2019年のクラシック候補生を確認する(其の参)

グランアレグリア 牝 鹿毛 2016.1.24生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・(有)サンデーレーシング 美浦・藤沢和雄厩舎

グランアレグリア(2016.1.24)の4代血統表
ディープインパクト
鹿毛 2002.3.25
種付け時活性値:1.25
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
ウインドインハーヘア
鹿毛 1991.2.20
Alzao
鹿毛 1980.2.28
Lyphard 1969.5.10
Lady Rebecca 1971.2.28
Burghclere
鹿毛 1977.4.26
Busted 1963
Highclere 1971.4.9
タピッツフライ
芦毛 2007.2.25
仔受胎時活性値:2.00
Tapit
芦毛 2001.2.27
種付け時活性値:1.25
Pulpit
鹿毛 1994.2.15
A.P. Indy 1989.3.31
Preach 1989.3.26
Tap Your Heels
芦毛 1996.2.16
★Unbridled 1987.3.5
Ruby Slippers 1982.3.18
Flying Marlin
鹿毛 1999.2.9
仔受胎時活性値:1.75
Marlin
鹿毛 1993.3.26
種付け時活性値:1.25
★Sword Dance 1984.5.21
Syrian Summer 1984.1.24
Morning Dove
鹿毛 1993.4.14
仔受胎時活性値:1.25
Fortunate Prospect
黒鹿毛 1981.2.24
種付け時活性値:0.75
Pink Dove
栗毛 1984.5.7
仔受胎時活性値:2.00

<5代血統表内のクロス:Nijinsky5×5>

グランアレグリア(2016.1.24)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ディープインパクト
(Halo系)
Tapit
(Seattle Slew系)
Marlin
(Nijinsky系)
Fortunate Prospect
(Mr. Prospector系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
ディープインパクト 7.00 母が米GI2勝馬
(No. 3-o)
2番仔
(不受胎後)

2018年の第4回サウジアラビアRC(GIII)。6月の新馬戦で東京芝1600mを1分33秒6の快時計勝ちから4ヶ月。プラス18kgもいとやせず、8頭立ての単勝1.3倍で1番人気に推されたグランアレグリア。出遅れての場内どよめきから、向こう正面でどんどん進出して2番手。そうして、直線を向いたら持ったまんまで抜け出して、楽々と3馬身と2分の1差。えーっ、これは恐ろしい牝馬が現れました。グランアレグリア、その馬名意味は西語で「大歓声」。さらなる大歓声を浴びるべく、大舞台に駒を進めて行きます。

では、以下にグランアレグリアのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。

Flying Marlin 1999.2.9 4勝
|タピッツフライ 2007.2.25 7勝 ファーストレディS(米GI) ジャストアゲームS(米GI)ほか
||グランアレグリア 2016.1.24 (本馬) サウジアラビアRC(GIII)

グランアレグリアの牝系は、米国で継承されている3号族o分枝系。母タピッツフライはキーンランド芝8Fの第15回ファーストレディS、ベルモントパーク・芝8Fの第20回ジャストアゲームSと米GI2勝の活躍馬。また、国際グレード格付け前の、サンタアニタパーク・芝8Fの第2回ブリーダーズカップ・ジュヴェナイルフィリーズターフも制しています。Tapit産駒と言えば、米国の保守本流、ダート競馬で活躍馬を輩出するイメージですが、タピッツフライはターフで活躍しました。また、グランアレグリアのボトムラインを遡れば、高祖母Pink Doveがゴールデンフェザント(1986.4.23)の半姉です。左回りの府中の芝で良いところが見せられる牝系というところでしょうか。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。