2018年のクラシック候補生を確認する(其の弐拾)

ランドネ 牝 鹿毛 2015.4.29生 米国・Winchester Farm生産 馬主・合同会社小林英一ホールディングス 栗東・角居勝彦厩舎

ランドネ(2015.4.29)の4代血統表

Blame
鹿毛 2006.5.2
種付け時活性値:0.00
Arch
黒鹿毛 1995.1.31
Kris S.
黒鹿毛 1977.4.25
Roberto 1969.3.16
Sharp Queen 1965.4.19
Aurora
鹿毛 1988.5.15
Danzig 1977.2.12
Althea 1981.5.20
Liable
鹿毛 1995.5.10
Seeking the Gold
鹿毛 1985.4.7
Mr. Prospector 1970.1.28
Con Game 1974.3.20
Bound
鹿毛 1984.6.1
★Nijinsky 1967.2.21
Special 1969.3.28 ♀
Loure
鹿毛 2008.4.27
仔受胎時活性値:1.50
A.P. Indy
黒鹿毛 1989.3.31
種付け時活性値:0.50
Seattle Slew
黒鹿毛 1974 .2.15
Bold Reasoning 1968.4.29
My Charmer 1969.3.25
Weekend Surprise
栗毛 1980.4.8
▲Secretariat 1970.3.30
Lassie Dear 1974.5.2
ラヴィングプライド
鹿毛 2000.5.16
仔受胎時活性値:1.75
Quiet American
鹿毛 1986.4.29
種付け時活性値:1.25
★Fappiano 1977.5.19
Demure 1977.4.4
Yafill
黒鹿毛 1989.4.28
仔受胎時活性値:0.50
Nureyev
鹿毛 1977.5.2
種付け時活性値:0.75
タラズチャーマー
栗毛 1984.3.5
仔受胎時活性値:1.00

<5代血統表内のクロス:Mr. Prospector4×5、Special(♀)4×5、Northern Dancer5×5×5、Buckpasser5×5>

ランドネ(2015.4.29)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
★Blame
(Roberto系)
A.P. Indy
(Bold Ruler系)
Quiet American
(Mr. Prospector系)
Nureyev
(Northern Dancer系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Quiet American
(Quiet Charm)
4.75 祖母が仏GIII勝ち馬
(No. 8-h)
3番仔?
(3連産目?)

2018年のスイートピーS(OP)。ゲート入りの際にいやいやを見せていた大外枠発進のランドネ、こういう馬はレース前の印象付けの結果、快走を見せたりすることもありますが、これはお見事でした。レース当日は昭和の日である4月29日。ランドネ、自身満3歳の誕生日を勝利で祝ったのでした。ランドネ、その馬名意味は「遠足、山登り(仏)」 とのこと。名は体を表すではありませんが、栗東所属のランドネ、東京遠征時は2戦1勝、2着1回。遠出に強い女の子です。ランドネ、スイートピーSを制して第79回優駿牝馬(GI)への優先出走権を蹄中に収めましたが、マル外でもあるランドネ、実はクラシック登録が無かったようです。今回のトライアル勝ちを受けて、オーナーサイドからゴーサインが出たようで、角居勝彦厩舎は第79回優駿牝馬でサトノワルキューレ(2015.2.2)カンタービレ(2015.3.6)、そしてランドネと3頭出しの攻勢ですね。

ランドネは↑に示したとおり「★Blame×A.P. Indy×Quiet American×Nureyev」という4代血統構成ですが、Blameの代表産駒である第169回ディアヌ賞(仏GI)の勝ち馬Senga(2014.3.15)は「Blame×A.P. Indy×Storm Cat×◆Mr. Prospector」という組み合わせです。「父Blame×母父A.P. Indy」は好相性なのでしょう。

では、以下にランドネのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。なお、近親牝系図内のレース名、格付けはいずれも施行当時のものです。

Yafill 1989.4.28 1勝
|Hula Queen 1994.5.5 5勝 セネターケンマディH(米GIII)ほか
|ラヴィングプライド 2000.5.16 2勝 オマール賞(仏GIII)
||Loure 2008.4.27 1勝
|||ランドネ 2015.4.29 (本馬) スイートピーS(OP)
||ラヴアンドポップ 2013.2.7 コスモス賞(OP)

米国で継承されている8号族h分枝系。祖母と大伯母がGIII勝ちを収めています。

*

コズミックフォース 牡 鹿毛 2015.2.14生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・(有)サンデーレーシング 美浦・国枝栄厩舎

