2017年のクラシック候補生を確認する(其の弐拾漆)

ミッキースワロー 牡 鹿毛 2014.2.26生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・野田みづき氏 美浦・菊沢隆徳厩舎

ミッキースワロー(2014.2.26)の4代血統表
トーセンホマレボシ
鹿毛 2009.3.23
種付け時活性値:1.00
ディープインパクト
鹿毛 2002.3.25
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo 1969.2.7
Wishing Well 1975.4.12
ウインドインハーヘア
鹿毛 1991.2.20
Alzao 1980.2.28
Burghclere 1977.4.26
エヴリウィスパー
栗毛 1997.3.13
ノーザンテースト
栗毛 1971.3.15
Northern Dancer 1961.5.27
Lady Victoria 1962.2.20
クラフテイワイフ
栗毛 1985.1.17
Crafty Prospector 1979.4.7
Wife Mistress 1979.4.20
マドレボニータ
鹿毛 2005.3.21
仔受胎時活性値:2.00
ジャングルポケット
鹿毛 1998.5.7
種付け時活性値:1.50
トニービン
鹿毛 1983.4.7
カンパラ 1976.2.19
Severn Bridge 1965
ダンスチャーマー
黒鹿毛 1990.4.18
Nureyev 1977.5.2
Skillful Joy 1979.4.8
ツィンクルブライド
芦毛 1991.1.24
仔受胎時活性値:1.25
Lyphard
鹿毛 1969.5.10
種付け時活性値:1.25
Northern Dancer 1961.5.27
Goofed 1960.3.29
デビルズブライド
芦毛 1984.2.8
仔受胎時活性値:1.50
★Caro
芦毛 1967.4.11
種付け時活性値:0.00
Satan’s Pride
黒鹿毛 1976.3.6
仔受胎時活性値:1.75

<5代血統表内のクロス:Lyphard5×3、Northern Dancer4×4×5>

ミッキースワロー(2014.2.26)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
トーセンホマレボシ
(Halo系)
ジャングルポケット
(ゼダーン系)
◆Lyphard
(Northern Dancer系)
★Caro
(フォルティノ系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
ジャングルポケット 6.50 伯父ペールギュント
(No. 10-e)
4番仔
(不受胎後)

2017年の第71回セントライト記念(GII)。単勝1.7倍の圧倒的1番人気に推された第77回皐月賞(GI)の勝ち馬アルアイン(2014.5.1)が、先行5番手から悠然と抜け出したかと思ったところで外から強襲したのが、2番人気のミッキースワロー。最後は軽く流す余裕を見せての1と4分の3馬身差。これは完勝。横山典弘騎手と菊沢隆徳調教師の義兄弟コンビ、アエロリット(2014.5.17)の第22回NHKマイルカップ(GI)、クイーンS(GIII)に続いて3度目の重賞制覇と相成りました。

ミッキースワローの父トーセンホマレボシは、現3歳世代が初年度産駒。初年度から重賞勝ち馬を送り出せたのは何よりでした。トーセンホマレボシは現役時代に3勝を挙げ、その主な勝ち鞍に京都新聞杯(GII)があります。この京都新聞杯の勝ち時計が、京都芝2200m2分10秒0という当時の日本レコードで、現在もコースレコードとして残っています。往時は、芝2000mの日本レコードホルダーである半兄トーセンジョーダン(2006.2.4)と共に、中央競馬レコードタイム 芝コースのページにて、兄弟で上下仲良く名前が載っていました。

では、以下にミッキースワローのごくごく簡単な近親牝系図を示しておきます。

ツィンクルブライド 1991.1.24 2勝 桜花賞(GI)2着
|フェリシタル 1997.3.14 6勝 京成杯(GIII)3着
|ペールギュント 2002.4.13 5勝 デイリー杯2歳S(GII) シンザン記念(GIII) 高松宮記念(GI)2着ほか
|マドレボニータ 2005.3.21 不出走
||ミッキースワロー 2014.2.26 (本馬) セントライト記念(GII)

祖母ツィンクルブライドは1994年の第54回桜花賞(GI)でオグリローマン(1991.5.20)の2着でした。クビが高い走法、直線では内ラチ沿いを大崎昭一騎手(現・競馬評論家)と共に上手く抜け出しましたが、最後は外から武豊騎手に導かれたオグリローマンが強襲しました。3着に1番人気に推されたローブモンタント(1991.3.21)。ローブモンタントは、ライスシャワー(1989.3.5)と同じユートピア牧場生産のリアルシヤダイ(1979.5.27)産駒で、先日訃報が流れた飯田明弘・元調教師の管理馬でした。

ミッキースワローには、父と祖母と伯父が果たせなかったGI制覇の期待が掛かります。勢いに乗る義兄弟コンビと共に挑むのは、恐らく菊舞台。淀上手の鞍上、そして「菊」沢師。ミッキースワローの次走を楽しみにしたいと思います。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

#余談。オグリローマンの桜花賞は、ユタカさんが婚約を発表された直後。ツィンクルブライド、ローブモンタントと、ウェディングにもつながる馬名の馬を引き連れての勝利が話題になりました。