第97回凱旋門賞(仏GI)の勝ち馬-Enable(2014.2.12)-

Enable(エネイブル) 牝 鹿毛 2014.2.12生 英国・Juddmonte Farms Ltd生産 馬主・K Abdullah 英国・John Gosden厩舎

Enable(2014.2.12)の4代血統表
Nathaniel
鹿毛 2008.4.24
種付け時活性値:1.25
Galileo
鹿毛 1998.3.30
Sadler’s Wells
鹿毛 1981.4.11
Northern Dancer 1961.5.27
Fairy Bridge 1975.5.4
Urban Sea
栗毛 1989.2.18
Miswaki 1978.2.22
Allegretta 1978.3.10
Magnificient Style
黒鹿毛 1993.3.21
Silver Hawk
鹿毛 1979.4.20
Roberto 1969.3.16
Gris Vitesse 1966.3.2
Mia Karina
黒鹿毛 1983.3.21
Icecapade 1969.4.4
Basin 1972.2.29
Concentric
鹿毛 2004.4.3
仔受胎時活性値:0.25
Sadler’s Wells
鹿毛 1981.4.11
種付け時活性値:1.50
Northern Dancer
鹿毛 1961.5.27
Nearctic 1954.2.11
Natalma 1957.3.26
Fairy Bridge
鹿毛 1975.5.4
Bold Reason 1968.4.8
Special 1969.3.28
Apogee
鹿毛 1990.2.8
仔受胎時活性値:1.25
Shirley Heights
鹿毛 1975.3.1
種付け時活性値:1.50
Mill Reef 1968.2.23
Hardiemma 1969
Bourbon Girl
鹿毛 1984.2.9
仔受胎時活性値:1.25
★イルドブルボン
黒鹿毛 1975.5.23
種付け時活性値:0.00
Fleet Girl
栗毛 1975.4.1
仔受胎時活性値:2.00

<5代血統表内のクロス:Sadler’ Wells3×2>

Enable(2014.2.12)の0の理論的総括
母父祖母父曾祖母父
Nathaniel
(Sadler’s Wells系)
Sadler’s Wells
(Northern Dancer系)
Shirley Heights
(Mill Reef系)
★イルドブルボン
(Nijinsky系)
形相の遺伝料の遺伝牝系母の何番仔?
Sadler’s Wells
(Concentric)
4.75従兄Flintshire
(No. 4-m)
5番仔?
(5連産目?)

*

2018年の第97回凱旋門賞(仏GI。パリロンシャン・芝2400m)の結果(上位5頭)


馬名性齢
騎手走破時計
・着差
調教師
16Enable牝458Frankie Dettori2:29.24John Gosden1
215Sea of Class牝355James Doyle短クビWilliam Haggas2
39Cloth of Stars牡559.5Vincent Cheminaud3/4A Fabre10
413Waldgeist牡459.5Pierre-Charles Boudot3/4A Fabre2
54Capri牡459.5Donnacha O’Brien1 1/2A P O’Brien6

2018年の第97回凱旋門賞。Enable、史上7頭目の凱旋門賞連覇、成る。Enableとランフランコ・デットーリ騎手、道中はクリンチャー(2014.3.10)と武豊騎手と並ぶようにして先行5番手から推し進め、直線で颯爽と抜け出すとSea of Class(2015.5.23)とジェームズ・ドイル騎手の鋭い追い込みを僅かに「短クビ」だけ封じました。Enableとデットーリ騎手、昨年2017年の第96回凱旋門賞に続いて、見事に勝利を収めました。

先日、Treve(2010.4.7)の 記事をアップした際にも確認しましたが、改めて、凱旋門賞連覇を果たした馬を確認しておきますと、、、

  1. Ksar(1918)
    →1921年の第2回と1922年の第3回。Tourbillon(1928)の父
  2. Corrida(1932)
    →1936年の第17回と1937年の第18回。牝馬による初めての連覇
  3. Tantieme(1947)
    →1950年の第29回と1951年の第30回。メジロデュレン(1983.5.1)の直系高祖父
  4. Ribot(1952.2.27)
    →1955年の第34回と1956年の第35回。16戦16勝、言わずと知れた史上に残る超名馬
  5. Alleged(1974.5.4)
    →1977年の第56回と1978年の第57回。上述のRibotを直系曽祖父に持つ
  6. Treve(2010.4.7)
    →2013年の第92回と2014年の第93回。連覇は36年ぶり、牝馬による連覇は77年ぶりという快挙
  7. Enable(2014.2.12)
    →2017年の第96回と2018年の第97回。本稿の主役。強すぎる!!

いずれ違わぬ欧州が誇る名馬たち。EnableはCorrida、Treveに続いて3頭目の牝馬による連覇を果たしました。また、Enableより前の6頭はいずれもロンシャン競馬場での連覇でしたが、Enableはロンシャン競馬場の改修により、シャンティイ競馬場とパリロンシャン競馬場という、違うコースでの連覇を果たしたことになります。

Enable、この後は第35回ブリーダーズカップ・ターフ(米GI)の出走も視野に入れられている模様。

エネイブル、凱旋門賞後に米G1BCターフ挑戦も | JRA-VAN Ver.World
 現地7日の仏G1凱旋門賞で連覇を狙うエネイブルが、11月の米G1ブリーダーズカップターフに挑戦する可能性が浮上してきた。 これはJ.ゴスデン調教師が現地5日に示唆したことを英競馬メディア『racin

Enable、チャーチルダウンズ芝12Fでどのような走りを見せてくれるかも楽しみですね。まま、あの先行抜け出しの姿を見ると、世界中のどこの競馬場で走っても「強いものは強い」というところを見せてくれそうですが^^;

最後に。クリンチャー陣営の皆様、本当にお疲れ様でした。挑戦し続けていれば、いつの日にか。その日を楽しみに生きて行きます。

 

それでは、これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

*

マイシンザン
マイシンザン

Enable(エネイブル)、ホンマにめちゃくちゃ強いね!!

ワイルドブラスター
ワイルドブラスター

ええ。世界にはスゴイ女馬がいるものですね!!