2017年のクラシック候補生を確認する(其の弐)。

レーヌミノル 牝 栗毛 2014.4.24生 静内・フジワラファーム生産 馬主・吉岡實氏 栗東・本田優厩舎

レーヌミノル(2014.4.24)の4代血統表
ダイワメジャー
栗毛 2001.4.8
種付け時活性値:1.00
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
スカーレットブーケ
栗毛 1988.4.11
★ノーザンテースト
栗毛 1971.3.15
Northern Dancer 1961.5.27
Lady Victoria 1962.2.20
スカーレットインク
栗毛 1971.5.5
Crimson Satan 1959
Consentida 1962
ダイワエンジェル
栗毛 2000.5.4
仔受胎時活性値:1.25
タイキシャトル
栗毛 1994.3.23
種付け時活性値:1.25
Devil’s Bag
鹿毛 1981.2.19
Halo 1969.2.7
Ballade 1972.3.10
ウェルシュマフィン
鹿毛 1987.3.15
Caerleon 1980.3.27
Muffitys 1982.3.7
プリンセススキー
鹿毛 1985.5.1
仔受胎時活性値:1.50
ロイヤルスキー
栗毛 1974.5.24
種付け時活性値:0.50
Raja Baba 1968.4.5
Coz o’Nijinsky 1969.4.27
ギフトプリンセス
鹿毛 1976.5.24
仔受胎時活性値:2.00
テスコボーイ
黒鹿毛 1963
種付け時活性値:1.00
ヤマトタチバナ
鹿毛 1959.4.2
仔受胎時活性値:2.00(0.00)

<5代血統表内のクロス:Halo3×4>

レーヌミノル(2014.4.24)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ダイワメジャー
(Halo系)
タイキシャトル
(Halo系)
ロイヤルスキー
(Bold Ruler系)
テスコボーイ
(Princely Gift系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
タイキシャトル
(ダイワエンジェル)
6.75 or 4.75 祖母がGIII勝ち馬
(No.2-c プリンセスリタ系)
9番仔
(9連産目)

デビュー戦から返す刀で挑んだ第36回小倉2歳S(GIII)で6馬身差の圧勝劇を見せました、レーヌミノル。その馬名の意味は「女王(仏)+冠名」ということです。

レーヌミノルの最優性先祖は母父タイキシャトル。タイキシャトルは現役時代に13戦11勝2着1回3着1回。その主な勝ち鞍にジャック・ル・マロワ賞(仏GI)、安田記念(GI)、マイルチャンピオンシップ(GI)2回、スプリンターズS(GI)、京王杯SC(GII)、スワンS(GII)、ユニコーンS(GIII)と重賞8勝。

マイル戦は7戦7勝の最強マイラー・タイキシャトル、種牡馬としても、

  1. ウインクリューガー(2000.2.13)
    →NHKマイルカップ(GI)、アーリントンC(GIII)
  2. メイショウボーラー(2001.4.16)
    →フェブラリーS(GI)、デイリー杯2歳S(GII)、根岸S(GIII)、ガーネットS(GIII)、小倉2歳S(GIII)
  3. サマーウインド(2005.5.25)
    →JBCスプリント(JpnI)、東京盃(JpnII)、クラスターC(JpnIII)
  4. サトノプログレス(2005.3.2)
    →ニュージーランドトロフィー(GII)
  5. レッドスパーダ(2006.5.21)
    →京王杯SC(GII)、関屋記念(GIII)、東京新聞杯(GIII)
  6. フレンチカクタス(2008.3.31)
    →フィリーズレビュー(GII)
  7. ゴールデンキャスト(2000.3.1)
    →セントウルS(GIII)2回
  8. ウイングレット(2001.2.25)
    →中山牝馬S(GIII)
  9. ディアチャンス(2001.2.2)
    →マーメイドS(GIII)
  10. テイエムチュラサン(2002.4.15)
    →アイビスサマーダッシュ(GIII)
  11. ディープサマー(2002.3.18)
    →クリスタルC(GIII)
  12. ランヘランバ(2003.4.8)
    →京都ジャンプS(J・GIII)、小倉サマージャンプ(J・GIII)

と、12頭の重賞勝ち馬を輩出しています。

また、タイキシャトル、母父としてもワンアンドオンリー(2011.2.23)ストレイトガール(2009.3.12)の2頭のGI勝ち馬を送り込んでいます。「ダービー馬のブルードメアサイアー」というのも、カッコいいものです。

