2017年のクラシック候補生を確認する(海外編・其の肆)

Always Dreaming 牡 黒鹿毛 2014.2.25生 米国・Santa Rosa Partners生産 馬主・Brooklyn Boyz Stables, Teresa Viola Racing Stables et al. 米国・Todd A. Pletcher厩舎

Always Dreaming(2014.2.25)の4代血統表
Bodemeister
鹿毛 2009.4.28
種付け時活性値:1.00

エンパイアメーカー
黒鹿毛 2000.4.27
Unbridled
鹿毛 1987.3.5
Fappiano 1977.5.19
Gana Facil 1981.2.9
Toussaud
黒鹿毛 1989.5.6
El Gran Senor 1981.4.21
Image of Reality 1976.5.18
Untouched Talent
鹿毛 2004.5.2
Storm Cat
黒鹿毛 1983.2.27
Storm Bird 1978.4.19
Terlingua 1976.2.7
Parade Queen
鹿毛 1994.2.2
A.P. Indy 1989.3.31
Spanish Parade 1988.3.15
Above Perfection
黒鹿毛 1998.3.8
仔受胎時活性値:1.75
In Excess
黒鹿毛 1987.4.8
種付け時活性値:0.50
Siberian Express
芦毛 1981.1.25
Caro 1967.4.11
Indian Call 1966.1.24
Kantado
鹿毛 1976.3.23
Saulingo 1970.2.14
Vi 1960
Something Perfect
鹿毛 1980.3.22
仔受胎時活性値:0.25
Somethingfabulous
鹿毛 1972.4.20
種付け時活性値:1.75
Northern Dancer 1961.5.27
Somethingroyal 1952.3.12
Happening
栗毛 1967.4.17
仔受胎時活性値:1.00
Terrang
青鹿毛 1953.4.1
種付け時活性値:1.25
Lazy Mary
鹿毛 1962.2.27
仔受胎時活性値:1.00

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer5×5×4>

Always Dreaming(2014.2.25)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Bodemeister
(Mr. Prospector系)
In Excess
(フオルテイノ系)
Somethingfabulous
(Northern Dancer系)
Terrang
(Khaled系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Somethingfabulous 4.00 半姉が米GI勝ち馬
(No. 4-o)
9番仔?
(前年産駒なし後?)

*

2017年のフロリダダービー(米GI。ガルフストリームパーク・ダート9F)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 4 Always Dreaming 牡3 55.3 John R Velazquez 1:47.47 Todd Pletcher 2
2 1 State Of Honor 牡3 55.3 Julien R Leparoux 5 Mark Casse 3
3 10 Gunnevera 牡3 55.3 Javier Castellano 1 1/2 Antonio Sano 1
4 8 Impressive Edge 牡3 55.3 Corey J Lanerie 1/2 Dale Romans 5
5 9 Three Rules 牡3 55.3 Luis Saez ハナ Jose Pinchin 4

2017年のフロリダダービーで5馬身差の圧勝を収めたAlways Dreaming。終始先行2、3番手から抜け出しての横綱競馬、その勝ち時計1分47秒47は、近30年のフロリダダービーの勝ち時計としては最速でした。なお、ガルフストリームパーク・ダート9ハロンのトラックレコードは、Arrogate(2013.4.11)が第1回ペガサスワールドカップ(米GI)で計時した1分46秒83です。

さて、Always Dreamingの最優性先祖である祖母父Somethingfabulousは米4勝を挙げ、ダート9ハロンのフラミンゴS(当時米GI)3着。競走成績はマイナーなSomethingfabulousでしたが、「父Northern Dancer×母Somethingroyal」という組み合わせ、Sir Gaylord(1959.2.12)、フアーストフアミリー(1962.2.24)、Syrian Sea(1965.3.26)、ロイヤルタタン(1966.3.3)、そして極め付きのSecretariat(1970.3.30)の半弟という血統馬でした。

そんなSomethingfabulousの代表産駒には

  1. Fabulous Notion(1980.4.23)
    →サンタスザーナS(現サンタアニタオークス、米GI)、リンダビスタH(当時米GIII)ほか
  2. Something Lucky(1984.2.27)
    →シネマH(当時米GII、現米GIII)、ウィルロジャースH(米GIII)ほか
  3. Somethingmerry(1987.5.23)
    →パロマーH(現イエローリボンH、米GII)、ゴールデンポピーH(当時米GIII)ほか
  4. I’m a Jewel(1994.2.17)
    →カリフォルニアダービー(当時米GIII)

がいます。Somethingfabulous、1頭でもGI勝ち馬を出したのですから、立派。

*

混迷の第143回ケンタッキーダービー(米GI)戦線に現れた彗星、Always Dreaming。その血統を見れば、直祖父は一昨年の牡馬3冠を制したAmerican Pharoah(2012.2.2)と同じくエンパイアメーカー、母父In Excessは直曾孫に昨年のケンタッキーダービーを制したNyquist(2013.3.10)と、ここ2年のケンタッキーダービー馬に縁のある血が見えます。

Always Dreaming、本番でも変わらず、夢を見せてくれるでしょうか。駿馬たちのバラを賭けた一戦は、現地時間2017年5月6日土曜日、チャーチルダウンズ・ダート10ハロンにて。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。