第77回皐月賞(GI)の勝ち馬

アルアイン 牡 鹿毛 2014.5.1生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・(有)サンデーレーシング 栗東・池江泰寿厩舎

アルアイン(2014.5.1)の4代血統表
ディープインパクト
鹿毛 2002.3.25
種付け時活性値:0.75
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
ウインドインハーヘア
鹿毛 1991.2.20
Alzao
鹿毛 1980.2.28
Lyphard 1969.5.10
Lady Rebecca 1971.2.28
Burghclere
鹿毛 1977.4.26
Busted 1963
Highclere 1971.4.9
ドバイマジェスティ
黒鹿毛 2005.3.19
仔受胎時活性値:2.00(0.00)
Essence of Dubai
黒鹿毛 1999.3.7
種付け時活性値:1.25
Pulpit
鹿毛 1994.2.15
A.P. Indy 1989.3.31
Preach 1989.3.26
Epitome
鹿毛 1985.4.21
Summing 1978.4.16
Honest and True 1977.2.4
Great Majesty
黒鹿毛 1990.4.2
仔受胎時活性値:1.50
Great Above
黒鹿毛 1972.1.19
種付け時活性値:0.25
Minnesota Mac 1964.4.26
Ta Wee 1966.3.26
Mistic Majesty
鹿毛 1978.5.22
仔受胎時活性値:0.75
His Majesty
鹿毛 1968.4.15
種付け時活性値:0.25
Necaras Miss
栗毛 1968.4.26
仔受胎時活性値:0.25

<5代血統表内のクロス:なし>

アルアイン(2014.5.1)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ディープインパクト
(Halo系)
Essence of Dubai
(Seattle Slew系)
Great Above
(Rough’n Tumble系)
His Majesty
(Ribot系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Essence of Dubai 4.50 or 2.50 母が米GI馬
(No. 2-s)
3番仔
(3連産目)

*

第77回皐月賞(GI)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 11アルアイン 牡3 57 松山弘平 1:57.8   34.2 518
[-2]
池江泰寿 9
2 7ペルシアンナイト 牡3 57 M.デムーロ 1:57.8 クビ 34.1 480
[-2]
池江泰寿 4
3 10ダンビュライト 牡3 57 武豊 1:57.9 3/4 34.3 466
[-4]
音無秀孝 12
4 16クリンチャー 牡3 57 藤岡佑介 1:58.1 1 1/4 34.8 476
[0]
宮本博 13
5 5レイデオロ 牡3 57 C.ルメール 1:58.2 クビ 34.0 484
[+8]
藤沢和雄 5

2017年の第77回皐月賞。単勝9番人気を跳ね返して勝利を収めたのは、仁川芝1800mの第64回毎日杯(GIII)を1分46秒5の好時計で制して挑んで来たアルアイン。速いペースを先行4番手から押し進めて、3角から4角では鞍上の腕が動いていましたが、直線を向いた時の脚勢が出色でした。 中山芝2000mをコースレコードタイ、そして皐月賞レコードとなる1分57秒8で快勝。2着に第26回アーリントンC(GIII)を制してやって来たペルシアンナイト(2014.3.11)を引き連れて、終わってみれば、池江泰寿厩舎のワンツーフィニッシュ。そしてまた年男の年はナリタタイシン(1990.6.10)ディープインパクト(2002.3.25)と勝利を収められていた武豊騎手、12番人気のダンビュライト(2014.3.3)で3着となり、年男の年には馬券圏内に絡み続ける、という結末でした。

アルアインの鞍上である松山弘平騎手は、デビュー9年目で嬉しいGI初勝利。皐月賞は初騎乗でもありました。テレビの勝利騎手インタビューにおける、誠実な好青年ぶりが目を引きました。あとは、おなじみのノーザンファーム、サンデーレーシング、そして池江厩舎のトリオ。皆様、おめでとうございました。

最高のダービートライアルは、畢竟、皐月賞であることを思うと、アルアインには二冠の期待が掛かります。アルアインが毎日杯を制した時にも記しましたが、現行の仁川芝1800mの毎日杯を1分46秒台で制した馬は、これまでの東京優駿(GI)で[2-0-1-0]と必ず複勝圏内に入っています。ましてや、皐月賞を先行策からレースレコード制したアルアインならば、ですね^^;

思い馳せる先は、2017年5月28日の日曜日。晩春の府中芝2400mの戦いに、幸多からんことを。

  

それでは、これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

#余談。アルアインにとって池江厩舎の先輩であるオルフェーヴル(2008.5.14)は、不意に仁川芝1800mの開催となった第60回スプリングS(GII)が重賞初制覇でしたが、その際の勝ち時計が1分46秒4でした。大回りの2ターンのコースで速い時計を計時した馬は、やはり、地力が確かなのでしょう。