2017年02月一覧

中島国治氏関連馬(其の弐)-カツラノハイセイコ(1976.5.13)-

カツラノハイセイコ 牡 黒鹿毛 1976.5.13生~2009.10.8没 浦河・鮫川三千男氏生産 馬主・桂土地(株) 栗東・庄野穂積厩舎

カツラノハイセイコ(1976.5.13)の4代血統表
ハイセイコー
鹿毛 1970.3.6
種付け時活性値:1.25

チヤイナロツク
栃栗毛 1953
Rockefella
黒鹿毛 1941
Hyperion 1930.4.18
Rockfel 1935
May Wong
栗毛 1934
Rustom Pasha 1927
Wezzan 1924
ハイユウ
黒鹿毛 1961.4.1
カリム
鹿毛 1953
Nearco 1935.1.24
Skylarking 1947
ダルモーガン
黒鹿毛 1950.8.12
Beau Son 1938
Reticent 1941
コウイチスタア
黒鹿毛 1968.4.21
仔受胎時活性値:1.75
ジヤヴリン
黒鹿毛 1957
種付け時活性値:0.50
Tulyar
黒鹿毛 1949.5.12
Tehran 1941
Neocracy 1944
Sun Chariot
黒鹿毛 1939.3.5
Hyperion 1930.4.18
Clarence 1934
ミタケ
鹿毛 1960.5.13
仔受胎時活性値:1.75
タカクラヤマ
鹿毛 1947.4.12
種付け時活性値:1.00
セフト 1932
峰城 1942.4.11
第三スターリングモアノ一
栗毛 1951.4.17
仔受胎時活性値:2.00(0.00)
★トビサクラ
栗毛 1942.2.23
種付け時活性値:0.00
第三スターリングモア
鹿毛 1944.3.31
仔受胎時活性値:1.50

<5代血統表内のクロス:Hyperion4×4、Nearco4×5>

カツラノハイセイコ(1976.5.13)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ハイセイコー
(Hyperion系)
ジヤヴリン
(Bois Roussel系)
タカクラヤマ
(The Tetrarch系)
トビサクラ
(Blandford系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
ハイセイコー 7.00 or 5.00 トサモアーと同牝系
(No. 3-l フロリースカツプ系)
初仔

*

第46回東京優駿(現GI)の結果(上位5頭。馬齢は現年齢表記に合わせる)


馬名 性齢 騎手 走破
時計
着差 調教師
1 7 カツラノハイセイコ 牡3 松本善登 2:27.3    庄野穂積 1
2 4 リンドプルバン 牡3 嶋田功 2:27.3 ハナ 見上恒芳 8
3 17 テルテンリュウ 牡3 西浦勝一 2:27.7 2.1/2 土門健司 3
4 9 ビンゴガルー 牡3 小島太 2:27.9 1.1/4 久保田彦之 2
5 10 ネーハイジェット 牡3 岩元市三 2:28.1 1.1/2 布施正 4

1979年の第46回東京優駿。父ハイセイコーが成し得なかった東京優駿制覇を達成した孝行息子、カツラノハイセイコ。その勝ち時計2分27秒3は、第41回のコーネルランサー(1971.4.16)の2分27秒4をコンマ1秒破るレースレコードで、父内国産馬の東京優駿制覇は第26回のコマツヒカリ(1956.2.28)以来20年ぶりのことでした。また、鞍上の松本善登騎手(故人)は、45歳11ヶ月での東京優駿初制覇となり、騎手としての東京優駿の最高齢勝利記録(当時)でもありました。

*

1981年第84回天皇賞・春  カツラノハイセイコ 第83回 1981年4月29日 京都 芝3200m カツラノハイセイコ 牡5 3:20.6騎手  河内洋調教師 庄野穂積...
第83回天皇賞・春(現GI)の結果(上位5頭。馬齢は現年齢表記に合わせる)


馬名 性齢 騎手 走破
時計
着差 調教師
1 6 カツラノハイセイコ 牡5 河内洋 3:20.6    庄野穂積 2
2 13 カツアール 牡5 樋口弘 3:20.7 クビ 柳田次男 6
3 9 メジロファントム 牡6 横山富雄 3:21.5 5 大久保洋吉 5
4 7 リンドプルバン 牡5 小島太 3:21.6 3/4 見上恒芳 1
5 11 サルノヒーロ 牡5 田島良保 3:21.9 2 中村好夫 14

1981年の第83回天皇賞・春。最後の直線、446kgの黒鹿毛に白い頭巾、青の帽子に「海老、袖黄三本輪」の勝負服が馬場中央を鋭く抜け出すと、484kgの黒鹿毛、桃の帽子に「青、茶襷、赤袖」の勝負服が外から迫りました。関西テレビの中継では杉本清アナが「見てくれこの根性!」と叫ばれた決勝点手前、カツラノハイセイコと河内洋騎手、最後まで先頭譲ることなく、カツアール(1976.3.24)と樋口弘騎手を「クビ」だけ抑えきって、天皇賞制覇を遂げました。

