2017年のクラシック候補生を確認する(海外編・其の陸)

Douglas Macarthur 牡 鹿毛 2014.1.27生 愛国・Lodge Park Stud生産 馬主・M J Jooste & Mrs Magnier & M Tabor & D Smith 愛国・A P O’Brien厩舎

Douglas Macarthur(2014.1.27)の4代血統表
Galileo
鹿毛 1998.3.30
種付け時活性値:1.75

Sadler’s Wells
鹿毛 1981.4.11
Northern Dancer
鹿毛 1961.5.27
Nearctic 1954.2.11
Natalma 1957.3.26
Fairy Bridge
鹿毛 1975.5.4
Bold Reason 1968.4.8
Special 1969.3.28
Urban Sea
栗毛 1989.2.18
Miswaki
栗毛 1978.2.22
Mr. Prospector 1970.1.28
Hopespringseternal 1971.5.27
Allegretta
栗毛 1978.3.10
Lombard 1967
Anatevka 1969
Alluring Park
黒鹿毛 1999.4.30
仔受胎時活性値:1.50
Green Desert
鹿毛 1983.4.16
種付け時活性値:1.75
Danzig
鹿毛 1977.2.12
Northern Dancer 1961.5.27
Pas de Nom 1968.1.27
Foreign Courier
鹿毛 1979.4.11
Sir Ivor 1965.5.5
Courtly Dee 1968.3.8
Park Express
黒鹿毛 1983.3.23
仔受胎時活性値:1.75
Ahonoora
栗毛 1975.4.12
種付け時活性値:1.75
Lorenzaccio 1965
Helen Nichols 1966
Matcher
黒鹿毛 1966
仔受胎時活性値:2.00(0.00)
Match
鹿毛 1958
種付け時活性値:1.75
Lachine
鹿毛 1960
仔受胎時活性値:1.25

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer3×4>

Douglas Macarthur(2014.1.27)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Galileo
(Sadler’s Wells系)
Green Desert
(Danzig系)
Ahonoora
(Luthier系)
Match
(Teddy系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Galileo 6.50 or 4.50 全姉が英オークス馬
(No. 19-b)
8番仔?

オブライエン厩舎、愛ダービートライアルで上位3着を独占」というタイトルから、「エイダン・パトリック・オブライエンは本当にスゴイなぁ」と思い記事を確認したら、勝ち馬の馬名が「Douglas Macarthur」で、血統を開くと「伯父シンコウフォレスト」という、色々と日本に縁のある馬でしたので、ご紹介いたします。

2017年の愛ダービートライアルS(GIII)。レパーズタウン競馬場の1マイル2ハロンの一戦、3頭の激しい鍔迫り合いを制したのは、最内で際どく粘ったDouglas Macarthur。アタマ差2着がYucatan(2014.5.17)-母がGI3勝の名牝Six Perfections(2000.2.24)-、さらに短アタマ差3着がCapri(2014.2.7)。いずれにしてもエイダン・パトリック・オブライエン厩舎、いずれにしてもGalileo産駒。ちなみに、この3頭は同コース同距離の前走バリーサックスS(愛GIII)でも、Douglas Macarthur、Yucatan、Capriの順に2着、3着、4着でした。

なお、愛ダービートライアルSの主な勝ち馬には、Golden Fleece(1979.4.1)、Sadler’s Wells、Theatrical(1982.3.13)、シアトルダンサー(1984.4.22)、St Jovite(1989.3.11)、Sinndar(1997.2.27)、Galileo、High Chaparral(1999.3.1)、アラムシャー(2000.4.18)、Yeats(2001.4.23)、Dylan Thomas(2003.4.23)、Fame and Glory(2006.3.20)、Fascinating Rock(2011.3.28)等がいます。Douglas Macarthurにとっては、祖父Sadler’s Wells、父Galileoに続く、父仔3代制覇となりました。

それでは、Douglas Macarthurのごくごく簡単な近親牝系図を示しておきます。

Park Express 1983.3.23 5勝 フェニックスチャンピオンS(現愛チャンピオンS、GI) ナッソーS(当時英GII、現英GI) ランカシャーオークス(当時英GIII、現英GII)
|シンコウフォレスト 9勝 1993.4.29 高松宮記念(GI) 阪急杯(GIII) 函館スプリントS(GIII)
|Alluring Park 1勝 1999.4.30
||Was 2009.5.11 2勝 英オークス(GI)
||Douglas Macarthur 2014.1.27 (本馬) 愛ダービートライアルS(GIII)
|New Approach 2005.2.18 8勝 英ダービー(GI) 英チャンピオンS(GI) 愛チャンピオンS デューハーストS(英GI) 愛ナショナルS(GI) 愛フューチュリティS(GII) タイロスS(愛GIII)

全姉が英オークス馬、伯父がシンコウフォレスト、叔父が英ダービーを含むGI5勝馬、そして祖母が愛GI馬。Douglas Macarthur、これは紛れもなくピッカピカの良血馬です。また、母Alluring Parkはその父Green Desertですので、シンコウフォレストの全妹ですね。

ローテーションから察するに、第238回英ダービー、第152回愛ダービー(GI)路線に進むのではないかと思われる、Douglas Macarthur。シンコウフォレストの甥っ仔、頑張って欲しいものです。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。