*

ブレスジャーニー 牡 鹿毛 2014.4.2生 新冠・競優牧場生産 馬主・島川隆哉氏 美浦・本間忍厩舎

ブレスジャーニー(2014.4.2)の4代血統表

バトルプラン
鹿毛 2005.3.17
種付け時活性値:0.00
エンパイアメーカー
黒鹿毛 2000.4.27
Unbridled
鹿毛 1987.3.5
Fappiano 1977.5.19
Gana Facil 1981.2.9
Toussaud
黒鹿毛 1989.5.6
El Gran Senor 1981.4.21
Image of Reality 1976.5.18
Flanders
栗毛 1992.4.18
Seeking the Gold
鹿毛 1985.4.7
Mr.Prospector 1970.1.28
Con Game 1974.3.20
Starlet Storm
栗毛 1987.4.21
★Storm Bird 1978.4.19
Cinegita 1977.4.4
エルフィンパーク
黒鹿毛 2005.3.13
仔受胎時活性値:2.00(0.00)
タニノギムレット
鹿毛 1999.5.4
種付け時活性値:1.25
ブライアンズタイム
黒鹿毛 1985.5.28
Roberto 1969.3.16
Kelley’s Day 1977.5.11
タニノクリスタル
栗毛 1988.4.4
クリスタルパレス 1974.3.25
タニノシーバード 1972.4.27
エルフィンフェザー
鹿毛 1995.6.1
仔受胎時活性値:0.25
★サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
種付け時活性値:
★Halo 1969.2.7
Wishing Well 1975.4.12
ダイナカール
鹿毛 1980.5.10
仔受胎時活性値:1.50
★ノーザンテースト
栗毛 1971.3.15
種付け時活性値:0.00
シャダイフェザー
鹿毛 1973.2.20
仔受胎時活性値:1.50

<5代血統表内のクロス:Mr.Prospector5×4、Northern Dancer5×5×5、Hail to Reason5×5>

ブレスジャーニー(2014.4.2)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
★バトルプラン
(Mr.Prospector系)
タニノギムレット
(Roberto系)
サンデーサイレンス
(Halo系)
★ノーザンテースト
(Northern Dancer系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
タニノギムレット
(Bramalea)
5.25 or 3.25 曾祖母が優駿牝馬勝ち馬
(No.8-f パロクサイド系)
5番仔
(不受胎後)

GIIIに新規格付けされた最初の回となった、第2回サウジアラビアロイヤルカップ(GIII)を上がり3ハロン33秒8の鋭脚で制しました、ブレスジャーニー。その馬名の意味は「旅を祝福する」ということです。ブレスジャーニーは、2015年の北海道サマーセールで270万円で購入されました。島川隆哉オーナーの持ち馬としては、かなり安価な部類と思います。けれど、自身の競走馬生の旅を祝福すべく、ブレスジャーニー。これからも走り続けます。

ブレスジャーニーの最優性先祖は母父タニノギムレット。タニノギムレットは現役時代に8戦5勝2着1回3着2回。その主な勝ち鞍に東京優駿(GI)、スプリングS(GII)、アーリントンC、シンザン記念(GIII)と重賞4勝。

強力世代の中で東京優駿を勝ち、武豊騎手に東京優駿3勝目の最多勝記録をプレゼントしたタニノギムレット、種牡馬としても

  1. ウオッカ(2004.4.4)
    →東京優駿、ジャパンカップ(GI)、天皇賞・秋(GI)、安田記念2回、ヴィクトリアマイル(GI)、阪神JF(GI)ほか
  2. ヒラボクロイヤル(2004.3.15)
    →青葉賞(GII)、毎日杯(GIII)2着
  3. スマイルジャック(2005.3.8)
    →スプリングS、東京新聞杯、関屋記念、東京優駿2着、京成杯AH(GIII)2着、きさらぎ賞(GIII)2着、安田記念3着2回ほか
  4. クレスコグランド(2008.1.31)
    →京都新聞杯(GII)
  5. ミッドサマーフェア(2009.2.23)
    →フローラS(GII)、クイーンS(GIII)3着
  6. ハギノハイブリッド(2011.2.21)
    →京都新聞杯、函館記念(GIII)2着
  7. アブソリュート(2004.3.7)
    →富士S(GIII)、東京新聞杯
  8. ゴールドアグリ(2004.3.11)
    →新潟2歳S(GIII)
  9. ニシノブルームーン(2004.4.3)
    →中山牝馬S、マーメイドS2着、ヴィクトリアマイル3着
  10. セイクリッドバレー(2006.4.29)
    →新潟大賞典(GIII)、セントライト記念(GII)2着、ダイヤモンドS(GIII)2着、関屋記念2着、新潟大賞典2着ほか
  11. オールザットジャズ(2008.2.24)
    →福島牝馬S(GIII)2回、中山牝馬S2着、クイーンS3着、中山牝馬S3着、愛知杯(GIII)3着

と、11頭の重賞勝ち馬を送り込んでいます。

中でも、やはりウオッカ。初年度産駒であり、史上初の「東京優駿父娘制覇」を果たした愛娘は、谷水雄三オーナー曰く「天からの授かりもの」でした。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。