*

ハイセイコーの初年度産駒として、父が果たせなかった東京優駿と天皇賞の2大レース制覇を果たしたカツラノハイセイコ。父が500kg超の大柄な馬体であったのに対し、仔は男馬としては比較的小さな450kg程の馬体でしたが、それを補う「負けん気の強さ」が馬一倍でした。

カツラノハイセイコは上述の東京優駿、天皇賞・春のほかにもマイラーズC(現GII)、目黒記念・秋(現目黒記念、GII)を制しました。見れば芝1600m、芝2400m、芝3200mの根幹距離において、当時の最上級の重賞をいずれも制しているのですから、カツラノハイセイコ、やはり時代を代表する名馬の一角だったのです。改めてカツラノハイセイコの戦績を辿ると、芝1600mでは[3-2-0-0]と連を外していません。同期の名マイラーであるニチドウアラシ(1976.3.20)相手に勝ち負けですから、実はマイル戦の素養も高かったのでしょう。

父ハイセイコーが30歳まで生きたように、仔カツラノハイセイコも33歳まで生きた長命の父系。Hyperion系の特徴とも言える「生命力の高さ」は代を経ても受け継がれ、カツラノハイセイコの代表産駒である名牝ユウミロク(1983.3.26)は、34歳を迎えた2017年現在も存命です。

カツラノハイセイコの東京優駿制覇からやがて38年を迎えようとするいま、その血を受け継いだ子孫は現代も生き残り、人々の記憶の中で線としてつながり続けます。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

20世紀の名馬 第62位 カツラノハイセイコ カツラノハイセイコ「ププッ!お前ヘンな名前!」  ハートランドヒリュ「先輩も十分ヘンですよ」...

2017年のクラシック候補生を確認する(番外編・其の弐)

アロンザモナ 牝 鹿毛 2014.3.13生 新ひだか・広田牧場生産 馬主・ディアレストクラブ(株) 栗東・西浦勝一厩舎

アロンザモナ(2014.3.13)の4代血統表
ストリートセンス
鹿毛 2004.2.23
種付け時活性値:0.25
Street Cry
黒鹿毛 1998.3.11
Machiavellian
黒鹿毛 1987.1.31
★Mr. Prospector 1970.1.28
Coup de Folie 1982.4.2
Helen Street
鹿毛 1982.4.4
Troy 1976.3.25
Waterway 1976.4.21
Bedazzle
鹿毛 1997.4.5
★Dixieland Band
鹿毛 1980.3.20
Northern Dancer 1961.5.27
Mississippi Mud 1973.4.29
Majestic Legend
鹿毛 1985.3.18
★His Majesty 1968.4.15
Long Legend 1978.4.26
リザーブシート
鹿毛 1995.4.11
仔受胎時活性値:0.50

クリエイター
栗毛 1986.6.1
種付け時活性値:0.00
Mill Reef
鹿毛 1968.2.23
Never Bend 1960.3.15
Milan Mill 1962.2.10
Chalon
栗毛 1979.5.5
Habitat 1966.5.4
Areola 1968
インヴァイト
鹿毛 1986.2.4
仔受胎時活性値:2.00(0.00)
Be My Guest
栗毛 1974.4.12
種付け時活性値:0.75
Northern Dancer 1961.5.27
What a Treat 1962.5.22
Burghclere
鹿毛 1977.4.26
仔受胎時活性値:2.00
Busted
鹿毛 1963
種付け時活性値:1.25
Highclere
鹿毛 1971.4.9
仔受胎時活性値:1.25

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer4×4>

アロンザモナ(2014.3.13)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ストリートセンス
(Mr. Prospector系)
★クリエイター
(Mill Reef系)
Be My Guest
(Northern Dancer系)
Busted
(Blenheim系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Busted 5.75 or 3.75 叔父ウインクリューガー
(No. 2-f)
11番仔
(不受胎後)

過去の勝ち馬にスティルインラブ(2000.5.2)、スイープトウショウ(2001.5.9)、ローブデコルテ(2004.4.28)、シンハライト(2013.4.11)等も名前を連ねる、淀芝1400mの出世レースである紅梅S(OP)。2017年のレースを制したのは、こうやまき賞2番人気8着から巻き返したアロンザモナ。netkeiba.comの記事によりますと、こうやまき賞で騎乗された小牧太騎手曰く「2歳馬では久しぶりに「これはいい馬やなぁ」と思ったよ。あの馬は絶対に走るわ」とコメントを残されています。なお、アロンザモナ(Alonza Mona)の馬名意味は「女性名より+女性名より」とのこと。

