第70回朝日杯フューチュリティS(GI)の勝ち馬-アドマイヤマーズ(2016.3.16)+α-

アドマイヤマーズ 牡 栗毛 2016.3.16生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・近藤利一氏 栗東・友道康夫厩舎

アドマイヤマーズ(2016.3.16)の4代血統表
ダイワメジャー
栗毛 2001.4.8
種付け時活性値:1.50
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
スカーレットブーケ
栗毛 1988.4.11
★ノーザンテースト
栗毛 1971.3.15
Northern Dancer 1961.5.27
Lady Victoria 1962.2.20
スカーレツトインク
栗毛 1971.5.5
Crimson Satan 1959.5.4
Consentida 1962.4.6
ヴィアメディチ
栗毛 2007.4.27
仔受胎時活性値:2.00
Medicean
栗毛 1997.2.26
種付け時活性値:0.25
▲Machiavellian
黒鹿毛 1987.1.31
★Mr. Prospector 1970.1.28
Coup de Folie 1982.4.2
Mystic Goddess
栗毛 1990.2.20
Storm Bird 1978.4.19
Rose Goddess 1979.5.18
Via Milano
黒鹿毛 2001.1.18
仔受胎時活性値:1.25
Singspiel
鹿毛 1992.2.25
種付け時活性値:0.00
In The Wings 1986.1.17
Glorious Song 1976.4.22
Salvinaxia
芦毛 1993.5.9
仔受胎時活性値:1.75
Linamix
芦毛 1987.2.5
種付け時活性値:1.25
Salve
栗毛 1982.5.4
仔受胎時活性値:0.50

<5代血統表内のクロス:Halo3×5×5、Northern Dancer4×5>

アドマイヤマーズ(2016.3.16)の0の理論的総括
母父祖母父曾祖母父
ダイワメジャー
(Halo系)
Medicean
(Mr. Prospector系)
Singspiel
(Sadler’s Wells系)
Linamix
(Lyphard系)
形相の遺伝料の遺伝牝系母の何番仔?
ダイワメジャー5.50母が仏GIII勝ち馬
(No. 4-l)
5番仔
(5連産目)

*

2018年の第70回朝日杯フューチュリティS(GI。阪神芝1600m)の結果(上位5頭)


馬名性齢
騎手走破
時計
着差上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
16アドマイヤマーズ牡255M.デムーロ1:33.933.9470
[-2]
友道 康夫2
21クリノガウディー牡255藤岡 佑介1:34.2234.0492
[+2]
藤沢 則雄9
32グランアレグリア牝254C.ルメール1:34.31/234.6482
[+6]
藤沢 和雄1
414ファンタジスト牡255武 豊1:34.51 1/233.9474
[0]
梅田 智之3
58ディープダイバー牡255川田 将雅1:34.71 1/434.5452
[0]
大久保 龍志11

2018年の第70回朝日杯フューチュリティS。人気は紅一点のグランアレグリア(2016.1.24)に集まりましたが、勝利を収めたのは男馬の意地を見せたアドマイヤマーズ。その賢さと操縦性の良さと勝負根性を以て、6月の中京芝1600mの新馬戦、7月の中京芝1600mの中京2歳S(OP)、11月の京都芝1600mのデイリー杯2歳S(GII)、そして12月の阪神芝1600mの朝日杯フューチュリティSと4戦4勝。無敗で2歳マイル王者に輝きました。素直に2歳王者と書きたいところですが、年末に第35回ホープフルS(GI)が待っていますので、ね^^;

アドマイヤマーズの配合は、↑の4代血統表の通り、0の理論的には3代父の4頭(Halo、ノーザンテースト、Machiavellian、Singspiel)がすべて0化されており、近い代で先祖が減る良配合です。また、アドマイヤマーズの牝系は、デイリー杯2歳Sを制した際に欧州で継承されている4号族l分枝系と紹介しました。そのボトムラインを遡れば6代母Rossellina(1957)が、父Tenerani(1944)、母Romanella(1943)の組み合わせ。ええ、フェデリコ・テシオの傑作、世紀の名馬Ribot(1952.2.27)の全妹ですね。

