2017年のクラシック候補生を確認する(海外編・其の参)

Classic Empire 牡 鹿毛 2014.3.21生 米国・Steven Nicholson & Brandi Nicholson生産 馬主・John C. Oxley 米国・Mark E. Casse厩舎

Classic Empire(2014.3.21)の4代血統表
Pioneerof the Nile
黒鹿毛 2006.5.5
種付け時活性値:1.75
エンパイアメーカー
黒鹿毛 2000.4.27
Unbridled
鹿毛 1987.3.5
Fappiano 1977.5.19
Gana Facil 1981.2.9
Toussaud
黒鹿毛 1989.5.6
El Gran Senor 1981.4.21
Image of Reality 1976.5.18
Star of Goshen
鹿毛 1994.4.21
Lord at War
栗毛 1980.10.1
General 1974
Luna de Miel 1974
Castle Eight
鹿毛 1984.4.2
Key to the Kingdom 1970.3.12
Her Native 1973.5.10
Sambuca Classica
栗毛 2004.2.21
仔受胎時活性値:0.25
Cat Thief
栗毛 1996.1.30
種付け時活性値:1.75
Storm Cat
黒鹿毛 1983.2.27
Storm Bird 1978.4.19
Terlingua 1976.2.7
Train Robbery
栗毛 1987.2.12
Alydar 1975.3.23
Track Robbery 1976.3.2
In Her Glory
黒鹿毛 1990.4.27
仔受胎時活性値:1.25
Miswaki
栗毛 1978.2.22
種付け時活性値:0.75
Mr. Prospector 1970.1.28
Hopespringseternal 1971.5.27
Forever Waving
鹿毛 1980.3.5
仔受胎時活性値:0.25
Hoist the Flag
鹿毛 1968.3.31
種付け時活性値:0.75
Quillesian
栗毛 1965
仔受胎時活性値:1.50

<5代血統表内のクロス:Mr. Prospector5×4、Northern Dancer5×5、Raise a Native5×5(母方)>

Classic Empire(2014.3.21)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Pioneerof the Nile
(Mr. Prospector系)
Cat Thief
(Storm Cat系)
Miswaki
(Mr. Prospector系)
Hoist the Flag
(Ribot系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Pioneerof the Nile 3.25 祖母がGI3着2回
(No. 4-m)
4番仔?
(2連産目?)

*

第33回ブリーダーズカップ・ジュヴェナイル(米GI。サンタアニタパーク・ダート8.5F)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 5 Classic Empire 牡2 55.3 Julien R Leparoux 1:42.60 Mark Casse 2
2 10 Not This Time 牡2 55.3 Robby Albarado クビ Dale Romans 1
3 9 Practical Joke 牡2 55.3 Joel Rosario 7 1/2 Chad C Brown 7
4 11 Lookin At Lee 牡2 55.3 Ricardo Santana Jr 4 1/4 Steven Asmussen 9
5 2 Syndergaard 牡2 55.3 John R Velazquez 1 1/2 Todd Pletcher 4

*

2017年のアーカンソーダービー(米GI。オークローンパーク・ダート9F)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 2 Classic Empire 牡3 55.3 Julien R Leparoux 1:48.93 Mark Casse 1
2 11 Conquest Mo Money 牡3 55.3 Jorge Carreno 1/2 Miguel L Hernandez 9
3 6 Lookin At Lee 牡3 55.3 Luis Contreras 1 Steven Asmussen 4
4 7 Sonneteer 牡3 53.5 Kent J Desormeaux 1/2 J Keith Desormeaux 5
5 12 Malagacy 牡3 55.3 Javier Castellano クビ Todd Pletcher 2

*

2016年のエクリプス賞最優秀2歳牡馬、Classic Empire。2歳3戦目のホープフルS(米GI)では落馬中止、3歳初戦のホーリーブルS(米GII)ではイレコミ過ぎて3着敗退と気難しさを見せる一面もありますが、3歳2戦目となった100万ドルレースのアーカンソーダービーではキッチリと巻き返しました。

さて、Classic Empireの最優性先祖である父Pioneerof the Nileは現役時代に5勝を挙げ、サンタアニタダービー(米GI)、キャッシュコールフューチュリティ(米GI)、サンフェリペS(米GII)、ロバートB.ルイスS(米GII)と重賞4勝。その重賞4勝は2歳末から3歳春からに掛けて4連勝でなされ、ケンタッキーダービー(米GI)はMine That Bird(2006.5.10)の2着でした。

そんなPioneerof the Nileの代表産駒には

  1. American Pharoah(2012.2.2)
    →ケンタッキーダービー(米GI)、プリークネスS(米GI)、ベルモントS(米GI)、ブリーダーズカップ・クラシック(米GI)、アーカンソーダービー、ハスケル招待H(米GI)、デルマーフューチュリティS(米GI)、フロントランナーS(米GI)、レベルS(米GII)ほか
  2. Classic Empire(2014.3.21)
    →本稿の紹介馬。ブリーダーズカップ・ジュヴェナイル、アーカンソーダービー、ブリーダーズフューチュリティS(米GI)、バシュフォードマナーS(米GIII)ほか
  3. Midnight Storm(2011.5.9)
    →シューメーカーマイルS(米GI)、デルマーダービー(米GII)、デルマーマイルH(米GII)、エディーリードH(米GII)、サンパスカルS(米GII)、シービスケットH(米GII)、ネイティヴダイヴァーH(米GIII)ほか
  4. Cairo Prince(2011.2.17)
    →ホーリーブルS、ナシュアS(米GII)ほか
  5. Jojo Warrior(2011.2.20)
    →サマータイムオークス(米GII)、トレーパインズS(米GIII)ほか
  6. Cash Control(2011.3.13)
    →カーディナルH(米GIII)、ミントジュレップH(米GIII)ほか
  7. Vinceremos(2011.3.20)
    →サムF.デービスS(米GIII)ほか
  8. Dark Nile(2013.4.6)
    →デラウェアオークス(米GIII)
  9. レヴァンテライオン(2014.3.23)
    →函館2歳S(GIII)

等がいます。やはり、何と言っても、筆頭のAmerican Pharoah。Affirmed(1975.2.21)以来、37年ぶりの米国牡馬3冠を達成したスーパーホース。

Classic Empire、同父のAmerican Pharoah同様にアーカンソーダービーを制して臨む米国牡馬クラシック戦線、その走りぶりに注目です。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。