さて、アロンザモナの最優性先祖である曾祖母父Bustedは、その現役時代に”キング・ジョージ”(現英GI)、エクリプスS(現英GI)、フォワ賞(現仏GII)、コロネーションS(現ブリガディアジェラードS、英GIII)、ガリニュールS(現愛GIII)と現行のグループレース5勝を挙げました。なお、Bustedは「壊れた」という意味だそうです。

そんなBustedは種牡馬としても能力を発揮し、

  1. Mtoto(1983.4.1)
    →”キング・ジョージ”、エクリプスS2回、プリンスオブウェールズS(英GII。現英GI)、ブリガディアジェラードS、セレクトS(英GIII)ほか
  2. Weavers’ Hall(1970)
    →愛ダービー(GI)ほか
  3. Bustino(1971)
    →英セントレジャーS(GI)、コロネーションC(英GI)、グレートヴォルティジュールS(英GII)、サンダウンクラシックトライアル(英GIII)、リングフィールドダービートライアル(英GIII)ほか
  4. Busaca(1974.3.8)
    →ヨークシャーオークス(英GI)、ランカシャーオークス(英GIII)
  5. Tromos(1976.3.10)
    →デューハーストS(英GI)ほか
  6. Erins Isle(1978.3.4)
    →サンファンカピストラーノH(米GI。現米GIII)、サンルイレイS(米GI。現サンルイレイH、米GII)、カリフォルニアンS(米GI。現米GII)、ハリウッド招待H(米GI。現チャールズウィッティンガムメモリアルH、米GII)、サンセットH(米GI。現米GIII)ほか
  7. Romildo(1980.5.2)
    →ガネー賞(仏GI)、プランスドランジュ賞(仏GIII)、ラクープ(仏GIII)ほか
  8. Opale(1980.4.18)
    →愛セントレジャー(GI)、メルドS(愛GIII)ほか
  9. Sharannpour(1980.3.16)
    →ボウリンググリーンH(米GI。現米GII)、レッドスミスH(米GII。現米GIII)ほか

等を始めとして、多くの活躍馬を輩出しました。中でも、Mtotoは欧州で選手権距離の強豪が揃った1983年生まれ世代の1頭-ダンシングブレーヴ(1983.5.11)、トニービン(1983.4.7)、シャーラスタニ(1983.3.27)、Bering(1983.3.20)等と同い年-、Bustinoは”キング・ジョージ”におけるグランディ(1972.4.3)との世紀の名勝負で知られていますね。

#Mtoto、その馬名はスワヒリ語の「子ども」の単数形を意味しています。トットちゃんこと黒柳徹子さんが、ユニセフ親善大使としてアフリカに出向かれた際、ムトトの意味を知られてお喜びになったそうな。

*

クリンチャー 牡 鹿毛 2014.3.10生 新冠・平山牧場生産 馬主・(株)ノースヒルズ 栗東・宮本博厩舎

クリンチャー(2014.3.10)の4代血統表

ディープスカイ
栗毛 2005.4.24
種付け時活性値:0.00
アグネスタキオン
栗毛 1998.4.13
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo 1969.2.7
Wishing Well 1975.4.12
アグネスフローラ
鹿毛 1987.6.18
ロイヤルスキー 1974.5.24
アグネスレデイー 1976.3.25
アビ
栗毛 1995.5.5
Chief’s Crown
鹿毛 1982.4.7
Danzig 1977.2.12
Six Crowns 1976.4.21
Carmelized
鹿毛 1990.4.9
Key to the Mint 1969.3.9
Carmelize 1972.4.23
ザフェイツ
黒鹿毛 1998.2.27
仔受胎時活性値:1.75
ブライアンズタイム
黒鹿毛 1985.5.28
種付け時活性値:1.00
Roberto
鹿毛 1969.3.16
Hail to Reason 1958.4.18
Bramalea 1959.4.12
Kelley’s Day
鹿毛 1977.5.11
Graustark 1963.4.7
Golden Trail 1958.3.5
ミスシャグラ
鹿毛 1990.1.24
仔受胎時活性値:1.75
Danzig
鹿毛 1977.2.12
種付け時活性値:1.00
Northern Dancer 1961.5.27
Pas de Nom 1968.1.27
Dusty Dollar
鹿毛 1983.3.25
仔受胎時活性値:1.50
Kris
栗毛 1976.3.23
種付け時活性値:1.50
Sauceboat
鹿毛 1972
仔受胎時活性値:0.50

<5代血統表内のクロス:Danzig4×3、Hail to Reason5×4、Graustark5×4>

クリンチャー(2014.3.10)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ディープスカイ
(Halo系)
ブライアンズタイム
(Roberto系)
◆Danzig
(Northern Dancer系)
Kris
(エタン系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Kris
(エタン)
5.50 叔母ミスイロンデル
(No. 1-k)
10番仔
(不受胎後)

