2018年のクラシック候補生を確認する(其の拾)

プリモシーン 牝 青鹿毛 2015.4.27生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・(有)シルクレーシング 美浦・木村哲也厩舎

プリモシーン(2015.4.27)の4代血統表
ディープインパクト
鹿毛 2002.3.25
種付け時活性値:1.00
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
ウインドインハーヘア
鹿毛 1991.2.20
Alzao
鹿毛 1980.2.28
Lyphard 1969.5.10
Lady Rebecca 1971.2.28
Burghclere
鹿毛 1977.4.26
Busted 1963
Highclere 1971.4.9
モシーン(AUS)
鹿毛 2008.10.13
仔受胎時活性値:1.375
Fastnet Rock(AUS)
鹿毛 2001.9.22
種付け時活性値:1.50
デインヒル
鹿毛 1986.3.26
★Danzig 1977.2.12
Razyana 1981.4.18
Piccadilly Circus
鹿毛 1995.9.24
ロイヤルアカデミーII 1987.2.21
Gatana 1989.8.30
Sumehra(NZ)
鹿毛 2002.11.9
仔受胎時活性値:1.25
ストラヴィンスキー(USA)
鹿毛 1996.5.1
種付け時活性値:1.25
Nureyev 1977.5.2
Fire the Groom 1987.4.13
Miss Priority(NZ)
鹿毛 1991.9.23
仔受胎時活性値:0.50
Kaapstad(NZ)
黒鹿毛 1984.10.23
種付け時活性値:1.50
Benediction(IRE)
鹿毛 1985.4.5
仔受胎時活性値:1.375

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer5×5×5>

プリモシーン(2015.4.27)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ディープインパクト
(Halo系)
Fastnet Rock
(Danzig系)
ストラヴィンスキー
(Nureyev系)
Kaapstad
(Sir Tristram系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Fastnet Rock 4.50 母が豪GI4勝の名牝
(No. 6-e)
2番仔
(2連産目)

2017年の第34回フェアリーS(GIII)。前日の第67回中山金杯(GIII)をセダブリランテス(2014.1.12)で制した(有)シルクレーシング&戸崎圭太騎手が、2日続けての重賞制覇となりました。勝ち馬は、外枠不利と目される中山芝1600mを7枠14番から発進した2番人気のプリモシーン。道中は中段を進み、3角から4角で馬群外側からマクリ気味に進出すると、直線は6番人気のスカーレットカラー(2015.2.26)との追い比べ。脚色が勝ったプリモシーン、最後は1と4分の1馬身差を着けての快勝でした。その勝ち時計1分34秒6は、レース史上2位の好時計。これは強い牝馬が現れました。

さて、プリモシーンの最優性先祖である母父Fastnet Rockは、現役時代にライトニングS(豪GI)、オークレイプレート(豪GI)、アップアンドカミングS(豪GII)、リンリスゴーS(豪GII)、ローマンコンサルS(豪GIII)、ロリーズジェスタープレート(豪GIII)と、1000mから1200mの豪グループレース6勝を挙げました。

快速短距離馬だったFastnet Rock、種牡馬としてはデインヒル系らしさを受け継いでか、2011年~2012年シーズン、2014年~2015年シーズンの豪州首位種牡馬に輝き、多様なGI勝ち馬を多数送り込んでいます。以下、代表産駒と共に示すGレースのレース名および格付けは、いずれも施行当時のものです。

