2018年のグレフュール賞(仏GII)の勝ち馬-Study of Man(2015.4.9)-

Study of Man 牡 鹿毛 2015.4.9生 愛国・Flaxman Stables Ireland Ltd生産 馬主・Flaxman Stables Ireland Ltd 仏国・P Bary厩舎

Study of Man(2015.4.9)の4代血統表
ディープインパクト
鹿毛 2002.3.25
種付け時活性値:1.00
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
ウインドインハーヘア
鹿毛 1991.2.20
Alzao
鹿毛 1980.2.28
Lyphard 1969.5.10
Lady Rebecca 1971.2.28
Burghclere
鹿毛 1977.4.26
Busted 1963
Highclere 1971.4.9
セカンドハピネス
鹿毛 2002.5.7
仔受胎時活性値:1.00
Storm Cat
黒鹿毛 1983.2.27
種付け時活性値:0.50
Storm Bird
鹿毛 1978.4.19
Northern Dancer 1961.5.27
South Ocean 1967.4.8
Terlingua
栗毛 1976.2.7
Secretariat 1970.3.30
Crimson Saint 1969.3.15
Miesque
鹿毛 1984.3.14
仔受胎時活性値:0.25
Nureyev
鹿毛 1977.5.2
種付け時活性値:1.50
Northern Dancer 1961.5.27
Special 1969.3.28
Pasadoble
鹿毛 1979.4.1
仔受胎時活性値:1.00
Prove Out
栗毛 1969.3.15
種付け時活性値:0.25
Santa Quilla
黒鹿毛 1970
仔受胎時活性値:2.00(0.00)

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer4×4×5>

Study of Man(2015.4.9)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ディープインパクト
(Halo系)
Storm Cat
(Storm Bird系)
Nureyev
(Northern Dancer系)
Prove Out
(Ribot系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Nureyev
(Miesque)
4.25 or 2.25 祖母がGI10勝の名牝
(No. 20)
8番仔
(2連産目)

*

2018年のグレフュール賞(仏GII。サンクルー芝2000m)の結果


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 1 Study of Man 牡3 58 Stephane Pasquier 2:19.29 P Bary 1
2 2 Alounak 牡3 58 Michael Cadeddu 3 1/2 Jean-Pierre Carvalho 3
3 4 Alhadab 牡3 58 Gregory Benoist 2 1/2 A Fabre 2
4 3 Assiro 牡3 58 Cristian Demuro 1/2 Antonio Marcialis 4

2018年のグレフュール賞(仏GII)。制したのは、ディープインパクト産駒Study of Man。ディープインパクト産駒の第210回英2000ギニー(GI)の勝ち馬Saxon Warrior(2015.1.26)は第239回英ダービー(GI)の最有力候補ですが、第178回ジョッケクルブ賞(仏GI)の有力候補に名乗りを上げたのも、ディープインパクト産駒。日本で革命的種牡馬となったサンデーサイレンスの血が世界に広がって行きます。

では、以下にStudy of Manの本当にごくごく簡単でも豪華な近親牝系図を示しておきます。なお、近親牝系図内のレース名、格付けはいずれも施行当時のものです。

Miesque 1984.3.14 12勝 英1000ギニー(GI) プール・デッセ・デ・プーリッシュ(仏GI) ブリーダーズカップ・マイル(米GI)2回 ジャック・ル・マロワ賞(仏GI)2回 イスパーン賞(仏GI) ムーラン・ド・ロンシャン賞(仏GI) マルセルブサック賞(仏GI) サラマンドル賞(仏GI)ほか
|Kingmambo 1990.2.19 5勝 プール・デッセ・デ・プーラン(仏GI) セントジェームズパレスS(英GI) ムーラン・ド・ロンシャン賞(仏GI)ほか
|East of the Moon 1991.3.25 4勝 ディアヌ賞(仏GI) プール・デッセ・デ・プーリッシュ(仏GI) ジャック・ル・マロワ賞(仏GI)ほか
||Moon Driver 1997.5.1 アランベール賞(仏GIII)
||Canda 2000.4.30 0勝
|||Evasive 2006.2.27 2勝 ホーリスヒルS(英GIII)
|||Autocratic 2013.1.22 ブリガディアジェラードS(英GIII)
|Miesque's Son 1992.5.7 1勝 リゾランジ賞(仏GIII)ほか
|ムーンイズアップ 1993.5.1 1勝 セーネオワーズ賞(仏GIII)3着
||サンイズアップ 1998.2.16 0勝
|||Karakontie 2011.1.30 5勝 ブリーダーズカップ・マイル(米GI) プール・デッセ・デ・プーラン(仏GI) ジャン・リュック・ラガルデール賞(仏GI) ラロシェット賞(仏GIII)ほか
||アマーニ 2008.8.18 4勝 セクウィニフィリーズS(南阿GI) クワズルナタルフィリーズギニーズ(南阿GI)
|Monevassia 1994.5.24 0勝
||Rumplestiltskin 2003.2.17 5勝 マルセルブサック賞(仏GI) モイグレアスタッドS(愛GI) デビュータントS(愛GII)ほか
|||Tapestry 2011.1.18 3勝 ヨークシャーオークス(英GI) デビュータントS(愛GII)ほか
|||John F Kennedy 2012.2.7 2勝 ジュベナイルターフS(愛GIII)ほか
||ラヴズオンリーミー 2006.2.19 不出走
|||リアルスティール 2012.3.1 ドバイターフ(UAE・GI) 毎日王冠(GII) 共同通信杯(GIII)ほか
||I am Beautiful 2012.3.4 1勝 バランシーンS(愛GIII)
|ミシックトライブ 1996.2.16 0勝 輸入種牡馬
|Mingun 2000.4.29 3勝 メルドS(愛GIII)
|セカンドハピネス 2002.5.7 0勝
||Study of Man 2015.4.9 (本馬) グレフュール賞(仏GII)ほか

欧米そして日本で活躍馬を続出している20号族。Study of Manの祖母MiesqueはGI10勝の世紀の名牝。


Miesqueのブリーダーズカップ・マイル連覇の様子。ハリウッドパーク芝8Fのトラックレコード1分32秒8を叩き出した1987年の第4回、そしてチャーチルダウンズ芝8Fで引退の花道を飾った1988年の第5回。明るめの鹿毛、額の星ひとつ、鮮やかに軽やかにMiesque。

また、Miesqueの初仔であるKingmamboは、エルコンドルパサー(1995.3.17)キングカメハメハ(2001.3.20)を始めとして多くの良馬を送り出した名種牡馬となりました。ニアルコスファミリーが誇る、世界的名牝系と言えるでしょう。

そんな世界的名牝系に「ディープインパクト×Storm Cat牝馬」というニックを持つStudy of Man。第178回ジョッケクルブ賞での快走を期待しています。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

<参考WEB>