14頭立て14番人気を跳ね返して3馬身差の勝利を収めた淀芝2000mの未勝利戦に続いて、7頭立て5番人気で挑んだすみれS(OP)では4馬身差の快勝を収めました、クリンチャー。今のところダートで良い成績を残しているディープスカイ産駒ですが、すみれSは一昨年のスピリットミノル(2012.3.7)に続いての2勝目。仁川芝2200mとの相性が良いのでしょうか。クリンチャー(Clincher)の馬名意味は「決定打」ということ。クリンチャー、ディープスカイ産駒の決定打となれますでしょうか。

さて、クリンチャーの最優性先祖である曾祖母父Krisは現役時代に14勝を挙げ、その主な勝ち鞍にサセックスS(英GI)、クイーンエリザベス2世S(英GII。現英GI)、セントジェームズパレスS(英GII。現英GI)、ロッキンジS(英GII。現英GI)、ウォーターフォードクリスタルマイル(英GII。現セレブレーションマイル)、チャレンジS(英GIII)、グリーナムS(英GIII)、ホーリスヒルS(英GIII)と、7ハロンから8ハロンのグループレース8勝があります。Krisの生涯成績は16戦14勝、2着2回の100%連対であり、敗れた2着2回は英2000ギニー(GI)と引退レースとなったクイーンエリザベス2世S。前者の勝ち馬はタップオンウッド(1976.2.15)、後者の勝ち馬はKnown Fact(1977.3.15)でした。

そんなKrisの代表産駒には、

  1. Oh So Sharp(1982.3.20)
    →英オークス(GI)、英1000ギニー(GI)、英セントレジャーS、フィリーズマイル(英GIII。現英GI)、ネルグウィンS(英GIII)ほか
  2. Fitnah(1982.3.19)
    →サンタラリ賞(仏GI)、プランスドランジュ賞、ヴァントー賞(仏GIII)、ノネット賞(仏GIII)ほか
  3. フラッシュオブスティール(1983.3.10)
    →愛2000ギニー(GI)、ベレスフォードS(愛GII)、テトラークS(愛GIII)。GIII2勝のナガラフラッシュ(1991.3.17)の父
  4. Unite(1984.4.3)
    →英オークス、愛オークス(GI)
  5. Common Grounds(1985.4.20)
    →サラマンドル賞(仏GI)ほか
  6. Sudden Love(1985.6.10)
    →E.P.テイラーS(加GI)ほか
  7. Rafha(1987.2.19)
    →仏オークス(GI)、メイヒルS(英GIII)ほか
  8. シェイヴィアン(1987.3.31)
    →セントジェームズパレスS、セレブレーションマイルほか
  9. Shamshir(1988.2.21)
    →フィリーズマイルほか
  10. Single Empire(1994.4.23)
    →サンファンカピストラーノH、伊ダービー(GI。現GII)、サンルイレイSほか
  11. Riviera(1994.2.5)
    →アットマイル(加GI。現ウッドバインマイル)、モーヴィックH(米GIII。現エディーD.S)ほか
  12. Balisada(1996.2.10)
    →コロネーションS(英GI)ほか
  13. リーチ(1982.3.2)
    →ロイヤルロッジS(英GII)ほか。2800m時代の東京大賞典(現GI)勝ち馬アドマイヤボサツ(1990.5.15)の父

等を始めとして多数のステークスウイナーがいます。Krisやその全弟Diesis(1980.4.23)、Keen(1981.4.12)の活躍により、エタン(1961.3.14)系は欧州で血を広めました。ただ、兄弟全般にフィリーサイアー寄りの成績であったため、父系よりも母系で生き残っていくことになりそうです。日本ではネオユニヴァース(2000.5.21)、エイシンドーバー(2002.5.15)、クリスザブレイヴ(1994.2.18)等が母父Krisの活躍馬として知られていますね。

閑話休題。クリンチャーの誕生日は2014年3月10日。近年は3月10日生まれのGI勝ち馬が多く輩出されている印象もあります。2016年のJRA賞年度代表馬キタサンブラック(2012.3.10)、香港ヴァーズ(GI)でHighland Reel(2012.2.21)を負かしたサトノクラウン(2012.3.10)、GI3勝の強豪ロゴタイプ(2010.3.10)、ジャパンカップ(GI)と秋華賞(GI)を制したショウナンパンドラ(2011.3.10)、優駿牝馬(GI)勝ちのエリンコート(2008.3.10)。果たして、同じ誕生日の先達に続くことが出来るでしょうか、クリンチャー。……って、スワーヴリチャード(2014.3.10)の記事とほとんど同じことを書いていますね^^;

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。


2017年のクラシック候補生を確認する(其の拾参)

