第78回桜花賞(GI)の勝ち馬

アーモンドアイ 牝 鹿毛 2015.3.10生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・(有)シルクレーシング 美浦・国枝栄厩舎

アーモンドアイ(2015.3.10)の4代血統表
ロードカナロア
鹿毛 2008.3.11
種付け時活性値:1.50
キングカメハメハ
鹿毛 2001.3.20
Kingmambo
鹿毛 1990.2.19
Mr. Prospector 1970.1.28
Miesque 1984.3.14
マンファス
黒鹿毛 1991.2.23
ラストタイクーン 1983.5.9
Pilot Bird 1983.2.9
レディブラッサム
鹿毛 1996.3.4
Storm Cat
黒鹿毛 1983.2.27
Storm Bird 1978.4.19
Terlingua 1976.2.7
サラトガデュー
鹿毛 1989.4.3
Cormorant 1974.4.21
Super Luna 1982.4.5
フサイチパンドラ
栗毛 2003.2.27
仔受胎時活性値:0.75

サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
種付け時活性値:0.00
★Halo
黒鹿毛 1969.2.9
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
ロッタレース
栗毛 1992.3.3
仔受胎時活性値:0.50
Nureyev
鹿毛 1977.5.2
種付け時活性値:1.50
Northern Dancer 1961.5.27
Special 1969.3.28
Sex Appeal
栗毛 1970.5.12
仔受胎時活性値:1.25
Buckpasser
鹿毛 1963.4.28
種付け時活性値:1.50
Best in Show
栗毛 1965.4.29
仔受胎時活性値:1.00

<5代血統表内のクロス:Nureyev5×3、Northern Dancer5×4>

アーモンドアイ(2015.3.10)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ロードカナロア
(Mr. Prospector系)
サンデーサイレンス
(Halo系)
◆Nureyev
(Northern Dancer系)
Buckpasser
(Tom Fool系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
ロードカナロア 3.50 母がGI勝ち馬
(No. 8-f)
7番仔
(7連産目)

*

2018年の第78回桜花賞(GI。阪神芝1600m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 13アーモンドアイ 牝3 55 C.ルメール 1:33.1    33.2 462
[-2]
国枝栄 2
2 1ラッキーライラック 牝3 55 石橋脩 1:33.4 1 3/4 34.5 488
[-6]
松永幹夫 1
3 9リリーノーブル 牝3 55 川田将雅 1:33.5 1/2 34.3 498
[0]
藤岡健一 3
4 7トーセンブレス 牝3 55 柴田善臣 1:33.8 1 3/4 34.2 456
[0]
加藤征弘 8
5 17マウレア 牝3 55 武豊 1:33.8 ハナ 34.4 440
[+2]
手塚貴久 4

2018年の第78回桜花賞。アーモンドアイ。これは2010年代後半の新女傑の誕生を目の当たりしました。1番人気のラッキーライラック(2015.4.3)も、決して止まっている訳ではありません。1頭だけ飛ぶようにして駆け、無敗の桜花賞馬の誕生の夢を粉砕してしまいました。レースの上がりが「34秒4」のところを、「33秒2」と1頭だけ桁違いの脚を見せて、アーモンドアイ。レース後、「Triple Crown」、「ダービー」、「海外」の声が挙がったようですが、このレースを見せられては、ね^_^;。レースの勝ち時計1分33秒1は、国枝栄厩舎の先輩であるアパパネ(2007.4.20)が持っていた1分33秒3を0秒2更新するレースレコードでした。強く、そして速い。