*

今回の朝日杯フューチュリティSで9番人気ながら2着に入った馬も紹介しておきます。

クリノガウディー 牡 栗毛 2016.3.17生 日高・三輪牧場生産 馬主・栗本博晴氏 栗東・藤沢則雄厩舎

クリノガウディー(2016.3.17)の4代血統表
スクリーンヒーロー
栗毛 2004.4.18
種付け時活性値:0.75

グラスワンダー
栗毛 1995.2.18
Silver Hawk
鹿毛 1979.4.20
Roberto 1969.3.16
Gris Vitesse 1966.3.2
Ameriflora
鹿毛 1989.1.29
Danzig 1977.2.12
Graceful Touch 1978.4.13
ランニングヒロイン
鹿毛 1993.4.8
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
Halo 1969.2.7
Wishing Well 1975.4.12
ダイナアクトレス
鹿毛 1983.5.4
ノーザンテースト 1971.3.15
モデルスポート 1975.2.23
クリノビリオネア
黒鹿毛 2006.4.3
仔受胎時活性値:0.25
ディアブロ
黒鹿毛 1987.3.13
種付け時活性値:0.50
Devil’s Bag
鹿毛 1981.2.19
Halo 1969.2.7
Ballade 1972.3.10
Avilion
鹿毛 1974.5.8
Cornish Prince 1962.3.29
Style and Grace 1964.4.28
オプトライアン
鹿毛 1994.4.16
仔受胎時活性値:0.75
メジロライアン
鹿毛 1987.411
種付け時活性値:1.50
アンバーシヤダイ 1977.3.10
メジロチエイサー 1977.3.2
テンザンミズホ
黒鹿毛 1988.4.30
仔受胎時活性値:1.25
ノーザンデイクテイター
鹿毛 1974.1.28
種付け時活性値:1.25
サンワベンチヤ
黒鹿毛 1978.3.6
仔受胎時活性値:0.25

<5代血統表内のクロス:Halo4×4、ノーザンテースト4×5、Hail to Reason5×5×5、Northern Dancer5×5×5>

クリノガウディー(2016.3.17)の0の理論的総括
母父祖母父曾祖母父
スクリーンヒーロー
(Roberto系)
ディアブロ
(Halo系)
メジロライアン
(Northern Dancer系)
ノーザンデイクテイター
(Northern Dancer系)
形相の遺伝料の遺伝牝系母の何番仔?
メジロライアン2.50 
(No. 7-c アストニシメント系)
4番仔
(2連産目)

クリノガウディー。10月の京都芝1800mの新馬戦を6番人気1着、11月の東京芝1800mの東京スポーツ杯2歳S(GIII)を12番人気7着、そして12月の阪神芝1600mの朝日杯フューチュリティSを9番人気2着。前走の東京スポーツ杯2歳Sは着順こそ7着でしたが、先行2番手から勝ち馬のニシノデイジー(2016.4.18)と0秒5差に踏ん張っています。前に行く脚があり、最後までしっかり走り切る。クリノガウディー、3歳になってからも楽しみがありそうです。

では、以下にクリノガウディーの近親牝系図を示しておきます。なお、近親牝系図内のレース名、格付けはいずれも施行当時のものです。

サンワベンチヤ 1978.3.6 不出走
|トウカイテンダー 1984.3.24 不出走
||トウカイサイレンス 1989.4.21 9勝 関門橋S(OP)2回 新潟記念(GIII)2着ほか
|テンザンミズホ 1988.4.30 1勝
||オプトライアン 1994.4.16 17勝
|||クリノビリオネア 2006.4.3 3勝
||||クリノガウディー 2016.3.17 (本馬) 朝日杯フューチュリティS(GI)2着

クリノガウディーの牝系は、小岩井の7号族c分枝系であるアストニシメント(1902)系。同牝系馬には懐かしのせん馬トウカイサイレンスが見えます。村山明騎手(現調教師)と共に、1996年と1997年の関門橋Sを連覇しました。

 

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

*

マイシンザン
マイシンザン

ダイワメジャー産駒が1着、スクリーンヒーロー産駒が2着、か。

ワイルドブラスター
ワイルドブラスター

どうしはったんですか?

マイシンザン
マイシンザン

ダイワメジャーが第64回皐月賞(GI)を制した日が、スクリーンヒーローの誕生日やねん。

ワイルドブラスター
ワイルドブラスター

アドマイヤマーズの鞍上は、ダイワメジャーとスクリーンヒーローをGI勝利に導いたミルコ・デムーロ騎手ですしね。

マイシンザン
マイシンザン

そんなデムーロ騎手は、グランプリボス(2008.3.28)ロゴタイプ(2010.3.10)リオンディーズ(2013.1.29)に続いて、最多タイとなる朝日杯フューチュリティS4勝目。

ワイルドブラスター
ワイルドブラスター

外国人騎手によるGI勝利の旋風は、やはり止むことなく、ですね。