  1. モシーン(2008.10.13)
    →クラウンオークス(豪GI)、オーストラリアンギニー(GI)、ランドウィックギニー(豪GI)、ヴァイナリースタッドS(豪GI)ほか。上述のとおり、プリモシーンの母
  2. Atlantic Jewel(2008.9.26)
    →コーフィールド1000ギニー(豪GI)、オールエイジドS(豪GI)、メムシーS(豪GI)、コーフィールドS(豪GI)ほか
  3. Sea Siren(2008.11.21)
    →BTCカップ(豪GI)、ドゥームベン10000(豪GI)、マニカトS(豪GI)ほか
  4. Fascinating Rock(2011.3.28)
    →英チャンピオンS(GI)、タタソールズゴールドC(愛GI)ほか
  5. Diamondsandrubies(2012.4.30)
    →プリティポリーS(愛GI)ほか
  6. Laganore(2012.5.3)
    →リディアテシオ賞(伊GI)ほか
  7. Qualify(2012.4.22)
    →英オークス(GI)ほか
  8. Zhukova(2012.3.4)
    →マンノウォーS(米GI)ほか
  9. Intricately(2014.3.10)
    →モイグレアスタッドS(愛GI)ほか
  10. Rivet(2014.4.3)
    →レーシングポストT(英GI)
  11. Irish Lights(2006.8.5)
    →コーフィールド1000ギニーほか
  12. Rock Classic(2006.9.25)
    →オーストラリアンギニーほか
  13. Wanted(2006.8.25)
    →ニューマーケットH(豪GI)ほか
  14. Lone Rock(2007.9.25)
    →ザ・グッドウッド(豪GI)ほか
  15. Foxwedge(2008.10.4)
    →ウィリアムリードS(豪GI)ほか
  16. Planet Rock(2008.9.3)
    →新1000ギニー(GI)ほか
  17. Rock ‘n’ Pop(2008.8.23)
    →新2000ギニー(GI)ほか
  18. Albany Reunion(2009.9.21)
    →イースターH(豪GI)ほか
  19. Driefontein(2009.10.2)
    →ロバート・サングスタークラシック(豪GI)ほか
  20. Nechita(2009.11.15)
    →クールモアスタッドS(豪GI)ほか
  21. Super Cool(2009.8.10)
    →オーストラリアンC(GI)ほか
  22. Your Song(2009.9.12)
    →BTCカップほか
  23. Atlante(2010.11.13)
    →新1000ギニーほか
  24. Amicus(2011.9.5)
    →コーフィールド1000ギニーほか
  25. Awesome Rock(2011.8.31)
    →エミレーツS(豪GI)ほか
  26. First Seal(2011.9.1)
    →フライトS(豪GI)ほか
  27. Magicool(2011.8.25)
    →クイーンズランドダービー(豪GI)
  28. Heroic Valour(2013.9.20)
    →サイアーズプロデュースS(豪GI)ほか
  29. Catchy(2014.8.13)
    →ブルーダイヤモンドS(豪GI)ほか
  30. Merchant Navy(2014.11.14)
    →クールモアスタッドSほか
  31. Shoals(2014.8.16)
    →マイヤークラシック(豪GI)ほか

代表産駒筆頭に挙げたモシーンは、繰り返しますが、プリモシーンの母ですね。クラウンオークスでは2500mをこなし、牡牝混合の1600m戦であるオーストラリアンギニー、ランドウィックギニーを勝ち、2000mのヴァイナリースタッドSを制する。そんな距離万能の名牝だったモシーンの仔、プリモシーン。クラシック戦線でも期待が掛かります。

*

アーモンドアイ 牝 鹿毛 2015.3.10生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・(有)シルクレーシング 美浦・国枝栄厩舎

アーモンドアイ(2015.3.10)の4代血統表
ロードカナロア
鹿毛 2008.3.11
種付け時活性値:1.50
キングカメハメハ
鹿毛 2001.3.20
Kingmambo
鹿毛 1990.2.19
Mr. Prospector 1970.1.28
Miesque 1984.3.14
マンファス
黒鹿毛 1991.2.23
ラストタイクーン 1983.5.9
Pilot Bird 1983.2.9
レディブラッサム
鹿毛 1996.3.4
Storm Cat
黒鹿毛 1983.2.27
Storm Bird 1978.4.19
Terlingua 1976.2.7
サラトガデュー
鹿毛 1989.4.3
Cormorant 1974.4.21
Super Luna 1982.4.5
フサイチパンドラ
栗毛 2003.2.27
仔受胎時活性値:0.75

サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
種付け時活性値:0.00
★Halo
黒鹿毛 1969.2.9
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
ロッタレース
栗毛 1992.3.3
仔受胎時活性値:0.50
Nureyev
鹿毛 1977.5.2
種付け時活性値:1.50
Northern Dancer 1961.5.27
Special 1969.3.28
Sex Appeal
栗毛 1970.5.12
仔受胎時活性値:1.25
Buckpasser
鹿毛 1963.4.28
種付け時活性値:1.50
Best in Show
栗毛 1965.4.29
仔受胎時活性値:1.00

<5代血統表内のクロス:Nureyev5×3、Northern Dancer5×4>

アーモンドアイ(2015.3.10)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ロードカナロア
(Mr. Prospector系)
サンデーサイレンス
(Halo系)
◆Nureyev
(Northern Dancer系)
Buckpasser
(Tom Fool系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
ロードカナロア 3.50 母がGI勝ち馬
(No. 8-f)
7番仔
(7連産目)

2017年の第52回シンザン記念(GIII)。前々日の第67回中山金杯をセダブリランテスで、前日の第34回フェアリーSをプリモシーンで制した(有)シルクレーシング&戸崎圭太騎手が、なんと3日続けての重賞制覇となりました。勝ち馬は、セダブリランテスが中山金杯を制した折と同じ3枠の赤色の帽子、1番人気のアーモンドアイ。新馬2着、未勝利1着の時と同じように出遅れの発馬となったアーモンドアイでしたが、慌てず急がず、道中は後方2番手。4角でも自信満々とばかりに大外に持ち出すと、鋭脚を繰り出し、前で粘っていた7番人気のツヅミモン(2015.2.23)、4番人気のカシアス(2015.3.27)をあっという間に抜き去り、決勝点では1と4分の3馬身差を着けての快勝でした。雨、稍重の馬場で見せた上がり3ハロンは、出走11頭中唯一となる34秒台(34秒4)。これまた強い牝馬が現れました。

さて、アーモンドアイの最優性先祖である父ロードカナロアは、現役時代に13勝を挙げ、その主な勝ち鞍に第63回安田記念(GI)、スプリンターズS(GI)2回(第46回&第47回)、第43回高松宮記念(GI)、香港スプリント(GI)2回(第14回&第15回)、阪急杯(GIII)、シルクロードS(GIII)、京阪杯(GIII)とGレース9勝。

世界に誇る短距離王ロードカナロアは、現3歳の2015年生まれ世代が初年度産駒。2歳戦からコツコツと走り、昨年2017年は重賞勝ちはなかったものの、ファーストクロップサイアーとして首位に輝きました。そんなロードカナロア、アーモンドアイが初めての重賞勝ち産駒になった訳ですが、ロードカナロア自身が齢重ねてからより強さを見せたことを思うと、むしろ「これから本領発揮」という仔も多いのではないかと思います。ロードカナロアの現時点での代表産駒を記しておきますと、

  1. アーモンドアイ
    →本稿の主役。シンザン記念
  2. ステルヴィオ(2015.1.15)
    →コスモス賞(OP)、朝日杯フューチュリティS(GI)2着、サウジアラビアロイヤルC(GIII)2着
  3. ダノンスマッシュ(2015.3.6)
    →もみじS(OP)
  4. アンヴァル(2015.1.28)
    →福島2歳S(OP)

その他にもサンラモンバレー(2015.5.2)、アンフィトリテ(2015.3.29)と「新馬→500万下特別」を連勝している馬もおり、期待が高まりますね。

あと。アーモンドアイは2015年3月10日生まれです。誕生日ネタということではずっとお伝えしておりますが、3月10日は名馬が生まれる誕生日と思っている日で、近年ではキタサンブラック(2012.3.10)サトノクラウン(2012.3.10)ショウナンパンドラ(2011.3.10)ロゴタイプ(2010.3.10)エリンコート(2008.3.10)等がGIホースとして名を連ねており、超強力世代の2014年生まれ世代でもスワーヴリチャード(2014.3.10)ファンディーナ(2014.3.10)ローズプリンスダム(2014.3.10)が重賞勝ち馬として活躍しています。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。