2017年のクラシック候補生を確認する(番外編・其の肆)

マイネルバールマン 牡 芦毛 2014.4.25生 新ひだか・藤沢牧場生産 馬主・(株)サラブレッドクラブ・ラフィアン 美浦・栗田博憲厩舎

マイネルバールマン(2014.4.25)の4代血統表
ジョーカプチーノ
芦毛 2006.4.11
種付け時活性値:1.75
マンハッタンカフェ
青鹿毛 1998.3.5
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo 1969.2.7
Wishing Well 1975.4.12
サトルチェンジ
黒鹿毛 1988.4.2
Law Society 1982.2.16
Santa Luciana 1973
ジョープシケ
芦毛 2000.2.11
フサイチコンコルド
鹿毛 1993.2.11
Caerleon 1980.3.27
バレークイーン 1988.4.16
ジョーユーチャリス
芦毛 1988.5.15
トウシヨウボーイ 1973.4.15
ジヨーバブーン 1977.4.17
クリスビーナス
鹿毛 2005.3.16
仔受胎時活性値:2.00(0.00)
シンボリクリスエス
黒鹿毛 1999.1.21
種付け時活性値:1.25
Kris S.
黒鹿毛 1977.4.25
Roberto 1969.3.16
Sharp Queen 1965.4.19
Tee Kay
黒鹿毛 1991.2.9
★Gold Meridian 1982.4.14
Tri Argo 1982.5.18
プレイリースカイ
栗毛 1989.2.2
仔受胎時活性値:1.75
Gone West
鹿毛 1984.3.10
種付け時活性値:1.00
Mr. Prospector 1970.1.28
Secrettame 1978.3.15
Midsummer Magic
栗毛 1980.4.18
仔受胎時活性値:2.00
Northern Dancer
鹿毛 1961.5.27
種付け時活性値:0.50
Fleur
鹿毛 1964.4.1
仔受胎時活性値:1.75

<5代血統表内のクロス:Hail to Reason5×5>

マイネルバールマン(2014.4.25)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ジョーカプチーノ
(Halo系)
シンボリクリスエス
(Roberto系)
Gone West
(Mr. Prospector系)
◆Northern Dancer
(Nearctic系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
ジョーカプチーノ
(マンハッタンカフェ)
7.50 or 5.50 曾祖母がThe Minstrelの全妹
(No. 8-f)
5番仔
(5連産目)

2016年末に中山芝1200mのクリスマスローズS(OP)を勝った後、2017年は東京芝1400mのクロッカスS(OP)4着、中京芝1400mのファルコンS(GIII)10着と来て、ダート替わりの京都ダート1400mの端午S(OP)を9番人気で巻き返しました、マイネルバールマン。3歳春の時点でオープン特別2勝は立派。

マイネルバールマンの最優性先祖である父ジョーカプチーノは現役時代に6勝を挙げ、その主な勝ち鞍に第14回NHKマイルカップ(GI)、シルクロードS(GIII)、ファルコンS(GIII)と重賞3勝。その父マンハッタンカフェの産駒として初めてのGI勝ち馬となったジョーカプチーノ、長距離馬として花開いた父とは反対に、NHKマイルカップを1分32秒4のレースレコード勝ちなどスピード豊かな短距離馬として活躍しました。

そんなジョーカプチーノ、初年度産駒16頭の中からGII勝ち馬ジョーストリクトリ(2014.4.17)、オープン特別2勝のマイネルバールマンを送り込んだのですから、種牡馬としてのポテンシャルは高いものを秘めているのでしょう。その豊かなスピードを次世代に伝えています。

*

ブラックスビーチ 牝 鹿毛 2014.3.3生 千歳・社台ファーム生産 馬主・山本英俊氏 栗東・角居勝彦厩舎

ブラックスビーチ(2014.3.3)の4代血統表
ディープインパクト
鹿毛 2002.3.25
種付け時活性値:0.75
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
ウインドインハーヘア
鹿毛 1991.2.20
Alzao
鹿毛 1980.2.28
Lyphard 1969.5.10
Lady Rebecca 1971.2.28
Burghclere
鹿毛 1977.4.26
Busted 1963
Highclere 1971.4.9
ビジュアルショック
鹿毛 2007.2.19
仔受胎時活性値:1.50

