2018年のクラシック候補生を確認する(其の伍)

ドンフォルティス 牡 栗毛 2015.4.9生 日高・アイズスタッド株式会社生産 馬主・山田貢一氏 栗東・牧浦充徳厩舎

ドンフォルティス(2015.4.9)の4代血統表
ヘニーヒューズ
栗毛 2003.4.5
種付け時活性値:0.75
ヘネシー
栗毛 1993.3.25
▲Storm Cat
黒鹿毛 1983.2.27
Storm Bird 1978.4.19
Terlingua 1976.2.7
Island Kitty
栗毛 1976.2.23
Hawaii 1964
T. C. Kitten 1969.3.30
Meadow Flyer
鹿毛 1989.1.22
Meadowlake
栗毛 1983.3.12
Hold Your Peace 1969.1.24
Suspicious Native 1972.4.1
Shortley
黒鹿毛 1980.3.11
Hagley 1967.4.13
Short Winded 1965.4.20
グロッタアズーラ
黒鹿毛 2007.1.22
仔受胎時活性値:1.75
フジキセキ
青鹿毛 1992.4.15
種付け時活性値:1.50
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo 1969.2.7
Wishing Well 1975.4.12
ミルレーサー
鹿毛 1983.5.20
Le Fabuleux 1961
Marston’s Mill 1975.5.31
サダムブルーアイズ
黒鹿毛 2002.5.3
仔受胎時活性値:1.00
エルコンドルパサー
黒鹿毛 1995.3.17
種付け時活性値:1.50
Kingmambo 1990.2.19
サドラーズギャル 1989.4.29
ミスティックアイズ
鹿毛 1992.5.15
仔受胎時活性値:0.25
Eastern Echo
鹿毛 1988.3.4
種付け時活性値:0.75
スキム
鹿毛 1985.3.30
仔受胎時活性値:1.50

<5代血統表内のクロス:なし>

ドンフォルティス(2015.4.9)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ヘニーヒューズ
(Storm Cat系)
フジキセキ
(Halo系)
エルコンドルパサー
(Mr. Prospector系)
Eastern Echo
(Damascus系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
フジキセキ
(ミルレーサー)
4.50
(No. 13-b)
3番仔
(3連産目)

2017年の第44回北海道2歳優駿(JpnIII)。単勝1.9倍の1番人気に応えて、ドンフォルティス。9頭立てで道中は後方3番手。終始馬群の外側を進んで、徐々に進出。最後の直線も悠然と抜け出して、追いかけて来た3番人気のフィールシュパース(2015.4.26)に1と2分の1馬身差を着けての快勝でした。ドンフォルティスの馬名意味は「冠名+勇敢な(ラテン語)」とのこと。ドンフォルティス、これで3連勝となり、種牡馬ヘニーヒューズにとっても、日本供用初年度産駒の重賞初勝利となりました。アジアエクスプレス(2011.2.9)モーニン(2012.4.14)、ケイアイレオーネ(2010.5.19)、ヘニーハウンド(2008.5.13)と、海外種付け時の産駒の活躍を受けて導入されたヘニーヒューズ。サスガの出脚を見せています。

ドンフォルティスの最優性先祖である母父フジキセキは、現役時代に4戦4勝。その主な勝ち鞍に第46回朝日杯3歳S(現朝日杯フューチュリティS、GI)、弥生賞(GII)があります。サンデーサイレンス産駒のGI勝ち馬第1号だったフジキセキ、弥生賞の後に左前脚屈腱炎を発症してしまい、そのまま、満3歳時に種牡馬入りしました。

「天才ランナー」フジキセキは種牡馬としてもその能力を発揮しました。以下、代表産駒と共に示すGIレースのレース名および格付けは、いずれも施行当時のものです。

  1. カネヒキリ(2002.2.26)
    →ジャパンカップダート(GI)2回、フェブラリーS(GI)、東京大賞典(JpnI)、川崎記念(JpnI)、ダービーグランプリ(統一GI)、ジャパンダートダービー(統一GI)ほか
  2. Sun Classique(2003.10.12)
    →ドバイシーマクラシック(UAE・GI)、ウーラヴィントン2200(南阿GI)、マジョルカS(南阿GI)、ケープフィリーズギニーズ(南阿GI)ほか
  3. ストレイトガール(2009.3.12)
    →スプリンターズS(GI)、ヴィクトリアマイル(GI)2回ほか
  4. キンシャサノキセキ(2003.9.24)
    →高松宮記念(GI)2回ほか
  5. イスラボニータ(2011.5.21)
    →皐月賞(GI)ほか
  6. ファイングレイン(2003.3.7)
    →高松宮記念(ほか
  7. コイウタ(2003.2.24)
    →ヴィクトリアマイルほか
  8. グレイスティアラ(2003.5.11)
    →全日本2歳優駿(統一GI)ほか
  9. エイジアンウインズ(2004.3.28)
    →ヴィクトリアマイルほか
  10. ダノンシャンティ(2007.4.28)
    →NHKマイルC(GI)ほか
  11. サダムパテック(2008.3.30)
    →マイルチャンピオンシップ(GI)ほか

