2018年のクラシック候補生を確認する(其の拾捌)

サトノワルキューレ 牝 鹿毛 2015.2.2生 日高・下河辺牧場生産 馬主・(株)サトミホースカンパニー 栗東・角居勝彦厩舎

サトノワルキューレ(2015.2.2)の4代血統表
ディープインパクト(JPN)
鹿毛 2002.3.25
種付け時活性値:1.00
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.7
Mountain Flower 1964.3.23
ウインドインハーヘア
鹿毛 1991.2.20
Alzao
鹿毛 1980.2.28
Lyphard 1969.5.10
Lady Rebecca 1971.2.28
Burghclere
鹿毛 1977.4.26
Busted 1963
Highclere 1971.4.9
ヒアトゥウィン(BRZ)
青鹿毛 2006.8.5
仔受胎時活性値:1.875
Roi Normand(USA)
黒鹿毛 1983.2.15
種付け時活性値:1.625
Exclusive Native
栗毛 1965.4.17
Raise a Native 1961.4.18
Exclusive 1953.4.12
Luth de Saron
黒鹿毛 1977.3.31
Luthier 1965.3.22
Rose de Saron 1969.1.6
Ascot Belle(BRZ)
栗毛 1999.8.20
仔受胎時活性値:1.50
Falcon Jet(BRZ)
栗毛 1986
種付け時活性値:1.00
Ghadeer 1978.2.4
Victress 1970
Indian Blossom(USA)
栗毛 1989.4.24
仔受胎時活性値:0.375
Fred Astaire(USA)
鹿毛 1983.4.8
種付け時活性値:1.25
Floral Blossom(USA)
鹿毛 1978.3.15
仔受胎時活性値:0.50

<5代血統表内のクロス:Lyphard4×5>

サトノワルキューレ(2015.2.2)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ディープインパクト
(Halo系)
Roi Normand
(Raise a Native系)
Falcon Jet
(Lyphard系)
Fred Astaire
(Nijinsky系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Roi Normand
(Luth de Saron)
4.25 母が南阿GI2勝馬
(No. 20)
2番仔?
(2連産目?)

2018年の第53回フローラS(GII)。1番人気のサトノワルキューレ、出負け加減から道中は16頭立ての最後方。直線では大外から豪脚を発揮して1頭1頭抜き去り、最後はアニメイトバイオ(2007.1.30)の仔で13番人気のパイオニアバイオ(2015.3.3)を「クビ」だけ交わしました。開幕週の良馬場、東京芝2000mの勝ち時計1分59秒5はレースレコード。近2年を見れば、第51回のチェッキーノ(2013.2.8)、第52回のモズカッチャン(2014.2.27)と、フローラSの勝ち馬が本番でも2着に頑張っています。サトノワルキューレ、北欧神話の半神を名前に戴き、いざ行かん第79回優駿牝馬(GI)への騎行。

では、以下にサトノワルキューレの簡単な近親牝系図を示しておきます。なお、近親牝系図内のレース名、格付けはいずれも施行当時のものです。

Floral Blossom 1978.3.15 不出走
|Exclusive Partner 1982.3.31 18勝 バーナードバルークH(米GII) エルクホーンS(米GIII)ほか
|Indian Blossom 1989.4.24 7勝 南米サラブレッド奨励協会大賞(伯GI)2着
||Ascot Belle 1999.8.20 4勝
|||ヒアトゥウィン 2006.8.5 5勝 ガーデンプロヴィンスS(南阿GI) サウスアフリカンフィリーズクラシック(南阿GI) ザベリワンS(米GIII)ほか
||||サトノワルキューレ 2015.2.2 (本馬) フローラS(GII)
||Hold Me Tight 2006.9.16 3勝 シルヴィオAペンテアド会長大賞(伯GIII)ほか

米国から伯国で受け継がれている20号族。サトノワルキューレの母ヒアトゥウィンは上図のとおり、南阿GI2勝の活躍牝馬。生まれは伯国、競走は南阿、UAE、米国、そして繁殖は日本と、世界を駆け巡りました。