Kingmambo
鹿毛 1990.2.19
種付け時活性値:0.00
Mr. Prospector
鹿毛 1970.1.28
★Raise a Native 1961.4.18
Gold Digger 1962.5.28
Miesque
鹿毛 1984.3.14
Nureyev 1977.5.2
Pasadoble 1979.4.1
リーチフォーザムーン
鹿毛 2000.1.22
仔受胎時活性値:1.50
Pulpit
鹿毛 1994.2.15
種付け時活性値:1.25
A.P. Indy 1989.3.31
Preach 1989.3.26
Chancey Squaw
鹿毛 1991.4.9
仔受胎時活性値:2.00
★Chief’s Crown
鹿毛 1982.4.7
種付け時活性値:0.00
Allicance
鹿毛 1980.4.1
仔受胎時活性値:0.50

<5代血統表内のクロス:Mr. Prospector3×5(母方)、Northern Dancer5×5>

ブラックスビーチ(2014.3.3)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ディープインパクト
(Halo系)
★Kingmambo
(Mr. Prospector系)
Pulpit
(Seattle Slew系)
★Chief’s Crown
(Danzig系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Pulpit
(リーチフォーザムーン)
5.50 大伯父アグネスデジタル
(No. 22-d)
2番仔
(2連産目)

第78回優駿牝馬(GI)への最終切符を賭けて争われた、東京芝1800mのスイートピーS(OP)。6着までがコンマ1秒差に収まる大混戦を僅かに抜け出したのは、ブラックスビーチと北村宏司騎手。「ブラック」が付く馬名、そして「北村騎手」と来て思い浮かんだのは、やはりキタサンブラック(2012.3.10)による第76回菊花賞(GI)制覇。スイートピーS直後の第155回天皇賞・春(GI)では、北村騎手のかつての相棒が、京都芝3200mを3分12秒5の快レコードで駆けました。

さて、ブラックスビーチの最優性先祖である祖母父Pulpitは現役時代に4勝を挙げ、主な勝ち鞍にブルーグラスS(米GII)、ファウンテンオブユースS(米GII)と、米国の3歳早期のGIIレース2勝があります。その他フロリダダービー(米GI)2着、第123回ケンタッキーダービー(GI)ではシルバーチャーム(1994.2.22)の4着でした。

そんなPulpitは、父A.P. Indyの初年度産駒、母Preachが2歳GIであるフリゼットS(米GI)の勝ち馬という血統背景も加味されたのか種牡馬として供用され、

  1. Sky Mesa(2000.1.21)
    →ホープフルS(米GI)、ブリーダーズフューチュリティ(米GII)ほか
  2. Stroll(2000.4.22)
    →ターフクラシックS(米GI)、ジャマイカH(米GII)、ホールオブフェイムH(米GII)、コールダーダービー(米GIII)ほか
  3. Tapit(2001.2.27)
    →ウッドメモリアルS(米GI)、ローレルフューチュリティ(米GIII)
  4. Purge(2001.4.11)
    →シガーマイル(米GI)、ピーターパンS(米GII)、ジムダンディS(米GII)ほか
  5. Corinthian(2003.3.7)
    →メトロポリタンH(米GI)、ガルフストリームパークH(米GII)ほか
  6. Rutherienne(2004.2.7)
    →デルマーオークス(米GI)、ジェニーワイリーS(米GII)、ナッソーS(加GII)ほか米GIII5勝
  7. パイロ(2005.2.19)
    →フォアゴーS(米GI)、ルイジアナダービー(米GII)、リズンスターS(米GIII)、ノーザンダンサーS(米GIII)ほか
  8. Ice Box(2007.3.29)
    →フロリダダービー、ケンタッキーダービー2着
  9. ミスエーニョ(2007.3.14)
    →デルマーデビュータントS(米GI)、ソレントS(米GIII)。ミスエルテ(2014.4.7)の母
  10. Mr Speaker(2011.5.14)
    →ベルモントダービー招待S(米GI)、コモンウェルスCS(米GII)、レキシントンS(米GIII)、ダニアビーチS(米GIII)ほか
  11. Lord Nelson(2012.3.1)
    →サンタアニタスプリントチャンピオンシップS(米GI)、ビングクロスビーS(米GI)、トリプルベンドS(米GI)、サンヴィセンテS(米GII)ほか
  12. ピットファイター(1999.2.26)
    →アンタレスS(GIII)、武蔵野S(GIII)、マーキュリーC(統一GIII)

等を始めとして、多くの活躍馬を送り込みました。また、サンタカタリーナS(米GII)2着、ジェネラスS(米GIII)3着というマイナー成績に終わった産駒Lucky Pulpit(2001.2.10)から、GI7勝の名馬California Chrome(2011.2.18)が輩出されました。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。