2017年のドバイWCナイトの主役たち(其の肆)

Jack Hobbs 牡 黒鹿毛 2012.3.2生 英国・Minster Stud生産 馬主・Godolphin & Partners 英国・John Gosden厩舎

Jack Hobbs(2012.3.2)の4代血統表
Halling
栗毛 1991.3.14
種付け時活性値:1.00
Diesis
栗毛 1980.4.23
Sharpen Up
栗毛 1969.3.17
エタン 1961.3.14
Rocchetta 1961
Doubly Sure
鹿毛 1971.5.3
★Reliance 1962.4.11
Soft Angels 1963
Dance Machine
鹿毛 1982.1.27
Green Dancer
鹿毛 1972.4.14
Nijinsky 1967.2.21
Green Valley 1967
Never a Lady
栗毛 1974
Pontifex 1967.3.26
Camogie 1969
Swain’s Gold
黒鹿毛 2001.1.24
仔受胎時活性値:0.50

Swain
鹿毛 1992.2.12
種付け時活性値:0.00
Nashwan
栗毛 1986.3.1
Blushing Groom 1974.4.8
Height of Fashion 1979.4.14
Love Smitten
鹿毛 1981.5.2
Key to the Mint 1969.3.9
Square Angel 1970.4.4
Golden Pond
黒鹿毛 1993.3.12
仔受胎時活性値:1.75
★Don’t Forget Me
鹿毛 1984.4.10
種付け時活性値:0.00
★Ahonoora 1975.4.12
African Doll 1978.3.16
Golden Bloom
栗毛 1985.2.14
仔受胎時活性値:1.75
★Main Reef
栗毛 1976.4.9
種付け時活性値:0.00
Daffodil Day
鹿毛 1978.3.2
仔受胎時活性値:1.50

<5代血統表内のクロス:なし>

Jack Hobbs(2012.3.2)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Halling
(エタン系)
Swain
(Blushing Groom系)
Don’t Forget Me
(Lutier系)
★Main Reef
(Mill Reef系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Halling
(Pontifex)
5.50 祖母が米重賞2勝
(No. 4-h)
5番仔?

*

第20回ドバイシーマクラシック(UAE・GI。メイダン芝2410m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 2 Jack Hobbs 牡5 57.0 William Buick 2:32.39 J Gosden
2 6 Seventh Heaven 牝4 54.5 Seamie Heffernan 2 1/4 A O’Brien
3 7 Postponed 牡6 57.0 Andrea Atzeni 1 3/4 R Varian
4 5 Prize Money せん4 56.5 Adrie De Vries 1/2 S bin Suroor
5 1 Earnshaw 牡6 57.0 Mickael Barzalona 2 1/4 S bin Ghadayer

2017年の第20回ドバイシーマクラシック。「大きな赤ん坊」が齢重ねてついに本物になったというところでしょうか、Jack Hobbs。終始先行3番手から、余裕しゃくしゃくの手応えで抜け出すと、ラスト1ハロンでようやくムチを振るったウィリアム・ビュイック騎手の鼓舞に応えて、脚を伸ばしました。差して来たSeventh Heaven(2013.3.29)、防衛王者Postponed(2011.4.4)を相手にせず、Jack Hobbs。決勝点では2と4分の1馬身差を着けての完勝でした。

Jack Hobbsは、一昨年の2015年に第150回愛ダービー(GI)を制した折に血統を調べた際、その4代血統構成や母Swain’s Goldが中村畜産の生産名義ということもあり、気になった馬だったのです。昨年2016年は復帰戦のジョッキークラブS(英GII)で競走中止と頓挫し、能力を発揮しきれないシーズンでした。今年2017年は初戦のドバイシーマクラシック完勝により、欧州の中長距離路線の新王者として、歩みを進めて欲しいものです。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。