2016年のBCの主役たち(其の参)-Highland Reel(2012.2.21)-。

Highland Reel 牡 鹿毛 2012.2.21生 愛国・Hveger Syndicate生産 馬主・Derrick Smith & Mrs John Magnier & Michael Tabor 愛国・A P O’Brien厩舎

Highland Reel(2012.2.21)の4代血統表
Galileo(IRE)
鹿毛 1998.3.30
種付け時活性値:1.25

Sadler’s Wells
鹿毛 1981.4.11
Northern Dancer
鹿毛 1961.5.27
Nearctic 1954.2.11
Natalma 1957.3.26 ♀
Fairy Bridge
鹿毛 1975.5.4
Bold Reason 1968.4.8
Special 1969.3.28
アーバンシー
栗毛 1989.2.18
Miswaki
栗毛 1978.2.22
Mr.Prospector 1970.1.28
Hopespringseternal 1971.5.27
Allegretta
栗毛 1978.3.10
Lombard 1967
Anatevka 1969
Hveger(AUS)
鹿毛 2001.11.18
仔受胎時活性値:0.625
デインヒル(USA)
鹿毛 1986.3.26
種付け時活性値:1.625
★Danzig
鹿毛 1977.2.12
Northern Dancer 1961.5.27
Pas de Nom 1968.1.27
Razyana
鹿毛 1981.4.18
His Majesty 1968.4.15
Spring Adieu 1974.5.10
Circles of Gold(AUS)
栗毛 1991.11.21
仔受胎時活性値:0.25
Marscay(AUS)
栗毛 1979.10.20
種付け時活性値:0.75
Biscay 1965
Heart of Market 1967.3.12
Olympic Aim(NZ)
栗毛 1983.10.15
仔受胎時活性値:1.75
Zamazaan(FR)
栗毛 1965.4.7
種付け時活性値:0.375
Gold Vink(NZ)
栗毛 1966
仔受胎時活性値:2.00(0.00)

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer3×4、Natalma(♀)4×5×5、Buckpasser5×5>

Highland Reel(2012.2.21)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Galileo
(Sadler’s Wells系)
デインヒル
(Danzig系)
Marscay
(Star Kingdom系)
Zamazaan
(Blandford系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
デインヒル 4.625 or 2.625 伯父Elvstroem
(No.22-b)
4番仔?
(2連産目?)

*

http://www.breederscup.com/results/2016/longines-turf

第33回ブリーダーズカップ・ターフ(米GI)。「楽逃げしているのは、今年の”キング・ジョージ”の勝ち馬ですよ」。そう思ってしまった道中6ハロンから8ハロン、バックストレッチでジェイムズ・”シーミー”・ヘファーナン騎手に促された3番人気のHighland Reelが、2ハロン23秒46の脚を使うと、2番手を進んでいた4番人気のEctot(2011.2.8)に7馬身差ほど着けてリードを広げました。

後は欧州に比べれば小回り平坦な米国の芝コース、脚を緩めずに23秒18、23秒66というラップタイムを刻んで、Highland Reel。差して来た1番人気のFlintshire(2010.4.4)、追い込んで来た2番人気の防衛女王Found(2012.3.13)を尻目に、悠々と1着でゴール。とは言うものの、楽なレースをしているように見えても、そこはサスガに世界の一流馬。勝ち時計を見れば、サンタアニタ芝12ハロンを2分23秒00による逃げ切りで、コースレコード2分22秒72に0秒28差の快時計でした。

Highland Reelは、3歳時のセクレタリアトS(米GI)、香港ヴァーズ(GI)、4歳時の“キング・ジョージ”(英GI)、ブリーダーズカップ・ターフと芝GI4勝。米国、香港、英国と、それぞれに特徴が異なる芝馬場をこなして、強者ぶりを見せていますね。そんなHighland Reelに、今年2016年のクイーンエリザベス2世C(香GI)で先着したことがある、我が国のラブリーデイ(2010.1.30)ヌーヴォレコルト(2011.2.25)も、「やっぱり大したものだなぁ」と、改めて思います。

JRAの「ジャパンカップ(GI) ~海外からの予備登録馬(1) 10月18日(火)現在~」を見れば、エイダン・パトリック・オブライエン厩舎の馬がHighland Reelを含めて10頭登録してくれていますが、恐らく、登録だけ、でしょうね。「Highland Reelのような強い芝馬が来てくれれば、ジャパンカップも盛り上がるのになぁ」と素直に思いますけれど、年末に英愛馬がアジアで走るとすれば、やっぱり香港国際競走になってしまいますよね。日本は暮れの大一番は動かせませんし、なかなかに難しいもの。

ともあれ、強い馬の強い姿は、世界の何処に居ても見られるような時世になりました。Highland Reel、この後の活躍も楽しみにしたいものです。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。