2016年の米英仏のオークス馬。

第142回ケンタッキーオークス(米GI)の勝ち馬。

Cathryn Sophia 牝 鹿毛 2013.4.2生 米国・Robert T. Manfuso生産 馬主・Cash is King LLC 米国・John C. Servis厩舎

Cathryn Sophia(2013.4.2)の4代血統表

Street Boss
栗毛 2004.3.31
種付け時活性値:0.00
Street Cry
黒鹿毛 1998.3.11
Machiavellian
黒鹿毛 1987.1.31
Mr.Prospector 1970.1.28
Coup de Folie 1982.4.2
Helen Street
鹿毛 1982.4.4
Troy 1976.3.25
Waterway 1976.4.21
Blushing Ogygian
栗毛 1994.4.6
オジジアン
鹿毛 1983.3.17
Damascus 1964.4.14
Gonfalon 1975.5.9
Fruhlingshochzeit
黒鹿毛 1984.3.23
Blushing Groom 1974.4.8
Fruhlingstag 1975.5.29
Sheave
黒鹿毛 2009.4.18
仔受胎時活性値:0.75
Mineshaft
黒鹿毛 1999.5.17
種付け時活性値:0.25
▲A.P.Indy
黒鹿毛 1989.3.31
Seattle Slew 1974.2.15
Weekend Surprise 1980.4.8
Prospector’s Delite
栗毛 1989.3.19
Mr.Prospector 1970.1.28
Up the Flagpole 1978.5.12
Belterra
鹿毛 1999.4.2
仔受胎時活性値:0.25
Unbridled
鹿毛 1987.3.5
種付け時活性値:0.75
Fappiano 1977.5.19
Gana Facil 1981.2.9
Cruising Haven
黒鹿毛 1988.3.14
仔受胎時活性値:0.50
Shelter Half
鹿毛 1975.4.24
種付け時活性値:1.00
Sailing Leader
黒鹿毛 1972.4.28
仔受胎時活性値:1.75

<5代血統表内のクロス:Mr.Prospector4×4×5>

Cathryn Sophia(2013.4.2)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
★Street Boss
(Mr.Prospector系)
Mineshaft
(Seattle Slew系)
Unbridled
(Mr.Prospector系)
Shelter Half
(Intent系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Shelter Half 3.25 祖母が米GII勝ち馬
(No.5-i)
初仔

*

第142回ケンタッキーオークスを制したのは、Cathryn Sophia。先行4番手から、4コーナーでは外に持ち出し、早めに抜け出しました。

*

第238回英オークス(GI)の勝ち馬。

Minding 牝 鹿毛 2013.2.10生 愛国・Orpendale, Chelston & Wynatt生産 馬主・Mr D. Smith, Mrs J. Magnier, Mr M. Tabor 愛国・Aidan O’Brien厩舎

Minding(2013.2.10)の4代血統表
Galileo
鹿毛 1998.3.30
種付け時活性値:1.50

Sadler’s Wells
鹿毛 1981.4.11
Northern Dancer
鹿毛 1961.5.27
Nearctic 1954.2.11
Natalma 1957.3.26
Fairy Bridge
鹿毛 1975.5.4
Bold Reason 1968.4.8
Special 1969.3.28
Urban Sea
栗毛 1989.2.18
Miswaki
栗毛 1978.2.22
Mr.Prospector 1970.1.28
Hopespringseternal 1971.5.27
Allegretta
栗毛 1978.3.10
Lombard 1967
Anatevka 1969
Lillie Langtry
黒鹿毛 2007.2.27
仔受胎時活性値:1.25
Danehill Dancer
鹿毛 1993.1.30
種付け時活性値:1.25
デインヒル
鹿毛 1986.3.26
★Danzig 1977.2.12
Razyana 1981.4.18
Mira Adonde
黒鹿毛 1986.4.19
★Sharpen Up 1969.3.17
Lettre d’Amour 1979.4.23
Hoity Toity
黒鹿毛 2000.4.30
仔受胎時活性値:1.50
Darshaan
黒鹿毛 1981.4.18
種付け時活性値:0.50
Shirley Heights 1975
Delsy 1972.3.20
Hiwaayati
黒鹿毛 1989.3.24
仔受胎時活性値:0.50
Shadeed
鹿毛 1982.3.21
種付け時活性値:1.50
Alathea
黒鹿毛 1975.4.28
仔受胎時活性値:1.25

