第78回菊花賞(GI)の勝ち馬

キセキ 牡 黒鹿毛 2014.5.13生 門別・下河辺牧場生産 馬主・石川達絵氏 栗東・角居勝彦厩舎

キセキ(2014.5.13)の4代血統表
ルーラーシップ
鹿毛 2007.5.15
種付け時活性値:1.50
キングカメハメハ
鹿毛 2001.3.20
Kingmambo
鹿毛 1990.2.19
Mr. Prospector 1970.1.28
Miesque 1984.3.14
マンファス
黒鹿毛 1991.2.23
ラストタイクーン 1983.5.9
Pilot Bird 1983.2.9
エアグルーヴ
鹿毛 1993.4.6
トニービン
鹿毛 1983.4.7
カンパラ 1976.2.19
Severn Bridge 1965
ダイナカール
鹿毛 1980.5.10
★ノーザンテースト 1971.3.15
シヤダイフエザー 1973.2.20
ブリッツフィナーレ
鹿毛 2008.4.19
仔受胎時活性値:1.25
ディープインパクト
鹿毛 2002.3.25
種付け時活性値:1.25
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo 1969.2.7
Wishing Well 1975.4.12
ウインドインハーヘア
鹿毛 1991.2.20
Alzao 1980.2.28
Burghclere 1977.4.26
ロンドンブリッジ
栗毛 1995.5.6
仔受胎時活性値:1.00
ドクターデヴィアス
栗毛 1989.3.10
種付け時活性値:1.25
Ahonoora 1975.4.12
Rose of Jericho 1984.3.14
オールフオーロンドン
鹿毛 1982.1.31
仔受胎時活性値:1.00
Danzig
鹿毛 1977.2.12
種付け時活性値:1.00
Full Card
鹿毛 1975.4.7
仔受胎時活性値:1.50

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer5×5>

キセキ(2014.5.13)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ルーラーシップ
(Mr. Prospector系)
ディープインパクト
(Halo系)
ドクターデヴィアス
(Clarion系)
Danzig
(Northern Dancer系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
ルーラーシップ 4.75 伯母ダイワエルシエーロ
(No. 22-b)
3番仔
(3連産目)

*

第78回菊花賞(GI。京都芝3000m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 13キセキ 牡3 57 M.デムーロ 3:18.9   39.6 488
[+2]
角居勝彦 1
2 4クリンチャー 牡3 57 藤岡佑介 3:19.2 2 40.2 482
[-8]
宮本博 10
3 14ポポカテペトル 牡3 57 和田竜二 3:19.2 ハナ 40.1 478
[-4]
友道康夫 13
4 6マイネルヴンシュ 牡3 57 柴田大知 3:19.5 1 1/2 40.0 458
[+6]
水野貴広 11
5 15ダンビュライト 牡3 57 武豊 3:19.7 1 40.8 478
[-2]
音無秀孝 4

2017年の第78回菊花賞。大雨の超不良馬場で行われたクラシック最終戦、勝利を収めたのは1番人気に応えたキセキ。京都芝3000mの勝ち時計3分18秒9、上がり4ハロン52秒9、上がり3ハロン40秒0という、稀に見る決着。3分18秒9は菊花賞史上5番目に遅い勝ち時計で、3分10秒台の決着は1975年の第36回のコクサイプリンス(1972.3.28)以来、42年ぶりのことでした。この超消耗戦を勝ち切ったキセキ。「最も強い馬が勝つ」と言われる菊花賞、近年はスピード化が強調され2014年の第75回のトーホウジャッカル(2011.3.11)における3分1秒0とは対極の結果でしたが、死力を尽くしたキセキの強さとド根性、永久に語り継がれるべき一戦と思います。

