2017年のクラシック候補生を確認する(其の拾陸)

アルアイン 牡 鹿毛 2014.5.1生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・(有)サンデーレーシング 栗東・池江泰寿厩舎

アルアイン(2014.5.1)の4代血統表
ディープインパクト
鹿毛 2002.3.25
種付け時活性値:0.75
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
ウインドインハーヘア
鹿毛 1991.2.20
Alzao
鹿毛 1980.2.28
Lyphard 1969.5.10
Lady Rebecca 1971.2.28
Burghclere
鹿毛 1977.4.26
Busted 1963
Highclere 1971.4.9
ドバイマジェスティ
黒鹿毛 2005.3.19
仔受胎時活性値:2.00(0.00)
Essence of Dubai
黒鹿毛 1999.3.7
種付け時活性値:1.25
Pulpit
鹿毛 1994.2.15
A.P. Indy 1989.3.31
Preach 1989.3.26
Epitome
鹿毛 1985.4.21
Summing 1978.4.16
Honest and True 1977.2.4
Great Majesty
黒鹿毛 1990.4.2
仔受胎時活性値:1.50
Great Above
黒鹿毛 1972.1.19
種付け時活性値:0.25
Minnesota Mac 1964.4.26
Ta Wee 1966.3.26
Mistic Majesty
鹿毛 1978.5.22
仔受胎時活性値:0.75
His Majesty
鹿毛 1968.4.15
種付け時活性値:0.25
Necaras Miss
栗毛 1968.4.26
仔受胎時活性値:0.25

<5代血統表内のクロス:なし>

アルアイン(2014.5.1)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ディープインパクト
(Halo系)
Essence of Dubai
(Seattle Slew系)
Great Above
(Rough’n Tumble系)
His Majesty
(Ribot系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Essence of Dubai 4.50 or 2.50 母が米GI馬
(No. 2-s)
3番仔
(3連産目)

2017年の第64回毎日杯(GIII)。8頭立ての少頭数、先行2番手からのスムーズな競馬を見せ、前走シンザン記念(GIII)におけるキョウヘイ(2014.4.22)の6着からの巻き返しを果たしたのは、アルアイン。池江泰寿厩舎の僚馬サトノアーサー(2014.3.1)の追い込みを半馬身抑えての重賞初制覇は、両馬の父ディープインパクト、祖父サンデーサイレンスの誕生日である3月25日を祝う、ディープインパクト産駒のワンツーフィニッシュでした。

アルアインの馬名意味は「UAE東部にある遺跡群で、ユネスコ世界遺産。アラビア語で泉の意」とのこと。UAEというキーワードも出て来ましたが、ドバイワールドカップデーでもある今日から明日、遠くUAEの空の下で戦いに挑む日本馬たちに思い馳せる馬名でもあります、アルアイン。ましてや、母ドバイマジェスティ、母父Essence of Dubaiですからね^^;

アルアインは仁川芝1800mの毎日杯を、レース史上3位となる1分46秒5で制しました。仁川芝1800mで施行されるようになってから、このレースを1分46秒台で制した馬はアルアインを含めて4頭。先達の名前を挙げると、、、

  1. ディープスカイ(2005.4.24)
    →レースレコードの1分46秒0で勝利。後にNHKマイルカップ(GI)、東京優駿(GI)、神戸新聞杯(GII)に勝利
  2. キズナ(2010.3.5)
    →レース史上2位の1分46秒2で勝利。後に京都新聞杯(GII)、東京優駿、ニエル賞(仏GII)、大阪杯(当時GII、現GI)に勝利
  3. マイネルフロスト(2011.3.8)
    →1分46秒7で勝利。後に東京優駿3着

大回りの芝1800mを速い時計で勝ち切った馬は、府中芝2400mでもしっかり注目しておかないといけないようですね。

さて、アルアインの最優性先祖である母父Essence of Dubaiは、現役時代に5勝を挙げ、その主な勝ち鞍にノーフォークS(当時米GII。現フロントランナーS、米GI)、スーパーダービー(当時米GII、現米GIII)、UAEダービー(GII)、UAE2000ギニー(GIII)と、1600mから9ハロンまでのGレースを4勝。Essence of Dubai自身はGIには届かなかったものの、母Epitomeがブリーダーズカップ・ジュヴェナイルフィリーズ(米GI)の勝ち馬という血統背景もあり、種牡馬供用されたのでしょう。「自身がGII勝ち馬で母がGI勝ち馬」ということでは、Essence of Dubaiの父Pulpitとも共通していますね。同様の例で、近時の日本ならばブラックタイド(2001.3.26)を思い起こしますが、ブラックタイドは全弟が、ね^^;

閑話休題。Essence of Dubaiの代表産駒には、

  1. ドバイマジェスティ(2005.3.19)
    →ブリーダーズカップ・フィリー&メアスプリント(米GI)、サラブレッドクラブオブアメリカS(米GII)、ウイニングカラーズ(米GIII)2回ほか。上述の通り、アルアインの母
  2. Unbridled Essence(2006.4.15)
    →マッチメイカーS(米GIII)ほか

がいます。アルアインの母ドバイマジェスティは現役時代に12勝を挙げ、米牝馬短距離王者に選出された活躍馬でした。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。