第98回凱旋門賞(仏GI)の勝ち馬-Waldgeist(2014.2.17)-

Result

Waldgeist(ヴァルトガイスト) 牡 栗毛 2014.2.17生 英国・The Waldlerche Partnership生産 馬主・Gestut Ammerland & Newsells Park 仏国・A Fabre厩舎

Waldgeist(2014.2.17)の4代血統表
Galileo
鹿毛 1998.3.30
種付け時活性値:1.75

Sadler’s Wells
鹿毛 1981.4.11
Northern Dancer
鹿毛 1961.5.27
Nearctic 1954.2.11
Natalma 1957.3.26
Fairy Bridge
鹿毛 1975.5.4
Bold Reason 1968.4.8
Special 1969.3.28
Urban Sea
栗毛 1989.2.18
Miswaki
栗毛 1978.2.22
Mr. Prospector 1970.1.28
Hopespringseternal 1971.5.27
Allegretta
栗毛 1978.3.10
Lombard 1967
Anatevka 1969
Waldlerche
栗毛 2009.3.8
仔受胎時活性値:1.00
Monsun
黒鹿毛 1990.3.4
種付け時活性値:0.50
Konigsstuhl
黒鹿毛 1976.5.17
Dschingis Khan 1961
Konigskronung 1965
Mosella
鹿毛 1985.3.25
Surumu 1974.2.26
Monasia 1979
Waldmark
栗毛 2000.4.4
仔受胎時活性値:2.00
Mark of Esteem
鹿毛 1993.3.26
種付け時活性値:1.50
Darshaan 1981.4.18
Homage 1989.4.4
Wurftaube
栗毛 1993.3.28
仔受胎時活性値:1.50
Acatenango
栗毛 1982.4.13
種付け時活性値:0.50
Wurfbahn
黒鹿毛 1987.2.26
仔受胎時活性値:1.25

<5代血統表内のクロス:Surumu4×5(母方)>

Waldgeist(2014.2.17)の0の理論的総括
母父祖母父曾祖母父
Galileo
(Sadler’s Wells系)
Monsun
(Blandford系)
Mark of Esteem
(Mill Reef系)
Acatenango
(Dark Ronald系)
形相の遺伝料の遺伝牝系母の何番仔?
Galileo5.75母が仏GIII勝ち馬
(No. 5-h)
初仔

*

2019年の第98回凱旋門賞(仏GI。パリロンシャン芝2400m)の結果(上位5頭)


馬名性齢
騎手走破時計
・着差
調教師
12Waldgeist牡559.5Pierre-Charles Boudot2:31.97A Fabre5
28Enable牝558Frankie Dettori1 3/4John Gosden1
312Sottsass牡356.5Cristian Demuro1 3/4J-C Rouget2
410Japan牡356.5Ryan Moore1/2A P O’Brien3
59Magical牝458Donnacha O’Brien6A P O’Brien6

2019年の第98回凱旋門賞。これが3連覇の難しさなのでしょう。史上に残る超名牝Enable(2014.2.12)を以てしても成し得ず。勝利を収めたのは、ゴール前に鋭脚を見せた英国生まれの仏国調教馬Waldgeist。ブローニュの森の中にあるパリロンシャン競馬場、独語で「森の精」を意味する馬名を戴く栗毛馬が見事に駆けて、クリテリウムドサンクルー(仏GI)、サンクルー大賞(仏GI)、ガネー賞(仏GI)に続くGI4勝目をこの大舞台で遂げました。前走フォワ賞(仏GII)勝ち馬の凱旋門賞制覇は1984年の第63回を制したSagace(1980.5.26)以来35年振り、5歳以上の馬の凱旋門賞制覇は2002年の第81回を制したマリエンバード(1997.5.26)以来17年振りのことでした。

さて、Waldgeistの鞍上のピエールシャルル・ブドー騎手は嬉しい凱旋門賞初勝利。

ヴァルトガイスト鞍上ブドーが前日に4勝/凱旋門賞 | JRA-VAN Ver.World
 ヴァルトガイスト(牡5、A・ファーブル、父ガリレオ)に騎乗するピエール・シャルル・ブドー騎手(26)が凱旋門賞前日(5日)のパリロンシャン競馬場で爆発した。 鞍に騎乗し、1Rドラール賞(G2、芝19

日本でもおなじみのブドー騎手、前日の好調をそのまま大舞台の当日にも持続されていました。今年2019年の凱旋門賞ウィークエンドに開催されたGIでは、One Master(2014.4.1)を駆って最終戦のフォレ賞(仏GI)で連覇も果たされました。

そしてまた、Waldgeistを管理される仏国の名伯楽アンドレ・ファーブル調教師。第66回のTrempolino(1984.3.17)、第71回のSubotica(1988.2.13)、第73回のカーネギー(1991.2.26)、第76回のパントレセレブル(1994.3.17)、第77回のSagamix(1995.3.15)、第84回のHurricane Run(2002.4.13)、第85回のRail Link(2003.3.26)に続いて、調教師として史上最多となる凱旋門賞8勝目。むぅ、サスガの手腕。

*

勝負は厳しいものです。果敢に挑んだ日本のGI馬3頭。キセキ(2014.5.13)7着、ブラストワンピース(2015.4.2)11着、フィエールマン(2015.1.20)12着。馬人共に本当にお疲れ様でした。諦めずに挑み続けていれば、いつの日にか叶う日はやって来るはず。そう信じています。

 

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

*

ワイルドブラスター
ワイルドブラスター

Waldgeistの前例で名前を出した2頭の凱旋門賞馬、Sagaceさんとマリエンバード、2頭の誕生日は同じ5月26日ですね。

マイシンザン
マイシンザン

ホンマやな。ちなみに、このサイトの管理人も5月26日生まれなんやってさ。

ワイルドブラスター
ワイルドブラスター

むぅ。コメントに困る情報ですね(苦笑)