2017年の韓国国際競走の勝ち馬2騎

ロンドンタウン 牡 鹿毛 2013.4.22生 新冠・松浦牧場生産 馬主・薪浦亨氏 栗東・牧田和弥厩舎

ロンドンタウン(2013.4.22)の4代血統表
カネヒキリ
栗毛 2002.2.26
種付け時活性値:0.50

フジキセキ
青鹿毛 1992.4.15
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo 1969.2.7
Wishing Well 1975.4.12
ミルレーサー
鹿毛 1983.5.20
Le Fabuleux 1961
Marston’s Mill 1975.5.31
ライフアウトゼア
栗毛 1992.2.1
Deputy Minister
黒鹿毛 1979.5.17
Vice Regent 1967.4.29
Mint Copy 1970.2.24
Silver Valley
栗毛 1979.3.30
★Mr. Prospector 1970.1.28
Seven Valleys 1972.4.5
フェアリーバニヤン
青鹿毛 2003.3.8
仔受胎時活性値:0.25
Honour and Glory
鹿毛 1993.3.24
種付け時活性値:0.25
★Relaunch
芦毛 1976.3.16
In Reality 1964.3.1
Foggy Note 1965.3.20
Fair to All
鹿毛 1986.3.24
Al Nasr 1978.2.11
Gonfalon 1975.5.9
キャタラクト
黒鹿毛 1999.3.6
仔受胎時活性値:0.75
Storm Cat
黒鹿毛 1983.2.27
種付け時活性値:1.75
Storm Bird 1978.4.19
Terlingua 1976.2.7
Queen Tutta
栗毛 1992.3.19
仔受胎時活性値:1.50
Kris S.
黒鹿毛 1977.4.25
種付け時活性値:1.50
Tutta
栗毛 1988.2.19
仔受胎時活性値:0.75

<5代血統表内のクロス:In Reality5×4×5、Northern Dancer5×5>

ロンドンタウン(2013.4.22)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
カネヒキリ
(Halo系)
Honour and Glory
(Intent系)
Storm Cat
(Storm Bird系)
Kris S.
(Roberto系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Storm Cat
(Secretariat)
3.25
(No. 13-c)
6番仔
(6連産目)

*

第2回コリアカップ(韓国GI。ソウル・ダート1800m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
馬体重 調教師
1 11 ロンドンタウン 牡4 57 岩田康誠 1:50.7 515 牧田和弥 3
2 10 クリソライト 牡7 57 武豊 4 503 音無秀孝 1
3 4 PAPA SHOT せん5 57 DYLAN DAVIS 17 462 LINDA RICE 6
4 6 TRIPLE NINE 牡5 57 LIM SUNG SIL 3/4 488 KIM YOUNG KWAN 4
5 5 CHAMP LINE 牡5 57 JEAN-PIERRE
PATRICK
GUILLAMBERT
5 547 THOMAS
PATRICK
GILLESPIE
9

2017年のコリアカップ。逃げたロンドンタウンと岩田康誠騎手、番手に着けた防衛王者クリソライト(2010.2.2)と武豊騎手。終わってみれば、行った行った。最後は新鋭ロンドンタウンが防衛王者に4馬身差を着けての快勝。ソウル・ダート1800mの勝ち時計1分50秒7は、コースレコードタイムでした。

*

グレイスフルリープ 牡 栗毛 2010.5.12生 新冠・(株)ノースヒルズ生産 馬主・前田晋二氏 栗東・橋口慎介厩舎

グレイスフルリープ(2010.5.12)の4代血統表
ゴールドアリュール
栗毛 1999.3.3
種付け時活性値:0.50
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
ニキーヤ
鹿毛 1993.4.4
Nureyev
鹿毛 1977.5.2
Northern Dancer 1961.5.27
Special 1969.3.28
Reluctant Guest
鹿毛 1986.2.21
Hostage 1979.2.13
Vaguely Royal 1974.3.7
ラビットフット
栗毛 1993.3.28
仔受胎時活性値:2.00(0.00)
Seeking the Gold
鹿毛 1985.4.7
種付け時活性値:1.75
Mr. Prospector
鹿毛 1970.1.28
★Raise a Native 1961.4.18
Gold Digger 1962.5.28
Con Game
黒鹿毛 1974.3.20
Buckpasser 1963.4.28
Broadway 1959.2.21
Argentario
栗毛 1983.4.7
仔受胎時活性値:0.25
Believe It
栗毛 1975.2.9
種付け時活性値:1.75
In Reality 1964.3.1
Breakfast Bell 1970.3.25
Away
鹿毛 1966.5.19
仔受胎時活性値:2.00
Blue Prince
鹿毛 1951
種付け時活性値:1.50
Golly
黒鹿毛 1951
仔受胎時活性値:1.50

<5代血統表内のクロス:Buckpasser4×5(母方)>

グレイスフルリープ(2010.5.12)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ゴールドアリュール
(Halo系)
Seeking the Gold
(Mr. Prospector系)
Believe It
(Intent系)
Blue Prince
(Princequillo系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Seeking the Gold
(Hasty Road)
5.75 or 3.75
(No. 1-n)
7番仔
(不受胎後)

*

第2回コリアスプリント(韓国GI。ソウル・ダート1200m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
馬体重 調教師
1 7 グレイスフルリープ 牡7 56 武豊 1:10.7 544 橋口慎介 6
2 14 POWER BLADE 牡4 56 FRANCISCO DA SILVA 1 3/4 521 KIM YOUNG KWAN 3
3 2 DORAONPOGYEONGSEON 牡4 56 HAM WAN SIK 2 480 MIN JANG GI 9
4 1 THE TRUTH OR ELSE 牡5 56 DYLAN DAVIS 1/2 531 KENNETH MCPEEK 4
5 13 SILVER WOLF 牝5 54 YOO SEUNG-WAN 1/2 474 SONG MOON GIL 7

2017年のコリアスプリント。魅せてくれたのは、ソウル競馬場初騎乗となった武豊騎手。およそ1年9ヶ月ぶりの騎乗となったグレイスフルリープを巧みに導き、番手先行策から押し切りました。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。