第7回JBCレディスクラシック(JpnI)の勝ち馬

ララベル 牝 栗毛 2012.5.9生 千歳・社台ファーム生産 馬主・吉田照哉氏 大井・荒山勝徳厩舎

ララベル(2012.5.9)の4代血統表
ゴールドアリュール
栗毛 1999.3.3
種付け時活性値:1.00
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
ニキーヤ
鹿毛 1993.4.4
Nureyev
鹿毛 1977.5.2
Northern Dancer 1961.5.27
Special 1969.3.28
Reluctant Guest
鹿毛 1986.2.21
Hostage 1979.2.13
Vaguely Royal 1974.3.7
ブリージーウッズ
栗毛 2000.4.9
仔受胎時活性値:0.75
ティンバーカントリー
栗毛 1992.4.14
種付け時活性値:1.75
★Woodman
栗毛 1983.2.17
Mr. Prospector 1970.1.28
プレイメイト 1975.4.12
Fall Aspen
栗毛 1976.3.9
Pretense 1963.4.19
Change Water 1969.4.7
オーナーズデライト
鹿毛 1990.1.31
仔受胎時活性値:0.25
Gulch
鹿毛 1984.4.16
種付け時活性値:1.25
Mr. Prospector 1970.1.28
Jameela 1976.3.15
Weekend Delight
黒鹿毛 1982.1.16
仔受胎時活性値:1.75
Clever Trick
黒鹿毛 1976.3.10
種付け時活性値:1.25
Udder Delight
鹿毛 1974.5.7
仔受胎時活性値:1.75

<5代血統表内のクロス:Mr. Prospector4×4(母方)>

ララベル(2012.5.9)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ゴールドアリュール
(Halo系)
ティンバーカントリー
(Mr. Prospector系)
Gulch
(Mr. Prospector系)
Clever Trick
(Nearctic系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
ティンバーカントリー
(Fall Aspen)
4.50 曾祖母が米GIII勝ち馬
(No. 3-n)
5番仔
(4連産目)

*

第7回JBCレディスクラシック(JpnI。大井ダート1800m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 8ララベル 牝5 55 真島大輔 1:54.2    39.1 554
[-3]
荒山勝徳 5
2 3プリンシアコメータ 牝4 55 武豊 1:54.2 アタマ 39.1 489
[+5]
矢野英一 4
3 11ラインハート 牝6 55 笹川翼 1:54.4 3/4 38.4 467
[+3]
月岡健二 8
4 1ワンミリオンス 牝4 55 福永祐一 1:54.6 1 39.3 464
[-12]
小崎憲 3
5 7アンジュデジール 牝3 53 横山典弘 1:55.2 3 39.7 478
[-1]
昆貢 2

2017年の第7回JBCレディスクラシック。終始先行3番手、黄色の帽子に「黄、黒縦縞、赤袖」の勝負服、赤いチークピーシズが栗毛に華を添えて、ララベル。2014年のNAR2歳最優秀牝馬、2015年のNAR3歳最優秀牝馬の矜持を以て、地元大井で行われた大一番を「アタマ」だけしのぎました。昨年の第6回では無念の除外となったララベルでしたが、今回の勝利により、初の地方所属馬によるJBCレディスクラシック制覇を遂げました。ただ、最後の叩き合いで、外のララベルが内のプリンシアコメータ(2013.3.7)に寄ってしまったところで、ミソが付いてしまいました。懸命故に起こり得ることですが、懸命故に細心であって欲しいものです。

ララベルは、その血統構成を見れば「ゴールドアリュール×ティンバーカントリー牝馬」のカップリング。この組み合わせの活躍馬と言えば、なんと言ってもコパノリッキー(2010.3.24)。フェブラリーS(GI)2回、JBCクラシック(JpnI)2回、帝王賞(JpnI)、かしわ記念(JpnI)3回、マイルチャンピオンシップ南部杯(JpnI)2回のジーワン10勝馬。新境地を開くべく臨んだ第17回JBCスプリント(JpnI)は惜しくも2着でしたが、真の強者であるところを、改めて見せてくれました。

ララベル、愛らしい名前に大柄な栗毛の流星。吉田照哉さんの持ち馬だけに、競走馬としては今年2017年の5歳いっぱいで引退と思います。この次、走るにせよ、新たなステージに向かうにせよ、地方所属馬初の女王の未来に幸多からんことを。

  

それでは、これから走る馬、人すべてが無事でありますように。