2016年3歳世代の活躍馬を確認する(其の参)。

ビッシュ 牝 鹿毛 2013.1.16生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・窪田康志氏 美浦・鹿戸雄一厩舎

ビッシュ(2013.1.16)の4代血統表
ディープインパクト
鹿毛 2002.3.25
種付け時活性値:0.50
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
ウインドインハーヘア
鹿毛 1991.2.20
Alzao
鹿毛 1980.2.28
Lyphard 1969.5.10
Lady Rebecca 1971.2.28
Burghclere
鹿毛 1977.4.26
Busted 1963
Highclere 1971
バランセラ
栗毛 2001.3.25
仔受胎時活性値:0.75
Acatenango
栗毛 1982.4.13
種付け時活性値:0.50
Surumu
栗毛 1974.2.26
★Literat 1965
Surama 1970.3.6
Aggravate
鹿毛 1966
Aggressor 1955
Raven Locks 1945
Baranciaga
鹿毛 1991.5.4
仔受胎時活性値:0.25
Bering
栗毛 1983.3.20
種付け時活性値:1.75
Arctic Tern 1973
Beaune 1974.4.10
Maxencia
鹿毛 1977.2.2
仔受胎時活性値:1.25
Tennyson
鹿毛 1970.3.22
種付け時活性値:1.50
Matuschka
鹿毛 1972.3.10
仔受胎時活性値:1.00

<5代血統表内のクロス:Lyphard4×5>

ビッシュ(2013.1.16)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ディープインパクト
(Halo系)
Acatenango
(Alchimist系)
Bering
(Sea-Bird系)
Tennyson
(Blandford系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Bering
(Barbra)
3.25 母がGI2着3回
(No.19)
4番仔
(2連産目)

重賞昇格の第1回となった紫苑S(GIII)を制したのは、1番人気に応えたビッシュ。優駿牝馬(GI)3着からひと夏超えてパワーアップした姿を見せました。

ビッシュの最優性先祖は祖母父Bering。Beringは現役時代7戦5勝2着1回3着1回で、その主な勝ち鞍にシャンティイ芝2400mを2分24秒1のレコードで制したジョッケクルブ賞(仏GI)、オカール賞(仏GII)、ノアイユ賞(仏GII)、ニエル賞(仏GIII)があり、現役最終戦となった満3歳秋の凱旋門賞(仏GI)ではダンシングブレーヴ(1983.5.11)の2着でした。

栗毛の四白流星Bering、これは相手が悪すぎた、というところですね。1983年生まれの欧州の活躍馬にはダンシングブレーヴ、Beringの他にもシャーラスタニ(1983.3.27)、Mtoto(1983.4.1)、トニービン(1983.4.7)など、クラシックディスタンスの強豪が揃った強力世代でした。

Beringの代表産駒には、英2000ギニー(GI)等GI3勝のPennekamp(1992.3.26)-輸入種牡馬ナスルエルアラブ(1985.3.27)の半弟-、仏2000ギニー(GI)等GI3勝のAmerican Post(2001.2.3)、仏1000ギニー(GI)とラモナH(米GI)を制したMatiara(1992.2.28)、レーシングポストトロフィー(英GI)の勝ち馬Peter Davies(1988.3.3)、フィリーズマイル(英GI)の勝ち馬Glorosia(1995.3.4)、伊グランクリテリウム(GI)の勝ち馬Steamer Duck(1988.2.28)を始めとして、多くの重賞勝ち馬がいます。最初に名前を挙げたPennekampはBeringが満8歳時の0交配であり、種牡馬として期待したのですが、思うような活躍は見せてくれませんでした。21世紀の現代では、American Postが父系継承の担い手として気を吐いています。

ビッシュの牝系に目を転じると、母バランセラは海外4勝で、E.P.テイラーS(加GI)2着、ガーデンシティBCH(米GI)2着、クイーンエリザベス2世チャレンジカップS(米GI)2着と、GI2着3回があります。バランセラの主な勝ち鞍はリステッドのフェアウェイフライアーSにとどまりますが、先のGI2着3回を含めて重賞2着6回、3着4回と上級レースで好戦を繰り返しました。

また、ビッシュ(Biche)は、母バランセラ(Barancella)、祖母Baranciagaと3代続けて頭文字Bで始まる馬名となっています。気の早い話ですが、ビッシュの仔には頭文字Bで始まる馬名を付けてほしいものです。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。