(GIII)2着

グルーヴィットの牝系は8号族f分枝系、おなじみのパロクサイド(1959)系。上図の通り「言わずもがな」です。

*

ハヤヤッコ 牡 白毛 2016.2.10生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・金子真人ホールディングス(株) 美浦・国枝栄厩舎

ハヤヤッコ(2016.2.10)の4代血統表
キングカメハメハ
鹿毛 2001.3.20
種付け時活性値:1.50
Kingmambo
鹿毛 1990.2.19
Mr. Prospector
鹿毛 1970.1.28
★Raise a Native 1961.4.18
Gold Digger 1962.5.28
Miesque
鹿毛 1984.3.14
Nureyev 1977.5.2
Pasadoble 1979.4.1
マンファス
黒鹿毛 1991.2.23
ラストタイクーン
黒鹿毛 1983.5.9
トライマイベスト 1975.4.28
Mill Princess 1977.5.21
Pilot Bird
鹿毛 1983.2.9
★Blakeney 1966.3.28
The Dancer 1977.3.31
マシュマロ
白毛 2009.3.23
仔受胎時活性値:1.50
クロフネ
芦毛 1998.3.31
種付け時活性値:0.50
フレンチデピュティ
栗毛 1992.1.30
Deputy Minister 1979.5.17
Mitterand 1981.2.19
ブルーアヴェニュー
芦毛 1990.2.15
Classic Go Go 1978.2.11
Eliza Blue 1983.4.11
シラユキヒメ
白毛 1996.4.4
仔受胎時活性値:1.00
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
種付け時活性値:0.25
★Halo 1969.2.7
Wishing Well 1975.4.12
ウェイブウインド
鹿毛 1991.1.28
仔受胎時活性値:1.00
★Topsider
鹿毛 1974.3.15
種付け時活性値:0.00
Storm and Sunshine
黒鹿毛 1983.2.3
仔受胎時活性値:1.75

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer5×5×5>

ハヤヤッコ(2016.2.10)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
キングカメハメハ
(Mr. Prospector系)
クロフネ
(Deputy Minister系)
サンデーサイレンス
(Halo系)
★Topsider
(Northern Dancer系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
キングカメハメハ
(トライマイベスト)
5.25 伯母ユキチャン
(No. 2-w)
初仔

2019年の第11回レパードS(GIII)。過去にトランセンド(2006.3.9)ホッコータルマエ(2009.5.26)もこのレースで重賞初制覇を遂げて、後の飛躍につなげました。そんなレパードSの第11回を制したのは、白毛馬ハヤヤッコ。JRA史上初の白毛馬の重賞勝利は、そのまま白毛馬として世界初の平地国際グレードレース優勝馬(by Wikipedia)の快挙達成。ハヤヤッコ、「黒、黄鋸歯形、青袖」 の勝負服の偉大な先輩の追悼競走として実施されたレースで、歴史を作りました。ハヤヤッコ、その馬名意味は「速くて白い」。

では、以下にハヤヤッコのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。なお、近親牝系図内のレース名、格付けはいずれも施行当時のものです。

シラユキヒメ 1996.4.4 0勝
|ユキチャン 2005.3.28 5勝 関東オークス(JpnII) TCK女王盃(JpnIII) クイーン賞(JpnIII)ほか
|マシュマロ 2009.3.23 2勝
||ハヤヤッコ 2016.2.10 (本馬) レパードS(GIII)

ハヤヤッコの牝系は2号族w分枝系。祖母シラユキヒメが突然変異の白毛馬として生を受けた後、白毛遺伝子を受け継いだ仔孫には白毛馬が多数見えます。そんなシラユキヒメ及びその仔孫については、

シラユキヒメ - Wikipedia

が手厚いため、ご参照いただければと思います。

また、ハヤヤッコの父キングカメハメハの訃報も流れました。

キングカメハメハ死す 松田国調教師「夢の塊だった」 | 競馬ニュース - netkeiba.com
 ディープインパクトの死に続き、競馬界にまたも悲しい出来事が起こった。キングカメハメハが9日、繋養先の北海道安平町の社台スタリオンステーションで死んだ。18歳だった。 2003年に京都でデビュー、翌2… No.1競馬情報サイト「netkeiba.com」の競馬ニュース。

ハヤヤッコにはキングカメハメハの血の継承と共に、父系からの白毛継承にも期待が掛かります。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。