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer3×5>

Minding(2013.2.10)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Galileo
(Sadler’s Wells系)
Danehill Dancer
(Danzig系)
Darshaan
(Mill Reef系)
Shadeed
(Nijinsky系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Galileo 4.50 母が英愛GI2勝馬
(No.1-d)
2番仔+
(2連産目+)

*

第203回英1000ギニー(GI)と第238回英オークスの牝馬2冠を達成したのは、Minding。英牝馬2冠は、2002年のKazzia(1999.4.12)以来14年ぶりのことでした。そんなMinding、実は英1000ギニーの後に第95回愛1000ギニー(GI)にも挑んでいて、こちらはJet Setting(2013.2.16)にアタマ差の2着でした。

Mindingはデビュー4戦目のモイグレアスタッドS(愛GI)1着の後、フィリーズマイル(英GI)1着、英1000ギニー1着、愛1000ギニー2着、英オークス1着、そして英オークスの後に古馬初対戦となったプリティポリーS(愛GI)1着と、GI6連戦で5勝、2着1回。強く速い牝馬です。

*

第168回仏オークス(GI)の勝ち馬。

La Cressonniere 牝 鹿毛 2013.4.5生 仏国・Franklin Finance生産 馬主・Ecurie Antonio Caro & Gerard Augustin-Normand 仏国・Jean-Claude Rouget厩舎

La Cressonniere(2013.4.5)の4代血統表
Le Havre
鹿毛 2006.2.4
種付け時活性値:1.50
Noverre
鹿毛 1998.5.2
Rahy
栗毛 1985.2.18
Blushing Groom 1974
Glorious Song 1976.4.22
ダンスールファビュルー
鹿毛 1982.3.2
Northern Dancer 1961.5.27
Fabuleux Jane 1974.4.11
Marie Rheinberg
青鹿毛 2002.3.11
★Surako
黒鹿毛 1993.4.15
★Konigsstuhl 1976
Surata 1986.5.9
Marie d’Argonne
栗毛 1981.3.21
Jefferson 1967
Mohair 1974.3.8
Absolute Lady
鹿毛 2006.4.6
仔受胎時活性値:1.50
Galileo
鹿毛 1998.3.30
種付け時活性値:1.75
★Sadler’s Wells
鹿毛 1981.4.11
Northern Dancer 1961.5.27
Fairy Bridge 1975.5.4
アーバンシー
栗毛 1989.2.18
Miswaki 1978.2.22
Allegretta 1978.3.10
Lil’s Jessy
鹿毛 1998.2.3
仔受胎時活性値:1.75
Kris
栗毛 1976.3.23
種付け時活性値:1.25
Sharpen Up 1969.3.17
Doubly Sure 1971.5.3
Lobmille
鹿毛 1984.5.9
仔受胎時活性値:1.25
Mill Reef
鹿毛 1968.2.23
種付け時活性値:1.75
Light o’Battle
栗毛 1976.3.17
仔受胎時活性値:1.75

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer4×4>

La Cressonniere(2013.4.5)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Le Havre
(Blushing Groom系)
Galileo
(Sadler’s Wells系)
Kris
(エタン系)
Mill Reef
(Never Bend系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Galileo
(Absolute Lady)
6.25 祖母が英GIII勝ち馬
(No.2-f)
3番仔?
(3連産目?)

*

第130回仏1000ギニー(GI)と第168回仏オークスの牝馬2冠を7戦無敗で達成したのは、La Cressonniere。ジャン=クロード・ルジェ調教師は、Almanzor(2013.3.13)による第176回仏ダービー(GI)に続くシャンティイ芝2100mの仏クラシックW制覇でもありました。ルジェ調教師はLa Cressonniereの父Le Havreも管理されており、喜びも一入というところでしょう。そしてまた、ルジェ調教師は、父Le Havreでやはり仏牝馬2冠を無敗で制したAvenir Certain(2011.4.30)の管理もなされていました。

近年の仏オークスからは傑出馬が輩出される印象もあります。2008年のZarkava(2005.3.31)、2013年のTreve(2010.4.7)と、後に凱旋門賞(仏GI)まで制した先輩に続くことが出来ますでしょうか。La Cressonniere、楽しみにしたいと思います。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。