母ヒアトゥウィンが制した南阿GI2レース。娘の末脚の確かさは、母譲りなのでしょう。2つ目の動画、2010年のサウスアフリカンフィリーズクラシックは、決勝点において、内のSpiced Gold(2006.9.28)、外のヒアトゥウィンのデッドヒート。英語本来の意味のデッドヒートのとおり、1着同着を分け合いました。

*

ゴーフォザサミット 牡 黒鹿毛 2015.4.2生 新ひだか・矢野牧場生産 馬主・山本英俊氏 美浦・藤沢和雄厩舎

ゴーフォザサミット(2015.4.2)の4代血統表
ハーツクライ
鹿毛 2001.4.15
種付け時活性値:1.25
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
アイリッシュダンス
鹿毛 1990.3.26
トニービン
鹿毛 1983.4.7
カンパラ 1976.2.19
Severn Bridge 1965
ビユーパーダンス
黒鹿毛 1983.2.26
Lyphard 1969.5.10
My Bupers 1967.6.1
ラグジャリー
黒鹿毛 1998.4.17
仔受胎時活性値:2.00
Storm Cat
黒鹿毛 1983.2.27
種付け時活性値:1.50
Storm Bird
鹿毛 1978.4.19
Northern Dancer 1961.5.27
South Ocean 1967.4.8
Terlingua
栗毛 1976.2.7
Secretariat 1970.3.30
Crimson Saint 1969.3.15
Alleged Devotion
鹿毛 1988.4.10
仔受胎時活性値:0.25
Alleged
鹿毛 1974.5.4
種付け時活性値:1.25
Hoist the Flag 1968.3.31
Princess Pout 1966.3.29
Morning Devotion
栗毛 1982.3.26
仔受胎時活性値:1.25
Affirmed
栗毛 1975.2.21
種付け時活性値:1.50
Morning Has Broken
栗毛 1974.5.9
仔受胎時活性値:1.75

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer5×4、Prince John5×5>

ゴーフォザサミット(2015.4.2)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ハーツクライ
(Halo系)
Storm Cat
(Storm Bird系)
Alleged
(Ribot系)
Affirmed
(Raise a Native系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Storm Cat
(ラグジャリー)
5.25 半兄ショウナンマイティ
(No. 4-k)
10番仔?
(5連産目)

2018年の第25回青葉賞(GII)。よく知られる競馬格言「同厩舎の2頭出しは人気薄を狙え」だったのでしょうか。出走18頭中2頭出しをしていたのは、藤沢和雄厩舎と友道康夫厩舎の2厩舎だけ。前者が2番人気のオブセッション(2015.4.20)と6番人気のゴーフォザサミット、後者が1番人気のスーパーフェザー(2015.1.18)と7番人気のエタリオウ(2015.2.13)。終わってみれば、両厩舎ともに人気薄のほう、ゴーフォザサミットとエタリオウの2頭が、第85回東京優駿(GI)の優先出走権を蹄中に収めたのでした。また、ゴーフォザサミットの鞍上である蛯名正義騎手は、今回の青葉賞勝利により、27年連続JRA重賞勝ちと共に、第11回のハイアーゲーム(2001.2.27)、第19回のフェノーメノ(2009.4.20)、第20回のヒラボクディープ(2010.4.26)に続き、重賞昇格後の青葉賞において騎手最多となる4勝目を遂げられました。藤沢厩舎と蛯名騎手のコンビと言えば、蛯名騎手のGI初勝利が1996年の第114回天皇賞・秋(GI)、藤沢厩舎のバブルガムフェロー(1993.4.11)によるものでした。そして今回のゴーフォザサミットによる青葉賞勝ちが、バブルガムフェローの天皇賞・秋以来となる、藤沢厩舎と蛯名騎手のコンビによる22年振りの重賞制覇。伯楽と名手による久しぶりの重賞制覇を演出したゴーフォザサミット、その名のとおり、本番で頂点を目指します。