等を始めとして、多くの活躍馬を送り込みました。

*

ベルーガ 牝 青毛 2015.2.11生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・R.アンダーソン氏 栗東・中内田充正厩舎

ベルーガ(2015.2.11)の4代血統表
キンシャサノキセキ
鹿毛 2003.9.24
種付け時活性値:0.625
フジキセキ
青鹿毛 1992.4.15
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo 1969.2.7
Wishing Well 1975.4.12
ミルレーサー
鹿毛 1983.5.20
Le Fabuleux 1961
Marston’s Mill 1975.5.31
ケルトシャーン
鹿毛 1994.5.5
Pleasant Colony
黒鹿毛 1978.5.4
His Majesty 1968.4.15
Sun Colony 1968.2.25
Featherhill
鹿毛 1978.2.24
★Lyphard 1969.5.10
Lady Berry 1970.4.13
アドマイヤライト
栗毛 1996.3.19
仔受胎時活性値:0.50
Kris S.
黒鹿毛 1977.4.25
種付け時活性値:0.50
Roberto
鹿毛 1969.3.16
Hail to Reason 1958.4.18
Bramalea 1959.4.12
Sharp Queen
鹿毛 1965.4.19
★Princequillo 1940
Bridgework 1955.3.23
ホワットケイティーディド
鹿毛 1989.3.18
仔受胎時活性値:1.50
Nureyev
鹿毛 1977.5.2
種付け時活性値:0.75
Northern Dancer 1961.5.27
Special 1969.3.28
Katies
黒鹿毛 1981.4.22
仔受胎時活性値:1.75
ノノアルコ
鹿毛 1971.4.6
種付け時活性値:0.25
Mortefontaine
鹿毛 1969.4.21
仔受胎時活性値:0.75

<5代血統表内のクロス:Hail to Reason5×4、Northern Dancer5×4、Nearctic5×5(母方)>

ベルーガ(2015.2.11)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
キンシャサノキセキ
(Halo系)
Kris S.
(Roberto系)
Nureyev
(Northern Dancer系)
ノノアルコ
(Nearctic系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
キンシャサノキセキ 4.50 叔母スリープレスナイト
(No. 7-f)
11番仔
(流産後)

2017年の第22回ファンタジーS(GIII)。直線大外一気の末脚を見せてライバル12頭を蹴散らしたのは5番人気のベルーガ。ベルーガの馬名意味は「最高級キャビアの種類名」とのこと。前週から短期免許によるJRAでの騎乗を開始したクリスチャン・デムーロ騎手、第60回スワンS(GII)のサングレーザー(2014.1.13)に続いて、2週連続の京都芝1400m重賞制覇となりました。サスガ。また、栗東の新名門となりつつある中内田充正厩舎は、第37回新潟2歳S(GIII)のフロンティア(2015.4.5)、第3回サウジアラビアロイヤルC(GIII)のダノンプレミアム(2015.4.3)に続いての2歳重賞制覇。こちらもサスガ。

では、以下にベルーガのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。なお、近親牝系図内のレース名、格付けはいずれも施行当時のものです。

Katies 1981.4.22 4勝 愛1000ギニー(GI)ほか
|ケイティーズファースト 1987.3.6 4勝
||ゴーステディ 1997.4.10 6勝 中山金杯(GIII)3着
||マイケイティーズ 1995.5.18 不出走
|||アドマイヤムーン 2003.2.23 10勝 ジャパンカップ(GI) 宝塚記念(GI) ドバイデューティーフリー(UAE・GI)ほか
|||プレイ 2008.1.29 1勝 弥生賞(GII)2着 京成杯(GIII)3着
||ケイティーズギフト 2002.2.4 1勝
|||ケイティープライド 2010.3.19 現役 函館記念(GIII)2着 チャレンジC(GIII)3着
|Jet Route 1988.3.15 3勝
||シルクフレアー 1995.4.24 不出走
|||シルクヴィーナス 2006.4.27 不出走
||||プレイアンドリアル 2011.3.22 3勝 京成杯 東スポ杯2歳S(GIII)2着
|ホワットケイティーディド 1989.3.18 3勝
||アドマイヤライト 1996.3.16 3勝
|||ベルーガ 2015.2.11 (本馬) ファンタジーS(GIII)
||スリープレスナイト 2004.2.7 9勝 スプリンターズS(GI)ほか
|ヒシアマゾン 1991.3.26 10勝 エリザベス女王杯(GI) 阪神3歳牝馬S(GI)ほか
|ヒシナイル 1994.4.15 2勝 フェアリーS(GIII)ほか
|ヒシピナクル 1996.3.17 4勝 ローズS(GII)ほか

近親に活躍馬多く見える活力十分な7号族。ベルーガの叔母スリープレスナイトは、2008年の第42回スプリンターズSにおいて、自身のGI初勝利と共に、鞍上の上村洋行騎手(現調教助手)に騎手生活17年目のGI初勝利をプレゼントしました。また第42回スプリンターズS当日である2008年10月5日は、スリープレスナイトの管理調教師であった橋口弘次郎師の63歳の誕生日でもありました。孝行娘スリープレスナイト、2004年生まれ世代に揃った強力牝馬陣の一角を担う名牝でしたが、繁殖入り後の8歳時の早世は残念な出来事でした。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。