ペルシアンナイト 牡 黒鹿毛 2014.3.11生 安平・追分ファーム生産 馬主・(株)G1レーシング 栗東・池江泰寿厩舎

ペルシアンナイト(2014.3.11)の4代血統表
ハービンジャー
鹿毛 2006.3.12
種付け時活性値:1.75
Dansili
黒鹿毛 1996.1.27
▲デインヒル
鹿毛 1986.3.26
★Danzig 1977.2.12
Razyana 1981.4.18
Hasili
鹿毛 1991.3.12
Kahyasi 1985.4.2
Kerali 1984.3.4
Penang Pearl
鹿毛 1996.3.11
Bering
栗毛 1983.3.20
Arctic Tern 1973
Beaune 1974.4.10
Guapa
鹿毛 1988.5.4
Shareef Dancer 1980.3.3
Sauceboat 1972
オリエントチャーム
鹿毛 2002.3.12
仔受胎時活性値:0.75
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
種付け時活性値:1.75
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
ニキーヤ
鹿毛 1993.4.4
仔受胎時活性値:2.00
Nureyev
鹿毛 1977.5.2
種付け時活性値:1.75
Northern Dancer 1961.5.27
Special 1969.3.28
Reluctant Guest
鹿毛 1986.2.21
仔受胎時活性値:1.50
Hostage
鹿毛 1979.2.13
種付け時活性値:1.50
Vaguely Royal
黒鹿毛 1974.3.7
仔受胎時活性値:0.75

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer5×5×4>

ペルシアンナイト(2014.3.11)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ハービンジャー
(Danzig系)
サンデーサイレンス
(Halo系)
Nureyev
(Northern Dancer系)
Hostage
(Nijinsky系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
ハービンジャー 5.00 伯父ゴールドアリュール
(No. 9-h)
6番仔
(6連産目)

2017年の第26回アーリントンC(GIII)。単勝1.9倍に推されたペルシアンナイト、絶好調のミルコ・デムーロ騎手に導かれて3馬身差の圧勝。「ペルシアの騎士」は重賞初制覇、鞍上のデムーロ騎手は実に4週連続重賞勝利と相成りました。

ペルシアンナイトの最優性先祖である父ハービンジャーは現役時代に6勝を挙げ、その主な勝ち鞍に”キング・ジョージ”(英GI)、ハードウィックS(英GII)、オーモンドS(英GIII)、ジョンポーターS(英GIII)、ゴードンS(英GIII)とグループレース5勝。勝ったグループレースはすべて12F以上という徹底ぶりです。特筆すべきは生涯唯一のGI勝ちとなった”キング・ジョージ”。テン乗りとなったオリビエ・ペリエ騎手を背に、アスコット12Fのコースレコードとなる2分26秒78、そして2着のケープブランコ(2007.4.20)に11馬身差というレース史上最大着差での大圧勝でした。

そんなハービンジャーの代表産駒には、

  1. ベルーフ(2012.1.21)
    →京成杯(GIII)、小倉記念(GIII)2着2回、チャレンジC(GIII)2着
  2. プロフェット(2013.2.27)
    →京成杯、札幌2歳S(GIII)2着
  3. ドレッドノータス(2013.3.9)
    →京都2歳S(GIII)

等がいます。上記3頭にペルシアンナイトが続いた訳ですが、ベルーフ、プロフェット、そしてペルシアンナイトと4頭中3頭が池江泰寿厩舎の所属馬ですね。

また、ペルシアンナイトのごく簡単な近親牝系図を示しておきますと、

ニキーヤ 1993.4.4 仏3勝
|ゴールドアリュール 1999.3.3 中央+地方8勝 フェブラリーS(GI) 東京大賞典(現GI) ジャパンダートダービー(現JpnI) ダービーグランプリ(当時統一GI) アンタレスS(GIII)ほか
|ラバヤデール 2000.3.19 中央3勝
||ソロル 2010.3.29 現役 マーチS(GIII) 平安S(GIII)2着ほか
|オリエントチャーム 2002.3.12 中央4勝 マーメイドS(GIII)3着
||ペルシアンナイト 2014.3.11 (本馬) アーリントンC(GIII) シンザン記念(GIII)3着
|ニルヴァーナ 2003.3.29 中央6勝 小倉日経オープン(OP)
|ゴールスキー 2007.5.24 中央+地方8勝 根岸S(GIII) マイルチャンピオンシップ(GI)3着 東京新聞杯(GIII)3着ほか

伯父ゴールドアリュール、叔父ゴールスキーと池江厩舎ゆかりの馬が見えますね。ゴールドアリュールは先日2月18日に心臓疾患のためにこの世を去りましたが、その翌日には直仔ゴールドドリーム(2013.4.19)が第34回フェブラリーSで父仔制覇を果たしましたし、翌週には甥が重賞制覇と、父系と母系両方からその存在感を示しました。

ハービンジャー産駒では異質とも思える、マイル重賞で鋭い切れ味を見せたペルシアンナイト。その矛先が向かうのは、クラシックか或いは3歳マイル王路線か。動向を見守りたい素質馬です。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。