コズミックフォース(2015.2.14)の4代血統表
キングカメハメハ
鹿毛 2001.3.20
種付け時活性値:1.25
Kingmambo
鹿毛 1990.2.19
Mr. Prospector
鹿毛 1970.1.28
★Raise a Native 1961.4.18
Gold Digger 1962.5.28
Miesque
鹿毛 1984.3.14
Nureyev 1977.5.2
Pasadoble 1979.4.1
マンファス
黒鹿毛 1991.3.23
ラストタイクーン
黒鹿毛 1983.5.9
トライマイベスト 1975.4.28
Mill Princess 1977.5.21
Pilot Bird
鹿毛 1983.2.9
★Blakeney 1966.3.28
The Dancer 1977.3.31
ミクロコスモス
鹿毛 2006.5.5
仔受胎時活性値:2.00
ネオユニヴァース
鹿毛 2000.5.21
種付け時活性値:1.25
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo 1969.2.7
Wishing Well 1975.4.12
ポインテッドパス
栗毛 1984.4.27
Kris 1976.3.23
Silken Way 1973
ユーアンミー
栗毛 1995.2.13
仔受胎時活性値:0.50
Marquetry
栗毛 1987.1.30
種付け時活性値:1.75
Conquistador Cielo 1979.3.20
Regent’s Walk 1981.5.31
Archimillionnaire
鹿毛 1981.4.27
仔受胎時活性値:1.25
Medaille d’Or
栗毛 1976.5.23
種付け時活性値:1.00
Coqueluche
鹿毛 1970.2.10
仔受胎時活性値:0.50

<5代血統表内のクロス:Mr. Prospector3×5、Northern Dancer5×5>

コズミックフォース(2015.2.14)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
キングカメハメハ
(Mr. Prospector系)
ネオユニヴァース
(Halo系)
Marquetry
(Mr. Prospector系)
Medaille d’Or
(Bold Ruler系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Marquetry
(ユーアンミー)
4.25 祖母が米GIII勝ち馬
(No. 4-g)
3番仔
(3連産目)

2018年のプリンシパルS(OP)。1番人気に推されたコズミックフォースとクリストフ・ルメール騎手、外から迫って来た3番人気のブレステイキング(2015.4.12)と石橋脩騎手、6番人気のイェッツト(2015.4.1)と蛯名正義騎手との勝負を「アタマ」「クビ」と僅差で凌ぎ切って、 第85回東京優駿(GI)への最終切符1枚をもぎ取りました。東京芝2000mの勝ち時計1分58秒2はレースレコードであり見事な勝利でした。コズミックフォース、その馬名意味は「宇宙の力」。母ミクロコスモスは独語で「小宇宙」という意味ですし、母父ネオユニヴァースは「新しい宇宙」ですから、宇宙の連想が続いていますね。宇宙という字面の名前と言えば、元日本ハムの芝草宇宙(ひろし)さんを思い出します。

閑話休題。さて、コズミックフォースの最優性先祖である祖母父Marquetryは、現役時代に10勝を挙げ、その主な勝ち鞍に第52回ハリウッドゴールドC(米GI)、第19回エディーリードH(米GI)、第17回メドウランズCH(米GI)、サンアントニオH(米GII)、ベルエアH(米GII)、マーヴィンリロイH(米GII)があります。8Fから10Fのグレードレース6勝、ダートと芝でGI勝ちを収めているのですから、これは大したものです。

Marquetryが制した1993年の第17回メドウランズCH。若き日のケント・デザーモ騎手を背にした栗毛の流星、好発から後続を寄せ付けず、メドウランズ・ダート9Fを鮮やかに逃げ切りました。EquibaseのモンマスCS(GIII)における過去の勝ち馬によると、記録が残っているスピード指数では、この1993年の第17回メドウランズCHにおいてMarquetryが叩き出した「134」が最高数値となっています。

では、以下にMarquetryの代表産駒を示しておきます。代表産駒と共に示すGレースのレース名および格付けは、いずれも施行当時のものです。

  1. Artax(1995.3.29)
    →ブリーダーズカップ・スプリント(米GI)、カーターH(米GI)、ヴォスバーグS(米GI)ほか
  2. スクワートルスクワート(1998.2.12)
    → ブリーダーズカップ・スプリント(米GI)、キングズビショップS(米GI)ほか
  3. Stella Grande(2001.8.22)
    →タロックS(豪GII)ほか
  4. ユーアンミー(1995.2.13)
    →フォワードギャルS(米GIII)ほか。上述のとおりコズミックフォースの祖母
  5. Mass Market(1997.5.8)
    →ナシュアS(米GIII)ほか
  6. American Freedom(1998.4.11)
    →レッドバンクH(米GIII)ほか

Artax、スクワートルスクワートとエクリプス賞最優秀短距離馬を2頭輩出しています。特にスクワートルスクワートは輸入種牡馬であり、その馬名の由来はポケットモンスターのキャラクター「ゼニガメ」。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。