2018年のクラシック候補生を確認する(海外編・其の参)

Caledonia Road 牝 鹿毛 2015.3.19生 米国・Vegso Racing Stable生産 馬主・Zoom and Fish Stable Inc., Spiring, Charlie and Newtown Anner Stud 米国・Ralph E. Nicks厩舎

Caledonia Road(2015.3.19)の4代血統表

Quality Road
鹿毛 2006.3.23
種付け時活性値:0.00
Elusive Quality
鹿毛 1993.1.27
★Gone West
鹿毛 1984.3.10
Mr. Prospector 1970.1.28
Secrettame 1978.3.15
Touch of Greatness
鹿毛 1986.4.30
Hero’s Honor 1980.4.28
Ivory Wand 1973.3.21
Kobla
栗毛 1995.5.11
Strawberry Road
鹿毛 1979.9.28
Whiskey Road 1972.2.19
Giftisa 1974.11.2
Winglet
鹿毛 1988.3.19
Alydar 1975.3.23
Highest Trump 1972.2.4
Come a Callin
鹿毛 2008.2.7
仔受胎時活性値:1.50
Dixie Union
黒鹿毛 1997.3.7
種付け時活性値:0.50
★Dixieland Band
鹿毛 1980.3.20
Northern Dancer 1961.5.27
Mississippi Mud 1973.4.29
She’s Tops
黒鹿毛 1989.3.12
Capote 1984.3.25
She’s a Talent 1983.3.20
Twilight Service
栗毛 2002.5.4
仔受胎時活性値:1.25
Horse Chestnut(SAF)
栗毛 1995.8.19
種付け時活性値:1.375
Fort Wood 1990.5.5
London Wall 1978
Sunset Service
鹿毛 1993.1.23
仔受胎時活性値:2.00(0.00)
Deputy Minister
黒鹿毛 1979.5.17
種付け時活性値:1.25
Songlines
栗毛 1986.5.31
仔受胎時活性値:1.50

<5代血統表内のクロス:Mr. Prospector4×5、Northern Dancer5×4、Raise a Native5×5(父方)>

Caledonia Road(2015.3.19)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
★Quality Road
(Mr. Prospector系)
Dixie Union
(Northern Dancer系)
Horse Chestnut
(Sadler’s Wells系)
Deputy Minister
(Vice Regent系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Horse Chestnut
(Antalya)
6.25 or 4.25 母のいとこに米Gレース勝ち馬3頭
(No. 1-l)
3番仔?
(3連産目?)

*

第34回ブリーダーズカップ・ジュヴェナイルフィリーズ(米GI。デルマー・ダート8.5F)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 12 Caledonia Road 牝2 55.3 Mike E Smith 1:45.05 Ralph E Nicks 7
2 9 Alluring Star 牝2 55.3 Joseph Talamo 3 1/4 Bob Baffert 4
3 5 Blonde Bomber 牝2 55.3 Jose Lezcano クビ Stanley I Gold 11
4 13 Separationofpowers 牝2 55.3 Jose L Ortiz 1 3/4 Chad C Brown 3
5 8 Piedi Bianchi 牝2 55.3 Mario Gutierrez 1/2 Doug O’Neill 8

2017年のエクリプス賞最優秀2歳牝馬に選出されたCaledonia Road。サラトガ・ダート7Fのメイドンを9頭立て6番人気で1着、ベルモントパーク・ダート8FのフリゼットS(米GI)を10頭立て5番人気で2着。そうして迎えた大一番、デルマー・ダート8.5Fの第34回ブリーダーズカップ・ジュヴェナイルフィリーズは13頭立て7番人気で1着。デビュー以来、低人気に反発を続けたCaledonia Road 、「ミスター・ブリーダーズカップ」マイク・スミス騎手に導かれて、マクリ一発、最後は2着のAlluring Star(2015.2.14)に3と4分の1馬身差を着けての楽勝でした。

*

Caledonia Road、0の理論的には父Quality Roadから満8歳時の0交配を受けています。また母父Dixie Unionはその父Dixieland Bandが満16歳時の0交配、祖母父Horse Chestnutはその父Fort WoodがSadler’s Wells(1981.4.11)満8歳時の0交配を受けています。近い代で多くの先祖の0化がなされており、0の理論的には走る牝馬のひとつの典型とも言えます。

Caledonia Roadの最優性先祖である祖母父Horse Chestnutは現役時代に9勝を挙げ、その主な勝ち鞍にJ&Bメット(南阿GI)、サウスアフリカンダービー(南阿GI)、ザ・クラシック(南阿GI)、ケープアーガスギニー(南阿GI)、ディンガーンズ(南阿GII)、ブロワードH(米GIII)と南アフリカと米国のGレースを6勝。ケニルワース芝1600mのケープアーガスギニーを6と4分の3馬身差、古馬混合となったケニルワース芝2000mのJ&Bメットを8と4分の1馬身差、ゴスフォークパーク芝1800mのザ・クラシックを4馬身差、そしてターフフォンテン芝2450mのサウスアフリカンダービーに至っては10馬身差と、南アフリカ競馬史上に燦然と輝く強さを見せた3冠馬。その栄誉を讃え、南アフリカではターフフォンテン芝1600mのホースチェスナットS(南阿GI)が行われています。

では、以下にCaledonia Roadのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。なお、近親牝系図内のレース名、格付けはいずれも施行当時のものです。

Sunset Service 1993.1.23 0勝
|Vespers 1998.2.3 6勝
||Hymn Book 2006.5.5 8勝 ドンH(米GI)ほか
|Database 1999.2.5 6勝
||Data Link 2005.4.5 8勝 メーカーズ46マイルS(米GI) モンマスS(米GII) サイテーションH(米GII) カナディアンターフS(米GIII)ほか
|Vesper Cat 2000.2.15 不出走
||Strike the Bell 2006.4.17 5勝 ノーブルダムゼルS(米GIII)
|Twilight Service 2002.5.4 不出走
||Come a Callin 2008.2.7 1勝
|||Caledonia Road 2015.3.19 (本馬) ブリーダーズカップ・ジュヴェナイルフィリーズ(米GI)ほか

米国で継承されている1号族l分枝。Caledonia Roadの従伯父(いとこおじ)と従伯母(いとこおば)に米グレード勝ち馬が3頭見えます。曾祖母Sunset Serviceからの分枝が活性化したというところでしょうか。

*

2歳時は人気薄を跳ね返し続けたCaledonia Road。3歳を迎えて、チャンピオン牝馬として、サスガに人気を背負うことになるのでしょう。Caledonia Road、2018年の走りも楽しみにしたいですね。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。