第86回東京優駿(GI)の勝ち馬-ロジャーバローズ(2016.1.24)-

Result

ロジャーバローズ 牡 鹿毛 2016.1.24生 新ひだか・飛野牧場生産 馬主・猪熊広次氏 栗東・角居勝彦厩舎

ロジャーバローズ(2016.1.24)の4代血統表

ディープインパクト
鹿毛 2002.3.25
種付け時活性値:1.25

サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
ウインドインハーヘア
鹿毛 1991.2.20
Alzao
鹿毛 1980.2.28
Lyphard 1969.5.10
Lady Rebecca 1971.2.28
Burghclere
鹿毛 1977.4.26
Busted 1963
Highclere 1971.4.9
リトルブック
鹿毛 2008.4.22
仔受胎時活性値:1.75
Librettist
鹿毛 2002.4.17
種付け時活性値:1.25
★Danzig
鹿毛 1977.2.12
Northern Dancer 1961.5.27
Pas de Nom 1968.1.27
Mysterial
黒鹿毛 1994
Alleged 1974.5.4
Mysteries 1986
Cal Norma’s Lady
栗毛 1988.5.7
仔受胎時活性値:0.75
リフアーズスペシヤル
鹿毛 1980.2.17
種付け時活性値:1.75
Lyphard 1969.5.10
My Bupers 1967.6.1
June Darling
鹿毛 1983.4.18
仔受胎時活性値:1.00
ジユニアス
黒鹿毛 1976.3.15
種付け時活性値:1.50
Beau Darling
栗毛 1966
仔受胎時活性値:2.00(0.00)

<5代血統表内のクロス:Lyphard4×4、Northern Dancer4×5×5>

ロジャーバローズ(2016.1.24)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ディープインパクト
(Halo系)
Librettist
(Danzig系)
リフアーズスペシヤル
(Lyphard系)
ジユニアス
(Bold Ruler系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
リフアーズスペシヤル
(Cal Norma’s Lady)
5.50 or 3.50 従姉ジェンティルドンナ
(No. 16-f)
3番仔
(2連産目)

*

2019年の第86回東京優駿(GI。東京芝2400m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 1ロジャーバローズ 牡3 57 浜中 俊 2:22.6   2-2-2-2 35.1 486
[-8]
角居 勝彦 12
2 7ダノンキングリー 牡3 57 戸崎 圭太 2:22.6 クビ 5-5-5-3 34.5 454
[+4]
萩原 清 3
3 13ヴェロックス 牡3 57 川田 将雅 2:23.0 2 1/2 7-7-7-8 34.3 486
[+8]
中内田 充正 2
4 6サートゥルナーリア 牡3 57 D.レーン 2:23.1 1/2 11-11-11-11 34.1 490
[-6]
角居 勝彦 1
5 9ニシノデイジー 牡3 57 勝浦 正樹 2:23.1 アタマ 13-12-11-9 34.3 486
[0]
高木 登 13

2019年の第86回東京優駿。角居勝彦厩舎所属の1番人気馬が敗れても、僚馬である12番人気馬が勝利を収めました。この大舞台でも「2頭出しは人気薄を狙え」を実践された馬券購入者の方はお見事。ロジャーバローズ、1枠1番から好発、先行2番手から抜け出すと最後の最後、ダノンキングリー(2016.3.25)を「クビ」だけ抑えて押し切りました。その勝ち時計2分22秒6は、第82回を制したドゥラメンテ(2012.3.22)が持っていた2分23秒2を0秒6上回るレースレコード。終わってみれば、先週の第80回優駿牝馬(GI)に続いて、ディープインパクト産駒のワンツーフィニッシュ。「ダービー馬はダービー馬から」の格言を地で行く種牡馬ディープインパクト、産駒の東京優駿勝ちは第79回のディープブリランテ(2009.5.8)第80回のキズナ(2010.3.5)第83回のマカヒキ(2013.1.28)第85回のワグネリアン(2015.2.10)に続いて、第86回のロジャーバローズが5頭目となりました。

ロジャーバローズの鞍上の浜中俊騎手は、東京優駿初勝利。13年目にしてダービージョッキーの称号を得られました。関西テレビ競馬BEATでは、浜中騎手の師匠である坂口正大・元調教師が涙されていました。併せて、馬主の猪熊広次氏、生産の飛野牧場も東京優駿初勝利。なお、

によると、飛野牧場は、生産馬の東京優駿初出走でもあったそうです。そして、管理される角居勝彦調教師は、第74回を制したウオッカ(2004.4.4)に続いて2回目の東京優駿制覇。皆々様、本当におめでとうございました。

では、以下にロジャーバローズのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。なお、近親牝系図内のレース名、格付けはいずれも施行当時のものです。

Cal Norma's Lady 1988.5.7 3勝
|Magical 1995.5.11 6勝 ウィルロジャーズH(米GIII)
|ドナブリーニ 2003.3.27 4勝 チェヴァリーパークS(英GI) チェリーヒントンS(英GII)ほか
||ドナウブルー 2008.2.9 5勝 関屋記念(GIII) 京都牝馬S(GIII)ほか
||ジェンティルドンナ 2009.2.20 9勝 ジャパンカップ(GI)2回 有馬記念(GI) ドバイシーマクラシック(UAE・GI) 優駿牝馬(GI) 桜花賞(GI) 秋華賞(GI)ほか
|リトルブック 2008.4.22 0勝
||ロジャーバローズ 2016.1.24 (本馬) 東京優駿(GI) 京都新聞杯(GII)2着

ロジャーバローズの牝系は16号族f分枝系。従姉ジェンティルドンナは、いわずもがなのJRA顕彰馬。ロジャーバローズとジェンティルドンナは、4代目に現れる先祖16頭中14頭が共通しています。その血の相性の良さを府中芝2400mで改めて見せてくれました。

2016年生まれ世代の頂点に立ったロジャーバローズ。令和最初の日本ダービー馬にしてダービーレコードホルダーとして進むこれからの道に、どうぞ幸多からんことを。

  

それでは、これから走る馬、人すべてが無事でありますように。