第85回東京優駿(GI)の勝ち馬-ワグネリアン(2015.2.10)-

ワグネリアン 牡 鹿毛 2015.2.10生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・金子真人ホールディングス(株) 栗東・友道康夫厩舎

ワグネリアン(2015.2.10)の4代血統表
ディープインパクト
鹿毛 2002.3.25
種付け時活性値:1.00
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
ウインドインハーヘア
鹿毛 1991.2.20
Alzao
鹿毛 1980.2.28
Lyphard 1969.5.10
Lady Rebecca 1971.2.28
Burghclere
鹿毛 1977.4.26
Busted 1963
Highclere 1971.4.9
ミスアンコール
鹿毛 2006.3.29
仔受胎時活性値:2.00
キングカメハメハ
鹿毛 2001.3.20
種付け時活性値:1.00
Kingmambo
鹿毛 1990.2.19
Mr. Prospector 1970.1.28
Miesque 1984.3.14
マンファス
黒鹿毛 1991.2.23
ラストタイクーン 1983.5.9
Pilot Bird 1983.2.9
ブロードアピール
黒鹿毛 1994.4.13
仔受胎時活性値:0.75
Broad Brush
鹿毛 1983.4.16
種付け時活性値:0.50
★Ack Ack 1966.2.24
Hay Patcher 1973.5.4
Valid Allure
黒鹿毛 1985.4.13
仔受胎時活性値:2.00
Valid Appeal
鹿毛 1972.5.12
種付け時活性値:1.00
Alluring Girl
黒鹿毛 1980.5.20
仔受胎時活性値:1.00

<5代血統表内のクロス:なし>

ワグネリアン(2015.2.10)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ディープインパクト
(Halo系)
キングカメハメハ
(Mr. Prospector系)
Broad Brush
(Himyar系)
Valid Appeal
(Intent系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
ディープインパクト 5.75 祖母が重賞6勝馬
(No. 4-r)
4番仔
(4連産目)

*

2018年の第85回東京優駿(GI。東京芝2400m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 17ワグネリアン 牡3 57 福永祐一 2:23.6    34.3 450
[-2]
友道康夫 5
2 12エポカドーロ 牡3 57 戸崎圭太 2:23.7 1/2 34.7 490
[-2]
藤原英昭 4
3 7コズミックフォース 牡3 57 石橋脩 2:23.8 クビ 34.7 464
[-2]
国枝栄 16
4 14エタリオウ 牡3 57 H.ボウマン 2:23.8 ハナ 33.5 454
[+4]
友道康夫 13
5 8ブラストワンピース 牡3 57 池添謙一 2:23.8 ハナ 34.5 532
[+10]
大竹正博 2

2018年の第85回東京優駿。「福永家の悲願」、果たされました。福永祐一騎手、19回目の挑戦で初勝利。ただただ、ただただ、おめでとうございました。第78回皐月賞(GI)の1番人気馬にして、東京芝重賞の勝ち馬、軽視してごめんなさい。恐れ入谷の鬼子母神、見事な勝利でした。

ワグネリアンを管理される友道康夫調教師は2016年の第83回のマカヒキ(2013.1.28)以来の東京優駿2勝目。馬主の金子真人ホールディングス(株)は、金子真人オーナーの個人名義時代も含めて、2004年の第71回のキングカメハメハ、2005年の第72回のディープインパクト、そして前述のマカヒキに続いて東京優駿4勝目(!)。金子オーナーにとって、ワグネリアンは父ディープインパクト、母ミスアンコール、母父キングカメハメハ、祖母ブロードアピールとすべてご自身の所有馬であっただけに、縁の血統、喜びも一入でしょう。また、生産のノーザンファームは、前身の社台ファーム早来時代も含めて、1996年の第63回のフサイチコンコルド(1993.2.11)、1999年の第66回のアドマイヤベガ(1996.3.12)、2001年の第68回のジャングルポケット(1998.5.7)、2004年の第71回のキングカメハメハ、2005年の第72回のディープインパクト、2009年の第76回のロジユニヴァース(2006.3.11)、2015年の第82回のドゥラメンテ(2012.3.22)、2016年の第83回のマカヒキ、2017年の第84回のレイデオロ(2014.2.5)に続いて東京優駿10勝目(!!)。皆様、それぞれに、本当におめでとうございました。

ワグネリアンの父であるディープインパクトにとっては、2012年の第79回のディープブリランテ(2009.5.8)、2013年の第80回のキズナ(2010.3.5)、2016年の第83回のマカヒキに続いて、4頭目の東京優駿勝ち産駒となりました。1番人気だったダノンプレミアム(2015.4.3)が敗れても、勝ったのはディープインパクトの仔。ディープインパクトは、2018年は日本だけではなく、第239回英ダービー(GI)の1番人気馬Saxon Warrior(2015.1.26)、第178回ジョッケクルブ賞(仏GI)の有力候補Study of Man(2015.4.9)も控えており、もしかしたら「同一年に3カ国で産駒がダービー制覇」という空前の快挙が成されるやも知れません。いえ、ここまで来たら、なんとしても成して欲しいものです^^

ワグネリアン、2015年生まれ世代の6955頭の頂点に立って、いざ行かん、これからの戦い。「ダービージョッキー」福永騎手と共に、さらなる活躍を期待しています。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。