年度代表馬の同期生を辿る(其の拾弐)-フジキセキ(1992.4.15)-

フジキセキ 牡 青鹿毛 1992.4.15生~2015.12.28没 千歳・社台ファーム生産 馬主・齊藤四方司氏 栗東・渡辺栄厩舎

フジキセキ(1992.4.15)の4代血統表
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
種付け時活性値:1.25

Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason
鹿毛 1958.4.18
Turn-to 1951
Nothirdchance 1948
Cosmah
鹿毛 1953.4.4
★Cosmic Bomb 1944
Almahmoud 1947.5.18
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding
栗毛 1963.2.17
★Promised Land 1954.3.31
Pretty Ways 1953.3.21
Mountain Flower
鹿毛 1964.3.23
Montparnasse 1956
Edelweiss 1959.2.15
ミルレーサー
鹿毛 1983.5.20
仔受胎時活性値:2.00
Le Fabuleux
鹿毛 1961
種付け時活性値:1.25
Wild Risk
鹿毛 1940
★Rialto 1923
Wild Violet 1935
Anguar
鹿毛 1950
Verso 1940
La Rochelle 1945
Marston’s Mill
黒鹿毛 1975.5.31
仔受胎時活性値:1.75
In Reality
鹿毛 1964.3.1
種付け時活性値:0.50
Intentionally 1956.4.2
My Dear Girl 1957.2.17
Millicent
鹿毛 1969
仔受胎時活性値:1.25
Cornish Prince
黒鹿毛 1962.3.29
種付け時活性値:1.50
Milan Mill
鹿毛 1962.2.10
仔受胎時活性値:1.50

<5代血統表内のクロス:なし>

フジキセキ(1992.4.15)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
サンデーサイレンス
(Halo系)
Le Fabuleux
(Wild Risk系)
In Reality
(Intent系)
Cornish Prince
(Bold Ruler系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Cornish Prince
(ミルレーサー)
6.50 半姉シャイニンレーサー
(No. 22-d)
5番仔
(5連産目)

*

1994年8月20日の新馬戦(新潟芝1200m)の結果(上位5頭。馬齢は現年齢表記に合わせる)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 2 フジキセキ 牡2 53 蛯名正義 1:09.8    34.8 472
[0]
渡辺栄 2
2 1 シェルクイーン 牝2 53 中舘英二 1:11.1 8 36.3 448
[-2]
境征勝 1
3 5 ティーエムビガー 牡2 53 蛯名利弘 1:11.3 1 36.6 456
[-10]
山田要一 6
4 3 スギノコダイオー 牡2 53 岩戸孝樹 1:12.6 8 37.3 466
[0]
古山良司 3
5 8 メジロミルザム 牝2 52 菊沢隆仁 1:13.6 6 37.1 496
[0]
浅見秀一 5

1994年8月20日の新馬戦。今は懐かしき、右回りの新潟競馬場。芝1200mでのデビューとなったフジキセキは、立ち遅れから道中押し上げ、4コーナーでは3番手まで進出。後は、引き離す一方。玉石混淆の新馬戦ではありますが、「富士奇石」は他馬とはモノが違うところを大いに見せ付けたのでした。

*

もみじS(OP)の結果(上位5頭。馬齢は現年齢表記に合わせる)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 7 フジキセキ 牡2 53 角田晃一 1:35.5 レコード 35.2 486
[+14]
渡辺栄 1
2 8 タヤスツヨシ 牡2 53 小島貞博 1:35.7 1.1/4 35.2 474
[-10]
鶴留明雄 3
3 2 トーヨーシービー 牝2 53 松永昌博 1:36.3 3.1/2 35.5 408
[+4]
松永善晴 4
4 3 ウルトラエナジー 牡2 53 田原成貴 1:36.3 アタマ 35.8 444
[+8]
山内研二 2
5 4 ツルミワールド 牡2 53 北沢伸也 1:36.7 2.1/2 36.4 470
[-10]
荻野光男 7

1994年のもみじS。4コーナーを回る時の手応えが段違い。そうして直線では、後の第62回東京優駿(GI)勝ち馬を軽く一蹴。終わってみれば、まだまだ重かった1994年当時の阪神芝1600mを1分35秒5のレコード勝ち。

*

第46回朝日杯3歳S(GI。現朝日杯フューチュリティS)の結果(上位5頭。馬齢は現年齢表記に合わせる)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 1 フジキセキ 牡2 54 角田晃一 1:34.7    35.7 492
[+6]
渡辺栄 1
2 3 スキーキャプテン 牡2 54 武豊 1:34.8 クビ 34.7 482
[+4]
森秀行 2
3 4 コクトジュリアン 牡2 54 柴田善臣 1:35.0 1.1/4 35.9 416
[-8]
高橋祥泰 4
4 9 マイティーフォース 牡2 54 松永幹夫 1:35.1 1/2 36.2 432
[0]
加藤敬二 5
5 5 トウショウフェノマ 牡2 54 田中勝春 1:35.3 1.1/4 35.6 476
[+20]
尾形充弘 3

