第79回菊花賞(GI)の勝ち馬-フィエールマン(2015.1.20)-

フィエールマン 牡 鹿毛 2015.1.20生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・(有)サンデーレーシング 美浦・手塚貴久厩舎

フィエールマン(2015.1.20)の4代血統表
ディープインパクト
鹿毛 2002.3.25
種付け時活性値:1.00
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
ウインドインハーヘア
鹿毛 1991.2.20
Alzao
鹿毛 1980.2.28
Lyphard 1969.5.10
Lady Rebecca 1971.2.28
Burghclere
鹿毛 1977.4.26
Busted 1963
Highclere 1971.4.9
リュヌドール
黒鹿毛 2001.4.22
仔受胎時活性値:1.25
Green Tune
栗毛 1991.5.5
種付け時活性値:0.25
▲Green Dancer
鹿毛 1972.4.14
Nijinsky 1967.2.21
Green Valley 1967
Soundings
鹿毛 1983.4.27
Mr. Prospector 1970.1.28
Ocean’s Answer 1976.4.12
Luth D’Or
黒鹿毛 1983.2.28
仔受胎時活性値:0.25
Noir Et Or
鹿毛 1975.5.6
種付け時活性値:1.75
ラインゴールド 1969.5.11
Pomme Rose 1968.4.5
Viole d’Amour
鹿毛 1972.3.28
仔受胎時活性値:0.50
Luthier
黒鹿毛 1965.3.22
種付け時活性値:1.50
Mandolinette
鹿毛 1963.5.22
仔受胎時活性値:2.00

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer5×5>

フィエールマン(2015.1.20)の0の理論的総括
母父祖母父曾祖母父
ディープインパクト
(Halo系)
Green Tune
(Nijinsky系)
Noir Et Or
(Princely Gift系)
Luthier
(Clarion系)
形相の遺伝料の遺伝牝系母の何番仔?
Noir Et Or4.00母が伊GI馬
(No. 20-d)
8番仔?
(2連産目)

*

2018年の第79回菊花賞(GI。京都芝3000m)の結果(上位5頭)


馬名性齢
騎手走破
時計
着差上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
112フィエールマン牡357C.ルメール3:06.133.9480
[+4]
手塚貴久7
29エタリオウ牡357M.デムーロ3:06.1ハナ33.9472
[+4]
友道康夫2
37ユーキャンスマイル牡357武豊3:06.31 1/233.9488
[-2]
友道康夫10
43ブラストワンピース牡357池添謙一3:06.53/434.1530
[0]
大竹正博1
518グローリーヴェイズ牡357福永祐一3:06.61/233.9448
[+2]
尾関知人12

2018年の第79回菊花賞。7月のラジオNIKKEI賞(GIII)2着以来、中111日のぶっつけだったフィエールマン。1000m通過が1分2秒7、2000m通過が2分6秒9というスローペース。道中は7~8番手あたりの外側につけ、2周目の坂越えの後、4角ヨーイドンとなった時には上手く内に潜り込み、先に抜け出していたエタリオウ(2015.2.13)との一騎打ち。内のフィエールマンと外のエタリオウ、クビの上げ下げの勝負は、僅かに「ハナ」だけ先んじて、フィエールマン。菊花賞史上最少キャリアとなる4戦目での勝利を遂げたこの一戦は、自身の馬名意味のとおり「気高く、勇ましく」誇り高いクラシック制覇となりました。そして、終わってみれば、クリストフ・ルメール、ミルコ・デムーロ、武豊。名手が馬券圏内の3着まで揃い踏みとなった一戦でもありました。

では、以下にフィエールマンのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。なお、近親牝系図内のレース名、格付けはいずれも施行当時のものです。

Luth d'Or 1983.2.28 4勝 フィユドレール賞(仏GIII)2着ほか
|リュヌドール 2001.4.22 4勝 リディアテシオ賞(伊GI) ポモーヌ賞(仏GII) マルレ賞(仏GII)ほか
||Learned Friend 2007.3.14 0勝
|||Inns of Court 2014.4.9 リゾランジス賞(仏GIII) ポルトマイヨ賞(仏GIII) パレロワイヤル賞(仏GIII)ほか
||フィエールマン 2015.1.20 (本馬) 菊花賞(GI) ラジオNIKKEI賞(GIII)2着

仏国から日本で継承されている20号族d分枝系。フィエールマンの母リュヌドールは現役時代に4勝を挙げ、第37回リディアテシオ賞(カパネッレ芝2000m)、ポモーヌ賞(ドーヴィル芝2500m)、マルレ賞(サンクルー芝2400m)と、2000m以上のグループレース3勝を挙げ、2004年の第24回ジャパンカップ(GI)ではゼンノロブロイ(2000.3.27)の7着でした。また、フィエールマンの年上の甥であるInns of Courtは現役であり、上述の仏GIII3勝のほか、第96回ジャックルマロワ賞(仏GI)2着、第153回フォレ賞(仏GI)2着もあります。フォレ賞2着は先日ジェニアル(2014.2.7)と一緒に走ったレースでもあり、勝ち馬のOne Master(2014.4.1)から短アタマ差の惜しい2着でした。また、フィエールマンの半姉ルヴォワール(2014.1.22)は2018年10月21日現時点で4戦3勝の素質馬、半妹ラストヌードル(2018.1.22)は先週東京芝1800mの新馬戦を制したオルフェーヴル(2008.5.14)産駒です。

体質に弱い面があり使い込みが出来ない中、素質の高さで菊花賞を制したフィエールマン。その伸び代が計り知れない分、楽しみが多いと言えます。「強い馬が勝つ」菊花賞を制したフィエールマン、2015年生まれ世代の牡馬代表として、どうぞ強い姿を見せ続けてください。

 

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

*

【菊花賞】フィエールマン&グロンディオーズ 上り馬2騎が最少キャリアV狙う | 競馬ニュース - netkeiba.com
 「菊花賞・G1」(21日、京都) 過去に最少キャリアで菊花賞を制したのは、1946年のアヅマライと87年のサクラスターオーの5戦。3戦2勝のフィエールマン、4戦3勝のグロンディオーズのどちらが勝って… No.1競馬情報サイト「netkeiba.com」の競馬ニュース。
ワイルドブラスター
ワイルドブラスター

↑の記事によりますと、これまでの菊花賞優勝馬の最少キャリアは6戦目での勝利だったとか。

マイシンザン
マイシンザン

1946年の第7回を制したアヅマライ(1943.2.22)さん、そして1987年の第48回を制したサクラスターオー(1984.5.2)さん、か。

ワイルドブラスター
ワイルドブラスター

サクラスターオーさんの時は第47回皐月賞(GI)以来、中202日のぶっつけでした。

マイシンザン
マイシンザン

杉本清さんの「菊の季節に桜が満開」の名調子でも知られるね。これも凄い勝利。

20世紀の名馬 第65位 サクラスターオー
20世紀の名馬 第65位 サクラスターオー 菊の季節にサクラが満開!菊の季節にサクラ~っ!    競馬動画→mylist/7354219