キセキの鞍上であるミルコ・デムーロ騎手は菊花賞初勝利で、牡馬クラシック三冠すべての勝利騎手となりました。管理される角居勝彦調教師は、2004年の第65回のデルタブルース(2001.5.3)、2013年の第74回のエピファネイア(2010.2.11)に続いて菊花賞3勝目で現役トレーナーとしては単独トップ。馬主の石川達絵オーナーは、2010年の初出走以来8年目の嬉しいGI初制覇でした。また生産である名門・下河辺牧場にとっても、初めてのJRA牡馬クラシック優勝となりました。皆様、それぞれにおめでとうございました。

*

種牡馬ルーラーシップは、 キセキの第78回菊花賞制覇により、初年度産駒からクラシックホースを送り出すことに成功しました。今回の菊花賞が産駒のGI初勝利と共に重賞初勝利でもありました。ルーラーシップは、父キングカメハメハはもとより、母エアグルーヴであり、社台グループにとっても成功させなければならない種牡馬の1頭であると思います。キセキで弾みが付いて、その他の産駒の更なる活躍を期待したいものです。今回の菊花賞では、戦前に距離不安で泣きが入りましたが、ダンビュライト(2014.3.3)も5着と頑張りました。

そしてまた、当代の首位種牡馬であるディープインパクトにとっては、母父としてのGI初勝利と共に重賞初勝利でした。キセキの母ブリッツフィナーレはディープインパクトの初年度産駒ですね。ディープインパクトは2017年で15歳であり、15歳の年齢時に母父としてもGI勝ち馬を輩出した名種牡馬にはノーザンテーストがいます-1986年の第46回皐月賞(GI)を制したダイナコスモス(1983.3.25)による-。なお、ディープインパクトの父であるサンデーサイレンスが母父として最初のGI勝ち馬を輩出したのは、存命であれば19歳の2005年でした-第65回桜花賞(GI)を制したラインクラフト(2002.4.4)による-。

それでは、以下にキセキのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。なお、近親牝系図内のレース名、格付けはいずれも施行当時のものです。

オールフォーロンドン 1982.1.31 3勝
|ロンドンブリッジ 1995.5.6 3勝 ファンタジーS(GIII) 桜花賞(GI)2着
||ダイワエルシエーロ 2001.5.11 5勝 優駿牝馬(GI) 京阪杯(GIII) マーメイドS(GIII) クイーンC(GIII)ほか
||ビッグプラネット 2002.5.2 3勝 京都金杯(GIII) アーリントンC(GIII)
||ダイワディライト 2004.4.11 7勝 カペラS(GIII)2着
||ブリッツフィナーレ 2008.4.19 不出走
|||キセキ 2014.5.13 (本馬) 菊花賞(GI) 神戸新聞杯(GII)2着 毎日杯(GIII)3着
||グレーターロンドン 2012.5.23 現役 毎日王冠(GII)3着
|ナリタオンザターフ 1998.5.9 3勝 名古屋優駿(統一GIII)

祖母が「夢の架け橋」ロンドンブリッジ、伯母が第65回優駿牝馬の勝ち馬ダイワエルシエーロと筋の通った22号族。叔父グレーターロンドンも現役のオープン馬として活躍中ですね。

祖母ロンドンブリッジは優れたスピード馬でしたが、代を経て、距離をこなす子孫が出ているところが素晴らしい。異系であるTourbillon(1928)系ドクターデヴィアスの血が上手く活かされている好例が、ロンドンブリッジの子孫ではないでしょうか。このあたり、サスガに名門の下河辺牧場。

*

キセキは、根性比べとなった第78回菊花賞を制しましたが、夏には新潟芝2000mで1分56秒9という快時計勝ちも見せたように、スピードも持ち合わせています。

真の強者たるべく、道を進むであろうキセキ。激戦の疲れを癒やした後、その強さと、そして速さを、改めて見せて欲しいと願っています。

雨中の決戦、18騎の馬人とその周囲の皆様、本当にお疲れ様でした。

  

それでは、これから走る馬、人すべてが無事でありますように。