2018年のクラシック候補生を確認する(其の弐拾参)

ノームコア 牝 芦毛 2015.2.25生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・池谷誠一氏 美浦・萩原清厩舎

ノームコア(2015.2.25)の4代血統表

ハービンジャー
鹿毛 2006.3.12
種付け時活性値:0.00
Dansili
黒鹿毛 1996.1.27
デインヒル
鹿毛 1986.3.26
★Danzig 1977.2.12
Razyana 1981.4.18
Hasili
鹿毛 1991.3.12
Kahyasi 1985.4.2
Kerali 1984.3.4
Penang Pearl
鹿毛 1996.3.11
Bering
栗毛 1983.3.20
Arctic Tern 1973
Beaune 1974.4.10
Guapa
鹿毛 1988.5.4
Shareef Dancer 1980.3.3
Sauceboat 1972
クロノロジスト
芦毛 2003.5.6
仔受胎時活性値:0.75
クロフネ
芦毛 1998.3.31
種付け時活性値:1.00
フレンチデピュティ
栗毛 1992.1.30
Deputy Minister 1979.5.17
Mitterand 1981.2.19
ブルーアヴェニュー
芦毛 1990.2.15
Classic Go Go 1978.2.11
Eliza Blue 1983.4.11
インディスユニゾン
青鹿毛 1997.5.12
仔受胎時活性値:1.25
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
種付け時活性値:0.50
★Halo 1969.2.7
Wishing Well 1975.4.12
ラスティックベル
鹿毛 1990.3.16
仔受胎時活性値:1.50
Mr. Prospector
鹿毛 1970.1.28
種付け時活性値:0.75
Ragtime Girl
栗毛 1973.3.5
仔受胎時活性値:2.00(0.00)

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer5×5>

ノームコア(2015.2.25)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
★ハービンジャー
(Danzig系)
クロフネ
(Deputy Minister系)
サンデーサイレンス
(Halo系)
Mr. Prospector
(Raise a Native系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
クロフネ
(Deputy Minister)
5.50 or 3.50 大伯母フサイチエアデール
(No. 20-a)
7番仔
(7連産目)

2018年の第3回紫苑S(GIII)。「究極の普通」という馬名を戴いたノームコア、その走りっぷりは普通ではなく、2番人気で挑んだ紫苑Sをレースレコードとなる中山芝2000m1分58秒0で乗り切ると、1番人気だったマウレア(2015.2.1)に3馬身差の圧勝を見せました。鞍上のクリストフ・ルメール騎手に「アーモンドアイは強いけれど、この馬にもチャンスはあると思います」と言わしめたノームコアでしたが、好事魔多し、

ということで、第23回秋華賞(GI)は回避の模様。紫苑Sを制したハービンジャー産駒ということでは、昨年2017年のディアドラ(2014.4.4)を想起した方もいらっしゃるでしょう。ともあれ、まずはノームコア自身の体調が一番大切。池谷誠一オーナーの英断に拍手を送りたいと思います。

では、以下にノームコアの簡単な近親牝系図を示しておきます。なお、近親牝系図内のレース名、格付けはいずれも施行当時のものです。

ラスティックベル 1990.3.16 1勝
|フサイチエアデール 1996.3.26 5勝 4歳牝馬特別(GII) ダービー卿CT(GIII) シンザン記念(GIII) マーメイドS(GIII)ほか
||ライラプス 2002.2.19 3勝 クイーンC(GIII)ほか
||フサイチリシャール 2003.4.6 5勝 朝日杯フューチュリティS(GI) 阪神C(GII) 東京スポーツ杯2歳S(GIII)ほか
|インディスユニゾン 1997.5.12 不出走
||クロノロジスト 2003.5.6 1勝
|||ノームコア 2015.2.25 (本馬) 紫苑S(GIII)
|ベラージオ 1999.3.6 8勝 トパーズS(OP) マーチS(GIII)3着
|ペルヴィアンリリー 2004.4.8 不出走
||アドマイヤエイカン 2013.3.21 札幌2歳S(GIII) 京都2歳S(GIII)3着

曾祖母ラスティックベルを日本の牝系祖とする20号族a分枝系。近親にフサイチリシャール、フサイチエアデール、ライラプス、アドマイヤエイカンなどが見える、活力充分な牝系です。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。