1994年の第46回朝日杯3歳S。1枠1番に入った1番人気馬、青鹿毛に星ひとつのフジキセキ。「緑、黄縦縞、黒袖黄一本輪」の勝負服を乗せて、薄暗闇の中山芝1600mを鮮やかに先頭で駆け抜けました。後に数多続く「サンデーサイレンス産駒によるGI勝利」のスタートが、この朝日杯でした。フジキセキ、2着のスキーキャプテン(1992.4.24)との着差は「クビ」でしたが、その着差以上の強さを感じたものです。

また、この朝日杯は1着馬から5着馬が、戦前まで2戦2勝の無敗馬たちによる決着でした。それぞれに懐かしいですね。スキーキャプテンは、単勝元返しとなったきさらぎ賞(GIII)を制した後、ケンタッキーダービー(米GI)に挑戦。コクトジュリアン(1992.2.27)は、母ブレイブウーマン(1985.3.24)が英国に繁殖留学してMachiavellian(1987.1.31)の種を付けて生まれた仔。マイティーフォース(1992.5.4)は、京成杯(GIII)を勝ち、満4歳暮れのポートアイランドS(OP)で1年半ぶりの鉄砲駆けの2着にビックリ。トウショウフェノマ(1992.5.29)は、新潟3歳S(現新潟2歳S、GIII)の勝ち馬にして、クイーンC(現GIII)勝ち馬ポリートウショウ(1977.5.26)の仔。

*

第32回弥生賞(GII)の結果(上位5頭。馬齢は現年齢表記に合わせる)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 9 フジキセキ 牡3 55 角田晃一 2:03.7    36.4 508
[+16]
渡辺栄 1
2 7 ホッカイルソー 牡3 55 蛯名正義 2:04.1 2.1/2 36.3 468
[+6]
田中清隆 2
3 1 ハシノタイユウ 牡3 55 高橋和宏 2:04.4 2 36.8 450
[0]
佐藤和伸 8
4 8 オートマチック 牡3 55 加藤和宏 2:04.4 ハナ 36.8 478
[0]
藤原敏文 4
5 5 イブキタモンヤグラ 牡3 55 河内洋 2:04.4 ハナ 36.3 458
[0]
長浜博之 5

1995年の第32回弥生賞。先行2番手からの早め早めの競馬を見せたフジキセキ、直線半ばでホッカイルソー(1992.5.2)に外から「並びかけられたか」と思った瞬間、アクセル全開。あっという間に2馬身半突き放しました。「うわぁ、やっぱりサンデーサイレンス産駒には敵わんなぁ」と思ったものでした。

けれど、好事魔多し。

この弥生賞の後、フジキセキは左前脚に屈腱炎を発症。1995年の牡馬クラシック最有力候補は、結局レースで1度も鞭を振るわれることなく、あっけなく、その競走馬生活にピリオドを打つことになりました。クラシック制覇を夢見たであろう、馬主、調教師、厩務員、騎手のそれぞれ。天の配剤は、不思議な巡り合わせを6年後にもたらすことになるのですが、それはまた、別の話。

1995年の春に話を戻すと、フジキセキは戦線を退いたものの、サンデーサイレンス産駒の旋風は吹き止むことはなく、第55回皐月賞(GI)はジェニュイン(1992.4.28)、第62回東京優駿はタヤスツヨシ(1992.4.26)が制し、牝馬クラシックもダンスパートナー(1992.5.25)が第56回優駿牝馬(GI)を制して、今に続くサンデーサイレンスの血の猛威を、まざまざと見せ付けたのでした。

*

フジキセキは走る度にどんどん大きくなる馬で、馬体重が472kg→486kg→492kg→508kgと、デビューから7ヶ月間で36kgも増えています。

規格外の能力に、規格外の発育を見せた、フジキセキ。

もし無事だったら、その競走成績はどんな軌跡を描いたのでしょうか。もしかしたら、平成の世に「2年連続で3冠馬誕生」の奇跡が達成されたかも知れません。

フジキセキ。そんな夢を見させてくれた、サンデーサイレンス産駒の初めてのGI勝ち馬でした。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

20世紀の名馬 第52位 フジキセキ(高画質) h.264でうpしてみました。  競馬動画→mylist/7354219

第34回フェブラリーS(GI)の勝ち馬

ゴールドドリーム 牡 鹿毛 2013.4.19生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・吉田勝己氏 栗東・平田修厩舎