では、以下にアーモンドアイのごく簡単でもメチャクチャ豪華な近親牝系図を示しておきます。なお、近親牝系図内のレース名、格付けはいずれも施行当時のものです。

Sex Appeal 1970.5.12 不出走
|トライマイベスト 1975.4.28 4勝 デューハーストS(英GI) ラークスパーS(愛GIII) ヴォクソールトライアルS(愛GIII)
|Solar 1976.4.11 3勝 レイルウェイS(愛GIII) パークS(愛GIII)
||Shining Through 1989.6.13 不出走
|||Bahamian Pirate 1995.3.3 12勝 ナンソープS(英GI) フィーニクススプリント(愛GIII)ほか
|||Strong Hope 2000.2.19 6勝 ジムダンディS(米GII) ドワイヤーS(米GII)ほか
|Carillon Miss 1979.5.21
||Blu Carillon 1995.3.29 17勝 ウンブリア賞(伊GIII)ほか
||Blu Air Force 1997.4.20 8勝 パレロワイヤル賞(仏GIII)ほか
||Tijuana Tango 1993.4.10 0勝
|||Jarama 2000.3.29 1勝
||||Chinchon 2005.1.27 7勝 シンガポール航空国際C(GI) ユナイテッドネイションズH(米GI)ほか仏GIII3勝
|El Gran Senor 1981.4.21 7勝 愛ダービー(GI) 英2000ギニー(GI) デューハーストS(英GI) ナショナルS(愛GII) レイルウェイS(愛GIII) グラッドネスS(愛GIII)ほか
|Golden Oriole 1983.5.13 1勝
||サニーモーニング 1987.5.14 0勝
|||シロキタクロス 1993.3.13 3勝 神戸新聞杯(GII)ほか
||Castle Gandolfo 1999.2.14 3勝 ベレスフォードS(愛GIII)ほか
||Dance Fever 2002.4.18 不出走
|||Estrela Monarchos 2010.2.12 7勝 グリマルディセアブラ大賞(伯GI)ほか伯GII2勝
|Bella Senora 1984.5.3 0勝
||D'Arros 1989.3.21 3勝 ラクープ(仏GIII)
||Winning Appeal 1990.4.27 0勝
|||Captivating 1995.3.29 0勝
||||Im Spartacus 2002.4.16 9勝 ガリニュールS(愛GIII)ほか
||Napoli 1991.5.6 4勝 ミネルヴ賞(仏GIII)3着
|||フォレストレイン 1997.2.21 2勝
||||Freedonia 2002.2.22 3勝 ポモーヌ賞(仏GII)ほか
|||Domedriver 1998.3.15 6勝 ブリーダーズカップ・マイル(米GI) ダニエルヴィルデンシュタイン賞(仏GII) シュマンドフェルデュノール賞(仏GIII)ほか
|||Tau Ceti 1999.3.27 5勝 プランスドランジュ賞(仏GIII)ほか
|ロッタレース 1992.3.3 不出走
||フサイチパンドラ 2003.2.27 4勝 エリザベス女王杯(GI) 札幌記念(GII)ほか
|||アーモンドアイ 2015.3.10 (本馬) 桜花賞(GI) シンザン記念(GIII)

母フサイチパンドラがGI勝ち馬、大伯父にトライマイベスト、El Gran Senorと、ピッカピカの世界的良血と言える、8号族f分枝系。母フサイチパンドラは、デビュー時に角田晃一騎手(現調教師)が騎乗されていたので、応援していました。角田騎手から乗り代わった後のほうが活躍が目立ちましたが^_^;。角田騎手つながりで言えば、シロキタクロスが神戸新聞杯を制した際も、鞍上は角田騎手でした。

また、アーモンドアイは2015年3月10日生まれです。誕生日ネタということではずっとお伝えしておりますが、3月10日は近年続々と名馬が生まれる誕生日で、キタサンブラック(2012.3.10)サトノクラウン(2012.3.10)ショウナンパンドラ(2011.3.10)ロゴタイプ(2010.3.10)エリンコート(2008.3.10)に続いて、先週の第62回大阪杯(GI)スワーヴリチャード(2014.3.10)、そして今週の第78回桜花賞をアーモンドアイと、2週連続で3月10日生まれの馬がGI勝利を収めました。

  

アーモンドアイの馬名意味は「美人とされる顔の目の形」ということ。かつて「目千両」と言われた競走馬は第30回桜花賞の勝ち馬「美少女」タマミ(1967.5.8)でしたが、アーモンドアイも可愛らしいオメメぱちくりの美少女です。ただ、この新美少女は、ただならぬ能力の持ち主。父ロードカナロアから距離不安を唱えられるでしょうけれど、母系からは距離が伸びても大丈夫と思わされます。アーモンドアイ、距離が伸びた舞台でも、その走りを楽しみにしています。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。