2017年のドバイWCナイトの主役たち(其の壱)

The Right Man せん 黒鹿毛 2012.3.16生 英国・Mrs James Wigan生産 馬主・Pegase Bloodstock 仏国・D Guillemin厩舎

The Right Man(2012.3.16)の4代血統表
Lope de Vega
栗毛 2007.2.19
種付け時活性値:1.00
Shamardal
鹿毛 2002.3.27
Giant’s Causeway
栗毛 1997.2.14
Storm Cat 1983.2.27
Mariah’s Storm 1991.4.1
Helsinki
鹿毛 1993.5.25
Machiavellian 1987.1.31
Helen Street 1982.4.4
Lady Vettori
鹿毛 1997.4.5
Vettori
鹿毛 1992.2.18
Machiavellian 1987.1.31
Air Distingue 1980.4.30
Lady Golconda
栗毛 1992.3.5
Kendor 1986.3.30
Lady Sharp 1981.5.19
Three Owls
鹿毛 1997.3.27
仔受胎時活性値:1.50
ウォーニング
青鹿毛 1985.4.13
種付け時活性値:0.75
Known Fact
黒鹿毛 1977.3.15
In Reality 1964.3.1
Tamerett 1962.2.17
Slightly Dangerous
鹿毛 1979.4.8
Roberto 1969.3.16
Where You Lead 1970.4.23
Three Terns
鹿毛 1986.3.18
仔受胎時活性値:0.50
Arctic Tern
栗毛 1973
種付け時活性値:1.00
Sea-Bird 1962.3.8
Bubbling Beauty 1961.6.1
Three Troikas
鹿毛 1976.1.25
仔受胎時活性値:0.25
Lyphard
鹿毛 1969.5.10
種付け時活性値:1.50
Three Roses
鹿毛 1968
仔受胎時活性値:1.75

<5代血統表内のクロス:Machiavellian4×4(父方)>

The Right Man(2012.3.16)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Lope de Vega
(Storm Cat系)
ウォーニング
(In Reality系)
Arctic Tern
(Native Dancer系)
Lyphard
(Northern Dancer系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Lyphard
(Three Terns)
4.00 曾祖母が凱旋門賞馬
(No. 1-k)
10番仔?
(7連産目?)

*

第11回アルクォズスプリント(UAE・GI。メイダン芝1200m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 3 The Right Man せん5 57.0 Francois-Xavier Bertras 1:09.59 D Guillemin
2 7 Long On Value 牡6 57.0 Joel Rosario ハナ W Mott
3 6 Ertijaal せん6 57.0 Jim Crowley 1 1/4 A Al Rayhi
4 5 Jungle Cat 牡5 57.0 William Buick ハナ C Appleby
5 9 Richard’s Boy せん5 57.0 Norberto Arroyo 1 1/4 P Miller

2017年の第11回アルクォズスプリント。今年2017年から芝1200mと、従来の芝1000mから200m延長された、メイダン直線コースの電撃戦。『極東の電撃戦との棲み分けが難しいな』なんて思いましたが、そこは、ね。

ともあれ、今年2017年の勝ち馬は英国産で仏国調教の5歳せん馬The Right Man。先行4~5番手の内ラチ側から我慢強く脚を伸ばして、決勝点では外から強襲したLong On Value(2011.3.12)の差し脚を「ハナ」だけ抑えて、GI初制覇を遂げました。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。