ゴールドドリーム(2013.4.19)の4代血統表
ゴールドアリュール
栗毛 1999.3.3
種付け時活性値:1.25
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
ニキーヤ
鹿毛 1993.4.4
Nureyev
鹿毛 1977.5.2
Northern Dancer 1961.5.27
Special 1969.3.28 ♀
Reluctant Guest
鹿毛 1986.2.21
Hostage 1979.2.13
Vaguely Royal 1974.3.7
モンヴェール
鹿毛 2003.5.8
仔受胎時活性値:0.25
フレンチデピュティ
栗毛 1992.1.30
種付け時活性値:0.50
Deputy Minister
黒鹿毛 1979.5.17
Vice Regent 1967.4.29
Mint Copy 1970.2.24
Mitterand
鹿毛 1981.2.19
Hold Your Peace 1969.1.24
Laredo Lass 1971.3.19
スペシャルジェイド
鹿毛 1993.2.16
仔受胎時活性値:0.25
Cox’s Ridge
鹿毛 1974.4.4
種付け時活性値:0.50
Best Turn 1966.5.7
Our Martha 1961.5.7
Statistic
鹿毛 1988.5.6
仔受胎時活性値:1.00
Mr. Prospector
鹿毛 1970.1.28
種付け時活性値:0.25
Number
鹿毛 1979.5.5
仔受胎時活性値:2.00(0.00)

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer4×5、Special(♀)4×5、Turn-to5×5、Nijinsky5×5>

ゴールドドリーム(2013.4.19)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ゴールドアリュール
(Halo系)
フレンチデピュティ
(Deputy Minister系)
Cox’s Ridge
(Turn-to系)
Mr. Prospector
(Raise a Native系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
ゴールドアリュール
(Nureyev)
3.50 or 1.50 母がJpnII3着馬
(No. 5-h)
4番仔
(4連産目)

*

第34回フェブラリーS(GI)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 3 ゴールドドリーム 牡4 57 M.デムーロ 1:35.1    35.6 520
[+4]
平田修 2
2 9 ベストウォーリア 牡7 57 戸崎圭太 1:35.1 クビ 35.7 516
[-4]
石坂正 5
3 10 カフジテイク 牡5 57 津村明秀 1:35.2 3/4 34.9 486
[+2]
湯窪幸雄 1
4 13 エイシンバッケン 牡5 57 岩田康誠 1:35.4 1 1/4 35.4 530
[+4]
中尾秀正 8
5 12 ニシケンモノノフ 牡6 57 横山典弘 1:35.6 1 1/4 36.4 512
[-2]
庄野靖志 14

2017年の第34回フェブラリーS。昨日2月18日に心臓疾患のために急死した父ゴールドアリュールへの餞とばかりに、ゴールドドリーム。黄金の魅力は、黄金の夢に引き継がれるかのようにして、エスポワールシチー(2005.4.22)コパノリッキー(2010.3.24)に続いて3頭目のフェブラリーS父仔制覇と相成りました。鞍上のミルコ・デムーロ騎手は昨年2016年のモーニン(2012.4.14)に続いてのフェブラリーS連覇にして3週連続重賞勝利という相変わらずの勝負強さ、また管理される平田修調教師はカレンブラックヒル(2009.2.19)による2012年の第17回NHKマイルC(GI)以来のJRAGI2勝目でした。気が付けば、今日2017年2月19日は、カレンブラックヒル満8歳の誕生日でもありました。

さて、ゴールドドリームの最優性先祖である父ゴールドアリュールは現役時代に8勝を挙げ、その主な勝ち鞍に第20回フェブラリーS、第48回東京大賞典(現GI)、第4回ジャパンダートダービー(現JpnI)、第17回ダービーグランプリ(当時統一GI)、アンタレスS(GIII)と重賞5勝があります。

サンデーサイレンス産駒の砂の筆頭とも言えるゴールドアリュール、種牡馬としての代表産駒には、

  1. エスポワールシチー(上述)
    →フェブラリーS、ジャパンカップダート(現チャンピオンズカップ、GI)、JBCスプリント(JpnI)、マイルチャンピオンシップ南部杯(JpnI)3回、かしわ記念(JpnI)3回ほか
  2. スマートファルコン(2005.4.4)
    →東京大賞典2回、JBCクラシック(JpnI)2回、帝王賞(JpnI)、川崎記念(JpnI)ほか
  3. オーロマイスター(2005.1.31)
    →マイルチャンピオンシップ南部杯ほか
  4. コパノリッキー(上述)
    →フェブラリーS2回、JBCクラシック2回、帝王賞、マイルチャンピオンシップ南部杯、かしわ記念2回ほか
  5. クリソライト(2010.2.2)
    →ジャパンダートダービー、コリアカップ(韓GI)ほか

等のジーワン勝ち馬を始め多くの重賞勝ち馬がおり、ゴールドドリームが6頭目のジーワン勝ち馬となりました。

  

「強い」と喧伝される現4歳世代で砂のJRAGI勝ち馬となったゴールドドリーム。夢の続きは、まだまだこれから。父が果たせなかった海外遠征もいつの日にか。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。