では、以下にゴーフォザサミットのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。なお、近親牝系図内のレース名、格付けはいずれも施行当時のものです。

Morning Devotion 1982.3.26 1勝 フィリーズマイル(英GIII)3着
|Alleged Devotion 1988.4.10 不出走
||Humble Eight 1992.2.27 6勝 ハニービーS(米GIII)ほか
|||Humbling 1998.4.6 0勝
||||Phola 2006.3.28 5勝 チャーチルディスタフマイルS(米GII) ヒルズボローS(米GIII)ほか
|||Stage Call 1999.4.6 5勝 アメリカンターフS(米GIII)2着ほか
||April Starlight 1996.3.12 2勝 レイルウェイS(愛GIII)3着
||Thady Quill 1997.3.14 6勝 オークトゥリーBCマイルS(米GII)2着
||ラグジャリー 1998.4.17 不出走
|||ショウナンマイティ 2008.4.2 4勝 大阪杯(GII)ほか
|||ゴーフォザサミット 2015.4.2 (本馬) 青葉賞(GII)
||Altius 2003.2.13 6勝 ベレスフォードS(愛GII)3着ほか
||Devoted To You 2007.3.24 1勝 デビュターントS(愛GII)2着ほか
|Red Slippers 1989.4.12 3勝 サンチャリオットS(英GII)
||West Wind 2004.3.29 2勝 ディアヌ賞(仏GI)ほか
||Eastern Joy 2006.4.9 1勝
|||Ihtimal 2011.2.11 4勝 メイヒルS(英GII) UAEオークス(GIII) スイートソレラS(英GIII)ほか
|||Always Smile 2012.3.1 4勝 サンチャリオットS(英GI)2着ほか
|||First Victory 2013.3.7 2勝 オーソーシャープS(英GIII)
|||Thunder Snow 2014.3.24 ドバイワールドカップ(UAE・GI) ジャンプラ賞(仏GI) クリテリウム・アンテルナシオナル(仏GI)ほか
|||Winter Lightning 2015.4.16 UAEオークス(GIII)3着
|Balanchine 1991.4.16 4勝 英オークス(GI) 愛ダービー(GI)ほか
|Romanov 1994.3.1 4勝 ジョッキークラブS(英GII) ローズオブランカスターS(英GIII)ほか
|ファーストナイト 1996.1.22 2勝
||Unquenchable 2003.2.3 0勝
|||Havana Cooler 2010.3.14 3勝 ロイヤルパルマS(豪GIII)ほか
||モーニングフェイス 2007.2.22 3勝 忘れな草賞(OP)
|Subtle Breeze 2001.3.4 0勝
||Trust in a Gust 2010.9.10 10勝 トゥーラックH(豪GI) インヴィテーションS(豪GI)

米国で継承されてきた4号族k分枝系。ゴーフォザサミットと同じ誕生日の半兄ショウナンマイティは大阪杯勝ちの他、安田記念(GI)2着、3着(第63回第64回)、第53回宝塚記念(GI)3着と、GIでも好戦した活躍馬でした。また、上図のとおりゴーフォザサミットの曾祖母Morning Devotionからの分枝には、Balanchine、West Wind、Trust in a Gust、そしてThunder SnowとGI勝ち馬も多く見られます。近年のThunder Snowの活躍はもちろんですが、私はBalanchineも印象に残っています。1994年当時の月刊『優駿』における、石川ワタルさんの海外競馬ニュースにて、Balanchineが愛ダービーを制した記事のインパクトが大きかったのでしょう。第216回英オークスではウインドインハーヘアを2着に下し、そして返す刀で挑んだ第129回愛ダービーはKing’s Theatre(1991.5.1)を始めとする牡馬勢を切って捨てました。英オークスは今をときめくゴドルフィンのクラシック初勝利であり、鞍上のランフランコ・デットーリ騎手にとっても、英オークス、愛ダービー両レース初制覇でした。


  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。